ランゲージダイアリー

宮城県仙台市からおくる小説・漫画・アニメ好きの日記
A Novel,Manga,Anime,Doujinshi
Fan Blog on Japan

ツバサ・クロニクル/感想

最高の「さらなる旅路へ」エンド/『ツバサ・クロニクル』第2シリーズ/最終回「明日へのツバサ」/感想

ブログネタ
ツバサクロニクル に参加中!
 「私と一緒に旅をしようよ」(幼サクラ)

 これは良かったですよ。原作がタイムリーに連載中の作品をアニメ化したものの中途最終回なので、ジャンプの打ち切り作品ベクトルで「冒険はこれからだ!」的にまとめてはあるんですが……続きを読む

少年バトル作品です/『ツバサ・クロニクル』第2シリーズ/第25話「凍てつくミタマ」/感想

ブログネタ
ツバサクロニクル に参加中!
 「嘘の思い出で私を操ろうとするなんて、とても卑怯だと思います」(サクラ)

 女性にアプローチする際に姑息な手段を使うと嫌われるし、客観的な株も下がるというお話です。続きを読む

あのさくらを一番大事だと思ったのは/『ツバサ・クロニクル』第2シリーズ/第24話「決意のナカマ」/感想

ブログネタ
ツバサクロニクル に参加中!
 「サクラ姫を迎えに行きます。姫のためではなく、自分のために」(小狼)

 これは熱いです。今回の感想は原作16巻の、「もう一人の小狼」伏線に関する種明かしのネタバレを含むので、原作未読者は注意して下さい。続きを読む

幼女の頃の言葉に責任は無し/『ツバサ・クロニクル』第2シリーズ/第23話「歪んだネガイ」/感想

ブログネタ
ツバサクロニクル に参加中!
 「できません」(サクラ)

 なんか、ラストバトルはストーカーから彼女を守る彼氏的な趣になっとりますが!続きを読む

クライマックス編突入/『ツバサ・クロニクル』第2シリーズ/第22話「羽王カオス」/感想

ブログネタ
ツバサクロニクル に参加中!
 「人はそれを因果と呼んでいるわ。いつの日か、あなた達が耐え難き苦しみに直面した時、思い出すといいわ」(侑子さん)

 「耐え難き苦しみ」は原作通りなら東京編を指すような気がしますが、敢えてここでアニメオリジナルでこんな台詞を挿入するということは、第2シリーズ終盤内に苦難が訪れ、それが「因果」をテーマにした最後のお話になるのではないかという推測が一つ可能です。続きを読む

メイドサクラ再び/『ツバサ・クロニクル』第2シリーズ/第21話「はたらくサクラ」/感想

ブログネタ
ツバサクロニクル に参加中!
 「俺、働きます。この国で仕事を見つけて、働いてお金を作ります!」(小狼)

 息抜きのオリジナル短編としては最高に良かった。就職難の世界での求職、お仕事、だけど働くことって大事だよね、という、就職活動中の学生さんは皆この話を見ればいいよというお話。続きを読む

黒鋼ドア破壊/『ツバサ・クロニクル』第2シリーズ/第20話「秘術のゴクイ」/感想

ブログネタ
ツバサクロニクル に参加中!
 「お前の母は最高の秘術を使ったのだ」(キィシム)

 主要キャラにそれぞれ見せ場があって良かったんじゃないでしょうか。ファイ何もやってねーって感じだけど。でも一番はサブタイ通りチュニャンの見せ場がハイライトかな。続きを読む

黒鋼屋根修理/『ツバサ・クロニクル』第2シリーズ/第19話「二度目のクナン」/感想

ブログネタ
ツバサクロニクル に参加中!
 「見た目に惑わされず、そこに秘められた本質を知ること」(小狼)

 冒頭の虫に関する考古学的見解が語られた部分が、今回のエピソード全体のテーマを暗示してると思うんだけどどうなのか。キイシムの国の人達も悪意一点張りでは無いということだよな、たぶん。続きを読む

モコナ頑張る/『ツバサ・クロニクル』第2シリーズ/第18話「ケロちゃんとモコナ」/感想

ブログネタ
ツバサクロニクル に参加中!
 「皆、旅慣れてきたねー」(ファイ)

 坦々と4人で野宿の準備を進める所が今週のハイライト。な、なんか大きいことは何も起こらないのにすごいイイ話だったなー。こういうオリジナル話イイよ。続きを読む

ドジっ子黒さま/『ツバサ・クロニクル』第2シリーズ/第17話「五つ目のチカイ」/感想

ブログネタ
ツバサクロニクル に参加中!
 「では、最後の誓いを。あなたが持つその強さは、あなたが愛する者を守るために使うよう」(知世姫)

 これオリジナル話だよね?普通に最後の誓いを知世姫が口にして挿入歌が流れ始める所でグっときた。続きを読む

ファイの口笛/『ツバサ・クロニクル』第2シリーズ/第16話「望郷のカナタ」/感想

ブログネタ
ツバサクロニクル に参加中!
 「私、誰かにすごく大切なことを言おうとしていた」(サクラ)

 飛王の側にいる小狼が始動しはじめて、無意識化で戦ってしまう小狼。眼帯をしてる方の小狼の“エ”としてここからアイデンティティロストに陥り始める小狼だからこそ、唯一小狼のアイデンティティを保証してくれるはずのサクラの記憶に小狼が戻らないのが非常に切ない。続きを読む

口からブレード/『ツバサ・クロニクル』第2シリーズ/第15話「図書館のヒミツ」/感想

ブログネタ
ツバサクロニクル に参加中!
 「刀出せ!」(黒鋼)

 原作でもそうなんですけど、いつの間にか刀は普段はモコナの口にしまっておいて、バトル時に口から召還する仕組みに。結構好きなギミックです。続きを読む

黒鋼さま過去編/『ツバサ・クロニクル』第2シリーズ/第14話「黒き鋼」/感想

ブログネタ
ツバサクロニクル に参加中!
 「だからその強さでお前の愛する者を守れ」(黒鋼の父)

 『ツバサ』作中での黒鋼のゴールは「本当の強さを分かること」なんですけど、この辺りの父上の言葉なんかに回帰する形になるんじゃないかなぁ。続きを読む

見逃しました/『ツバサ・クロニクル』第2シリーズ/第13話「始まりのワカレ」/感想

 また、ちょっとあたふたしてて録画失念してしまいました。予告見て期待値が高かったオリジナル話だけに残念。今回は絶対にDVDで補完しますm(_ _)m続きを読む

看板に激突/『ツバサ・クロニクル』第2シリーズ/第12話「危険なロード」/感想

ブログネタ
ツバサクロニクル に参加中!
 「この世に偶然などない あるのは必然だけじゃ」(おじいさん)

 オリジナル話なんだけど、な、なんか面白かったぞ!
 素性が明らかじゃなく、かつそれぞれに何か抱えた数名がロードトレインに乗り合わせて……という、移動物の中で紡がれるタイプのミステリっぽいんだけど……続きを読む

黒鋼怪獣/『ツバサ・クロニクル』第2シリーズ/第11話「おえかきモコナ」/感想

ブログネタ
ツバサクロニクル に参加中!
 「やめろ、俺を食うなぁーあぁー」(黒鋼)

 ヒマワリ怪獣に食われる黒鋼。
 す、すごく感想が書きづらい話だ……続きを読む

見逃しました/『ツバサ・クロニクル』第2シリーズ/第10話「時をこえるオモイ」/感想

ブログネタ
ツバサクロニクル に参加中!
 す、すいません。家庭の事情で取り込み中で録画失念してしまいました。「紗羅ノ国」篇&「修羅ノ国」篇最終回だったのに……続きを読む

続・阿修羅王ステキ/『ツバサ・クロニクル』第2シリーズ/第09話「ふたつのキオク」/感想

ブログネタ
ツバサクロニクル に参加中!
 「ここは、どこ?」(サクラ)

 冒頭の阿修羅王が夜叉王に傷をつける場面を夢の中でサクラが目撃するのはアニメオリジナル。これだよ!第1シリーズにあったアニメ版のサクラ優遇仕様再びですよ。続きを読む

阿修羅王ステキ/『ツバサ・クロニクル』第2シリーズ/第08話「終わりなきイクサ」/感想

ブログネタ
ツバサクロニクル に参加中!
 「望みのないものなどいない。もし『自分には何の望みもない』という者がいたら、それは己の心の奥を知らぬだけだ」(阿修羅王)

 このCLAMPイズムに共感。続きを読む

「紗羅ノ国」篇&「修羅ノ国」篇スタート/『ツバサ・クロニクル』第2シリーズ/第07話「阿修羅のイワレ」/感想

ブログネタ
ツバサクロニクル に参加中!
 「例えあの日より前の記憶がなくても俺は確かに小狼なんだから」(小狼)

 やっぱり最初は記憶の羽が飛び散ったサクラを小狼が助ける形だったんだけど、最後は逆に幼少の頃の記憶がなくてアイデンティティロストしそうになる小狼をサクラが助ける形になる話のような気がするなー。続きを読む

ファイとちぃの物語/『ツバサ・クロニクル』第2シリーズ/第06話「魔術師とデート」/感想

ブログネタ
ツバサクロニクル に参加中!
 「ちぃ!」(ファイ)  

 普段本心を見せない仮面スマイルのファイが一瞬素の表情。これ、原作ではまだ詳しく描写されてないけど、アニメ版の今回を見るに、二人の間には恋愛感情またはそれに準ずる感情があったのかも。続きを読む

黒鋼が面白かった/『ツバサ・クロニクル』第2シリーズ/第05話「少年のケツイ」/感想

ブログネタ
ツバサクロニクル に参加中!
 「目的を持って生きてる人ってイイですよね。僕も何かのために生きてみたいです。でもその何かがまだ見つからなくて」(藤隆)

 強力に生きる目的を持って行動してる小狼らに対して、まだそういうのが見つからない少年の目的探し、自分探しみたいなお話……なんだけど、タイムトラベルもの的なオチがいいよね。続きを読む

第1シリーズ最終話の作中矛盾を解消/『ツバサ・クロニクル』第2シリーズ/第04話「哀しいキセキ」/感想

ブログネタ
ツバサクロニクル に参加中!
 「私、間違ってたような気がする」(サクラ)

 というわけで第1シリーズ最終話で『ツバサ』の世界では絶対に無いハズのことが起こったことに対するフォローが1話かけて描かれました。続きを読む

ピッフル国編フィナーレ/『ツバサ・クロニクル』第2シリーズ/第03話「栄光のゴール」/感想

ブログネタ
ツバサクロニクル に参加中!
 「モコナナイス!」(ファイ)

 今回一番役に立ったのはモコナだ!

続きを読む

早くも本戦スタート/『ツバサ・クロニクル』第2シリーズ/第02話「三つのバッジ」/感想

ブログネタ
ツバサクロニクル に参加中!
 「全ての女性が存在して下さる、それだけで至福です」(妹之山残)

 残くん(『CLAMP学園探偵団』)登場。CLAMPキャラ総出演で、違う世界の人物でも根本は同じという『ツバサ』。残くんはやはり全ての女性を愛し、知世ちゃんはやはりサクラのコスチュームを作ります(『カードキャプターさくら』)。CLAMPファンがニヤリとさせられる場面が多いのもこのピッフル国編です。続きを読む

ピッフル国編スタート/『ツバサ・クロニクル』第2シリーズ/第01話「危険なレース」/感想

ブログネタ
ツバサクロニクル に参加中!
 「一人だったら辛かったと思います。でも、一緒だから」(サクラ)

 原作では中盤にあったこのサクラの語りを冒頭に変更。それ以外にも原作の改編が多いです。続きを読む

劇場版 XXX HOLiC 真夏ノ夜ノ夢 プレミアム・エディション&通常版


 昨日に引き続き、今回もおもいっきりアフィリエイトのDVD紹介ですが、ツバサ・クロニクルの劇場版に次いで、『劇場版 XXX HOLiC 真夏ノ夜ノ夢』がAmazonに登録されておりました。

 以下、公式サイトのニュースより引用。

------------------------

●「劇場版 xxxHOLiC 真夏ノ夜ノ夢」
PREMIUM EDITION
価格: 5,985円(税込)
発売日:2006年2月25日(土)

特典:
CLAMP描きおろしアウターケース
音声特典:
オーディオ・コメンタリー2種(声優編、STAFF編)
※声優編参加声優:大原さやか、福山潤、中井和哉
映像特典:
声優陣が話すその場が見えるオーディオコメンタリープラス
特報・予告・初日舞台挨拶(新宿)・アフレコ風景・ギャラリー
封入特典:
オリジナルミニクリアファイル、ポストカードセット、ストラップ
発売・販売元:松竹(株)ビデオ事業室

●「劇場版 xxxHOLiC 真夏ノ夜ノ夢」
価格: 3,675円(税込)
発売日:2006年2月25日(土)
特典: ポストカード
発売・販売元:松竹(株)ビデオ事業室

------------------------

 僕は劇場で見てきたんですが、「深み」を楽しむ方のベクトルでは今年見た映像関連でもベスト入りかなぁ……続きを読む

劇場版 ツバサ・クロニクル鳥カゴの国の姫君 プレミアム・エディション&通常版


 今回はおもいっきりアフィリエイトのDVD紹介ですが、ツバサ・クロニクルの劇場版がAmazonに登録されておりました。

 以下、公式サイトのニュースより引用。

------------------------

●「劇場版 ツバサ・クロニクル鳥カゴの国の姫君」
PREMIUM EDITION
価格: 4,935円(税込)
発売日:2006年2月25日(土)
特典:
CLAMP描きおろしアウターケース
音声特典:
オーディオ・コメンタリー2種(声優編、STAFF編)
声優編参加声優:入野自由、牧野由依、菊地美香
映像特典:
声優陣が話すその場が見えるオーディオコメンタリープラス
特報・予告・初日舞台挨拶(池袋)・公開直前イベント・アフレコ風景・ギャラリー
封入特典:
オリジナルミニクリアファイル、クリアカードセット、ストラップ
発売・販売元:松竹(株)ビデオ事業室

●「劇場版 ツバサ・クロニクル鳥カゴの国の姫君」
価格: 2,625円(税込)
発売日:2006年2月25日(土)
特典: ポストカード
発売・販売元:松竹(株)ビデオ事業室

------------------------

 劇場で見てきた僕的見所は……続きを読む

サクラの願いで一区切り/第26話「最後の願い」/ツバサ・クロニクル感想


 「どこかで誰かが泣いているのに、私だけが幸せになるなんて、できない」(サクラ)

 というワケで「願い」がテーマになってる『ツバサ』、侑子さん曰く本当の「覚悟」と「誠意」に絡めて願いの尊さを描いてきましたが、第1シーズンの最終回はそれでも自分の願いだけを押し通すんじゃなくて、皆の願いも尊重するという所に落ち着いてひとまず終幕です。続きを読む

第25話「究極のゲーム」/ツバサ・クロニクル感想/from携帯

えー!次回最終回なのー!(と、次回予告と公式サイトを見ながら)。原作進行中で既刊11巻分のストーリーを7巻分までやっちゃったんでしょうがないのかな。原作単行本はキラーに売れ続けてますし、映画化までされた作品なんで、期を見て続きもアニメ化されるものと信じますよ。というワケで、次回最終回「最後の願い」に繋がるべく、桜都国編のクライマックスをちょっと原作改変してまとめに入ってました。星史郎さんの願いと小狼の願いとがぶつかってしまうという、侑子さん曰く覚悟と誠意が伴った本当の「願い」をテーマにしたツバサらしい最終章。続きを読む
WEB小説その2

asumiforkakuyomu1
(イラスト:馬の助さん/ブログTwitterPixiv

 歴史建造物擬人化×能力バトル×幼馴染→本格物語

 S市(仙台)が舞台の郷里的オリジナル小説『非幸福者同盟』を月一更新でWEB連載中。

 2017年9月9日(土)、最新・第260節(第257節)「モウイチド!」が公開です。現在ラスト二話部分、完結まで残り十九節です。

「カクヨム」様で読む

「小説家になろう」様で読む。

 合計46000PV達成感謝。

 イントロダクション&登場人物紹介はこちらの記事から。

WEB小説その1

townslightshyoushi

 昼は地道に復興活動。夜は荒事ありの助っ人稼業。
 仮設住宅地区でお年寄りの話を聞いたり、お弁当を配達したり、同人誌を作ったり、そして戦ったり!?……東北の地より贈る、青春、復興、恋愛、そしてバトル。

 小説『こちら街アカリの復興部!』。(最高で「総合(すべて)」は9位、「青春・友情」は1位ありがとうございます!)

 2017年6月19日(月)、最終節「エピローグ〜北へ」を更新して完結いたしました。↓

「ノベラボ」様で読む。

WEB小説その3

 気がつくと大仏様になっていた俺が、巨乳女子高生を助けたりしつつ、末法の世の不届き者たちに俺TUEEEする、痛快救世系アクション物語。

 おもむろに更新中。

大仏転生/小説家になろう

小説色々


 <NEW>S市(仙台)が舞台のオリジナル小説シリーズ。前作『妹の紋章』のKindle電子書籍版が2014年8月12日より販売開始中です。「妹萌え×地域復興×バトル」の物語。WEB版は最終的に40000PV、5700ユニークアクセス感謝でした。詳しくはこちらのブログ記事より。
 Amazonさんのサイトからアプリをダウンロードして、各種スマートフォンで読んで頂けます。

追記:2014年8月12日、Kindleストアカテゴリランキング「読み物」3位、「日本文学」94位感謝! 新記録で地味に嬉しい……。

 ◇◇◇

wugishinomaki

 2015年10月25日(日)に、地元仙台は「日立システムズホール仙台・交流ホール」で開かれたWUG!の同人誌即売会イベント『同人誌即売会やらせてください!in仙台』にサークル参加させて頂きました。新刊『ミリオンアート・ウェイクアップ!〜実波と菜々美と未夕が石巻に行く小説本』を頒布。詳しくはこちらの記事より
 イベントのレポはこちら。
 新刊のBOOTH様での通販ページはこちら。

 ◇◇◇

『暗闇の中で灯す物語と文明のアカリ』

 Pixivとの提携サービスBOOTH様にて、コミックマーケット・イベントなどで頒布させて頂いた同人誌既刊の通販窓口を開いております。『魔法使いの夜』『Fate』『ひぐらしのなく頃に』二次創作やオリジナル小説などなど。よろしくお願いいたします。↓

Language×Language同人誌通販/BOOTH

 ◇◇◇

dicapreantholo

 2015年10月4日(日)「レインボーフレーバー13」にて頒布されたTJさん(ブログ)主催のプリキュアシリーズ十世代記念アンソロ『PRECURE 10TH ANTHOLOGY ディケイド&オールプリキュア ANTHOLOGY大戦』に小説を2P寄稿(僕は『スマイルの世界』担当!)。特設サイトはこちらをよろしくです。また、通販ページはこちらから。

 ◇◇◇

aibasshi

 より豊かに、継続的に作品を提供していくために、Entyさん経由でパトロン(という名の月額少額支援者)になって頂けたら喜びます。

「Enty」TOPページ

→「Enty」への登録はこちらから。

相羽のページ「S市(仙台市)小説シリーズ」/Enty

『薄暮』プロジェクトを応援中

 山本寛監督の、(東日本大震災後の)東北(を舞台とした)アニメーション作品三部作。
 岩手県大槌町を舞台とした『blossom』。宮城県仙台市などを舞台にした『Wake Up, Girls!(感想)』。そして今回ラスト三作目となる福島県いわき市を舞台とした『薄暮』……というプロジェクトを応援中です。

 「CAMPFIRE」でのクラウドファンディングのサクセスおめでとうございます〜。

山本寛オリジナル作品「薄暮」アニメ制作プロジェクト/CAMPFIRE

参考:アニメ業界ウォッチング第32回:“自分の創作の原点に立ち返りたい”――いま、山本寛監督が「薄暮」をつくる理由/アキバ総研

参考:『薄暮』制作のクラウドファンディングに参加しました

『Wake Up, Girls!』応援中

 2014年1月劇場公開&TVシリーズ放映開始〜3月まで放映していた地元仙台が舞台のアイドルアニメ&リアルアイドルプロジェクト『Wake Up, Girls!(ポータルサイトニコニコチャンネル聖地仙台舞台散策)』、TVシリーズ第一期&続・劇場版まで応援しておりました。

 まずは第0話相当の『劇場版『Wake Up, Girls! 七人のアイドル』』を!↓



 ◇◇◇

●キャラソン発売中


2014年の仙台でのライブレポはこちら

●Blu-ray劇場版〜TVシリーズ全6巻発売中


劇場版『Wake Up, Girls! 七人のアイドル』Blu-rayの感想はこちらEnglish text第1話の感想第2話の感想第3話の感想第4話の感想第5話の感想第6話の感想第7話の感想第8話の感想第9話の感想第10話の感想第11話の感想第12話(最終回)の感想はこちら

→七人の前日譚がシリーズ構成の待田堂子さん書き下ろし小説で発売。当ブログの小説版『Wake Up, Girls! それぞれの姿』の感想はこちら


仙台(及び東北)に経済循環をと画策しはじめて久々に全話感想書きました。2014年はアップデート版の復興をはじめたい......。ブログに感想書いている方おりましたら、気軽にTBください。

WUG!雑記はこちら(色々書いております。)

Advertisements@ガンダムシリーズ
ブログメニュー
有料コンテンツメニュー

1:コミュニケーションのために知っておきたい「言葉」の基礎知識
→言語学で修士を保持している管理人による本格学習コンテンツです。

2:WEBで収入と創作を加速させる方法-バックナンバーE-BOOK
→マーケティングの専門家でもある管理人が数年間発行し続けているメールマガジンのバックナンバーです。

月別過去ログ
リンクありがとうございます



●当ブログはTOP、個別記事を問わず原則リンクフリーです。

最新のトラックバック
Googleでブログ内を検索
Google
Web ブログ内検索
ランゲージダイアリーへようこそ
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Advertisements@Google

管理人のプロフィール
管理人、相羽へのコンタクト

▼Twitterアドレス(全ブログ/サイト兼用)

 http://twitter.com/
sabishirokuma


 短い文章更新件コミュニケーションツールはTwitterに移動中です。フォロー歓迎です。また、僕のつぶやきだけまとめてあるページはこちらとなります。

▼他、WEB拍手とメールフォームでもご連絡頂けます。
WEB拍手
メールフォーム

▼お仕事の依頼などはGmailへ

 aibayuji<アットマーク>gmail.com

AmazonさんのKindleストアで販売中の電子書籍第二弾です

●2013年10月19日(土)、Kindleストア「絵本・児童書 > 読み物」カテゴリで7位感謝!


 Kindle実機はもちろん、iPhone、iPad、Androidなどの、各種スマートフォンやタブレット端末のKindleアプリ(無料)で読んで頂けますので、ご購入頂けたら幸いです。

 販売開始時の記事はこちらとなっております。

AmazonさんのKindleストアで販売中の電子書籍第一弾です

 Kindle実機はもちろん、iPhone、iPad、Androidなどの、各種スマートフォンやタブレット端末のKindleアプリ(無料)で読んで頂けますので、タイミングが合った時に購入頂けたら幸いです。

ゼロ年代のメルヘン時間から現在の私達へ贈る灯
ゼロ年代のメルヘン時間から現在の私達へ贈る灯

 販売開始時の記事はこちらとなっております。

管理人、相羽の創作活動

▼メインで運営している小説や漫画の創作活動のホームページ
Language×Language

●Amazonさんで販売している同人誌はこちら↓

 「一時在庫切れ」表示になっていることが多いかと思いますが、
 注文自体は可能でして、注文確認後適宜在庫を補充しつつ、
 一週間〜くらいで発送になるかと思います。
 この機会に是非(^_^;

メルマガを配信しております。

 まぐまぐさんの方で、300部ほどのメールマガジンを数年間発行させて頂いております。フリーで登録できますので、よかったらどうぞです。

 制作した電子書籍の販売など、個人規模での「創作+収入」の活動に興味がある方は是非。

ランキング

 「アルファポリス」様のランキングに参加中。

アクセス解析


ブログTOPへ戻る
  • ライブドアブログ