ランゲージダイアリー

宮城県仙台市からおくる小説・漫画・アニメ好きの日記
A Novel,Manga,Anime,Doujinshi
Fan Blog on Japan

オリジナル

『終末のイゼッタ』良い・『スクスト』アニメ化・小説の改稿作業中

 相羽です。

 絶対にハマりそうだから危険、落ち着いた時に観ようと温存しておいた『終末のイゼッタ』の第一話〜第三話を観ました。


『終末のイゼッタ』(公式サイト)


 主従百合に殺されかけました。しかも、幼馴染百合要素も兼ねている……だと。

 『戦場のヴァルキュリア』とかも好きなのですが。架空欧州モチーフが舞台で、歴史の雰囲気を出しつつ、戦記であると。小国のお姫様と魔女の最後の末裔は百合であると。もう、全てに勝っていて死角がない……。



 ◇◇◇

 一年八か月ほど地道にやってたスマートフォンゲーム、『スクールガールストライカーズ』がアニメ化とのことです。


『スクールガールストライカーズ Animation Channel』


 ハマり具合に程度こそあれ、燕。さんとかRubyさんとかシータさんとか、友人らがやっていて、毎月「協力戦」で一緒に戦ってたりしてたのですよ。

 お祭り的な「共有体験(=アニメーション)」だと思って、ワイワイと観ることにしよう。そうしよう。

 まずはアルタイル・トルテのメンバーがメインっぽいので、ショコラーデ・ミラのメンバーまで出るかはまだ分からない感じでしょうか。Rubyさんが長年パートナーにしててUR武装二弾装備で最強状態になってる千年夕依(ちとせゆい)さんがアニメには出るのか出ないのか、ドキドキしてそうです。

 僕が一年八か月パートナーにしてたのは、もう公式サイトにも載ってるアルタイル・トルテの沙島悠水(さじまゆうみ)さんです!

参考:『スクスト』プレイ日記

 ◇◇◇

 列島も北の方に位置する宮城県は仙台も、冬の訪れが意識される最近。

 寒くなってきた中、部屋で黙々と文章作業をしていると、またこの季節がきたな〜と思います。

 小説、『こちら街アカリの復興部!』の改稿作業中です。

 一番の山場だったところは超えたので、この調子でコツコツと。

 かなり、新規に執筆しました。全体として、芯を一本入れ直した感じ。かなり良くなったと思うので、喜びを感じております。

 そんな感じで、ちょっと水面下に潜っておりますが、僕が書いている、宮城県は仙台(S市)が舞台の小説色々。読める場所をまとめておきますね。↓


小説『非幸福者同盟』/カクヨム(最新節はこちらに掲載)

小説『非幸福者同盟』/小説家になろう(現在第十一話・前編まで掲載)

 馬の助さんが描いてくださったイラストなんかも使わせて頂いている、作品のイントロダクション的なページはこちら↓。


小説『非幸福者同盟』イントロダクション/登場人物紹介


 また、今夏、「カクヨム」さんの方でWEB連載していた新作小説『こちら街アカリの復興部!』を、「小説家になろう」様の方でも公開しておりますので、こちらの方もまとめておきます。↓


『こちら街アカリの復興部!』/カクヨム

『こちら街アカリの復興部!』/小説家になろう


 タイミング的に、これらの作品は全部自分に著作権があるオリジナルなので、今後も色々と展開していく予定です。

 資金集めに少額支援者様をつのる「Enty」もやっておりますので、そちらもご一考の方をよろしくお願いいたします。フォロワー様数2500人達成感謝です。少しずつ、リワードも充実させていく予定でおります。↓

相羽のページ「S市(仙台市)小説シリーズ」/Enty

プリキュア感想書いた・佳乃×麻衣妄想・小説の大幅改稿を開始

 『装神少女まとい(公式サイト)』も観てます。相羽です。

 昨日・一昨日とプリキュア関係の感想を二つ書いておりました。↓


魔法つかいプリキュア!感想/第37話「魔法が決め手?冷凍みかんのレシピ!」(ネタバレ注意)

小説フレッシュプリキュア!/感想(ネタバレ注意)


 『小説フレッシュプリキュア!』の感想は、先日発売された『小説スマイルプリキュア!』の前に是非書いておこうと思って(ずっと前に読了はしていた)、ようやく書けました。

 TVシリーズのシリーズ構成の前川淳さん自ら執筆による後日譚で、本当良かったのでお勧めです。

 11月10日は『小説スイートプリキュア♪』も発売で、こちらもあらすじが公開され始めました。しばらく楽しみが続きます。

 『小説プリキュアシリーズ』は、読者に楽しんでもらうために超絶技巧で書かれているので、勉強にもなるのでした。構成をしっかりさせつつ、読みやすく、全体の文量もそんなに多くない、もちろん読んでて楽しい、これはプロの技だなぁという部分なのです。







 ◇◇◇

 馬の助さん(ブログTwitterPixiv)がえっちな絵を描いてるのを、こっそり紹介しちゃうぞ。(上二つはR-18注意)


マジエンジェル香織先輩/Pixiv

朝起きたらまいまいと体が入れ替わっていて、動揺しながらもとりあえずおっぱいを揉む佳乃さん/Twitter


 まいまいの身体になったので、まいまい視点から見える萌歌に触れて、萌歌の良さに気づく佳乃さん。

 一方佳乃の身体になったまいまいは、WUG!に入ってからの真夢に身近に触れて、志保が真夢にこだわった理由に改めて気づくのだった。志保の関心は自分に向けられていたい、というジェラシーと共に。

 入れ替わりがアリなら、SF展開もアリなので、最後はけっこう壮大なスケールに。地球の危機を救う的な展開。

 入れ替わりギミックを駆使しながら活路を開き、ラストは地球に落下するコロニーに向かってアイちゃんが発射されて爆発オチ。

 降り注ぐコロニーの欠片が流星みたいで、入れ替わりを通して心が近くなった佳乃さんとまいまいが、何か手を繋いだりとかして、セカイ系な雰囲気を漂わせてエンディングロールへ。

 みんな、次回のWUG!オンリー(こちら)はまた仙台で開催で、来年の1月8日(日)だよ!

参考:まよいマイマイ/Pixiv(R-18注意)

参考:『ミリオンアート・ウェイクアップ!〜実波と菜々美と未夕が石巻に行く小説本』

 ◇◇◇

 「歴史建造物擬人化×能力バトル×幼馴染」なオリジナル小説、『非幸福者同盟』。

 10月15日(土)に、最新・第235節「深夜、志麻の家にて」を更新しております。

 なのですが、こちら、またしばらくWEB連載の方は小休止させて頂こうと思います。

 『こちら街アカリの復興部!』の方が、もう数段レベルアップさせられる視界が見えたので、大幅な改稿をすることにしたからです。

 けっこうな改稿なので、しばらくそちらに時間を使おうと思っているのでした。

 そんな感じの、僕が書いてる、宮城県は仙台(S市)が舞台の小説色々。読める場所をまとめておきますね。↓


小説『非幸福者同盟』/カクヨム(最新節はこちらに掲載)

小説『非幸福者同盟』/小説家になろう(現在第十一話・前編まで掲載)

 馬の助さんが描いてくださったイラストなんかも使わせて頂いている、作品のイントロダクション的なページはこちら↓。


小説『非幸福者同盟』イントロダクション/登場人物紹介


 また、今夏、「カクヨム」さんの方でWEB連載していた新作小説『こちら街アカリの復興部!』を、「小説家になろう」様の方でも公開いたしましたので、こちらの方もまとめておきます。↓


『こちら街アカリの復興部!』/カクヨム

『こちら街アカリの復興部!』/小説家になろう


 タイミング的に、これらの作品は全部自分に著作権があるオリジナルなので、今後も色々と展開していく予定です。

 資金集めに少額支援者様をつのる「Enty」もやっておりますので、そちらもご一考の方をよろしくお願いいたします。フォロワー様数2400人達成感謝です。少しずつ、リワードも充実させていきますね。↓

相羽のページ「S市(仙台市)小説シリーズ」/Enty

響け!ユーフォニアム2感想書いた・東映アニメーションギャラリー・小説『非幸福者同盟』第235節「早朝、志麻の家にて」を更新

 相羽です。

 昨日は『響け!ユーフォニアム2』最新話の感想を書いておりました。↓


響け!ユーフォニアム2感想/第二回「とまどいフルート」(ネタバレ注意)

響け!ユーフォニアム2 1巻 [Blu-ray]
黒沢ともよ
ポニーキャニオン
2016-12-21


 ◇◇◇

東映アニメーションギャラリー

 2014年9月に大泉スタジオの建て替えのため休館した東映アニメーションギャラリーですが。

 こちらの記事で書いた、TJさんとRubyさんと行ってしみじみしてたのは調べてみたら2011年だった模様。↓


過去が今と繋がる時、熊のぬいぐるみは変身し、赤いあいつは蘇る


 一応「3年後の新スタジオ完成とともにリニューアルオープンする予定」なのですね。

 2017年に是非訪れたい。その頃ナージャさんコーナーは健在なのだろうか。

「明日のナージャ」DVD-BOX
小清水亜美
フロンティアワークス
2016-02-10


 ◇◇◇

 「歴史建造物擬人化×能力バトル×幼馴染」なオリジナル小説、『非幸福者同盟』。

 本日(10月15日:土)、最新・第235節「深夜、志麻の家にて」を更新しております。

 第十一話・後編のはじまり、よろしくです。

 僕の、表面に表現してみせることによって、逆に今までよりも深い秘密の中に隠れてゆくように書いている文章というのは、近代以降の文学(というか小説)のやり方というよりは、「神話」の語り方を志向しているものだったりします。

 本編は、ちょっとしたサービスシーンめいたものが、あるような、ないような。

 本日はランキングも144位(カクヨムさん)感謝です(現代アクション:累計)。

 読める場所をまとめておきますね。↓


小説『非幸福者同盟』/カクヨム(最新節はこちらに掲載)

小説『非幸福者同盟』/小説家になろう(現在第十一話・前編まで掲載)

 馬の助さんが描いてくださったイラストなんかも使わせて頂いている、作品のイントロダクション的なページはこちら↓。


小説『非幸福者同盟』イントロダクション/登場人物紹介


 また、今夏、「カクヨム」さんの方でWEB連載していた新作小説『こちら街アカリの復興部!』を、「小説家になろう」様の方でも公開いたしましたので、こちらの方もまとめておきます。震災後に書いてる小説は「S市(仙台市)小説シリーズ」と銘打って、すべて震災後の宮城県は仙台が舞台です。↓


『こちら街アカリの復興部!』/カクヨム

『こちら街アカリの復興部!』/小説家になろう


 タイミング的に、これらの作品は全部自分に著作権があるオリジナルなので、今後も色々と展開していく予定です。

 当面の目標は、イラスト付き小説にする→コミカライズする→ドラマCD化する……の順ですかね。

 資金集めに少額支援者様をつのる「Enty」もやっておりますので、そちらもご一考の方をよろしくお願いいたします。フォロワー様数2400人達成感謝です。少しずつ、リワードも充実させていきますね。↓

相羽のページ「S市(仙台市)小説シリーズ」/Enty

プリキュア感想書いた・京都アニメーションと京都学派・小説『非幸福者同盟』第235節は15日(土)に更新予定

 ねむりんが……。相羽です。

 一昨日は『魔法つかいプリキュア!』最新話の感想を、昨日は「赤いあいつ」的な話とかを書いておりました。↓


草木国土悉皆成仏を唱えてモフルン師匠にブッダが宿る〜魔法つかいプリキュア!第36話「みらいとモフルン、ときどきチクルン!って誰!?」の感想(ネタバレ注意)/別ブログ

過去が今と繋がる時、熊のぬいぐるみは変身し、赤いあいつは蘇る


 『スクスト』の話から始まり、草木国土悉皆成仏(そうもくこくどしっかいじょうぶつ)の話になり、熊が出没してる話になり、熊がプリキュアに変身する話へと繋がる感じです。。

映画「魔法つかいプリキュア! 」挿入歌シングル「キラメク誓い」
アニメソング
Marvelous Entertainment Inc.LDC(PLC)(M)
2016-10-12


 ◇◇◇

 京都アニメーション作品が二つ、Blu-rayBox予約開始。





 京都アニメーション作品好きが高じて、最近は西田幾多郎とか京都学派についても調べ始めたりしておりますよ。

 山本寛監督(ブログ)の【今この街の子どもに伝えるアニメ制作】の講義一般聴講した時(こちら)に、監督の京都大学時代のエピソードを伺って、どうも、京都アニメーション作品のバックグラウンドには京都という土地の文脈も関係してるなと直覚したことがあったのですよね。

 そういう意味で、プリキュアシリーズも大泉まで実際に足を運ぶと直覚するものがありますし、石ノ森章太郎作品も、石巻まで実際に行ってみると直覚するものがあります。そういう意味では、様々な意味で「場」を重んじる派です。

●参考:響け!ユーフォニアム2感想/第一回「まなつのファンファーレ」(ネタバレ注意)

●参考:映画『聲の形』の感想〜ポニーテールで気持ちを伝えられなかったハルヒ(=硝子)だとしても生きていくということ(ネタバレ注意)

 ◇◇◇

 創作活動。

 先週、10月8日(土)に、小説『非幸福者同盟』、第234節「過去編――一九六三年・二〜夢守永遠(ゆめもり・とわ)(第十一話・前編・了)」を公開しております。

 7420字と長めですが、第十一話「君の名前は」・前編ラストのキー節、是非ぜひ、読んでやってくださいね。

 そして、今週末10月15日(土)には、最新・第235節「深夜、志麻の家にて」を更新いたします。第十一話・後編のはじまり、こちらもよろしくです。

 本日はランキングも143位(カクヨムさん)感謝です(現代アクション:累計)。

 読める場所をまとめておきますね。↓


小説『非幸福者同盟』/カクヨム(最新節はこちらに掲載)

小説『非幸福者同盟』/小説家になろう(現在第十一話・前編まで掲載)

 馬の助さんが描いてくださったイラストなんかも使わせて頂いている、作品のイントロダクション的なページはこちら↓。


小説『非幸福者同盟』イントロダクション/登場人物紹介


 また、今夏、「カクヨム」さんの方でWEB連載していた新作小説『こちら街アカリの復興部!』を、「小説家になろう」様の方でも公開いたしましたので、こちらの方もまとめておきます。震災後に書いてる小説は「S市(仙台市)小説シリーズ」と銘打って、すべて震災後の宮城県は仙台が舞台です。↓


『こちら街アカリの復興部!』/カクヨム

『こちら街アカリの復興部!』/小説家になろう


 タイミング的に、これらの作品は全部自分に著作権があるオリジナルなので、今後も色々と展開していく予定です。

 当面の目標は、イラスト付き小説にする→コミカライズする→ドラマCD化する……の順ですかね。

 資金集めに少額支援者様をつのる「Enty」もやっておりますので、そちらもご一考の方をよろしくお願いいたします。フォロワー様数2400人達成感謝です。少しずつ、リワードも充実させていきますね。↓

相羽のページ「S市(仙台市)小説シリーズ」/Enty

小説『非幸福者同盟』第234節「夢守永遠(ゆめもり・とわ)」を更新です

 相羽です。

 昨日は『響け!ユーフォニアム2』第一回の感想を書いたりしておりました。↓

 こちらの方。

 本当に似てるとしたら、音楽に細部までこだわってる作品なので偶然じゃなさそうですしね。

響け!ユーフォニアム2 1巻 [Blu-ray]
黒沢ともよ
ポニーキャニオン
2016-12-21


 ◇◇◇

 創作活動。

 昨日、10月8日(土)に、小説『非幸福者同盟』、最新・第234節「過去編――一九六三年・二〜夢守永遠(ゆめもり・とわ)(第十一話・前編・了)」を公開しております。

 連載期間が長いので忘れられてる感多々ですが、ちゃんと伏線が張ってあったりするのでした。

 この節にて、第十一話「君の名前は」の前編が完了という形なので、「小説家になろう」様版も更新しておきました。こちらは、第十話更新から、実に十一か月近く経ってしまいましたね。こちらで読んでたという方はよろしくです。

 読める場所をまとめておきますね。↓


小説『非幸福者同盟』/カクヨム(最新節はこちらに掲載)

小説『非幸福者同盟』/小説家になろう(第十一話・前編まで掲載)

 馬の助さんが描いてくださったイラストなんかも使わせて頂いている、作品のイントロダクション的なページはこちら↓。


小説『非幸福者同盟』イントロダクション/登場人物紹介


 また、今夏、「カクヨム」さんの方でWEB連載していた新作小説『こちら街アカリの復興部!』を、「小説家になろう」様の方でも公開いたしましたので、こちらの方もまとめておきます。震災後に書いてる小説は「S市(仙台市)小説シリーズ」と銘打って、すべて震災後の宮城県は仙台が舞台です。↓


『こちら街アカリの復興部!』/カクヨム

『こちら街アカリの復興部!』/小説家になろう


 タイミング的に、これらの作品は全部自分に著作権があるオリジナルなので、今後も色々と展開していく予定です。

 当面の目標は、イラスト付き小説にする→コミカライズする→ドラマCD化する……の順ですかね。

 資金集めに少額支援者様をつのる「Enty」もやっておりますので、そちらもご一考の方をよろしくお願いいたします。フォロワー様数2300人達成感謝です。少しずつ、リワードも充実させていきますね。↓

相羽のページ「S市(仙台市)小説シリーズ」/Enty

リアルロボよちよち?・「叫べ」良い・小説『非幸福者同盟』第234節「夢守永遠(ゆめもり・とわ)」は明日(土)更新

 相羽です。


 これ↓が、xaviさん(ホームページTwitterブログ)が繰り広げる謎の世界の住人、「よちよち(公式サイトTwitter)」。

yochiyochi
 そしてこちら↓が今回公開されたリアルの二足歩行ロボットです。

 顔がちょっと似てない?

参考リンク:よちよちの誕生日

参考リンク:「よちよち」の絵本

 ◇◇◇

 TVアニメ『魔法少女育成計画(公式サイト)』主題歌、沼倉愛美さんの「叫べ」のMusic Clip↓

 良い曲や……。どちらの視点からの歌詞と解釈してもカッコいい。

 沼倉愛美さんは歌手活動としては今回がデビュー曲とのこと。

 昔から遠藤浅蜊先生が凄いのは、浅蜊先生がチャンスを掴むんじゃなくて、浅蜊先生自体がチャンスになってること。




 ◇◇◇

 9月30日(金)のブログ開設12周年合わせ(こちらの記事より)で、しばし休止していた小説『非幸福者同盟』のWEB連載を再開しております。

 明日10月8日(土)に、最新・第234節「過去編――一九六三年・二〜夢守永遠(ゆめもり・とわ)(第十一話・前編・了)」を公開いたします。

 もう、予約投稿してあるので、0時に日付が変わると更新されるのだった。

 今回はやや長いのですが(7420字(「カクヨム」さんのカウント機能で))、キー節なので是非ぜひ読んで頂きたいところ。

 この節にて、第十一話「君の名前は」の前編が完了という形に。これでもまだ「タメ」くらいかもしれなくて、後編、第十二話、最終話は、トップテンションでお送りしたいと思っております。

 読める場所をまとめておきますね。↓


小説『非幸福者同盟』/カクヨム(最新節はこちらに掲載)

小説『非幸福者同盟』/小説家になろう(現在第十話まで掲載)

 馬の助さんが描いてくださったイラストなんかも使わせて頂いている、作品のイントロダクション的なページはこちら↓。


小説『非幸福者同盟』イントロダクション/登場人物紹介


 また、今夏、「カクヨム」さんの方でWEB連載していた新作小説『こちら街アカリの復興部!』を、「小説家になろう」様の方でも公開いたしましたので、こちらの方もまとめておきます。震災後に書いてる小説は「S市(仙台市)小説シリーズ」と銘打って、すべて震災後の宮城県は仙台が舞台です。↓


『こちら街アカリの復興部!』/カクヨム

『こちら街アカリの復興部!』/小説家になろう


 タイミング的に、これらの作品は全部自分に著作権があるオリジナルなので、今後も色々と展開していく予定です。

 当面の目標は、イラスト付き小説にする→コミカライズする→ドラマCD化する……の順ですかね。

 資金集めに少額支援者様をつのる「Enty」もやってますので、そちらもご一考の方をよろしくお願いいたします。↓

相羽のページ「S市(仙台市)小説シリーズ」/Enty

『ハルン谷テイル』良かった・『魔法少女育成計画』第1話観た・小説『非幸福者同盟』第234節「夢守永遠(ゆめもり・とわ)」は土曜日更新

 相羽です。


 「マンガ図書館Z(こちら)」で公開中の、樹木洋二さん(ホームページTwitter)の漫画『ハルン谷テイル』が良かったです。


ハルン谷テイル 1/マンガ図書館Z


 リズムで持っていって見開きへ……みたいな、ネーム、画力もあって、こういう漫画が日本発プラットフォームで待機してるのは心強い。

 「マンガ図書館Z」さんの翻訳機能はまだまだですが、これもAI時代に入って急速に改善されてゆくので、今は、「コンテンツ・イズ・キング」の発想の元、「日本のマンガは八百万まであるぞ」の精神で「タメ」て置く時期と思ってたりします。

 Kinde電子書籍でも購入可能です。↓

ハルン谷テイル
樹木洋二
オフィス安井
2016-03-23


 ◇◇◇

 TVアニメ『魔法少女育成計画(公式サイト)』第1話を観ました。

 魔法少女版『仮面ライダー龍騎』的な。

 正義とか夢とか、綺麗なものが、競争原理の中で問い直されるというのも重なる感じなのでした。




 ◇◇◇

 9月30日(金)のブログ開設12周年合わせ(こちらの記事より)で、しばし休止していた小説『非幸福者同盟』のWEB連載を再開しております。

 今週土曜日(8日)に、最新・第234節「過去編――一九六三年・二〜夢守永遠(ゆめもり・とわ)(第十一話・前編・了)」を公開いたします。

 もう、予約投稿してあるので、0時には更新されるのだった。

 今回はキー節ということもあり、7420字(「カクヨム」さんのカウント機能で)と、ちょっとした短編小説並みの文章量になってしまいました。その分良い感じ? になっております。

 この節にて、第十一話「君の名前は」の前編が完了という形に。一区切りしたので、ようやく「小説家になろう」様版も更新できます。放置期間が一年まではいかなくて済みそうでホっとしております(^_^.

 読める場所をまとめておきますね。↓


小説『非幸福者同盟』/カクヨム(最新節はこちらに掲載)

小説『非幸福者同盟』/小説家になろう(現在第十話まで掲載)

 馬の助さんが描いてくださったイラストなんかも使わせて頂いている、作品のイントロダクション的なページはこちら↓。


小説『非幸福者同盟』イントロダクション/登場人物紹介


 また、今夏、「カクヨム」さんの方でWEB連載していた新作小説『こちら街アカリの復興部!』を、「小説家になろう」様の方でも公開いたしましたので、こちらの方もまとめておきます。震災後に書いてる小説は「S市(仙台市)小説シリーズ」と銘打って、すべて震災後の宮城県は仙台が舞台です。↓


『こちら街アカリの復興部!』/カクヨム

『こちら街アカリの復興部!』/小説家になろう


 タイミング的に、これらの作品は全部自分に著作権があるオリジナルなので、今後も色々と展開していく予定です。

 当面の目標は、イラスト付き小説にする→コミカライズする→ドラマCD化する……の順ですかね。

 資金集めに少額支援者様をつのる「Enty」もやってますので、そちらもご一考の方をよろしくお願いいたします。↓

相羽のページ「S市(仙台市)小説シリーズ」/Enty

コメント欄にお返事・『SAO』はリーファ派・小説『非幸福者同盟』次節は短編小説並みの文量

 相羽です。


ちなみに相羽さんのブログ開設十二周年の記事に記念カキコをしたら、丸会でラブライブダンスしてみませんか的な御返信を頂きました(白目)。


 予習用動画を張っておきますので。↓(ランティス公式のものです)

 『真田丸』について語りながら、KiRa-KiRaSensation! してくださいね……。

(注:与力さんはオッサンです)

 ブログ開設12周年記事のコメント欄は今週末くらいまで開けておくので、何かありましたら〜。



 ◇◇◇

 『SAO』の第一期のBlu-rayBOXが予約開始。

 この話何度か書いてるのですが、僕は「フェアリィ・ダンス」編が好き過ぎて。

 一期後半のオープニング映像はこれでもかというくらい繰り返し観ました。妹と異世界で大冒険したいだけの人生だった……。

 リーファはもう、姿も背負ってる背景も変えてもまたキリトを好きになってしまったので、表面的なカテゴリ(本当の家族かどうか/現実かオンラインか……の二重で問いかけられる設定になっている)を超えた愛なんですよ。それでも、メインヒロイン(アスナ)に敗北する二番手ポジションという切なさもカッコいい。

 マイベスト竹達彩菜さんキャラでもあります。あずにゃん(『けいおん!(!!)』)も強いですが、リーファの時には既にグッと演技力上がってるのですよ!

 しかし、「俺が考えた最高の妹キャラの物語を作る」って本当に書ききる所までいっちゃう人は、おかしい人が多いんじゃないかという仮説を立てています。友達とかには、ならない方がイイんじゃないかと。勝手に親近感を感じています。

妹の紋章
相羽裕司
2014-08-09


 『劇場版ソードアート・オンライン』楽しみです。

 川原礫先生と『SAO』を応援しています。

ソードアート・オンライン Blu-ray Disc BOX(完全生産限定版)
ソードアート・オンライン
アニプレックス
2017-01-25


 ◇◇◇

 9月30日(金)のブログ開設12周年合わせ(こちらの記事より)で、しばし休止していた小説『非幸福者同盟』のWEB連載を再開しております。

 最新節、「233/聖女からの伝達事項(2)」を公開しておりますので、読んでやって頂けたら喜びます。

 続いて、次節も今週の土曜日(8日)に公開いたします。

 次節・第234節は、書き終っているのですが、キー節ということもあり、(400字詰原稿用紙で)23枚とちょっとした短編小説並みの文章量になってしまいました。こ、ここまで読んできてくれた人は読んでくれるよね……。

 分割掲載しようかとも思ったのですが、第十一話「君の名前は」は構成(現在編と過去編が交互になりながら「どこか」に向かっている)ががっちり決まってるので、その辺り動かせなかったのだった。

 読める場所をまとめておきますね。↓


小説『非幸福者同盟』/カクヨム(最新節はこちらに掲載)

小説『非幸福者同盟』/小説家になろう(現在第十話まで掲載)

 馬の助さんが描いてくださったイラストなんかも使わせて頂いている、作品のイントロダクション的なページはこちら↓。


小説『非幸福者同盟』イントロダクション/登場人物紹介


 また、今夏、「カクヨム」さんの方でWEB連載していた新作小説『こちら街アカリの復興部!』を、「小説家になろう」様の方でも公開いたしましたので、こちらの方もまとめておきます。震災後に書いてる小説は「S市(仙台市)小説シリーズ」と銘打って、すべて震災後の宮城県は仙台が舞台です。↓


『こちら街アカリの復興部!』/カクヨム

『こちら街アカリの復興部!』/小説家になろう


 タイミング的に、これらの作品は全部自分に著作権があるオリジナルなので、今後も色々と展開していく予定です。

 当面の目標は、イラスト付き小説にする→コミカライズする→ドラマCD化する……の順ですかね。

 資金集めに月額少額支援者様をつのる「Enty」もやってますので、そちらもご一考の方をよろしくお願いいたします。↓

相羽のページ「S市(仙台市)小説シリーズ」/Enty

スクスト二穂様URifゲットした・「僕らのフロンティア」MVが公開・小説『非幸福者同盟』次節は土曜日更新

 相羽です。

 まだ、ちょくちょくプレイしておりました。スマートフォンゲーム『スクールガールストライカーズ(公式サイト)』にて、緋ノ宮二穂(ひのみやにほ)様のURifメモカ(めっちゃ強い武装)『聖剣・セイクリッドナイツ』をゲットしました。

sgs161002175158
(画像は『スクールガールストライカーズ』より引用)

 けっこう初期のプレイ日記で、二穂様イイなみたいなこと書いてたんですよね。それからゲットするまで一年半くらいかかったという。

 これにて、現在の保持URメモカは、降神あからさんのURif『《轟斬》星砕きの赫斧』(一つ収束)、李野田真乃 (りのだまの)さんのURif『ラスト・イグニッション』に次いで四枚目であります。

 現在は、来るべきずっとパートナーにしてる沙島悠水(さじまゆうみ)さんの艶コスチューム(ちょいえろコスチューム)に備えて(年末辺りではないかと予想している)、特効ガチャ券を貯め中。

 ついでに、久々に現在の我が部隊。↓

sgs161002172642
(画像は『スクールガールストライカーズ』より引用)

 杏橋天音(きょうばしあまね)さんも可愛い。ちょくちょくプレイしていた期間に、髪型別ヴァージョンとかゲットしてましたよ。

 悠水さんは別として、単純に(ビジュアル的に)ツインテールのキャラに弱いのか、という気もする……。



当ブログの『スクスト』プレイ日記はこちら

 ◇◇◇

 応援中の、地元仙台が舞台のアイドルアニメ&リアルアイドルプロジェクト『Wake Up, Girls!(ポータルサイト)』。

 新曲「僕らのフロンティア」のMVが公開開始。↓

 TVアニメシリーズ放映当時(2014年)は残存していたリアルJKも最早いなくなったWUG!メンバーさん達ですが、悪びれもせず制服を着る。そんな正義もある。アイドルは、偶像ですよ……。

 10月から開始のTVアニメ『TVアニメ「灼熱の卓球娘」(公式サイト)』のエンディング曲とのこと。

 田中美海さん目当てで観てみようかな〜。

 一度でも近くで拝見する機会があった(2014年の仙台アニメイトでのWUG!イベントの時)声優さんは応援したくなりますよね。

田中美海写真集 らすとてぃーんさまー
尾形 正茂
学研パブリッシング
2015-08-25


当ブログのWUG!雑記色々はこちら

 ◇◇◇

 9月30日(金)のブログ開設12周年合わせ(こちらの記事より)で、しばし休止していた小説『非幸福者同盟』のWEB連載を再開しております。

 最新節、「233/聖女からの伝達事項(2)」を公開しておりますので、読んでやって頂けたら喜びます。↓


小説『非幸福者同盟』/カクヨム


 続いて、次節も今週の土曜日(8日)に公開。以後は、週一更新ペースを予定しております。今週末更新分の次節は、キー節なので文章量が長いのですが、ここまで付き合って下さった読者様たちなら余裕で読んでくれるって信じてる!

 馬の助さんが描いてくださったイラストなんかも使わせて頂いている、作品のイントロダクションのページはこちら↓。


小説『非幸福者同盟』イントロダクション/登場人物紹介


 また、今夏、「カクヨム」さんの方でWEB連載していた新作小説『こちら街アカリの復興部!』を、「小説家になろう」様の方でも公開いたしましたので、こっちのフォーマットの方が読みやすいとか、そういう方など、読んでやって頂けたら幸いです。↓


『こちら街アカリの復興部!』/小説家になろう


 タイミング良く開催されていた「モーニングスターブックス」(公式サイトTwitter)様の「モーニングスター大賞」というのに本作を応募してみました。

 タイミング的に、自分に全部著作権があるオリジナルで、中編程度で完結してるという作品なので、ちょくちょくWEB系の賞には出してみようと思っております。

 ではでは!

画道魔道的企画に嫉妬・『漫画版仮面ライダーゴースト(以下略)』を読んだ・創作活動進捗

 相羽です。

 やまなしレイ君の企画、


1日1貧乳キャラ!25日間アナタのリクエストで貧乳キャラを描きます!/やまなしなひび−Diary SIDE−


 が、九月末日でとりあえず25日・25キャラを達成。

 リクエストに応えながら1日1枚カラー絵を描くという画道魔道的な企画。

 すごい、ちゃんと24枚目、25枚目が一番上手い。お疲れ様でした。僕も真似して(え)ブログ12周年企画でリクエストしてくれた絵描くよ(練習のため)っていうのやろうと考えたんだけど、準備間に合わなかったのですよね。ちゃんと実現するのはすごいです。

 企画の元ネタのKDP電子書籍も、テキストと絵の「呼吸」で笑いを取ってて面白いので是非。↓


 ◇◇◇

 TJさん(ブログPixiv)のレインボーフレーバー15新刊同人誌『漫画版 仮面ライダーゴースト 60の眼魂と3人のアイドル』が届いたので読みました。

 Triple(プリキュア公式さんで最近展開されてるオールスターズ世界観的アイドル企画の、めぐみさん、桃園さん、マナさんの三人のグループ)、ゴースト、ディケイド、レッドマン要素を(テーマ的な)『コンクリート・レボルティオ〜超人幻想〜』最終回的ネタで料理している感じで胸熱でありました。

 ギャグもいつも通りで。お色気要素的描写もパワーアップしている感じで。地味に、TJさんが描くマナさんって可愛いよね!(少ない母数に投げかける共感のサイン)『DOKIDOKI DECADE』の頃から思ってたよ。

 あと、若干ネタバレになりますが、ディケプリアンソロ(僕も小説2Pで参加しております。詳しくはこちらの特設ページをば)の続編要素なんかもほのかにアリ(もちろん、そっち読んでなくても全然楽しめる)、そちらのファンだった方も是非。↓  ◇◇◇

 昨日のブログ開設12周年合わせで、しばし休止していた小説『非幸福者同盟』のWEB連載を再開しております。最終章(ラスト2.5話)。

 最新節、「233/聖女からの伝達事項(2)」を公開しておりますので、読んでやって頂けたら喜びます。↓


小説『非幸福者同盟』/カクヨム


 来週以降は、毎週土曜日に一節ずつ更新という連載形式になる予定です。来週更新分は過去編のキー節だよ。

 また、今夏、「カクヨム」さんの方でWEB連載していた新作小説『こちら街アカリの復興部!』を、「小説家になろう」様の方でも公開いたしましたので、こっちのフォーマットの方が読みやすいとか、そういう方など、読んでやって頂けたら幸いです。↓


『こちら街アカリの復興部!』/小説家になろう


 タイミング良く開催されていた「モーニングスターブックス」(公式サイトTwitter)様の「モーニングスター大賞」というのに本作を応募してみました。

 タイミング的に、自分に全部著作権があるオリジナルで、中編程度で完結してるという作品なので、ちょくちょくWEB系の賞には出してみようと思っております。

 ではでは!

『ハイスクール・フリート』の続編OVA・『漫画版仮面ライダーゴースト(以下略)』が通販開始・明日はブログ開設12周年

 相羽です。

 アニメ『ハイスクール・フリート(公式サイト)』の続編OVAが制作されるとのこと。

 TVシリーズが「日常」に帰還した所で終劇だったので、その続きというのは興味があります。脚本が引き続き吉田玲子さんなら、絶対観るな……。

参考:あの日欠けてしまった人の日常(=マヨネーズ)に私がなるということ〜『ハイスクール・フリート』第11話「大艦巨砲でピンチ!」の感想(ネタバレ注意)



 ◇◇◇

 TJさん(ブログPixiv)のレインボーフレーバー15新刊同人誌『漫画版 仮面ライダーゴースト 60の眼魂と3人のアイドル』の通販が開始しております。

 今回も、すごい! わけわかんない! って思いながらポチりボタンを押したぞい。

 イベント当日Twitter見てたら、三冊くらいだけ残ってた去年発行の『PRECURE 10TH ANTHOLOGY ディケイド&オールプリキュア ANTHOLOGY大戦(くわしくはこちらの特設サイト)』(僕も小説で参加させて頂いた)も無事売れた模様。もしかして、手元にある献本で頂いた二冊、貴重なものになってる!?

 あれから一年かー。とらのあなさんにも「プリキュアシリーズと仮面ライダーや特撮ヒーローとのクロスオーバー作品でおなじみ!」って認知されてるのが熱いw。

 ◇◇◇

 明日のブログ開設12周年の準備中。大したことは全然しないのですが。

 とりあえず、小説『非幸福者同盟』の最新節、第233節「聖女からの伝達事項(2)」が9月30日(金)に更新となります。日付変わるとアップされるはずです(予約投稿してある)。

 「小説家になろう」様版と「カクヨム」様版との累計で30000PV突破も感謝です。

 現在は第十話初稿が95枚時点まで執筆。黙々と書いてるところです。

 最終章(ラスト2.5話)、見守って頂けたら幸いです。

asumiforkakuyomu1
(イラスト:馬の助さん/ブログTwitterPixiv

非幸福者同盟/カクヨム

非幸福者同盟/小説家になろう


 馬の助さんが描いてくださったイラストなんかも使わせて頂いている、作品のイントロダクションのページはこちら↓。

小説『非幸福者同盟』イントロダクション/登場人物紹介

コインランドリーに『NANA』が置いてある理由・ベビメタの曲買った

 相羽です。

 近所のコインランドリーを訪れてみたところ、本棚に、大人の女性向けの漫画誌が。

 こういう場所に置く雑誌というものを誰が選んでいるのか分かりませんが、コインランドリーで服が乾くまでの時間というのは、どういう人がどういう状況で過ごしているだろうか? というマーケティングの視点があってなるほどなと思いました。

 揃って置いてあった漫画は矢沢あいさんの『NANA-ナナ-』で、こちらも今では「一昔前に流行った」感覚の作品です。中島美嘉さん主演のコスプレ映画(え)良かったですよね……。やはり、現在30代とか40代の女性がちょっと待ち時間に読むのに良い感じ。確かに、10代とかはあんまりコインランドリー来ないよな。こういう、利用者のことを考えている丁寧な感じには、好感がもてます。

 そこで僕は、そこまで客層が特定できているなら……と、コインランドリーに関する新たなるコンテンツ系のマーケティングを思いついてしまったのですが、なんかギラつき過ぎてる感じがしてしまったので、ここでは記さないでおきます。

 狩猟型マーケティングでガンガンいこうぜみたいなのももう疲れる年齢で、コインランドリーの待ち時間に、フと『NANA-ナナ-』を読む時間っていうのもイイよな〜とか思っちゃいますからね……。

参考:当ブログの『NANA-ナナ-』の感想



 ◇◇◇

 「ベビメタ」こと「BABYMETAL」にいよいよハマってきてしまいました。


BABYMETAL(公式サイト)


 山本監督が勧めてる曲もイイのう……。

 購入したのは、「紅月-アカツキ-」という曲。単純に曲がイイのもあるんですが、なんか聴いてると創作意欲が湧いてくるんですよ! これ本当、クリエイター系の方にお勧め。

 個人的に音楽に関してはiTunes&iPadさんという形態にお世話になって久しいのですが、ベビメタに関しては、CD買って、で、ソニーのちょっと古いけど音がイイコンポとか買って、万全の体勢で聴きたい感じ。

BABYMETAL(通常盤)
BABYMETAL
トイズファクトリー
2014-02-26


 ◇◇◇

 繰り返しになりますが、小説『非幸福者同盟』の最新節、第233節「聖女からの伝達事項(2)」は9月30日(金)に更新となります。ブログ開設12周年の日に合わせました。

 どちらかというと、その次の節の方が12周年とかにふさわしい内容なのですが、まあ、そっちの方はさらに一週間後くらいに。

 『こちら街アカリの復興部!』執筆のため少しお休みしていましたが、連載再開となります。最終章(ラスト2.5話)、見守って頂けたら幸いです。

asumiforkakuyomu1
(イラスト:馬の助さん/ブログTwitterPixiv

非幸福者同盟/カクヨム

非幸福者同盟/小説家になろう


 馬の助さんが描いてくださったイラストなんかも使わせて頂いている、作品のイントロダクションのページはこちら↓。

小説『非幸福者同盟』イントロダクション/登場人物紹介

星巡る物語・小説『非幸福者同盟』第233節「聖女からの伝達事項(2)」は9月30日(金)に更新

 相羽です。

 折姫さんのアナスタシアさん↓

 演者の上坂すみれさんのこちらのブログとかも。↓


デレステロード/上坂すみれオフィシャルブログ


 アナスタシアさん愛されてる。

 その後の情報をそんなにも追ってないのですが、アニメ『アイドルマスターシンデレラガールズ』第13話の蘭子が美波の代役になって歌う、アーニャ・蘭子ver「ラブライカ」とか、その後の三次元のライブで再現されていたりするのだろうか。


参考:アイドルマスター シンデレラガールズ/感想/第13話「It's about time to become Cinderella girls!」(ネタバレ注意)


 「代役」でも可能というバックアップ体系が豊かになればなるほど、一線の演者の負担も減らせてトータルで良い方に進んでいくはずという価値観は少しずつ広めていきたい。

 ◇◇◇

 10月から始まる新アニメは、『響け!ユーフォニアム2(公式サイト)』を視聴する予定です。


参考:響け!ユーフォニアム最終回の感想〜ポニーテールと三人のハルヒ(ネタバレ注意)


 映画『聲の形』の制作に集中していたとは思うのですが、今回の二期も、一期と同様に「シリーズ演出」というポジションに山田尚子さん入ってるのですよね。めっちゃ『けいおん!(!!)』を遠景に置いてる作品ですしね。良かった!

 ◇◇◇

 小説『こちら街アカリの復興部!』はコンテスト落選だったということで、いつまでも落ち込んでばかりもいられません。

 さあ、「小説家になろう」様版から数えると2014年7月からWEB連載しております小説『非幸福者同盟』、最終章(ラスト2.5話)を再開です。

 おもむろに続きから始まります(苦笑)。

 最新第233節「聖女からの伝達事項(2)」は9月30日(金)に更新となります。もう予約投稿したぞい。

 ジョーとアスミのラスト。最終章、見守って頂けたら幸いです。

asumiforkakuyomu1
(イラスト:馬の助さん/ブログTwitterPixiv

非幸福者同盟/カクヨム

非幸福者同盟/小説家になろう


 馬の助さんが描いてくださったイラストなんかも使わせて頂いている、作品のイントロダクションのページはこちら↓。

小説『非幸福者同盟』イントロダクション/登場人物紹介

BABYMETALすごい・モフデレラ回の感想書いた

 相羽です。

 山本監督が絶賛していたので、「BABYMETAL」のパフォーマンスの動画を観たりしておりました。た、確かにこれは凄い……。


BABYMETAL(公式サイト)


 語りつくされてるのは承知の上で、「BABYMETAL」っていうくらいだからメタルの系譜なんだろうな……。学生の頃一時メタル聴いてたのを思い出しましたよ。

 世界に訴求できてるのは頼もしい。僕らが小さい頃に洋楽聴いてた逆というか、世界のどこかの若者が多感な頃に「BABYMETAL」聴いてるっていうのは励まされる。

 ◇◇◇

 遅れながらも『魔法つかいプリキュア!』の感想を書いていこうシリーズ。おそくなったけど、噂のモフデレラ回の感想を書きましたよ。↓


「過去」の延長線上にない思いがけない「未来」を選ぶという人間らしさ〜魔法つかいプリキュア!第29話「新たな魔法の物語!主役はモフデレラ!?」の感想(ネタバレ注意)/別ブログ

 ◇◇◇

 今夏の僕の中心的活動でした。新作オリジナル小説『こちら街アカリの復興部!』。

 「カクヨム」さんの少年エース×カクヨム「漫画原作小説コンテスト」に応募しているという形の作品です。

 コンテストの読者選考期間の七月後半〜八月末まで、今夏、(月)〜(土)と一日一節ずつ毎日更新という連載形式でした。

 「エピローグ」を、8月28日(日曜日)に更新しておりまして、現在は完結作品となっております。

 中編程度の読みやすい文量となっております。是非ぜひ、各々のタイミングで読んで頂けたら喜びます。↓


『こちら街アカリの復興部!』/カクヨム


――選択の時が、近づいていた。

 『非幸福者同盟』の方の話。

 再開の節は、あとはWEBアップ用にチューニングするだけなので、9月30日(金)から予定通り連載再開できそうです。

 おもむろに続きから始まります(苦笑)。

 その後、どのくらいのペースで連載していくかは、まだ未定。

 「カクヨム」さんの「第2回 カクヨムWeb小説コンテスト」開催が発表されていたりします。  書き溜めて、この期間に集中して公開したいという気持ちも。

 いずれにしろ、この作品書く活動も佳境です。

 最後(あと2.5話で完結です)はけっこう盛り上がると思うので、読んでくれたら喜ぶのでした。↓


asumiforkakuyomu1
(イラスト:馬の助さん/ブログTwitterPixiv

非幸福者同盟/カクヨム

非幸福者同盟/小説家になろう


 『こち街』の方は、最終選考対象作品発表は9月26日(月)ですので、それまではコツコツ宣伝させて頂きますね。

 「カクヨム」さんの「近況ノート」も、九月もできるだけ毎日更新を続ける予定です。創作の話はそちらの方が多く書いているかもです。頂いた感想への返信なども予定しております。「カクヨム」さんの相羽の個人ページもフォローしておいて頂けたら嬉しいです。↓


相羽裕司/カクヨム


 感想など頂けたら喜びます。メール・WEB拍手・カクヨムさんのレビュー機能・更新報告の「近況ノート」のコメント欄などなどを利用して頂けたらと。また、Twitterのハッシュタグは「#こち街」でよろしくです(^_^.

映画『聲の形』と山本寛監督と山田尚子監督・小説『非幸福者同盟』連載再開は9月30日(金)から

 相羽です。

 最近話題にしております、


●映画『聲の形』(公式サイト


 山田尚子監督のパーソナリティが出てる(と感じる)という山本寛監督のブログ。

 山本監督が捉えているパーソナリティと同系のものかは分かりませんが、僕は山田尚子監督作品の『けいおん!(!!)』〜『たまこまーけっと』&『たまこラブストーリー』〜映画『聲の形』に共通しているものを感じたりもしており。

 『けいおん!(!!)』OP(二期の方)でラストに唯がかかげる謎のマーク。

 『たまこまーけっと』&『たまこラブストーリー』の、気付かれず「日常」の維持に努めているたまこ。

 映画『聲の形』の、声にならない聲を伝えようとする硝子。

 これらは、何気なく過ごしていると見落とされ、(大袈裟に言えば世界から)取りこぼされてしまっていて、意味も分かってもらえないのだけど、解釈する側が「見え方を変えて」気付くことができれば、その価値、大事さに気づく。そういう存在を描いているっていうのが同じなんじゃないかな、と感じていたりです。

 そしてそれは、まあ愛だと思います。

 梓が唯に貰った飴玉が、ただの砂糖の塊ではないこと。

 『たまこまーけっと』の作中の何気ないところに感じられる、(劇中には明確に出てこない)たまこの母親の愛情。

 映画『聲の形』で、最後に二人が少しだけ生きやすくなれる理由。

 そういうこと、じゃないかと。


参考:『けいおん!!』最終回の感想


 当ブログのこちらの記事、引き続きよろしくです〜↓


映画『聲の形』の感想〜ポニーテールで気持ちを伝えられなかったハルヒ(=硝子)だとしても生きていくということ(ネタバレ注意)

20150803091805 160917jisatsutoukei
(画像は『涼宮ハルヒの憂鬱』・「内閣府/平成27年版自殺対策白書 概要(HTML形式)」より引用)

 原作漫画のKindle電子書籍版。↓



 ◇◇◇

 精神力回復の観点から、マナりつ秘蔵リンク集を作ってました(え)。

 完全に自分で楽しむ用です。

 こちらの方のツイートとか載っております。

 リンク集をGmailに転送して、スマートフォンとかでも見られるように。(もっと良い感じの方法があるかもですが、とりあえずこの方法で)

 『君の名は。』で、瀧君がスマートフォンの画像を見ながら絵を描いてるシーンがありましたが、最近また少し絵の練習をしているので、時々おもむろにスマホを取り出してマナりつ絵練習とか開始したい。

 ◇◇◇

 今夏の僕の中心的活動でした。新作オリジナル小説『こちら街アカリの復興部!』。

 「カクヨム」さんの少年エース×カクヨム「漫画原作小説コンテスト」に応募しているという形の作品です。

 コンテストの読者選考期間の七月後半〜八月末まで、今夏、(月)〜(土)と一日一節ずつ毎日更新という連載形式でした。

 「エピローグ」を、8月28日(日曜日)に更新しておりまして、現在は完結作品となっております。

 中編程度の読みやすい文量となっております。是非ぜひ、各々のタイミングで読んで頂けたら喜びます。↓


『こちら街アカリの復興部!』/カクヨム


 本日は『非幸福者同盟』の方の話。

 『こち街』を優先してしばらく休止しておりましたが、連載再開は9月30日(金)を予定しております。

 ブログ開設12周年の日に合わせるよ。

 現在、第十一話「君の名前は」は(400字詰原稿用紙換算で)89枚まで執筆中。

 けっこうな年数、そのシーンに向かって書いていたという箇所にそろそろ辿り着くという感慨もあります。

 個人的に作ってるこの作品の年表。1943年の戦艦陸奥爆沈から始まって、最後に2013年の「ある出来事」で終わっているのでした。これ、早く見せたいのですけどね。

 最後(あと2.5話で完結です)はけっこう盛り上がると思うので、読んでくれたら喜ぶのでした。↓


asumiforkakuyomu1
(イラスト:馬の助さん/ブログTwitterPixiv

非幸福者同盟/カクヨム

非幸福者同盟/小説家になろう


 『こち街』の方は、最終選考対象作品発表は9月26日(月)ですので、それまではコツコツ宣伝させて頂きますね。

 「カクヨム」さんの「近況ノート」も、九月もできるだけ毎日更新を続ける予定です。創作の話はそちらの方が多く書いているかもです。頂いた感想への返信なども予定しております。「カクヨム」さんの相羽の個人ページもフォローしておいて頂けたら嬉しいです。↓


相羽裕司/カクヨム


 感想など頂けたら喜びます。メール・WEB拍手・カクヨムさんのレビュー機能・更新報告の「近況ノート」のコメント欄などなどを利用して頂けたらと。また、Twitterのハッシュタグは「#こち街」でよろしくです(^_^.

映画『聲の形』=「ハルヒ」文脈説の傍証・百合作品の話

 相羽です。

 最近話題にしております、


●映画『聲の形』(公式サイト


 昨日は週刊少年マガジン(週刊少年マガジン2016年第43号)にもインタビューとか「ルポ魂!」とか掲載されていたのですが。

 加えて、当初は第三巻ラスト相当の硝子の告白シーンまでを映画化したいというオファーであったという話。

 先週のマガジン(週刊少年マガジン2016年第42号)の「マガスゴ×映画『聲の形』」の山田尚子監督インタビューに掲載されていた、(京都アニメーション社内で)今度は『聲の形』をやるらしいと聞いて、自分(山田尚子監督)がやりたいなと思い始めた、そうしたら本当にやることに決まった……という趣旨の話とも総合すると、第三巻ラスト部分がマガジンに掲載された時点で、「ポニーテール」による告白のすれ違いを「ハルヒ」文脈に乗せてやるつもりでアニメ化が決定して、山田尚子監督に決定したのはその後、そこから今の形に作り上げていったのかな〜などと推測。

 当ブログのこちらの記事、引き続きよろしくです〜↓


映画『聲の形』の感想〜ポニーテールで気持ちを伝えられなかったハルヒ(=硝子)だとしても生きていくということ(ネタバレ注意)

20150803091805 160917jisatsutoukei
(画像は『涼宮ハルヒの憂鬱』・「内閣府/平成27年版自殺対策白書 概要(HTML形式)」より引用)

 原作漫画のKindle電子書籍版。↓



 ◇◇◇

 AmazonのKindleさんの定額読み放題サービス「Kindle Unlimited」が始まってから、僕のKDP電子書籍で一番読んで頂けてるのはこちらです。↓

終末の週末
相羽裕司
2013-10-14


 これ、単純に「百合」タグが強いのか、僕本体が「百合」を書くのが得意だったりするのか、今一つ自分では分からず。

 ただ、Pixivにアップしてるやつで評価高めのやつも「百合」だったりするのですよね……。

 オフ友人にはポツポツ話してる、『非幸福者同盟』の次として準備を始めている作品、これは、集大成的なものになるんじゃないかと思ってたのですが、それが「百合」だったりするのですよね……。

 自分で少しPixivとか振り返ってて、そこまで意識してなかったけど、これ(次回作)、マナりつで凛×セイバーっぽい!? と驚いていて。何か、本当に原点に帰ってきて、かつ培ってきたものも総動員する的な作品になるやもしれない……。

 そこまで辿り着けるか分からず、まずは『非幸福者同盟』を終わらせてからですが。

 ◇◇◇

 さて。

 今夏の僕の中心的活動でした。新作オリジナル小説『こちら街アカリの復興部!』。

 「カクヨム」さんの少年エース×カクヨム「漫画原作小説コンテスト」に応募しているという形の作品です。

 コンテストの読者選考期間の七月後半〜八月末まで、今夏、(月)〜(土)と一日一節ずつ毎日更新という連載形式でした。

 「エピローグ」を、8月28日(日曜日)に更新しておりまして、現在は完結作品となっております。

 中編程度の読みやすい文量となっております。是非ぜひ、各々のタイミングで読んで頂けたら喜びます。↓


『こちら街アカリの復興部!』/カクヨム


 本日は『非幸福者同盟』の方の話。

 『こち街』を優先してしばらく休止しておりましたが、執筆を再開しました。

 第十一話「君の名前は」は既に(400字詰原稿用紙換算で)84枚に達しており、第七話「百色の七夕」(100枚ちょっと)も超えそうな勢いです。

 そんな第十一話ももう後半に入っており、全十三話、完結まであと2.5話くらいです。

 最後はけっこう盛り上がると思うので、読んでくれたら喜ぶのでした。↓


asumiforkakuyomu1
(イラスト:馬の助さん/ブログTwitterPixiv

非幸福者同盟/カクヨム

非幸福者同盟/小説家になろう


 『こち街』の方は、最終選考対象作品発表は9月26日(月)ですので、それまではコツコツ宣伝させて頂きますね。

 「カクヨム」さんの「近況ノート」も、九月もできるだけ毎日更新を続ける予定です。創作の話はそちらの方が多く書いているかもです。頂いた感想への返信なども予定しております。「カクヨム」さんの相羽の個人ページもフォローしておいて頂けたら嬉しいです。↓


相羽裕司/カクヨム


 感想など頂けたら喜びます。メール・WEB拍手・カクヨムさんのレビュー機能・更新報告の「近況ノート」のコメント欄などなどを利用して頂けたらと。また、Twitterのハッシュタグは「#こち街」でよろしくです(^_^.

映画『聲の形』と『無彩限のファントム・ワールド』・『SHIROBAKO』のBlu-rayBOXが発売

 相羽です。

 お。iTunes Storeにはまだないのかな。aiko楽曲を取り扱ってないわけではなさそうですが。

 最近話題にしております、


●映画『聲の形』(公式サイト


 京都アニメーションディケイド記事で言及しなかったのは『無彩限界のファントム・ワールド』ですが。これについては最終回の時にけっこう『ハルヒ』と繋げた話を書いておりました。↓


『ハルヒ』放映開始から十年、京都アニメーションがここまで進めた「日常」と「非日常」にまつわる物語〜『無彩限のファントム・ワールド』最終回の感想(ネタバレ注意)


・『甘城ブリリアントパーク』→野球場の49999人側も代替不可能な存在だったんじゃなかろーか。
・『無彩限のファントム・ワールド』→というか代役だったとしてもイイじゃん。大事じゃん。
・映画『聲の形』→今ココ<NEW>


 という感じでしょうか。

 わりと興収的にも良い感じの出だしの模様です。僕の感想記事も引き続きよろしくです〜。↓


映画『聲の形』の感想〜ポニーテールで気持ちを伝えられなかったハルヒ(=硝子)だとしても生きていくということ(ネタバレ注意)

20150803091805 160917jisatsutoukei
(画像は『涼宮ハルヒの憂鬱』・「内閣府/平成27年版自殺対策白書 概要(HTML形式)」より引用)

 ◇◇◇

 『SHIROBAKO(公式サイト)』がBlu-rayBOX化。

 映画『聲の形』もそうですし、『ハナヤマタ』、『ハイスクール・フリート』などなど、最近は一度バラバラになった共同体が、時間を経て再合流する(ただし少し形は変わってる)という話をずっと書いてる吉田玲子さんですが、この作品もそうですね(ただしシリーズ構成ではなく、キー話の脚本)。

 りーちゃん推しだったって、この話はしたっけ?(え)


当ブログの『SHIROBAKO』全話感想






 ◇◇◇

 さて。

 今夏の僕の中心的活動でした。新作オリジナル小説『こちら街アカリの復興部!』。

 「カクヨム」さんの少年エース×カクヨム「漫画原作小説コンテスト」に応募しているという形の作品です。

 コンテストの読者選考期間の七月後半〜八月末まで、今夏、(月)〜(土)と一日一節ずつ毎日更新という連載形式でした。

 「エピローグ」を、8月28日(日曜日)に更新しておりまして、現在は完結作品となっております。

 中編程度の読みやすい文量となっております。是非ぜひ、各々のタイミングで読んで頂けたら喜びます。↓


『こちら街アカリの復興部!』/カクヨム


 メインメンバーの名前・名字の話、続き。

 もう一系統は、「悠」とか「久」とか、「ずっと続く」系ワードですね。

 「境界領域」と同じく、こちらも作品のテーマなんかと関わってくるようにつけていて、けっこう色々考えて名前とかつけてるのでした。

 『こち街』の方は、最終選考対象作品発表は9月26日(月)ですので、それまではコツコツ宣伝させて頂きますね。

 「カクヨム」さんの「近況ノート」も、九月もできるだけ毎日更新を続ける予定です。創作の話はそちらの方が多く書いているかもです。頂いた感想への返信なども予定しております。「カクヨム」さんの相羽の個人ページもフォローしておいて頂けたら嬉しいです。↓


相羽裕司/カクヨム


 感想など頂けたら喜びます。メール・WEB拍手・カクヨムさんのレビュー機能・更新報告の「近況ノート」のコメント欄などなどを利用して頂けたらと。また、Twitterのハッシュタグは「#こち街」でよろしくです(^_^.

チノ先生イイな・引き続き映画『聲の形』の話

 相羽です。

 昨日は気力が切れたように、何もしないでおりました。

 幸宮チノ先生が、ここ10日くらい(?)で『アイドルマスター SideM(公式サイト)』にハマってイキイキしてるのですが。

 僕も何かハマれるものを見つけると良いのかもしれない……。

 この感じは↓、なんか羨ましい! と思ったのでした。

 ◇◇◇

 最近話題にしております、


●映画『聲の形』(公式サイト


 「エキレビ!」さんの山田尚子監督インタビューも前編・後編揃いました。↓

 作品として視点も物語の軸も将也側にあるのは分かってるのですが、京都アニメーションの歴史をディケイドしようとすると(え)「ハルヒ」を起点にヒロイン視点の歴史にした方が見えてくるものがあると感じたので、僕のディケイド記事は硝子の話が多めなのでした。↓


映画『聲の形』の感想〜ポニーテールで気持ちを伝えられなかったハルヒ(=硝子)だとしても生きていくということ(ネタバレ注意)

20150803091805 160917jisatsutoukei
(画像は『涼宮ハルヒの憂鬱』・「内閣府/平成27年版自殺対策白書 概要(HTML形式)」より引用)

 ◇◇◇

 さて。

 今夏の僕の中心的活動でした。新作オリジナル小説『こちら街アカリの復興部!』。

 「カクヨム」さんの少年エース×カクヨム「漫画原作小説コンテスト」に応募しているという形の作品です。

 コンテストの読者選考期間の七月後半〜八月末まで、今夏、(月)〜(土)と一日一節ずつ毎日更新という連載形式でした。

 「エピローグ」を、8月28日(日曜日)に更新しておりまして、現在は完結作品となっております。

 中編程度の読みやすい文量となっております。是非ぜひ、各々のタイミングで読んで頂けたら喜びます。↓


『こちら街アカリの復興部!』/カクヨム


 灯理の名字の「倉橋」は、氷室冴子先生の『雑居時代』の倉橋数子から。

 個人的に氷室冴子先生をとても尊敬しており、亡くなられた年には『雑居時代』パロディの同人誌作ったりもしていたのでした。

 メインメンバーの名前・名字は、倉「橋」のように、「境界領域」というニュアンスがある字をつけてるのが、一系統目です。(二系統目もある)

 『こち街』の方は、最終選考対象作品発表は9月26日(月)ですので、それまではコツコツ宣伝させて頂きますね。

 「カクヨム」さんの「近況ノート」も、九月もできるだけ毎日更新を続ける予定です。創作の話はそちらの方が多く書いているかもです。頂いた感想への返信なども予定しております。「カクヨム」さんの相羽の個人ページもフォローしておいて頂けたら嬉しいです。↓


相羽裕司/カクヨム


 感想など頂けたら喜びます。メール・WEB拍手・カクヨムさんのレビュー機能・更新報告の「近況ノート」のコメント欄などなどを利用して頂けたらと。また、Twitterのハッシュタグは「#こち街」でよろしくです(^_^.

映画『聲の形』は明日から公開開始・『こち亀』最終回も明日

 相羽です。

 先日試写会で一足先に観てきた、


●映画『聲の形』(公式サイト


 昨日リリースされた「コミックナタリー」さんのインタビュー記事は過去最高に良かったですが、劇中のある演出についての演出意図まで語られているので、その演出はまっさらな気持ちで体験してほしい気がする僕としては、映画館で観た後に読んで欲しいかもです。↓

 また、もう今日になりますが、同山田尚子監督・吉田玲子さん脚本コンビの傑作映画『たまこラブストーリー』が地上波初放映。↓

 「TOKYO MX」が観られる地域の方は是非ぜひ。

 映画の一般公開日(もう明日!)に合わせて近日アップ予定の、僕の京都アニメーション史を辿りながら映画『聲の形』を紐解いて生きる意味を取り戻す(え)的記事にも、『たまこまーけっと』&『たまこラブストーリー』は登場しますので。

 あと、映画公開合わせのプロモーションなのか、現在原作漫画『聲の形』のKindle電子書籍版第1巻が0円公開されております(15日朝時点)。第1巻ラストが一区切りだったりするのでまだ読んだことない人は読むしかないんだぜ……。↓



 ◇◇◇

 もう一つのもう明日、は、なんと言っても「こち亀」の最終話が明日発売の週刊少年ジャンプに掲載されることです。


こち亀週刊連載終了によせて


 襟元を正して拝んでから読むくらいの勢いだよな……。

 子供の頃祖母ちゃんの家にあった巻(ちょうど有名なおばけ煙突のエピソードが掲載されてる巻だった)を繰り返し読んでたのとか、僕の漫画原体験の一つですよ。

 200巻中、まだ読んだことのないエピソードもけっこうあるので、ちょくちょく読んでいこう……。

 こちらも、おそらく最終回合わせのプロモーションで区切りの良い巻のKindle電子書籍版が現在無料(15日朝時点)。↓



 ◇◇◇

 さて。

 今夏の僕の中心的活動でした。新作オリジナル小説『こちら街アカリの復興部!』。

 「カクヨム」さんの少年エース×カクヨム「漫画原作小説コンテスト」に応募しているという形の作品です。

 コンテストの読者選考期間の七月後半〜八月末まで、今夏、(月)〜(土)と一日一節ずつ毎日更新という連載形式でした。

 「エピローグ」を、8月28日(日曜日)に更新しておりまして、現在は完結作品となっております。

 中編程度の読みやすい文量となっております。是非ぜひ、各々のタイミングで読んで頂けたら喜びます。↓


『こちら街アカリの復興部!』/カクヨム


 文章、というより「言葉」の表現としては、僕の特性が日本語と英語を行ったり来たりなことを自覚していることもあり、英語表現にした時のリズム、ニュアンスなども考慮しています(実力的にどれくらい実現できているかは置いておいて)。

 例えば、最終回のサブタイトルは、「To The Golden United Linking Town's Lights」にするか、「To The Golden United Links for Town's Lights」にするかとか候補があって、最終的に「Linking」の「〜ing」のニュアンスを入れたいと前者を採用するとか、そういう細かいチューニングを重ねていたりするのでした……。

 『こち街』の方は、最終選考対象作品発表は9月26日(月)ですので、それまではコツコツ宣伝させて頂きますね。

 「カクヨム」さんの「近況ノート」も、九月もできるだけ毎日更新を続ける予定です。創作の話はそちらの方が多く書いているかもです。頂いた感想への返信なども予定しております。「カクヨム」さんの相羽の個人ページもフォローしておいて頂けたら嬉しいです。↓


相羽裕司/カクヨム


 感想など頂けたら喜びます。メール・WEB拍手・カクヨムさんのレビュー機能・更新報告の「近況ノート」のコメント欄などなどを利用して頂けたらと。また、Twitterのハッシュタグは「#こち街」でよろしくです(^_^.

京都アニメーションディケイド・個人の一次テキストで8000ユニークアクセスだと

 相羽です。

 先日試写会で一足先に観てきた、


●映画『聲の形』(公式サイト


 現在様々な媒体のインタビュー記事を読み漁っています。

 昨日発売の週刊少年マガジンに掲載されたインタビュー記事も良かったですね。

 雑誌ニュータイプの表紙も西宮硝子さん。

ニュータイプ 28年10月号
KADOKAWA/角川書店
2016-09-10


 僕の思い込みだけでポニーテールだハルヒだ言ってるわけではないのですよ……(たぶん)。

 僕としては、これぞ僕が観たかった映画だ! THE・映画だ! という作品でありました。17日(土)の一般公開日に合わせて制作中の、


●映画『聲の形』の感想〜ポニーテールに気づかれなかったハルヒ(=硝子)の「特別」じゃないという救い(ネタバレ注意)


 というテキストは、この十年のいくつかの京都アニメーション作品を回って結末に向かっていく『仮面ライダーディケイド』方式です。

 構成もテーマもディケイドっぽくしてるんだけど、それは気づく人だけ気づいてくれればイイや(え)。



仮面ライダーディケイド VOL.1 [DVD]
井上正大
TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D)
2009-07-21


 ◇◇◇

 若干、今年は「カクヨム」様に集中していた感がありましたが。

 「小説家になろう」様版『非幸福者同盟』、8000ユニークアクセス達成感謝です!


『非幸福者同盟』/小説家になろう


 「カクヨム」様版と「小説家になろう」様版の違いは、「カクヨム」様版は冒頭に短いイントロダクションエピソード(バトル)が付いてる点です(「小説家になろう」様版はいきなり震災の日の夜のシーンから始まる)。

 僕個人の感覚では、何か既存の作品に対して自分が何か言う、というテキストなら、年に数回は5000ユニークアクセス超え記事は出る。最近だとこれとか。


参考:響け!ユーフォニアム最終回の感想〜ポニーテールと三人のハルヒ(ネタバレ注意)


 ただ、一から自分で作るオリジナルの一次創作(しかも基本テキストのみ)で5000ユニークアクセス超えまでもっていくのは、相当難しい。なので、達成できて嬉しいです。

 しかも『ひこどう』は表には書かないような部分でもけっこうな縁・きっかけをもたらしてくれている作品で、うん、ちゃんと完結させよう。

 そういう意味で、縁・きっかけ・広報・QOLの向上(え)の観点からすると、すぐに自分で電子書籍にして特定プラットフォームでだけ販売という形にするのも、まだ違うなと感じていて、色々可能性を泳がせている段階です。

 『こち街』の方も、別のプラットフォームでも公開するか? とか、色々作戦は自分の直感・世の中の状況を踏まえて考え中。最終的には、届くと良い感じになる人に良いタイミングで届いて、僕の方にもお金とか入ってくればOKということにはなるのですが……。

 各種WEB系の賞もチェック中ですが、この一年で、また増えましたね……(可能性が広がるのは良いことですが)。

 そんな中の一つ、


ツギクルブックス 創刊記念大賞


 は、「AI特別賞」が面白いです。(^_^.

 そっちの方向でAIが発達していくと、やがて人間の編集者はいらない的な方向へ行くのですが、現在は人間の編集者がそちらの力を使っていっている段階という。

 僕個人でも、語学系の最新ツールはどんどん追ってるけど、AI語学講師でオーケーという段階まで辿り着いたら、僕は職を失うという、わりと最近の世の中の様々な箇所で生じてる構図だと感じます。

 ◇◇◇

 さて。

 今夏の僕の中心的活動でした。新作オリジナル小説『こちら街アカリの復興部!』。

 「カクヨム」さんの少年エース×カクヨム「漫画原作小説コンテスト」に応募しているという形の作品です。

 コンテストの読者選考期間の七月後半〜八月末まで、今夏、(月)〜(土)と一日一節ずつ毎日更新という連載形式でした。

 「エピローグ」を、8月28日(日曜日)に更新しておりまして、現在は完結作品となっております。

 中編程度の読みやすい文量となっております。是非ぜひ、各々のタイミングで読んで頂けたら喜びます。↓


『こちら街アカリの復興部!』/カクヨム


 温泉回をやるなら鳴子温泉に取材に行きたいなとか、地域(ローカル)の中の自分というのもより意識できるようになったきっかけの作品です。

 たとえば、来月は仙台方面から南三陸まで道路が繋がりますが、取材も兼ねて行ってみようかとか、考えるようになりましたしね……。


三陸沿岸道 南三陸まで直結へ/NHK NEWS WEB


 あとは、2020年には東京でのオリンピックが予定されているし、東京との経路をどう考えていくかとか。海外から人は来ると思うのですが、バリアフリー化に語学対応、僕個人と近いジャンルでも、けっこうな視点があるのでした。

 『こち街』の方は、最終選考対象作品発表は9月26日(月)ですので、それまではコツコツ宣伝させて頂きますね。

 「カクヨム」さんの「近況ノート」も、九月もできるだけ毎日更新を続ける予定です。創作の話はそちらの方が多く書いているかもです。頂いた感想への返信なども予定しております。「カクヨム」さんの相羽の個人ページもフォローしておいて頂けたら嬉しいです。↓


相羽裕司/カクヨム


 感想など頂けたら喜びます。メール・WEB拍手・カクヨムさんのレビュー機能・更新報告の「近況ノート」のコメント欄などなどを利用して頂けたらと。また、Twitterのハッシュタグは「#こち街」でよろしくです(^_^.

Ultron(ウルトロン)世代型アイドル・貧乳魔道企画WUG!実波さん

 相羽です。

 先日試写会で一足先に観てきた、


●映画『聲の形』(公式サイト



●映画『聲の形』の感想〜ポニーテールに気づかれなかったハルヒ(=硝子)の「特別」じゃないという救い(ネタバレ注意)


 ……というタイトルのけっこう本格的な評論テキストを17日(土)にブログにアップ予定です。


参考:響け!ユーフォニアム最終回の感想〜ポニーテールと三人のハルヒ(ネタバレ注意)



 ◇◇◇

 “わーすた”さんはまだそこまで詳しく存じ上げてないのですが(存在自体は前から知っていた)、メンバー全員が世界を見据えて外国語を学んでいるというのは好感が持てます。

 どれくらい用語が一般に定着するか分かりませんが「Ultron(ウルトロン)世代」というワードも概念としては分かる感じです。高校生に英語を教えていますが、現在の彼・彼女ら独特のものは、やはりあります。

 現在、あえて個人的に"推し"てるアイドルグループをあげるとしたら地元仙台が舞台のアイドルアニメ&リアルアイドルプロジェクト『Wake Up,Girls!(ポータルサイト)』と宮城県は気仙沼が拠点の『SCK GIRLS(公式サイト)』さんの二つですが、彼女らも地方から世界へみたいな方向になっていってくれたら個人的には嬉しいです。

 幸い、仙台はここ数年でライブ会場・イベント会場などのインフラが強化されてきました。海外からばんばんお客さん呼んでほしい。

 そしてそこから、(心理的な意味での)経路を近隣に引いて(女川が舞台の海外向けアニメ作品を作ってマーケティングするとか)、女川、石巻、気仙沼などなどとかまで訪れて貰う……的作戦。





参考:気仙沼ミラクルガール/感想(ネタバレ注意)

 ◇◇◇

25日間アナタのリクエストで描いた貧乳キャラ(1日目〜5日目)/やまなしなひび−Diary SIDE−

 2日目のリクエスターとして『ハナヤマタ』のハナ・N・フォンテーンスタンドさんを描いて頂いております。けっこう無茶ぶりなリクエストに返答して頂きました……。

 そして、企画8日目は僕得の『Wake Up, Girls!』の片山実波さん!

 今はなき(え)『ステージの天使』のSR+衣装だ! この企画、田中美海さん率高くね!?

 企画の大本はこちらの電子書籍です。テキスト+漫画で進む、リズム、ユーモア、諧謔の心地よい一冊。前作『マンガは描ける!絵が描けない人でも [Kindle版]』は実は個人で電子書籍を出す例としては、僕の身近では素晴らしい成功事例だったので、個人や小規模で作品をリリースしていく文化・枠組みの豊穣化を目指す観点からも応援していきたい。本当面白かったんで、買ってみて〜。なんか、今日の朝時点ではAmazonさんの50pt還元もついてます。↓



Kindleで電子書籍『オレは貧乳が好きなんだ!』を発売しました!/やまなしなひび−Diary SIDE−



 ◇◇◇

 さて。

 今夏の僕の中心的活動でした。新作オリジナル小説『こちら街アカリの復興部!』。

 「カクヨム」さんの少年エース×カクヨム「漫画原作小説コンテスト」に応募しているという形の作品です。

 コンテストの読者選考期間の七月後半〜八月末まで、今夏、(月)〜(土)と一日一節ずつ毎日更新という連載形式でした。

 「エピローグ」を、8月28日(日曜日)に更新しておりまして、現在は完結作品となっております。

 中編程度の読みやすい文量となっております。是非ぜひ、各々のタイミングで読んで頂けたら喜びます。↓


『こちら街アカリの復興部!』/カクヨム


 徐々にPVが増えてるだけでも、だいぶ嬉しかったりします。

 空き時間に何かするとして、競合という観点から見れば、無名の個人のWEB小説を読むよりは流行のソーシャルゲームをやったり動画観たりの方が強いのが無標な状況なので。

 ただ、下手に競合と捉えてパイの獲得力強化を目指すというよりは、ピンポイントな読者さんに誤配(という言い方は適切じゃないかもしれないですが)される可能性を高めたいという視点を持っていたりします。射程を(海外対応して)広くする、とかですね……。

 『こち街』の方は、最終選考対象作品発表は9月26日(月)ですので、それまではコツコツ宣伝させて頂きますね。

 「カクヨム」さんの「近況ノート」も、九月もできるだけ毎日更新を続ける予定です。創作の話はそちらの方が多く書いているかもです。頂いた感想への返信なども予定しております。「カクヨム」さんの相羽の個人ページもフォローしておいて頂けたら嬉しいです。↓


相羽裕司/カクヨム


 感想など頂けたら喜びます。メール・WEB拍手・カクヨムさんのレビュー機能・更新報告の「近況ノート」のコメント欄などなどを利用して頂けたらと。また、Twitterのハッシュタグは「#こち街」でよろしくです(^_^.

こち亀と腕時計・絵本的な表現形式

 相羽です。

 先日試写会で一足先に観てきた、


●映画『聲の形』(公式サイト


 良いインタビュー記事でした。

 もうあと四日で公開かー。



 ◇◇◇

 今週の「こち亀」の時計の話は、「こち亀」らしい新しいものを求める力と古きを尊ぶ態度とが交差していて良かった。

 僕の父親が退職した時に、勤続四十年を記念して会社から送られたけっこう良い腕時計がありまして、僕が使わせて貰っていました。

 最近そのベルトが切れてしまって、しょうがないかなと思ってたのですが、直して使おうという気になりましたよ。調べてみたら、けっこう直してくれるところある模様。時計本体が壊れたわけじゃないので、アメリカまで行かなくても直りそうです。



 ◇◇◇

 さて。

 今夏の僕の中心的活動でした。新作オリジナル小説『こちら街アカリの復興部!』。

 「カクヨム」さんの少年エース×カクヨム「漫画原作小説コンテスト」に応募しているという形の作品です。

 コンテストの読者選考期間の七月後半〜八月末まで、今夏、(月)〜(土)と一日一節ずつ毎日更新という連載形式でした。

 「エピローグ」を、8月28日(日曜日)に更新しておりまして、現在は完結作品となっております。

 中編程度の読みやすい文量となっております。是非ぜひ、各々のタイミングで読んで頂けたら喜びます。↓


『こちら街アカリの復興部!』/カクヨム


 「カクヨム」さんで新しく、エピソード別に「応援」できる機能が実装されました。

 『こち街』で特に好きなエピソード(節)などありましたら応援ボタンを押してみて下さい。励みになります。各節の個別ページ下部に「応援する」ボタンが追加されております。

 『マンガ図書館Z』さんが、既に漫画の個別ページをSNSにシェアできる機能を最近始めていたりしますが。

 海外向けの訴求力を考えた場合、漫画+SNSはもちろん凄いですが、テキスト(比較的短め)+イラストがページごと(節ごと)になってるという表現形式にもけっこう可能性を感じていたりします。

 漫画描いてた頃、僕のネームは漫画というより絵本っぽいと言われたので、逆にそこを出していくという作戦もあり得ます。絵本も、だいぶ普遍性がある形式だと思うので。

 『こち街』の方は、最終選考対象作品発表は9月26日(月)ですので、それまではコツコツ宣伝させて頂きますね。

 「カクヨム」さんの「近況ノート」も、九月もできるだけ毎日更新を続ける予定です。創作の話はそちらの方が多く書いているかもです。頂いた感想への返信なども予定しております。「カクヨム」さんの相羽の個人ページもフォローしておいて頂けたら嬉しいです。↓


相羽裕司/カクヨム


 感想など頂けたら喜びます。メール・WEB拍手・カクヨムさんのレビュー機能・更新報告の「近況ノート」のコメント欄などなどを利用して頂けたらと。また、Twitterのハッシュタグは「#こち街」でよろしくです(^_^.

西宮さん(『聲の形』)練習中・熊出そう

 相羽です。

 西宮さん(『聲の形』)練習中。

160911nishimiyasanm

 先日試写会で一足先に観てきた、


●映画『聲の形』(公式サイト


 京都アニメーション文脈を絡めた感想をコツコツと書いております。映画の一般公開日の9月17日(土)に公開する計画で進めよう、そうしよう。

 ハイデガーがアリストテレスからカントまでなめるように読み込んで哲学史(特に存在論史)を再構築したように、『ハルヒ』、『けいおん!(!!)』と読み込んだ上で、『聲の形』に繋げるみたいな感じにしたいと思っております。すごい、僕の方のシミュラークル感。

 ちなみにハイデガーは詩とかも書くんですが、後世にはあんまりそっちの方は伝わってません。木田元は率直に(詩の方は)イマイチみたいなこと書いてたりですが、僕はハイデガーがハンナ・アーレントに送った手紙とか読むと、ポエミーで(え)けっこうイイんじゃないかと思ったりします。





 ◇◇◇

 『街と熊』

 ◇◇◇

 さて。

 今夏の僕の中心的活動でした。新作オリジナル小説『こちら街アカリの復興部!』。

 「カクヨム」さんの少年エース×カクヨム「漫画原作小説コンテスト」に応募しているという形の作品です。

 コンテストの読者選考期間の七月後半〜八月末まで、今夏、(月)〜(土)と一日一節ずつ毎日更新という連載形式でした。

 「エピローグ」を、8月28日(日曜日)に更新しておりまして、現在は完結作品となっております。

 中編程度の読みやすい文量となっております。是非ぜひ、各々のタイミングで読んで頂けたら喜びます。↓


『こちら街アカリの復興部!』/カクヨム


 今日は『非幸福者同盟』の方の話。

 第二話でムっちゃんが熊とバトルする志麻の家がある山も、仙台市内にモデルがあります。

1305241

 劇中では「大天寺山」と呼称していた「大年寺山」の山門。ここから異界感があって好きな場所です。

 長い階段も、横に目をみやると。

1305242

 ね! 「ここで熊とバトルさせよう」とか、散歩してたら思いつきそうでしょ。

 日にちはまだ言えない段階ですが(まだ書いてないので!)、最終章(ラスト2.5話)を再開予定です。『非幸福者同盟』もよろしくお願いします。本日はランキングも132位(累計:現代アクション)感謝です。↓


asumiforkakuyomu1
(イラスト:馬の助さん/ブログTwitterPixiv

『非幸福者同盟』/カクヨム


 『こち街』の方は、最終選考対象作品発表は9月26日(月)ですので、それまではコツコツ宣伝させて頂きますね。

 「カクヨム」さんの「近況ノート」も、九月もできるだけ毎日更新を続ける予定です。創作の話はそちらの方が多く書いているかもです。頂いた感想への返信なども予定しております。「カクヨム」さんの相羽の個人ページもフォローしておいて頂けたら嬉しいです。↓


相羽裕司/カクヨム


 感想など頂けたら喜びます。メール・WEB拍手・カクヨムさんのレビュー機能・更新報告の「近況ノート」のコメント欄などなどを利用して頂けたらと。また、Twitterのハッシュタグは「#こち街」でよろしくです(^_^.

映画『聲の形』ロングPV・「カクヨム」さんで第2回Web小説コンテスト

 相羽です。

 先日試写会で一足先に観てきた、


●映画『聲の形』(公式サイト


 ロングPVがアップされてるよ〜。↓


 一般公開は9月17日(土曜日)。

 大事に原作単行本を読んでるところですが。



 遡れば、京都アニメーション文脈としては『ハルヒ』の直系(と捉えることができる)なのは明らかで(映画の方)、そういう話の文章は書こうと思っておりますが、あと、『空の境界』が近いと思った。

 一つは、自分の本質と世界のズレの物語であること。

 二つは、幹也と式(将也と硝子)の二人の関係の物語であるということ。しかし「恋愛」ものか、と言われると少し返答に困るということ。

 ちょっと遠大な言い方になるかもしれないのですが、ゼロ年代の解答。2016年。庵野秀明氏が『シン・ゴジラ』で、新海誠氏が『君の名は。』で、奈須きのこ氏が『FGO』なのだとすると、それぞれ最高に素晴らしく、ヒットもしてる、めでたい、という中。映画『聲の形』は、そこから零れ落ちたものを掬い取ってる感じです。

空の境界(上) (講談社文庫)
奈須きのこ
講談社
2012-09-28


 ◇◇◇

 僕も『こち街』を出してる、少年エース×カクヨム「漫画原作小説コンテスト」も選考中の中、「カクヨム」さんで「第2回 カクヨムWeb小説コンテスト」の開催が告知。

 第1回の時は、『非幸福者同盟』最高週間13位(現代アクション)までは行ったんだよな〜。20作品(現代アクション)の読者選考通過枠には入れなかったけど(累計で及ばなかった)。

 まだ最終章(ラスト2.5話)再開の日にちも告知してない状況であれですが、第2回の開催期間に合わせて『非幸福者同盟』完結させるとか?

 ちょっと考えてみます……。

 ◇◇◇

 さて。

 今夏の僕の中心的活動でした。新作オリジナル小説『こちら街アカリの復興部!』。

 「カクヨム」さんの少年エース×カクヨム「漫画原作小説コンテスト」に応募しているという形の作品です。

 コンテストの読者選考期間の七月後半〜八月末まで、今夏、(月)〜(土)と一日一節ずつ毎日更新という連載形式でした。

 「エピローグ」を、8月28日(日曜日)に更新しておりまして、現在は完結作品となっております。

 中編程度の読みやすい文量となっております。是非ぜひ、各々のタイミングで読んで頂けたら喜びます。↓


『こちら街アカリの復興部!』/カクヨム


 もはやどれを出して、どれをまだ出してなかったかうろ覚えな感じだったりしますが。

140215ayakasinji

 彩可と真司のボールペン画のラフですね。

 琴美に関してはいくつかラフがあり。理華は『ひこどう』verをチラっと馬の助さんが描いてくれたことがあるので(『妹の紋章』時点だともうちょっと若くなるけど)、『妹の紋章』三ヒロインズ絵とかは可能だったりするのですよね。描くか!

 物語冒頭で真司と彩可が待ち合わせしていた「駅」の写真をぺたり。

160911eki

 仙台の冬の情景好きなのですが、僕個人の郷里感覚によるものなのか、もうちょっと一般的に訴求可能なのかは自分ではよく分からず。でも『劇場版Wake Up, Girls! 七人のアイドル』のラストシーンの絵にグっときたという感想はよく聞くので、行けるのか。

 『妹の紋章』も是非ぜひ買ってね!

妹の紋章
相羽裕司
2014-08-09


 『こち街』の方は、最終選考対象作品発表は9月26日(月)ですので、それまではコツコツ宣伝させて頂きますね。

 「カクヨム」さんの「近況ノート」も、九月もできるだけ毎日更新を続ける予定です。創作の話はそちらの方が多く書いているかもです。頂いた感想への返信なども予定しております。「カクヨム」さんの相羽の個人ページもフォローしておいて頂けたら嬉しいです。↓


相羽裕司/カクヨム


 感想など頂けたら喜びます。メール・WEB拍手・カクヨムさんのレビュー機能・更新報告の「近況ノート」のコメント欄などなどを利用して頂けたらと。また、Twitterのハッシュタグは「#こち街」でよろしくです(^_^.

みゅーさんの誕生日・プリキュアとオズの魔法使い

 相羽です。

 『Wake Up, Girls!(ポータルサイト)』のみゅーさん(リアルの方の高木美佑さん)が誕生日だったとのことで、馬の助さんの水着絵。

 二十歳か……。既に色々成してるのが凄い。

 僕が二十歳の時、初めての小説(『夢守教会 少女のケニング』よりも前のもの)書いたけど、何も起きなかったよ……。

 ◇◇◇

 小説『スイートプリキュア♪』(TVシリーズの全話感想)の発売日も11月10日(木)に決定。



 『フレッシュ』・『スマイル』に次いで(『スマイル』は何か仕掛けがありそうだけど)本編のアフター物語だ!

 プリキュアの話題続き。

 てか、上北ふたご先生版のKindle版!



 さて、そんな『魔法つかいプリキュア!』。新フォーム、オーバー・ザ・レインボー(Over the Rainbow)は、映画「オズの魔法使(1939)」のミュージカル曲の名前よりということで、いよいよ『オズの魔法使い』がモチーフなのが本格化してきた最近。

 せっかくだからと、宮坂宏美さんの完訳でライマン・フランク・ポームの原作『オズの魔法使い』を読み始めました。

完訳 オズの魔法使い 《オズの魔法使いシリーズ1》
ライマン・フランク・ボーム
復刊ドットコム
2011-09-30


 シリーズ20冊は難しくとも、最初の一冊だけでも。

 『ドキドキ!プリキュア』第2話がなかったらオスカー・ワイルド『幸福の王子』も読まなかっただろうし、大人が名作・教養に触れ直すきっかけとしても良い番組ですよ。

参考:プリキュア雑記(2013年9月23日"『幸せの王子』バッドエンドからの分岐条件と物語終盤の打倒対象")/別ブログ



 ◇◇◇

 さて。

 今夏の僕の中心的活動でした。新作オリジナル小説『こちら街アカリの復興部!』。

 「カクヨム」さんの少年エース×カクヨム「漫画原作小説コンテスト」に応募しているという形の作品です。

 コンテストの読者選考期間の七月後半〜八月末まで、今夏、(月)〜(土)と一日一節ずつ毎日更新という連載形式でした。

 「エピローグ」を、8月28日(日曜日)に更新しておりまして、現在は完結作品となっております。

 中編程度の読みやすい文量となっております。是非ぜひ、各々のタイミングで読んで頂けたら喜びます。↓


『こちら街アカリの復興部!』/カクヨム


 下準備の話。

 資料本を読み込む他に、僕の場合視覚的なイメージを大事にしてるので、何かしら視覚的な資料を準備するというのがあります。

 キャラクターのラフ絵を自分で描いたり。あと、2011年以降は震災後の東北の情景が主題の一つですので、(仙台近郊の)写真もだいぶ撮りためています。

120302machi3

 『こち街』のラストとか、僕の小説にはよく「高架線」が登場しますが、これですね。「修復」と「経路」の象徴としてよく登場させてる感じ。写真は2012年あたり。

120617ayaka

 彩可の、まだ髪が長かった頃のラフですね。この後、電子書籍版に際して柚山さん(ホームページTwitter)のキャラデザバージョンに落ち着きます。『妹の紋章』も是非買ってね!

妹の紋章
相羽裕司
2014-08-09


 『こち街』の方は、最終選考対象作品発表は9月26日(月)ですので、それまではコツコツ宣伝させて頂きますね。

 「カクヨム」さんの「近況ノート」も、九月もできるだけ毎日更新を続ける予定です。創作の話はそちらの方が多く書いているかもです。頂いた感想への返信なども予定しております。「カクヨム」さんの相羽の個人ページもフォローしておいて頂けたら嬉しいです。↓


相羽裕司/カクヨム


 感想など頂けたら喜びます。メール・WEB拍手・カクヨムさんのレビュー機能・更新報告の「近況ノート」のコメント欄などなどを利用して頂けたらと。また、Twitterのハッシュタグは「#こち街」でよろしくです(^_^.

語学の神髄・哲学史の資料本

 相羽です。

 今月末でブログ開設12周年か。何かやろうかなー。

 「言葉」について。

 ブログ名にも付けてるし、サークル名にも付けてるしで、何かしら僕にとって大事なものではあるのですが。

 もとは学生の頃の専門が「言語」だったということだったり(「言語学」の修士号も持ってたりします。)。

 社会で生きていくにあたって分かりやすさ重視で肩書きを「語学講師」と最近は名乗ってるのですが、実際は語学(主には英語)を教えるというより、相手(生徒さん・受講者さん)のコアにある言語的な能力を開花させる手伝いをする的な感覚で仕事しております。

 開花は違うかな。なんか、絡まってるので、解きほぐすお手伝いをしてる感じ。解きほぐされると、なんかイイ感じ(笑)になって貰えます。コーチというより、ちょっとヒーラーっぽいことをしてるのかなという感覚もあります。あんまりスピリチュアルな方向にいってもいかんですが。

 僕が英語教えると、半年から一年くらい期間を頂ければ、まず日本の大学受験レベルはクリアして普通に「使える」レベルになって貰えますが、そういういわゆる語学力以外にも、僕の母親とか。

 脳にダメージがあって半身不随で、言葉も出にくい部分があるのですが、それでも12年前に比べると、だいぶ自分の言葉で話せるようになってきていて感謝しています。

 学生時代にやりたかったこととしてこういう言語療法的なジャンルがあって当時から色々研究したり試行錯誤していたのですが、母親が要介護状態になってからは、自分の母親に僕なりに色々試みてきた12年でもありました。

 この語学教える仕事と、言語療法的な要素、僕の中では、相手の言葉のコアを紐解き、良い感じにする……みたいな感じで繋がってるのですが、体系化とかはできてなくて、僕個人の感覚芸的な部分があるので、あんまり言ってもスピリチュアルな感じになりそうだなと、そんなには普段は人には言ってない感じです(笑)。

 ただ、語学系の仕事は、話せるようになって貰うと分かりやすく喜んでもらえて、今はプロとしてそれなりにお金も頂いているので、こっちは(形式的な意味では)分かりやすい12年で進んだ部分かなと(^_^.

 ◇◇◇

 先日試写会で一足先に観てきた、


●映画『聲の形』(公式サイト


 一緒に観てきた丁稚さんが感想アップしてるよ〜。↓


映画『聲の形』 〜コミュニケーションの不完全さをあぶりだす/ねざめ堂


 僕は帰りにココスで(え)話してきたので、だいたい聞いた内容でありましたが、初めて読む方はハっとすること多々なはずと思うのでお勧めです。

 いやー、イイ映画だったなぁ。

 僕は京都アニメーション作品文脈を絡めた感想を書こうと思っております(今から書く)。また、これは『ハルヒ』文脈だ! みたいな文章を相変わらず書こうと思っております。

【関連リンク:これまでのブログの京都アニメーション作品感想】

『ハルヒ』放映開始から十年、京都アニメーションがここまで進めた「日常」と「非日常」にまつわる物語〜『無彩限のファントム・ワールド』最終回の感想(ネタバレ注意)
[5000ユニークアクセス超え人気記事]響け!ユーフォニアム最終回の感想〜ポニーテールと三人のハルヒ(ネタバレ注意)
『甘城ブリリアントパーク』第12話の感想はこちら
[5000ユニークアクセス超え人気記事]『境界の彼方』最終回の感想(少しラストシーンの解釈含む)はこちら

『中二病でも恋がしたい!』(第一期)最終回の感想はこちら
『Free!』(第一期)最終回の感想はこちら
『氷果』最終回の感想はこちら
『けいおん!!』最終回の感想はこちら
『涼宮ハルヒの憂鬱』最終回の感想はこちら





 ◇◇◇

 さて。

 今夏の僕の中心的活動でした。新作オリジナル小説『こちら街アカリの復興部!』。

 「カクヨム」さんの少年エース×カクヨム「漫画原作小説コンテスト」に応募しているという形の作品です。

 コンテストの読者選考期間の七月後半〜八月末まで、今夏、(月)〜(土)と一日一節ずつ毎日更新という連載形式でした。

 「エピローグ」を、8月28日(日曜日)に更新しておりまして、現在は完結作品となっております。

 中編程度の読みやすい文量となっております。是非ぜひ、各々のタイミングで読んで頂けたら喜びます。↓


『こちら街アカリの復興部!』/カクヨム


 今日も『非幸福者同盟』の方について少し。

 制作にあたっての資料本とか小出しに公開しようと思ってますのコーナー。

 題材上歴史関係が多いですが、その中でも今日は哲学史に関して。

 アスミの技の名前が全部哲学者の名前になってるわけですが、一応それなりに意味がある感じになっております。

 そんな中でも、僕的に「哲学史」のお勧めの本といったらコレ!↓



 厳密には、ハイデガーの思想の核心は哲学史の再構築にあったと解釈する木田元氏が、氏なりのハイデガー哲学史を再構築してる、という複雑な位置づけの書籍ですが、これは本当凄いです。

 何冊か、生きてるうちにこういう本を作ってみたいなーという書籍がありますが、そういう本の一つです。

 というわけで、『非幸福者同盟』は、けっこうハイデガー系統の存在論から影響を受けてる、存在論の物語でもあります。オントロジカも、オントロジー(存在論)からとってますしね。

 その流れで、アスミがいよいよ『月光のハニヤ』を使う中ボス戦で、ハニヤ=埴谷雄高きた! 哲学者の名前シリーズ日本人きた! と燃えてほしいところなのですが、それは、そこまでは深みにはまらなくてもやっぱり気軽に楽しんでもらいたい(笑)。基本は、女の子が能力バトルするエンタメです。

 日にちはまだ言えない段階ですが(まだ書いてないので!)、最終章(ラスト2.5話)を再開予定です。『非幸福者同盟』もよろしくお願いします。本日はランキングも131位(累計:現代アクション)感謝です。↓


160909rank

『非幸福者同盟』/カクヨム


 『こち街』の方は、最終選考対象作品発表は9月26日(月)ですので、それまではコツコツ宣伝させて頂きますね。

 「カクヨム」さんの「近況ノート」も、九月もできるだけ毎日更新を続ける予定です。創作の話はそちらの方が多く書いているかもです。頂いた感想への返信なども予定しております。「カクヨム」さんの相羽の個人ページもフォローしておいて頂けたら嬉しいです。↓


相羽裕司/カクヨム


 感想など頂けたら喜びます。メール・WEB拍手・カクヨムさんのレビュー機能・更新報告の「近況ノート」のコメント欄などなどを利用して頂けたらと。また、Twitterのハッシュタグは「#こち街」でよろしくです(^_^.

『聲の形』全巻大人買いしてきた・戦艦陸奥の資料本について

 相羽です。

 一昨日試写会で観てきた、


●映画『聲の形』(公式サイト


 が素晴らしかったので、昨日の宣言通り原作コミックスを地元の書店で全巻大人買いしてきました。

160907koenokatachi

 おお。映画はけっこう原作から変えてきてたのねん。

 今更、原作の大今良時先生の、各種オフィシャルインタビューを読み漁っていたり。

 この辺り、一般的には、この作品(原作漫画)一番話題になってたのって2013年〜2014年くらいじゃん! って感じだと思うのですが、僕個人としては今のタイミングでこの作品に出会って良かった。

 『こち街』の執筆が完了して一旦燃え尽きて、『非幸福者同盟』を再開させるまでに養分を補給中の時期だったのですが、他ならぬこのタイミングで『聲の形』に出会えて良かった。

 映画が一般公開される9月17日(土)にあたって、感想、『聲の形』単体のみならず京都アニメーション文脈について盛り込んだものを書こうとは思っておりますが。やるならちゃんと書くかと瞑想とかして(え)集中力を高め中。

 映画単体として素晴らしいものでありながら、完全に下記リンクのような、当ブログで書いてきた京都アニメーション作品の物語論文脈に接合可能な作品でもありました。↓

【関連リンク:これまでの当ブログの京都アニメーション作品感想】

『ハルヒ』放映開始から十年、京都アニメーションがここまで進めた「日常」と「非日常」にまつわる物語〜『無彩限のファントム・ワールド』最終回の感想(ネタバレ注意)
[5000ユニークアクセス超え人気記事]響け!ユーフォニアム最終回の感想〜ポニーテールと三人のハルヒ(ネタバレ注意)
『甘城ブリリアントパーク』第12話の感想はこちら
[5000ユニークアクセス超え人気記事]『境界の彼方』最終回の感想(少しラストシーンの解釈含む)はこちら

『中二病でも恋がしたい!』(第一期)最終回の感想はこちら
『Free!』(第一期)最終回の感想はこちら
『氷果』最終回の感想はこちら
『けいおん!!』最終回の感想はこちら
『涼宮ハルヒの憂鬱』最終回の感想はこちら



 ◇◇◇

 さて。

 今夏の僕の中心的活動でした。新作オリジナル小説『こちら街アカリの復興部!』。

 「カクヨム」さんの少年エース×カクヨム「漫画原作小説コンテスト」に応募しているという形の作品です。

 コンテストの読者選考期間の七月後半〜八月末まで、今夏、(月)〜(土)と一日一節ずつ毎日更新という連載形式でした。

 「エピローグ」を、8月28日(日曜日)に更新しておりまして、現在は完結作品となっております。

 中編程度の読みやすい文量となっております。是非ぜひ、各々のタイミングで読んで頂けたら喜びます。↓


『こちら街アカリの復興部!』/カクヨム


 今日は『非幸福者同盟』の方について少し。

 完結したら制作にあたっての資料本とか公開しようと思ってますと書いたのですが、一気にどーんと出されても多い気がするので、小出しに。

 戦艦陸奥に関しては、一番はこれですかね。

産業経済新聞社社会部
サンケイ新聞社出版局
1971


 ムっちゃんが概念武装『副砲』を使う時の副砲の数とか、ガチ資料的なものとしても参考にしてますし、ジョーとひぃじーじの会話のシーンとか、感覚的にもこの書籍から色々なものを受け取って書いておりました。

 あと、山田風太郎先生の有名なこちらも先行作品として押さえた上で、文脈を自分なりに咀嚼して作品に反映させてもいます。↓



 戦後70年にあたりクリエイターは何かしら考えると思うのですが、『非幸福者同盟』に関してはクライマックス(第十話)が終戦の日(8月15日)になるように構成した作品でした。

 そして、比べるのはおこがましいですが、たとえば會川昇先生は『コンクリート・レボルティオ〜超人幻想〜(公式サイト)』という物語の起点の一つを8月6日に置いて(ちなみに『非幸福者同盟』では、あえて「仙台七夕の日」として描いています)、僕は『非幸福者同盟』という物語の起点を戦艦陸奥爆沈の1943年6月に置いたという感じです。

 日にちはまだ言えない段階ですが(まだ書いてないので!)、最終章(ラスト2.5話)を再開予定です。『非幸福者同盟』もよろしくお願いします。本日はランキングも131位(累計:現代アクション)感謝。↓


asumiforkakuyomu1
(イラスト:馬の助さん/ブログTwitterPixiv

『非幸福者同盟』/カクヨム


 『こち街』の方は、最終選考対象作品発表は9月26日(月)ですので、それまではコツコツ宣伝させて頂きますね。

 「カクヨム」さんの「近況ノート」も、九月もできるだけ毎日更新を続ける予定です。創作の話はそちらの方が多く書いているかもです。頂いた感想への返信なども予定しております。「カクヨム」さんの相羽の個人ページもフォローしておいて頂けたら嬉しいです。↓


相羽裕司/カクヨム


 感想など頂けたら喜びます。メール・WEB拍手・カクヨムさんのレビュー機能・更新報告の「近況ノート」のコメント欄などなどを利用して頂けたらと。また、Twitterのハッシュタグは「#こち街」でよろしくです(^_^.

映画『聲の形』試写会行ってきた・『ハナヤマタ』のハナ描いて貰った

 相羽です。

 昨日は、


●映画『聲の形』(公式サイト


 の試写会に行ってきました。

 素晴らしい映画でしたので、一般公開(9月17日・土より)されたら、皆さんも是非。


参考:Vivid性を取り戻すために2014年型作品全弾装填


 生きづらい現実の中で、たとえば『ハルヒ』でハルヒが幼少期に野球場で感じた孤独と絶望(自身の無価値感)と、どう折り合いを付けていこうか。そういうテーマで京都アニメーションはずっと作品を作ってると解釈しているのですが。

 「白雪姫のキス」も、「好きなこと(軽音楽・ユーフォニアムなど)を見つける」も「なく」、それでもこの世界は生きるに値するはずだ、という地点までを映画『聲の形』は描いておりました。観終わると、とりあえず「生きるか」となります(かならずしも積極的な意味じゃなくても)。

 本当イイ映画だったな。

 試写会で無料で観てしまったので、原作漫画は今日全巻買おう。



 ◇◇◇

 やまなしレイ君が、『9月は毎日「貧乳キャラ」のイラストを描きます!』という(色んな意味で)大丈夫か、という企画を発動中。

 光栄なる二人目としてリクエストさせて貰って、『ハナヤマタ』のハナ描いて貰ったよ。

 毎日更新というリソースが限られる状況で、作画カロリーが高いはっぴver……だと。

 無茶ぶりのリクエストに応えて頂いてありがとうございます。

 無茶ぶりのリクエスト。↓

参考:『けいおん!』と『ハナヤマタ』で重ねられている演出とその意図について


 まだリクエスト数に余裕ありそうな感じなので(いや、コメント欄見るともうけっこう来てるのか!?)、みんなもリクエスト送ってみると良いですよ(こういう企画はわいわいと盛り上がった方が楽しい)。

 企画の大本はこちらの電子書籍です。テキスト+漫画で進む、リズム、ユーモア、諧謔の心地よい一冊。前作『マンガは描ける!絵が描けない人でも [Kindle版]』は実は個人で電子書籍を出す例としては、僕の身近では素晴らしい成功事例だったので、個人や小規模で作品をリリースしていく文化・枠組みの豊穣化を目指す観点からも応援していきたい。本当面白かったんで、買ってみて〜↓



Kindleで電子書籍『オレは貧乳が好きなんだ!』を発売しました!/やまなしなひび−Diary SIDE−

 ◇◇◇

 さて。

 今夏の新作オリジナル小説『こちら街アカリの復興部!』。

 「カクヨム」さんの少年エース×カクヨム「漫画原作小説コンテスト」に応募しているという形の作品です。

 コンテスト読者選考期間の八月末まで、今夏、(月)〜(土)と一日一節ずつ毎日更新という連載形式でした。

 「エピローグ」を8月28日(日)に更新しておりまして、現在は完結作品となっております。

 中編程度の読みやすい文量となっております。是非ぜひ、各々のタイミングで読んで頂けたら喜びます。↓


『こちら街アカリの復興部!』/カクヨム


 映画『聲の形』を試写会で観てきて気が引き締まったので、改めて自分の届けていきたいものの方向性、芸風(え)を考えていきたいところです。

 分かりやすいサービスシーンとかなくても、かなりの規模の商業作品として成立して、かつ素晴らしいというのは、勇気づけられるところ。(サービスシーンが満載な作品はそれはそれで必要で良いこととして)

 繊細な感情のグラデーションを、アニメーションで表現する頂点がああういう感じだとして、小説(言語)表現だとどうなるだろうというのは求道していきたいと思うのでした。

 『こち街』の方は、最終選考対象作品発表は9月26日(月)ですので、それまではコツコツ宣伝させて頂きますね。

 「カクヨム」さんの「近況ノート」もできるだけ毎日更新していて、創作の話はそちらの方が多く書いているかもです。頂いた感想への返信なども予定しております。「カクヨム」さんの相羽の個人ページもフォローしておいて頂けたら嬉しいです。↓


相羽裕司/カクヨム


 感想など頂けたら喜びます。メール・WEB拍手・カクヨムさんのレビュー機能・更新報告の「近況ノート」のコメント欄などなどを利用して頂けたらと。また、Twitterのハッシュタグは「#こち街」でよろしくです(^_^.

映画『聲の形』試写会・毎日「貧乳キャラ」のイラストを描きます!

 相羽です。

 『こち街』の執筆に集中するためにお休みしていた『魔法つかいプリキュア!』の感想を再開していくのコーナー。昨日も一つ更新しております。↓


魔法つかいプリキュア!感想/第28話「魔法界の夏祭り!花火よ、たかくあがれ!」(ネタバレ注意)


 三週前の回の感想です。今週のアレキサンドライトスタイル爆誕がとても良かったので、そこまでに繋がる色々を感想で拾っていく感じで。

 ◇◇◇

 本日は、


●映画『聲の形』(公式サイト


 の試写会に丁稚さん(ブログ)と一緒に行ってきます。京アニ作品パワーブロガー達として呼ばれたわけではなく(え)、応募してみたら普通に当たりました(笑)。

 尊敬する『けいおん!(!!)』〜『たまこまーけっと』・『たまこラブストーリー』の山田尚子監督・吉田玲子脚本(シリーズ構成)タッグでの新作ということで、とても楽しみにしております。

 ◇◇◇

 やまなしレイ君が、『9月は毎日「貧乳キャラ」のイラストを描きます!』企画を発動。大丈夫か!(色んな意味で)

 というわけで、近日中に僕がリクエストした『ハナヤマタ』のハナの二次創作絵がアップされるやもです。(アップされたらこちらでも紹介させて頂きます。)


参考:『けいおん!』と『ハナヤマタ』で重ねられている演出とその意図について


 まだそこまでリクエスト来てないみたいなので、みんなもリクエスト送ってみると良いですよ(こういう企画はわいわいと盛り上がった方が楽しい)。誰も送らないと、僕が自分のオリキャラとか送っちゃうぞ……。

 企画の大本はこちらの電子書籍です。テキスト+漫画で進む、リズム、ユーモア、諧謔の心地よい一冊。本当面白かったんで、買ってみて〜↓



Kindleで電子書籍『オレは貧乳が好きなんだ!』を発売しました!/やまなしなひび−Diary SIDE−


 ◇◇◇

 さて。

 今夏の僕の中心的活動でした。新作オリジナル小説『こちら街アカリの復興部!』。

 「カクヨム」さんの少年エース×カクヨム「漫画原作小説コンテスト」に応募しているという形の作品です。

 コンテストの読者選考期間の七月後半〜八月末まで、今夏、(月)〜(土)と一日一節ずつ毎日更新という連載形式でした。

 「エピローグ」を、8月28日(日曜日)に更新しておりまして、現在は完結作品となっております。

 中編程度の読みやすい文量となっております。是非ぜひ、各々のタイミングで読んで頂けたら喜びます。↓


『こちら街アカリの復興部!』/カクヨム


 1000PVも近づいてきて、ありがとうございます。

 ただ、10万PVをまずは目指しています。何らかの形でコミカライズまで実現し、2020年の東京オリンピックを念頭に、海外向けに作品を媒介にしつつユーモア・フィクションを通して東北復興の過程に興味を持ってもらえるような情報を発信していく。

 そういう活動を本当に丁寧にやっていくとしたら、ある程度土台になる母数、WEB作品の場合はPV数とかも必要で、それがまずは10万PVくらいと認識。(もちろん指標はPV数だけではないですが)

 僕本体としては、ライフワークになってもイイくらいの気持ちでまずは土台になる部分を作ったという所なので、先に見えるいくつかのルート分岐を感じながら、天命を待っているような感じです。ただやっぱ、何とか何らかの形でのコミカライズ(海外の方々に伝わりやすい)は実現したいですね。

 結局僕は、少し前に書いたスロヴェニアでの体験が原点にあって(当時も絵とか描いて色んな国の人達に見て貰ってた)、それの大人になってからヴァージョンを、形を変えて続けてるってことなのやもです。

 『こち街』の方は、最終選考対象作品発表は9月26日(月)ですので、それまではコツコツ宣伝させて頂きますね。

 「カクヨム」さんの「近況ノート」も、九月もできるだけ毎日更新を続ける予定です。創作の話はそちらの方が多く書いているかもです。頂いた感想への返信なども予定しております。「カクヨム」さんの相羽の個人ページもフォローしておいて頂けたら嬉しいです。↓


相羽裕司/カクヨム


 感想など頂けたら喜びます。メール・WEB拍手・カクヨムさんのレビュー機能・更新報告の「近況ノート」のコメント欄などなどを利用して頂けたらと。また、Twitterのハッシュタグは「#こち街」でよろしくです(^_^.

『オレは貧乳が好きなんだ!』・プリキュア感想再開しました

 相羽です。

 『こち街』の執筆に集中するためにお休みしていた『魔法つかいプリキュア!』の感想を再開しました。(別ブログ)↓


魔法つかいプリキュア!感想/第27話「Let'sエンジョイ!魔法学校の夏休み!」(ネタバレ注意)


 まずは四週前の回の感想ですが、少しずつ書いていきますね。

 ◇◇◇

 やまなしレイ君の新作電子書籍『オレは貧乳が好きなんだ!』がKDPで発売。




Kindleで電子書籍『オレは貧乳が好きなんだ!』を発売しました!/やまなしなひび−Diary SIDE−


 超絶面白いから、買った方が良いですよこれ(笑)。

 テキスト+漫画(イラスト)という文法で書かれてるのですが、ヒットした(実はしてたんだよ……)前作『マンガは描ける!絵が描けない人でも [Kindle版]』からさらにレベルアップしてるので、この表現技法の達人に。

 リズム、間、そういうのが上手い。ギャグの才能あったのねん……。

 十年どころか、前々サイト、別ハンドルネームだった時から「貧乳」の話してるので、ほぼ人生の全てを「貧乳」にかけた男の、渾身のユーモアと諧謔とギャグの書なんですよ。

 あと、僕の重要な情報源(何の!?)に瑞希さんという人がいるのだけど、彼女と最初にコンタクトしたのもレイ君の前サイト辺りの「貧乳」話題の時だった気がする。

 人と人との縁まで仲介してきた、徳が高い書ですよ!

 ◇◇◇

 さて。

 今夏の僕の中心的活動でした。新作オリジナル小説『こちら街アカリの復興部!』。

 「カクヨム」さんの少年エース×カクヨム「漫画原作小説コンテスト」に応募しているという形の作品です。

 コンテストの読者選考期間の七月後半〜八月末まで、今夏、(月)〜(土)と一日一節ずつ毎日更新という連載形式でした。

 「エピローグ」を、8月28日(日曜日)に更新しておりまして、現在は完結作品となっております。

 中編程度の読みやすい文量となっております。是非ぜひ、各々のタイミングで読んで頂けたら喜びます。↓


『こちら街アカリの復興部!』/カクヨム


 事前準備の話など。

 『非幸福者同盟』の場合は歴史関係の資料を読み込むということだったりしたのですが。(最終回までいったら、資料の書籍を公開しようと思ってたりです)

 『こち街』の場合は、足を使って実際に色々観てきたこと、というウェイトが大きいでしょうか。仮設住宅の風景。県北へ続く列車。全部実際に、僕が観てきたものです。

 もうちょっと読んで頂けるようだったら(リアルな話をするとPV数とかね……)、2020年の東京オリンピックに向けて、こうした東北地方の一種の「取材」を続けて、海外向けに『こち街』というユーモア・フィクションを通して復興の過程に興味を持ってもらえるような情報を発信していく……というのをやってもイイかな、と思っているところです。

 『こち街』の方は、最終選考対象作品発表は9月26日(月)ですので、それまではコツコツ宣伝させて頂きますね。

 「カクヨム」さんの「近況ノート」も、九月もできるだけ毎日更新を続ける予定です。創作の話はそちらの方が多く書いているかもです。頂いた感想への返信なども予定しております。「カクヨム」さんの相羽の個人ページもフォローしておいて頂けたら嬉しいです。↓


相羽裕司/カクヨム


 感想など頂けたら喜びます。メール・WEB拍手・カクヨムさんのレビュー機能・更新報告の「近況ノート」のコメント欄などなどを利用して頂けたらと。また、Twitterのハッシュタグは「#こち街」でよろしくです(^_^.
最近の小説活動

asumiforkakuyomu1
(イラスト:馬の助さん/ブログTwitterPixiv

 歴史建造物擬人化×能力バトル×幼馴染→新・本格物語

 S市(仙台)が舞台のオリジナル小説『非幸福者同盟』をWEB連載中。

 2017年2月25日(土)、最新・第242節(第239節)「過去編――二〇〇一年〜二つのアスミ」を更新です。

「カクヨム」様で読む

「小説家になろう」様で読む。

 合計36000PV達成感謝。

 イントロダクション&登場人物紹介はこちらの記事から。

 ◇◇◇

aibasshi

 より豊かに、継続的に作品を提供していくために、Entyさん経由でパトロン(という名の月額少額支援者)になって頂けたら喜びます。

「Enty」TOPページ

→「Enty」への登録はこちらから。

相羽のページ「S市(仙台市)小説シリーズ」/Enty

 ◇◇◇


 <NEW>S市(仙台)が舞台のオリジナル小説シリーズ。前作『妹の紋章』のKindle電子書籍版が2014年8月12日より販売開始中です。「妹萌え×地域復興×バトル」の物語。WEB版は最終的に40000PV、5700ユニークアクセス感謝でした。詳しくはこちらのブログ記事より。
 Amazonさんのサイトからアプリをダウンロードして、各種スマートフォンで読んで頂けます。

追記:2014年8月12日、Kindleストアカテゴリランキング「読み物」3位、「日本文学」94位感謝! 新記録で地味に嬉しい……。

 ◇◇◇

wugishinomaki

 2015年10月25日(日)に、地元仙台は「日立システムズホール仙台・交流ホール」で開かれたWUG!の同人誌即売会イベント『同人誌即売会やらせてください!in仙台』にサークル参加させて頂きました。新刊『ミリオンアート・ウェイクアップ!〜実波と菜々美と未夕が石巻に行く小説本』を頒布。詳しくはこちらの記事より
 イベントのレポはこちら。
 新刊のBOOTH様での通販ページはこちら。

 ◇◇◇

『暗闇の中で灯す物語と文明のアカリ』

 Pixivとの提携サービスBOOTH様にて、コミックマーケット・イベントなどで頒布させて頂いた同人誌既刊の通販窓口を開いております。『魔法使いの夜』『Fate』『ひぐらしのなく頃に』二次創作やオリジナル小説などなど。よろしくお願いいたします。↓

Language×Language同人誌通販/BOOTH

 ◇◇◇

dicapreantholo

 2015年10月4日(日)「レインボーフレーバー13」にて頒布されたTJさん(ブログ)主催のプリキュアシリーズ十世代記念アンソロ『PRECURE 10TH ANTHOLOGY ディケイド&オールプリキュア ANTHOLOGY大戦』に小説を2P寄稿(僕は『スマイルの世界』担当!)。特設サイトはこちらをよろしくです。また、通販ページはこちらから。

Advertisements@Google

『Wake Up, Girls!』応援中

 祝・劇場版第二弾決定。2014年1月劇場公開&TVシリーズ放映開始〜3月まで放映していた地元仙台が舞台のアイドルアニメ&リアルアイドルプロジェクト『Wake Up, Girls!(ポータルサイトニコニコチャンネル聖地仙台舞台散策)』応援中。

 まずは第0話相当の『劇場版『Wake Up, Girls! 七人のアイドル』』を!↓



 ◇◇◇

●キャラソン発売中


仙台でのライブレポはこちら

●Blu-ray劇場版〜TVシリーズ第6巻発売中


劇場版『Wake Up, Girls! 七人のアイドル』Blu-rayの感想はこちらEnglish text第1話の感想第2話の感想第3話の感想第4話の感想第5話の感想第6話の感想第7話の感想第8話の感想第9話の感想第10話の感想第11話の感想第12話(最終回)の感想はこちら

→5月28日発売、『ステージの天使』イラスト集


『ステージの天使』プレイ日記はこちら

→七人の前日譚がシリーズ構成の待田堂子さん書き下ろし小説で発売。当ブログの小説版『Wake Up, Girls! それぞれの姿』の感想はこちら


→劇場版主題歌「タチアガレ!」、他、楽曲はAmazonMP3ストアやiTunesStoreでも配信中


仙台(及び東北)に経済循環をと画策しはじめて久々に全話感想書きました。2014年はアップデート版の復興をはじめたい......。ブログに感想書いている方おりましたら、気軽にTBください。

WUG!雑記はこちら(色々書いております。)

Advertisements@ガンダムシリーズ
ブログメニュー
有料コンテンツメニュー

1:コミュニケーションのために知っておきたい「言葉」の基礎知識
→言語学で修士を保持している管理人による本格学習コンテンツです。

2:WEBで収入と創作を加速させる方法-バックナンバーE-BOOK
→マーケティングの専門家でもある管理人が数年間発行し続けているメールマガジンのバックナンバーです。

月別過去ログ
リンクありがとうございます



●当ブログはTOP、個別記事を問わず原則リンクフリーです。

最新のトラックバック
Googleでブログ内を検索
Google
Web ブログ内検索
ランゲージダイアリーへようこそ
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

管理人のプロフィール
管理人、相羽へのコンタクト

▼Twitterアドレス(全ブログ/サイト兼用)

 http://twitter.com/
sabishirokuma


 短い文章更新件コミュニケーションツールはTwitterに移動中です。フォロー歓迎です。また、僕のつぶやきだけまとめてあるページはこちらとなります。

▼他、WEB拍手とメールフォームでもご連絡頂けます。
WEB拍手
メールフォーム
このブログへのリンク、コメント、トラックバックのガイドライン

AmazonさんのKindleストアで販売中の電子書籍第二弾です

●2013年10月19日(土)、Kindleストア「絵本・児童書 > 読み物」カテゴリで7位感謝!


 Kindle実機はもちろん、iPhone、iPad、Androidなどの、各種スマートフォンやタブレット端末のKindleアプリ(無料)で読んで頂けますので、ご購入頂けたら幸いです。

 販売開始時の記事はこちらとなっております。

AmazonさんのKindleストアで販売中の電子書籍第一弾です

 Kindle実機はもちろん、iPhone、iPad、Androidなどの、各種スマートフォンやタブレット端末のKindleアプリ(無料)で読んで頂けますので、タイミングが合った時に購入頂けたら幸いです。

ゼロ年代のメルヘン時間から現在の私達へ贈る灯
ゼロ年代のメルヘン時間から現在の私達へ贈る灯

 販売開始時の記事はこちらとなっております。

管理人、相羽の創作活動

▼メインで運営している小説や漫画の創作活動のホームページ
Language×Language

●Amazonさんで販売している同人誌はこちら↓

 「一時在庫切れ」表示になっていることが多いかと思いますが、
 注文自体は可能でして、注文確認後適宜在庫を補充しつつ、
 一週間〜くらいで発送になるかと思います。
 この機会に是非(^_^;

メルマガを配信しております。

 まぐまぐさんの方で、300部ほどのメールマガジンを数年間発行させて頂いております。フリーで登録できますので、よかったらどうぞです。

 制作した電子書籍の販売など、個人規模での「創作+収入」の活動に興味がある方は是非。

ランキング

 「アルファポリス」様のランキングに参加中。

アクセス解析


ブログTOPへ戻る
  • ライブドアブログ