ランゲージダイアリー

宮城県仙台市からおくる小説・漫画・アニメ好きの日記
A Novel,Manga,Anime,Doujinshi
Fan Blog on Japan

京都アニメーション

リズと青い鳥の感想〜伝わらないまま美しい時間を生きる(ネタバレ注意)

ブログネタ
響け!ユーフォニアム に参加中!
 相羽です。

 公開初日に観てきました、映画『リズと青い鳥(公式サイト)』の感想です。

 本映画に加え、同京都アニメーション制作作品のうち、『響け!ユーフォニアム(2)』・『涼宮ハルヒの憂鬱』のネタバレが本記事中には含まれます点をご注意ください。

(以下、ネタバレありです。)続きを読む

日本再興戦略と京都アニメーション作品と革命的ブロードウェイ主義者同盟の関係

 相羽です。

 話題の書、落合陽一さんの『日本再興戦略』を買ってみました。

180214rebuild

 だいたい京都アニメーション作品でした。

 僕の実際に書籍を読む前の落合陽一さんのイメージ。↓

 「陽一」なんて名前だし(え)、一線の科学者だし、なんか近代合理主義で競争を勝ち抜くぜイェーみたいな人なんじゃないかなぁ……。


 実際に書籍を読んだ後の僕のイメージ。↓

 べ、別にそんなことなかった。むしろ、東洋的なものと西洋的なものを「和合」していこう……というような方向性の人だった。


 『日本再興戦略』より引用。↓


---

 これからの日本に大事なのは、いろんなコミュニティがあって、複数のコミュニティに所属しつつ、そのコミュニティを自由に変えられることです。

 どのコミュニティを選ぶかは本当に人それぞれです。家族を基盤にしてもいいし、会社を基盤にしてもいいし、地域コミュニティを基盤にしてもいいし、趣味を基盤にしてもいい。ひとつのコミュニティに依存するのではなく、いろんなコミュニティに依存すればいい。そういう風になれば、日本人の生活や仕事はもっと楽しくなるはずです。

(落合陽一『日本再興戦略』(幻冬舎)P44より引用/太字の強調箇所は相羽によるもの)

---


 この辺りの話は、僕の京都アニメーション作品感想とか読んでくださっていた方は、『小林さんちのメイドラゴン』じゃん! となるのではないかと思います。

 いちばん、この手の新しい「共同体」のカタチについて僕が書いていた文章ではこの回の感想記事を読んで頂きたいですかね。↓


参考:小林さんちのメイドラゴン/感想/第6話「お宅訪問! (してないお宅もあります)」(ネタバレ注意)


 特に、「B. 本作で描かれる「共同体」同士の相互貫入について」の箇所は必読だゾ。

 また、「趣味を基盤にしてもいい」と「趣味共同体」も選択肢に入ってるのは、これは上坂すみれさんの「革命的ブロードウェイ主義者同盟」的な話だと思います。↓続きを読む

指輪を二回渡す意味〜映画中二病でも恋がしたい!-Take On Me-の感想(ネタバレ注意)

 相羽です。

 公開初日に観てきた『映画 中二病でも恋がしたい! -Take On Me-(公式サイト)』の感想です。

 ネタバレ注意です。続きを読む

京都アニメーション作品における「境界領域者」とゲンロン0における「観光客」と漫画をめくる冒険における「身体離脱ショット」と

 相羽です。

 そういえば、京都アニメーション作品『小林さんちのメイドラゴン』最終回の感想を書きますよと言って、まだ書いてなかったのですが。

 これ、途中で東浩紀さん著の『ゲンロン0 観光客の哲学』が出版されてしまったというのもあったりでして。


参考:『ゲンロン0 観光客の哲学』特設ページ | ゲンロン友の会


 完全に絡めて書いたら大がかりな論文みたいになってしまうし、かといってすっかり無視して書くのももはやおかしいというくらい、これまで僕が十数年書いてきた京都アニメーション作品物語論に食い込んでいる一冊でして。

 「共同体」を主要なテーマの一つに扱い続けている近年の京都アニメーション作品。僕が感想記事で使ってきた「境界領域者」という言葉は、ほぼ『ゲンロン0』の「観光客」という言葉と重なります。最近の作品ですと、『響け!ユーフォニアム(2)』の久美子と『小林さんちのメイドラゴン』の小林さんは、明らかに『ゲンロン0』の文脈では「観光客」というポジションのキャラクターです。


小林さんちのメイドラゴン感想

響け!ユーフォニアム感想


 また、近年の京都アニメーション作品が現在のオルタナティブ(代替)として模索している新しい「共同体」像は、僕は「曼荼羅(マンダラ)」的なものだとずっと感想で書いていて、「曼荼羅」って何だよ(笑)!? って感じだったかもなのですが、僕の頭の中では、いわゆる南方曼荼羅(みなかたまんだら)みたいなものが想定としてありました。↓続きを読む

映画『聲の形』のBlu-rayが本日発売ですぞい

 相羽です。

 僕的な去年(2016年)のベスト映画、映画『聲の形』のBlu-rayが本日発売なので、改めて観るという人がいるかもしれないので、当時の僕の感想を再掲しておきますね。↓


映画『聲の形』の感想〜ポニーテールで気持ちを伝えられなかったハルヒ(=硝子)だとしても生きていくということ(ネタバレ注意)


 去年の九月の僕は何を考えてこんな長文を書いてたんだ……。『ハナヤマタ』と『けいおん!(!!)』の記事書いた時とか、たまにこういうことがある……。

 それくらい、素晴らしい映画だったってことで。

 あとは、映画『聲の形』鑑賞では「ねざめ堂」さんのこのショート記事も必読であろう。そうであろう。↓


参考:映画『聲の形』感想メモ:「スキ」と「バカ」/ねざめ堂


 ここで、「すれ違い」のままのコミュニケーションの「受容」のようなものを描いておいて、『響け!ユーフォニアム2』では久美子と麻美子がちゃんと言葉にして通じ合えた場面を奇跡として描く(第十二話@感想)。

 一方、『小林さんちのメイドラゴン』では、続きを読む

響け!ユーフォニアム2感想/第一回「まなつのファンファーレ」(ネタバレ注意)

ブログネタ
響け!ユーフォニアム に参加中!
 アニメ『響け!ユーフォニアム2(公式サイト)』第一回「まなつのファンファーレ」の感想です。

 ネタバレ注意です。続きを読む

映画『聲の形』の感想〜ポニーテールで気持ちを伝えられなかったハルヒ(=硝子)だとしても生きていくということ(ネタバレ注意)

ブログネタ
映画『聲の形』 に参加中!
 本日公開されました映画『聲の形(公式サイト)』の感想です。

 本作品(原作漫画版含む)に加え、同京都アニメーション制作作品のうち、『涼宮ハルヒの憂鬱』・『けいおん!(!!)』・『たまこまーけっと』&『たまこラブストーリー』・『甘城ブリリアントパーク』・『響け!ユーフォニアム』のネタバレが本記事中には含まれます点をご注意ください。続きを読む

Free!/感想/第2話〜第4話(京都アニメーションの"日常の輝き"のネクストレベル)

 アニメ『Free!(公式サイト)』第2話「追憶のディスタンス!」〜第4話「囚われのバタフライ!」までの感想です。
 ネタバレ注意です。続きを読む

Kanon/アニメ版/感想/DVD第2巻

ブログネタ
アニメ・漫画あれこれ に参加中!
 「私は魔物を討つ者だから」(川澄舞)

 京都アニメーション版「Kanon」DVD2巻の感想です。
 引き続き、悶え悶え感想に終始してます。続きを読む
Special Advertisements

・7月18日(水)発売


指輪を二回渡す意味〜映画中二病でも恋がしたい!-Take On Me-の感想(ネタバレ注意)

・『ハナヤマタ』の浜弓場双先生のアイドル漫画


 管理人のお仕事記事。↓

180405fruittartenty

漫画おちこぼれフルーツタルトを登場アイドルのダメ可愛さと共に紹介/マンガタリ


管理人の「ほしい物リスト」

→Amazonさんの「ほしい物リスト」について初めてという方のための、「やまなしなひび」さんのイントロダクション記事〜Amazonの「ほしい物リスト」を公開する際&公開している人に贈る際に気を付けたいこと

管理人によるS市(仙台市)小説シリーズ

 東北はS市(仙台市)を舞台に日常と非日常を行きかう小説を書いております。各作品は基本的に独立しているので、ピンときたものから読んで頂けます。

●2016年の居場所の物語『こちら街アカリの復興部!』

townslightshyoushi

 昼は地道に復興活動。夜は荒事ありの助っ人稼業。
 仮設住宅地区でお年寄りの話を聞いたり、お弁当を配達したり、同人誌を作ったり、そして戦ったり!?……東北の地より贈る、青春、復興、恋愛、そしてバトル。

「カクヨム」様版で読む

「エブリスタ」様版で読む

「ノベラボ」様版で読む。

 最高で「総合(すべて)」は9位、「青春・友情」は1位(「ノベラボ」様)ありがとうございます!

 ◇◇◇

●2013年の勇気の物語『非幸福者同盟』

asumiforkakuyomu1
(イラスト:馬の助さん/ブログTwitterPixiv

 歴史建造物擬人化×能力バトル×幼馴染→本格物語

 S市(仙台)が舞台の郷里的オリジナル小説『非幸福者同盟』をWEB連載中。

 2017年12月24日(日)、最新・第263節(第260節)「広瀬川灯明邀撃戦線2〜偽者の聖女」が公開です。現在、最終話がスタートしております。ようやくここまで来られました。

 2018年夏より、「最後の十七節」を公開開始予定です。

「カクヨム」様で読む

「小説家になろう」様で読む。

 合計51000PV達成も感謝です。

 イントロダクション&登場人物紹介はこちらの記事から。

 ◇◇◇

●2012年の正義の物語『妹の紋章』


 震災後の2012年の東北は仙台を舞台に剣術家の兄と木彫りが趣味の妹が織りなす街と心の再生の物語。

 2018年3月8日(木)〜3月13日(火)の期間限定無料キャンペーン中、AmazonさんのKindleストア「売れ筋ランキング」無料Top100で最高33位にランクインありがとうございます。無料の方とはいえKindle本の総合で100位入りは初めてで嬉しい〜。

180310rank4

 「読み物」カテゴリではなんと1位。

180309rank7

・Kindleの電子書籍って、スマートフォンで読めるの?

→読めます。AmazonさんのサイトからKindleのアプリをフリーでダウンロードして頂けたらと。

・Kindleの電子書籍って、PCで読めるの?

→読めます。AmazonさんのサイトからPC用のKindleビューアーをフリーでダウンロードして頂けたらと。

 ◇◇◇

●1999年の愛の物語『夢守教会』

yumemorihyoushi

 1999年。

 心に傷を負った「僕」は新興宗教少女・弓村理子(ゆみむら・りこ)と出会う。


 ミステリであり、幻想小説であり、バトルもの小説でもある『夢守教会』ですが、第一章「少女のケニング」はこの章のみで完結している青春・恋愛小説として読んで頂けます。

「エブリスタ」様で読む

↓昔のWEBサイト版

yumemori_bana2

 ◇◇◇

aibasshi

 より豊かに、継続的に作品を提供していくために、Entyさん経由でパトロン(という名の月額少額支援者)になって頂けたら喜びます。

「Enty」TOPページ

→「Enty」への登録はこちらから。

相羽のページ「S市(仙台市)小説シリーズ」/Enty

その他の小説色々

wugishinomaki

 2015年10月25日(日)に、地元仙台は「日立システムズホール仙台・交流ホール」で開かれたWUG!の同人誌即売会イベント『同人誌即売会やらせてください!in仙台』にサークル参加させて頂きました。新刊『ミリオンアート・ウェイクアップ!〜実波と菜々美と未夕が石巻に行く小説本』を頒布。詳しくはこちらの記事より
 イベントのレポはこちら。
 新刊のBOOTH様での通販ページはこちら。

 ◇◇◇

『暗闇の中で灯す物語と文明のアカリ』

 Pixivとの提携サービスBOOTH様にて、コミックマーケット・イベントなどで頒布させて頂いた同人誌既刊の通販窓口を開いております。『魔法使いの夜』『Fate』『ひぐらしのなく頃に』二次創作やオリジナル小説などなど。よろしくお願いいたします。↓

Language×Language同人誌通販/BOOTH

 ◇◇◇

dicapreantholo

 2015年10月4日(日)「レインボーフレーバー13」にて頒布されたTJさん(ブログ)主催のプリキュアシリーズ十世代記念アンソロ『PRECURE 10TH ANTHOLOGY ディケイド&オールプリキュア ANTHOLOGY大戦』に小説を2P寄稿(僕は『スマイルの世界』担当!)。特設サイトはこちらをよろしくです。また、通販ページはこちらから。

『薄暮』プロジェクトを応援中

 山本寛監督の、(東日本大震災後の)東北(を舞台とした)アニメーション作品三部作。
 岩手県大槌町を舞台とした『blossom』。宮城県仙台市などを舞台にした『Wake Up, Girls!(感想)』。そして今回ラスト三作目となる福島県いわき市を舞台とした『薄暮』……というプロジェクトを応援中です。

 「CAMPFIRE」でのクラウドファンディングのサクセスおめでとうございます〜。

山本寛オリジナル作品「薄暮」アニメ制作プロジェクト/CAMPFIRE

参考:アニメ業界ウォッチング第32回:“自分の創作の原点に立ち返りたい”――いま、山本寛監督が「薄暮」をつくる理由/アキバ総研

参考:『薄暮』制作のクラウドファンディングに参加しました

『Wake Up, Girls!』応援中

 2014年1月劇場公開&TVシリーズ放映開始〜3月まで放映していた地元仙台が舞台のアイドルアニメ&リアルアイドルプロジェクト『Wake Up, Girls!(ポータルサイトニコニコチャンネル聖地仙台舞台散策)』、TVシリーズ第一期&続・劇場版まで応援しておりました。

 まずは第0話相当の『劇場版『Wake Up, Girls! 七人のアイドル』』を!

 ◇◇◇

●キャラソン発売中


2014年の仙台でのライブレポはこちら

●Blu-ray劇場版〜TVシリーズ全6巻発売中


劇場版『Wake Up, Girls! 七人のアイドル』Blu-rayの感想はこちらEnglish text第1話の感想第2話の感想第3話の感想第4話の感想第5話の感想第6話の感想第7話の感想第8話の感想第9話の感想第10話の感想第11話の感想第12話(最終回)の感想はこちら

→七人の前日譚がシリーズ構成の待田堂子さん書き下ろし小説で発売。当ブログの小説版『Wake Up, Girls! それぞれの姿』の感想はこちら


仙台(及び東北)に経済循環をと画策しはじめて久々に全話感想書きました。2014年はアップデート版の復興をはじめたい......。ブログに感想書いている方おりましたら、気軽にTBください。

WUG!雑記はこちら(色々書いております。)

ブログメニュー
有料コンテンツメニュー

1:コミュニケーションのために知っておきたい「言葉」の基礎知識
→言語学で修士を保持している管理人による本格学習コンテンツです。

2:WEBで収入と創作を加速させる方法-バックナンバーE-BOOK
→マーケティングの専門家でもある管理人が数年間発行し続けているメールマガジンのバックナンバーです。

月別過去ログ
Googleでブログ内を検索
Google
Web ブログ内検索
ランゲージダイアリーへようこそ
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Advertisements@Google

管理人のプロフィール

相羽@また小説を書...

管理人、相羽へのコンタクト

▼Twitterアドレス(全ブログ/サイト兼用)

 http://twitter.com/
sabishirokuma


 短い文章更新件コミュニケーションツールはTwitterに移動中です。フォロー歓迎です。また、僕のつぶやきだけまとめてあるページはこちらとなります。

▼他、WEB拍手とメールフォームでもご連絡頂けます。
WEB拍手
メールフォーム

▼お仕事の依頼などはGmailへ

 aibayuji<アットマーク>gmail.com

AmazonさんのKindleストアで販売中の電子書籍第二弾です

●2013年10月19日(土)、Kindleストア「絵本・児童書 > 読み物」カテゴリで7位感謝!


 Kindle実機はもちろん、iPhone、iPad、Androidなどの、各種スマートフォンやタブレット端末のKindleアプリ(無料)で読んで頂けますので、ご購入頂けたら幸いです。

 販売開始時の記事はこちらとなっております。

AmazonさんのKindleストアで販売中の電子書籍第一弾です

 Kindle実機はもちろん、iPhone、iPad、Androidなどの、各種スマートフォンやタブレット端末のKindleアプリ(無料)で読んで頂けますので、タイミングが合った時に購入頂けたら幸いです。

ゼロ年代のメルヘン時間から現在の私達へ贈る灯
ゼロ年代のメルヘン時間から現在の私達へ贈る灯

 販売開始時の記事はこちらとなっております。

リンクありがとうございます



●当ブログはTOP、個別記事を問わず原則リンクフリーです。

メルマガを配信しております。

 まぐまぐさんの方で、300部ほどのメールマガジンを数年間発行させて頂いております。フリーで登録できますので、よかったらどうぞです。

 制作した電子書籍の販売など、個人規模での「創作+収入」の活動に興味がある方は是非。

ランキング

 「アルファポリス」様のランキングに参加中。

アクセス解析


ブログTOPへ戻る
  • ライブドアブログ