ランゲージダイアリー

宮城県仙台市からおくる小説・漫画・アニメ好きの日記
A Novel,Manga,Anime,Doujinshi
Fan Blog on Japan

BLEACH

ジャンプ感想(『BLEACH』・『ニセコイ』) ・『けいおん!』のオマージュでした/こち街

 相羽です。

 Yukimiさんがユバみさんになりかけ。


 シータさんがさりげなく『ニセコイ』最終回感想『BLEACH』最終回感想をアップしてる今日この頃。

 おもむろに僕もジャンプ感想。

●『ニセコイ』

 『ダブルアーツ』が全話感想(こちら)書くくらい好きだったので、幼少時から自分の本懐の物語として構築してきた『ダブルアーツ』が打ち切りになって、マーケティングばりばりの『ニセコイ』を描き始めてヒットした古味先生の気持ちとはどんなものなのだろうと、想像しようと試みても分からず(当たり前です)、けっきょく僕は『ニセコイ』には言及してこなかったのですが、「マジコイ」の回辺りから、あー、古味先生もピースがハマった、何か一致点を得られたのかなと勝手に想像しておりました。

 作劇上は千棘エンドしかあり得ず、「偽物も本物になり得る」話として一貫しておりました。創作史の流れ的には、ゼロ年代後半の、「偽物も本物になり得る」テーマの作品群のムーブメント(『ツバサ』『仮面ライダーディケイド』などなど)を率直に継承して、10年代前半を駆け抜けて2016年に完結した作品という印象を持ってます。最後の方はゼロ年代おじさんとしては熱いと思いましたよ。みんなが突っ込み入れてるけっこうな部分は、物語上メタに「偽物的」・「諧謔的」な部分として、古味先生が意図してやってる部分と感じておりました。




●『BLEACH』

 超良かった。

 『BLEACH』のテーマは「異なる系統・ルーツを排除しない」、というものなので、最後に藍染(藍色は一護のオレンジ色の補色)が決定打になるのもカチっとハマっておりました。

 世界史上の白色化(BLEACH)願望的な帝国主義に、どう抵抗するか(できたのか)みたいなモチーフがあったりするのですが、卍解が折れてからの終盤の展開で描いていたものには、共感できるものがありました。


 『BLEACH』に関しては、ほあしさんのブログ『Black and White』が最高です。たとえば、


作品論5 〈破面篇〉=スペインの新大陸侵略

作品論7 〜『BLEACH』における太陽、月、愛〜


 こういう、『BLEACH』って「何となくカッコいいファッション漫画でしょ」的風潮を覆すテキストをリリースしてるほあしさんのテキストを世に出したきっかけの一つが、昔「赤松健作品って軽薄な萌え作品でしょ」的風潮を覆す赤松健論をリリースしたいずみのさん(ブログTwitter)の紹介だったりするのが個人的には熱いと思っていたところです。

 自分の話で恐縮ですが、僕は『機動戦士ガンダムSEED』の頃に、「中身がない腐女子向けの軽薄な作品」みたいな風潮があった中に、それを覆す感想テキストをリリースしたというのをやったつもりです。

 なので、こういうテキストには共感とリスペクトを感じるのです。

 個人的な、『BLEACH』を振り返る思い出としては、ジャンプ感想書いてた頃に毎週色々他のサイトさんと語り合ったのが今では良い思い出だというのと(「爆発オチ」きた! とか)、作中情報を登場人物で一気に共有できる「天挺空羅(てんていくうら)」作劇上便利すぎるだろ久保先生天才! ってあたりですかね(笑)。





 ◇◇◇

 さて。

 今夏の僕の中心的活動。新作オリジナル小説『こちら街アカリの復興部!』。

 「カクヨム」さんの少年エース×カクヨム「漫画原作小説コンテスト」に応募しているという形の作品です。

 コンテスト開催期間の八月末まで、今夏、(月)〜(土)と一日一節ずつ毎日更新という連載形式でした。

 「エピローグ」を、一昨日28日(日曜日)21時に更新しております。これにて、本当に完結となります。

 中編程度の読みやすい文量となっております。是非ぜひ、各々のタイミングで読んで頂けたら喜びます。↓


『こちら街アカリの復興部!』/カクヨム


 というわけで、「エピローグ」は『けいおん!』最終回(一期)のオマージュとなりました。

 事前広報で、僕なりの『けいおん!(!!)』をやってみる作品ですというようなことを書きつつ、本編はそこまで『けいおん!(!!)』っぽくならなかったので(暗号が「花火」とかは『けいおん!(!!)』要素だったりなのですが)。

 最後に、仲間の元へ走っていくというのを重ねておりますが、唯が走って向うところが「学校の講堂」なのに対して、本作では気仙沼に繋がる「駅」に向かう、という辺りに、こういうことを表現したかったのかな感を感じて頂けたら幸いです。

 少年エース×カクヨム「漫画原作小説コンテスト」の方としては、本日は週間ランキング『こち街』は628位感謝です。

 一次選考通過は20位以内です。引き続き応援してやって頂けたら喜びます。

 「カクヨム」さんの「近況ノート」も八月中は毎日更新を続ける予定です。創作の話はそちらの方が多く書いているかもです。頂いた感想への返信なども予定しております。「カクヨム」さんの相羽の個人ページもフォローしておいて頂けたら嬉しいです。↓


相羽裕司/カクヨム


 感想など頂けたら喜びます。メール・WEB拍手・カクヨムさんのレビュー機能・更新報告の「近況ノート」のコメント欄などなどを利用して頂けたらと。また、Twitterのハッシュタグは「#こち街」でよろしくです(^_^.

今週のBLEACH感想

ブログネタ
BLEACH に参加中!
 今日発売のジャンプのBLEACHのネタバレ感想です。続きを読む

アスクレピオス連載開始号/週刊少年ジャンプ(WJ)第43号感想

 久々に簡単に書いてみる。続きを読む

BLEACH/感想/久保帯人

ブログネタ
今週の週刊少年ジャンプ に参加中!
 今週号で過去編も一区切りしたみたいなんで、なんとなく書いてみる。続きを読む
WEB小説その1

townslightshyoushi

 昼は地道に復興活動。夜は荒事ありの助っ人稼業。
 仮設住宅地区でお年寄りの話を聞いたり、お弁当を配達したり、同人誌を作ったり、そして戦ったり!?……東北の地より贈る、青春、復興、恋愛、そしてバトル。

 小説『こちら街アカリの復興部!』。(「総合」9位、「青春・友情」2位ありがとうございます!)

 2017年5月24日(水)第24節「ある「特殊な繋がり」に基づいて一緒にいる二人」を更新です。毎週、月、水、金に一節ずつ更新となります。↓

「ノベラボ」様で読む。

WEB小説その2

asumiforkakuyomu1
(イラスト:馬の助さん/ブログTwitterPixiv

 歴史建造物擬人化×能力バトル×幼馴染→本格物語

 S市(仙台)が舞台のオリジナル小説『非幸福者同盟』を隔週土曜日更新でWEB連載中。

 2017年5月20日(土)より、ラスト二話、第十二話「この世界ともう一度」がスタートです。

「カクヨム」様で読む

「小説家になろう」様で読む。

 合計41000PV達成感謝。

 イントロダクション&登場人物紹介はこちらの記事から。

小説色々


 <NEW>S市(仙台)が舞台のオリジナル小説シリーズ。前作『妹の紋章』のKindle電子書籍版が2014年8月12日より販売開始中です。「妹萌え×地域復興×バトル」の物語。WEB版は最終的に40000PV、5700ユニークアクセス感謝でした。詳しくはこちらのブログ記事より。
 Amazonさんのサイトからアプリをダウンロードして、各種スマートフォンで読んで頂けます。

追記:2014年8月12日、Kindleストアカテゴリランキング「読み物」3位、「日本文学」94位感謝! 新記録で地味に嬉しい……。

 ◇◇◇

wugishinomaki

 2015年10月25日(日)に、地元仙台は「日立システムズホール仙台・交流ホール」で開かれたWUG!の同人誌即売会イベント『同人誌即売会やらせてください!in仙台』にサークル参加させて頂きました。新刊『ミリオンアート・ウェイクアップ!〜実波と菜々美と未夕が石巻に行く小説本』を頒布。詳しくはこちらの記事より
 イベントのレポはこちら。
 新刊のBOOTH様での通販ページはこちら。

 ◇◇◇

『暗闇の中で灯す物語と文明のアカリ』

 Pixivとの提携サービスBOOTH様にて、コミックマーケット・イベントなどで頒布させて頂いた同人誌既刊の通販窓口を開いております。『魔法使いの夜』『Fate』『ひぐらしのなく頃に』二次創作やオリジナル小説などなど。よろしくお願いいたします。↓

Language×Language同人誌通販/BOOTH

 ◇◇◇

dicapreantholo

 2015年10月4日(日)「レインボーフレーバー13」にて頒布されたTJさん(ブログ)主催のプリキュアシリーズ十世代記念アンソロ『PRECURE 10TH ANTHOLOGY ディケイド&オールプリキュア ANTHOLOGY大戦』に小説を2P寄稿(僕は『スマイルの世界』担当!)。特設サイトはこちらをよろしくです。また、通販ページはこちらから。

 ◇◇◇

aibasshi

 より豊かに、継続的に作品を提供していくために、Entyさん経由でパトロン(という名の月額少額支援者)になって頂けたら喜びます。

「Enty」TOPページ

→「Enty」への登録はこちらから。

相羽のページ「S市(仙台市)小説シリーズ」/Enty

『薄暮』プロジェクトを応援中

 山本寛監督の、(東日本大震災後の)東北(を舞台とした)アニメーション作品三部作。
 岩手県大槌町を舞台とした『blossom』。宮城県仙台市などを舞台にした『Wake Up, Girls!(感想)』。そして今回ラスト三作目となる福島県いわき市を舞台とした『薄暮』……というプロジェクトを応援中です。

 「CAMPFIRE」でのクラウドファンディングのサクセスおめでとうございます〜。

山本寛オリジナル作品「薄暮」アニメ制作プロジェクト/CAMPFIRE

参考:アニメ業界ウォッチング第32回:“自分の創作の原点に立ち返りたい”――いま、山本寛監督が「薄暮」をつくる理由/アキバ総研

参考:『薄暮』制作のクラウドファンディングに参加しました

『Wake Up, Girls!』応援中

 2014年1月劇場公開&TVシリーズ放映開始〜3月まで放映していた地元仙台が舞台のアイドルアニメ&リアルアイドルプロジェクト『Wake Up, Girls!(ポータルサイトニコニコチャンネル聖地仙台舞台散策)』応援中。

 まずは第0話相当の『劇場版『Wake Up, Girls! 七人のアイドル』』を!↓



 ◇◇◇

●キャラソン発売中


2014年の仙台でのライブレポはこちら

●Blu-ray劇場版〜TVシリーズ全6巻発売中


劇場版『Wake Up, Girls! 七人のアイドル』Blu-rayの感想はこちらEnglish text第1話の感想第2話の感想第3話の感想第4話の感想第5話の感想第6話の感想第7話の感想第8話の感想第9話の感想第10話の感想第11話の感想第12話(最終回)の感想はこちら

→七人の前日譚がシリーズ構成の待田堂子さん書き下ろし小説で発売。当ブログの小説版『Wake Up, Girls! それぞれの姿』の感想はこちら


仙台(及び東北)に経済循環をと画策しはじめて久々に全話感想書きました。2014年はアップデート版の復興をはじめたい......。ブログに感想書いている方おりましたら、気軽にTBください。

WUG!雑記はこちら(色々書いております。)

Advertisements@ガンダムシリーズ
ブログメニュー
有料コンテンツメニュー

1:コミュニケーションのために知っておきたい「言葉」の基礎知識
→言語学で修士を保持している管理人による本格学習コンテンツです。

2:WEBで収入と創作を加速させる方法-バックナンバーE-BOOK
→マーケティングの専門家でもある管理人が数年間発行し続けているメールマガジンのバックナンバーです。

月別過去ログ
リンクありがとうございます



●当ブログはTOP、個別記事を問わず原則リンクフリーです。

最新のトラックバック
Googleでブログ内を検索
Google
Web ブログ内検索
ランゲージダイアリーへようこそ
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Advertisements@Google

管理人のプロフィール
管理人、相羽へのコンタクト

▼Twitterアドレス(全ブログ/サイト兼用)

 http://twitter.com/
sabishirokuma


 短い文章更新件コミュニケーションツールはTwitterに移動中です。フォロー歓迎です。また、僕のつぶやきだけまとめてあるページはこちらとなります。

▼他、WEB拍手とメールフォームでもご連絡頂けます。
WEB拍手
メールフォーム
このブログへのリンク、コメント、トラックバックのガイドライン

AmazonさんのKindleストアで販売中の電子書籍第二弾です

●2013年10月19日(土)、Kindleストア「絵本・児童書 > 読み物」カテゴリで7位感謝!


 Kindle実機はもちろん、iPhone、iPad、Androidなどの、各種スマートフォンやタブレット端末のKindleアプリ(無料)で読んで頂けますので、ご購入頂けたら幸いです。

 販売開始時の記事はこちらとなっております。

AmazonさんのKindleストアで販売中の電子書籍第一弾です

 Kindle実機はもちろん、iPhone、iPad、Androidなどの、各種スマートフォンやタブレット端末のKindleアプリ(無料)で読んで頂けますので、タイミングが合った時に購入頂けたら幸いです。

ゼロ年代のメルヘン時間から現在の私達へ贈る灯
ゼロ年代のメルヘン時間から現在の私達へ贈る灯

 販売開始時の記事はこちらとなっております。

管理人、相羽の創作活動

▼メインで運営している小説や漫画の創作活動のホームページ
Language×Language

●Amazonさんで販売している同人誌はこちら↓

 「一時在庫切れ」表示になっていることが多いかと思いますが、
 注文自体は可能でして、注文確認後適宜在庫を補充しつつ、
 一週間〜くらいで発送になるかと思います。
 この機会に是非(^_^;

メルマガを配信しております。

 まぐまぐさんの方で、300部ほどのメールマガジンを数年間発行させて頂いております。フリーで登録できますので、よかったらどうぞです。

 制作した電子書籍の販売など、個人規模での「創作+収入」の活動に興味がある方は是非。

ランキング

 「アルファポリス」様のランキングに参加中。

アクセス解析


ブログTOPへ戻る
  • ライブドアブログ