ランゲージダイアリー

宮城県仙台市からおくる、最近は介護ロボット研究とか歴史や人体の勉強日記

TwitterlogFacebookWebSitePixiv

【ブログ目次】

▼本・漫画など
書評(感想)
漫画感想(レビュー)

▼最近感想を書いている小説・漫画・アニメ・ゲームなどのページ
ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会(第6話)
トロピカル〜ジュ!プリキュア(第17話:別ブログ)
響け!ユーフォニアム2(『誓いのフィナーレ』)
少女☆歌劇 レヴュースタァライト(最終話)
『FGO』感想・プレイ日記(第2部第5章「オリュンポス編」)

▼昔書いていたアニメ・漫画・感想記事
コードギアス反逆のルルーシュ
機動戦士ガンダムOO
機動戦士ガンダムSEEDDESTINY
機動戦士ガンダムSEED(大昔のサイト)
けいおん!!(college&highschool(&映画))
アニメ涼宮ハルヒシリーズ(映画『消失』)


▼語学
外国語と日本語の架け橋

【有料コンテンツ】
●コミュニケーションのために知っておきたい「言葉」の基礎知識(リンク切れ中)


▼その他にやっているブログ
→姉妹ブログ(最近はプリキュア中心):Girlls Fiction Fan Blog-少女創作ファンブログ-

▼メルマガ
創作者のためのマーケティングエッセンス

有坂美香『Life Goes On』/機動戦士ガンダムSEED DESTINYセカンドED


 「本当の哀しみを知った瞳は 愛に溢れて」

 やはりDESTINYフィルター全開で聴くと、シンとステラの歌に聴こえます(ジャケットがシンとステラだし)。

 シンの変化のきっかけに被さる歌。「怒れる瞳」→「本当の哀しみを知った瞳」という変化だという解釈がカッコよさ気。

 歌詞にはまたしても「運命」のキーワードあり。これで、OP&EDの既存4楽曲全てに「運命」のキーワードが入ってます。これはもう、統一してるのかな?

西野見開き告白に燃え/週刊少年ジャンプ(WJ)09号感想


●ONE PIECE

 なんか知らないけどツボに入って笑うトムさんとか、一発でトムさんはイイ奴っぽいなーと読者に思わせる描写がさすがです(先週公開されたビジュアルからしてイイ奴っぽさ全開でしたが)。それがラストの死刑宣告サプライズに繋がります。エー、こんなイイ人っぽいのに死刑なの!?という子ども心へのサプライズ。

 というか全てラストの死刑サプライズに向けてこの一話を作った感じ。「この世に“海賊船”の設計図などない」、「乗り込んだ船乗りが海賊旗(ドクロ)をかかげりゃ“海賊船”、海軍旗(カモメ)をかかげりゃあ“海軍船”」と、作る、というか誇りを持つのは「船」そのものにであって、そこに船乗りから付与される“海賊”だとか“海軍”だとかいう記号にはそんなに重きをおかないというトムさんの考え方を先に描写しておいて、ラストではその考え方が否定される形で周りが付与した“海賊”という記号を付与された船を造ったがゆえに死刑宣告されてしまうという。

●DEATH NOTE

 最初にライトがミサと接触した話を読んだ時に、B&Cヨロシクの犯罪者カップルにロマン……とか僕書いた記憶あるんですよ。ライト=利用者、ミサ=利用される側の側面が強かったんでそんなロマンはどこかに忘れてたんですが、最近のミサにも自立がでてきて、ライトもミサに重要な任務を任すといった今話の展開なんかからすると、犯罪者カップルロマン復活です。ダークヒーローはジャンプを始め少年誌にも結構いると思うんですが、伴侶付きのダークサイドカップルとなるといささか稀なのでは。

 しかしここまで順調にライトの計画が描写されると次はLの揺り戻しターンですよね(それか連載終わるか)。どういう反撃に出るんだろう。ミサを実は追尾していた!はこの前やっちゃったしなー。ミサがLの名前読めなかった!パターンも、今話でLがミサに名前見られた可能性を憂慮してる描写から無さそうだしなー。本当、Lの次の手が見えない。

●BLEACH

 ラストの、

 「名前なんか無えよ」

 は、斬魄刀の名前を始め、「名前を知ること」を「存在を認識すること」として「正」の行為として位置づけていたコレまでのBLEACH(印象的なのは剣八とやちるのエピソード)からすると、「負」の宣言です。

 第一次クライマックスにて主人公の属性が「負」に裏返りました。これは燃える。ちゃんと伏線も張ってあったし。

 「負」の力を抱えて戦うヒーローというのも王道になりつつある物語の型ですな(最近のジャンプ内では武装錬金のカズキのヴィクター化あたりがコレに類する現象かと)。

●アイシールド21

 必殺技破られる!の王道のエンタメ回でした。

 最初に大西を爽快に抜き去る描写を大ゴマで描いておいて、デビルバットゴーストの威力いまだ健在というのを描写しておいて、ラストにさらなる大ゴマで筧によって破られる!というように一話内でうまく衝撃を演出しています。この逆境は燃える。

●いちご100%

 西野見開き告白に感動

 この前の東城告白と対になるクライマックスです。

 やっぱ、この漫画、ジャンプ的インフレバトルエンタメとしての要素も含んでるような気がしてきた。ライトとL、最後に勝つのはどっち?みたいなノリで、東城と西野、最後に勝つのはどっち?ってノリで楽しむんですよ。そういえば原点はそこでしたよね、この漫画。インフレが頂点に達した所で原点に戻った感じ。美少女漫画だけど、どちらかというとこの展開は燃え。

●テニスの王子様

 「一撃必殺サーブ……ビッグバン!

 むやみやたらと発光するテニスの王子様にしては地味めの演出でした。宇宙創生のビッグバン並の演出エフェクトが入るかと思った。

●こち亀

 弓道もアーチェリーも軽く経験したことあるんで結構楽しめました。しかしアレですな、いつか掲載された弓道漫画の読切はまだ現実路線を踏襲してましたが、今回はほんと漫画漫画にエンタメした荒唐無稽な弓道ですな。継矢三連続て。

●武装錬金

 「私達が間に合えば カズキに勝機はあるッ!!」

 やはりそうきましたか!

 前回でのブラボーのバトルからカズキがアドバンテージを得てる点は「仲間を得たこと」なんですよ。仲間と袂を分かったブラボーと、新たに仲間を得たカズキという対比。そこが決定要因になるというのは熱い。剛太絡みのストーリーでみっちり描いてくれていた部分だからコレは嬉しい。逆に今回のカズキの新技披露は何の伏線もなかったんでちょっとイマイチかな。少しでも練習してる描写とかあれば、それが破られた時の衝撃も倍化されたと思うんですが、さすがブラボー!みたいな感じで。

 そんな感じで、素直にダブルシルバースキン対策、及びどんなブラボー対策が飛び出すかを楽しみに待ちたいと思います。

●征次郎の道

 こっちなんだ。型破りの方を肯定的に描くんだ。

 僕が作者だったら、「お前は気付ク!先人達の創った技がどんあに偉大カ――」の先生の方を肯定的に描くや。

 安易な型破りに走って伸び悩んでた主人公が、成長イベントを通して先人達の技、積み重ねられた克己の時間の偉大さに気付く、炸裂する正当派の力……そっちの方が良くない?

 個人的に柔道経験者で、やっぱりトリッキーな技では一つ壁を越えられなかったというのもありますが。世界柔道なんかもそうですよね。トリッキーな外国人選手も、結局日本の正当派柔道に最終的に敵わないことが多いという。

 そんな感じで、昨今の少年少女には型破りの発想よりも、堅実な型を反復練習する大切さを伝えていきたいなと思ってるワリと堅実路線な僕でした。

 まあ、漫画なんで、荒唐無稽な型破り型の方がウケそうというのは分かりますが。

●HUNTER×HUNTER

 「約束しろよ!!絶対に動くな!!例え目の前で何人人間が殺されてもだ!!約束しろ!!」

 うー、飛び飛びにしか載らないんでキャラの現在の心情レベルを忘れてしまった。

 ゴンって、こういう大を生かすために小を殺すという判断を享受できるほどに心理的に成長(成長というのは微妙?)してる段階まできてるんだっけ?

 なんか、そこかしこに惨劇、残虐描写に繋がるような種がバラまかれてそうで怖いです。このハラハラ感こそがHUNTER×HUNTERなんですが。

●ワークワーク

 「われらが神さんが待っている」

 レオが本当の意味で仲間になるために必要なイベントだったんでしょうな。「われらが」と言うレオに燃えです。結託です。助けます神さま(ヒロイン)をというクライマックスです。

 あとは、シオの願いの際に、神様が神様ではなく個人として扱われ、その時に下の名前が出てくるという僕の予想が当たれば言うこと無しです。

●未確認少年ゲドー

 フェニックス少女が何の前フリもなく最強キャラとして光臨してパワーバランス崩してるなぁというのはアリますが、最後の讃良ちゃんを庇うガーくんとか良かった。

 口数少なめだったんですが、やっぱりとっさに庇っちゃうほどに讃良ちゃんのことは好きだったんだ。

●当ブログでは

 「Comments」欄↓にて幅広く閲覧者の皆さんのコメントを募集しています。僕の感想と関係なくてもWJ関連の話題だったらなんでも構わないので、お気軽にどうぞ。トラックバックも積極的に受け付けております。




武装錬金 6 (6)

近況箇条書き


・1月分の読了記録。4冊。思ったより読めなかった。修論、仕事、介護、それぞれの準備に結構時間取られたからなぁ。

・1月のAmazon広告収益。8336円。ご協力頂いた皆様ありがとうございます。当ブログ内で紹介する書籍の購入費、一割負担の介護保険費などにあてさせて頂きます。当ブログ右上のサーチボックスからAmazonで購入すると購入金額の4%、画像つき直接紹介リンク商品をそのまま購入すると6%、それぞれがあいばの収入になる仕組みになっております。今後ともランゲージダイアリー商店をご利用頂ければ幸いです。

・母の認知機能のうち、どの辺りが普通に残っていて、どの辺りが損なわれているかが大分分かってきた。認知科学をやってた名残。あとは、損なわれてる部分に関してはそういう「差異」があるものとして、残っている認知機能を中心に使ってコミュニケーションしていけばいいだけ。僕にはそういう知識と把握する能力が素地としてあったけど、差異も何も全体でしか見れなくて「ボケた」とか「障害者だ」とか言って認知機能に障害が残ってる人を全否定してしまう人も多いんだろうなぁ。

・その文脈で、僕の父が実は社内ではハブにされてしまってるような鬱の人とか、認知障害の人とかと積極的にコミュニケーションを取ってる珍しい人だったということを最近知る。母親がこんな状態になっても一般人のわりには動揺が少ないなぁとは思ってたんだけど、そういう素地があったのか。僕も失語症の研究をしてる頃は、そういった認知機能障害の人と一般人とのコミュニケーションの形について大分考えていた。そんな話今まで全然したことなかったんだけど、期せずして父と同じ方向を向いていた偶然。

Qウェル君のWEB拍手でネタになってた!今のWEB拍手と、過去ログのWeb拍手お礼ギャラリーの所。今までWEB拍手送ったことなかったから(スマヌ)全然気付かなかった。あー、やっぱミノルさんとカズヤさんはいいよー。今のレギュラーも好きだけど、ほら、やっぱ僕、動物萌えだから。




ポンキッキーズ21 30周年記念 ガチャピン チャレンジシリーズ

口からファイヤーに衝撃/一之巻「響く鬼」/仮面ライダー響鬼感想


 「鍛えてます」(ヒビキ)

 太鼓でどうやって攻撃するのか?

 そのワクワク感がこの番組の最初の視聴モティベイトだったのですが、響鬼が最初に見せた技は口からファイヤーでした

 スゲエなソレ。ファイヤーて。怪人の技じゃん。普通。

 そしてCMで描写された太鼓の使い方に衝撃。

 普通にドンドコドンドコ叩いてるよ!

・OPが歌詞無し
・変身ポーズが無いっぽい
・ライダーキックも無いっぽい
・EDがバトルにかぶさるのではなく、普通にスローテンポの曲として別枠である

 と、これまでの平成ライダーのセオリーをことごとく崩してるんですが、面白いか面白くないかと言えば面白かったっス。

 龍騎以降の主人公は、基本的に最初は未熟者でちょっとテンパってて、物語を通して成長していく過程が描かれていたんですが、今作のヒビキは最初から落ち着いていて成熟した大人という状態から始まってます

 そして、そんなヒビキを追いかけながら成長していくであろうというポジションに少年明日夢くんを……という構成です。EDはもちろん、しつこいくらいヒビキの背中を見つめる明日夢くんという絵を象徴的に描いています。

 ヒビキが大人なだけに、最初から大人視聴者は負荷が少なく視聴できます。前作のブレイドとか、イイ大人が散々おバカ状態ですれ違いバトルに突入という、未熟者を温かく見守れない視聴者にとっては負荷がかかる番組だったので、今作では一転してこういう主人公を持ってきたのはバランスが取れているんじゃないかと思います。

 そんな感じで、口からファイヤーの他にどんなとんでも技が繰り広げられるかを楽しみに、視聴続行したいと思います。




仮面ライダー響鬼(ヒビキ)Preview Issue

絆と虹色で撃破に燃え/最終話「未来を信じて!明日を信じて!さよならなんて言わせない!!」/ふたりはプリキュア感想


 「私たちには大事なモノがある、大事な人達がいる<中略>そして私たちを支えてくれるのは全ての命、私に繋がる全ての命よ!」(ホワイト)

 中盤を見逃してたんですが、中盤まで僕が思っていたのは、「虹の園」とか変身エフェクト、必殺技が「虹色」といったように、一方を飲み込む「光−闇」よりも、色々な繋がりで出来てる「虹色」を正しさとして描いている作品なんだよなーということです。

 よって、ラスト、ポルンの援護にメポ&ミポとの繋がり、何よりなぎさとほのかの繋がりを賭しての最後のレインボーストーム。闇を切り裂く一陣の虹色というのはカッコ良かった。

 しつこいくらい、痛々しいくらい二人が手をギュっと握り合う描写が挿入されるのが熱かった。

 あと、ポルンの成長物語の帰結も軽く絡めてくれたのも良かったかと。僕が視聴してた頃はポルンはただのワガママだだっ子キャラだったんですが、おそらく僕が観てない間に少しづつ成長イベントが描写されていたのだと推測します。そして成長の果てに、最後の覚醒を果たすのが「なぎさとほのかを大好きだから」というのが、子どもキャラっぽっくてシンプルで良い。

 キリヤに似た少年を見かけるというラストシーンも、何かが残留してるような感じがしてステキ。来週からすぐさま続編が始まるので、次に続いていく感が漂っていたと思います。




ふたりはプリキュア(1)

15話で一区切りだったってことで総集編/「EDITED」/機動戦士ガンダムSEED DESTINY感想


 普通だったら13話1クールで一区切り、その次が総集編……と来るようなものなのに(前作ではそうだった)、15話の後に総集編となった次第は、やはり物語、テーマ的に15話が一区切りだったってことで。続きを読む

ジェームス・W・ヤング『アイデアのつくり方』/阪急コミュニケーションズ


 先日サイドバーの広告欄に追加してからじわじわと売れているのがこちら、ジェームス・W・ヤング氏の『アイデアのつくり方』。

 やっぱりね、60分で読める手軽な量に、手頃な値段、そして珠玉の内容ときたら手にして損はなかろうと、そんな一冊です。

 驚く無かれ、この本の原著が出たのは1940年ですよ。それから65年あまり、こうして読み継がれている「残っている」本なんですねー。でも中身を読めばその辺りは納得。内容の素晴らしさもさることながら、文章がめちゃめちゃ上手いのであります。これだけ密な内容を50ページ余りの短さに収めるには伝えたいコアの部分だけを簡潔に分かりやすく書き記す技法が必須なワケですが、そんな技法のお手本のような文章。その点だけでも一読の価値あり。

 内容の方は、50ページ余りの短い本なんで詳しく語っちゃうと全部語っちゃうことになるのでさらっとだけ紹介したいんですが、タイトル通り、「アイデアのつくり方」に関する技法の本です。

 どうも、「アイデア」というと、突然に閃きと共に光臨するようなイメージを持ってませんか?それゆえに、優れたアイデアというのは天才の特権!みたいなイメージ。

 そんな先入観を崩されたい、凡人でも適切なプロセスを踏めば優れたアイデアを生み出せる……そういうことを知りたい人は手に取ってみるが吉かと。

 ポイントは主に二つで、アイデアを生み出すのは、

 1.既存の要素の収集
 2.それらを関係づける努力

 ……なんてことが書かれています。「既存の要素の収集」って辺りが、凡人にも努力の余地を残してる感じがしますよね。

 この辺りは、よく言われる「膨大なインプット無くして良質なアウトプットはあり得ない」という話(最近では『ファウスト Vol.3』にて西尾維新氏なんかが言ってましたが)に繋がりますし、僕の個人的な経験からも大いに頷ける部分です。学会の査読通るようなアイデアのスパイスが効いたイイ論文が書けた時、いつだって最初は既存の論文や発表の情報収集からでした。

 別に論文を書いたり創作をしたりしなくても、「アイデア」が必要になってくる場面は普通に生きてても多々あると思うんですよ。自分のサイト持ってる人は、自サイトで何か面白いネタやりたいなーくらいのモチベーションでもイイと思うんです。

 そんな「アイデア」が必要になる折々に触れて、まずはそれを生み出す方法論を知るのが吉。そんな文脈でお勧めできる本です。ヤングのスゴい所は、一種のマニュアルみたいに「アイデアを生み出すプロセス」を分かりやすく段階別に記述してる点です。ヤングの提出してるマニュアルは、時代を超えて通じるマニュアルなんじゃないか。僕が読了した時感じたのはそんな雑想です。

 やはり、「残ってる」本ってのはイイねー。




アイデアのつくり方

最近読んだ漫画箇条書き


●緒方てい『キメラ』9巻

 既巻中最燃えエピソード、烈風のタキの回を収録。

 男よりもヒロインの方が戦闘力が高い話なんですよ。その点に男の方はずっとやり切れなさを感じているという描写でタメにタメていたんですが、ついに今巻にて、ただヒロインを守りたいが一心で苦難の末に男が新たな力を身につけ、ヒロインの絶対絶命のピンチに颯爽と光臨というバカカタルシスの一冊。帯のフレーズが熱い。

 「絶望の闇に射す 一条の光とならん―― 今、キミのもとへ!!」

 ファンタジー媒体では今一番熱い異種族恋愛物を描いてる漫画じゃないかなんて思ってるんですが、他にもガンダムSEEDなんかと重なる要素として、今巻では「憎しみの連鎖」をテーマとして扱って帰結させています。自分が抱いた憎しみはともかく、せめて次の世代には憎しみが風化すればいいな……みたいな所で一つ物語の筆を置いています。エンディング、めちゃめちゃキレイです。これ、時間の都合上雑誌でリアルタイムで追うのは断念してしまったんですが、これからも単行本は楽しみにしておこう。

●佐渡川準『無敵看板娘』11巻

 僕が大好きな新キャラ、婦人警官権藤エツ子さんが登場の11巻。太田さんとの絡みの一話が大好き。

 「確かに戦隊モノは子供に勇気と正義の心を与えるもんだよ!子供騙しだよ!!しかしそこには大人による巧妙な騙しのテクニックが満載なんだよ!そういう意味じゃ芸術なんだよ!んでもって俺は正義を愛してーんだよ騙されてーんだよ!!大人の脳が作ったものに大人がはまって何が悪い!!」(太田さん)

 僕も大人ですが仮面ライダー見てるしジャンプも読んでます。すいません。

 そして権藤さんの天使の笑顔。

 正義を愛する心に 年齢は関係ないんじゃないですか!?」(権藤さん)

 太田さん−権藤さんカップル一押しです。

 でも以後二人の関係の話はまだ描かれてないんだよね。どんどん絡めて欲しい二人なんですが。そんな、今でもチャンピオンで立ち読んでる「無敵看板娘」の最新刊でした。

●佐々木少年『真月譚 月姫』2巻

 僕の中では『空の境界』の奈須きのこ氏がシナリオ担当した伝説の同人ノベルゲーム『月姫』の漫画版。ゲームの月姫は現在では手に入りにくくなっているので、僕のように空の境界から入った奈須ファンは、月姫に関してはこの漫画版が初接触という人も結構多いと思います。

 で、やっぱりバカ面白いのだよ、これが。

 直死の魔眼に燃えーの、ギャルゲーチックに女性に囲まれる主人公の環境に萌えーの。

 『空の境界』と重なる部分も出て来て、既読者は思わずニヤリとさせられたりも。

 とりあえず、『月姫』に関しては現物を入手する気力がいまいちないのと、やる時間もないのとで、しばらくはこの漫画版で接種していきますわ。




キメラ 9 (9)


無敵看板娘 11 (11)


真月譚月姫 2 (2)

東浩紀「メタリアル・フィクションの誕生 動物化するポストモダン・2」/『ファウスト』Vol.1〜Vol.4掲載


 価値観が多様化し過ぎた今の時代、万人に共通で普遍的な価値観ってあり得るのか?

 なんてことを、結構昔から考えています。実に、最初にこのテーマで発表したのは中二の弁論大会の時。
 #お友達閲覧者で覚えてる人いる?漫画文化の話なんかを絡めた弁論だったんだけど、先鋭的過ぎたのか、同級生からはまるで支持されず、見に来た父兄らからむしろ賞賛された(^_^;。

 まあ、僕の過去話などはどうでもよく、東浩紀氏の評論の話です。

 『ファウスト』Vol.1から始まった評論で、最新号のVol.4で第一部が終了したんだけど、上記のような僕がずっと興味を持っていたテーマなんかも色濃く踏襲されている評論で、毎号毎号興味深く読ませて頂いておりました。

 前提著作となる『動物化するポストモダン』の1の方をまだ読んでないんで詳しくは語れないんですが、物語を「大きな物語」と「小さな物語」に分けて、今は「小さな物語」が氾濫している時代というような認識のもとで評論が進んでいくのですよ。

 大雑把に意訳すると、巨乳好きだろうが貧乳好きだろうが、万人が共通にハマれるのが「大きな物語」で、逆に人それぞれ的に、巨乳好きは巨乳好きだけがハマれる物語、貧乳好きは貧乳好きだけがハマれる物語ってな感じで小さなニーズ、マーケットを満たすためだけに描かれてる物語が「小さな物語」。

 で、今は「小さな物語」の方に視点があるんじゃってな基礎認識。

 別に東氏はそれでも「大きな物語」を求めるべきだ!とか、「小さな物語」時代の今を受け入れるべきだ!とか、どっちがイイ!と主張してるワケではないんだけど、とりあえずこの「大きな物語」と「小さな物語」に分けるって視点が昔から僕が考えていたことにも繋がって、非常に興味深く読めた点でした。

 僕的な雑感を付け加えるなら、一番見ててイタいなーと感じてしまう人ってのは、自分にとっての「小さな物語」に過ぎない自分の好きな物語を、万人も同じように好きだと感じている「大きな物語」だと盲信してしまってコミュニケーションを取ろうとしてしまってる人かなぁ等とも思ったり。

 昔から僕が漫画の感想を書く時なんかの基礎ポイントとして話してることですが、ジャンプの感想なんか書くときは、ジャンプはあれは基本的には子ども達のための「小さな物語」であって、一般の大人達も普遍的に楽しめるということを目指している「大きな物語」ではないという点を一つ踏まえないとなーみたいな話。

 やはり、自分の好きな物語は自分にとっての「小さな物語」に過ぎないかもしれないんだ……という意識をどこかに持ちながら感想なんかを述べてる方が、このコミュニケーションが大事な時代においてはスムーズに人と対話できる気がします。

 そんなことも考えさせられつつ、評論の内容は夏目漱石や村上春樹を語る同じフィールドで麻枝准さん(Kanon,Air,CLANNADといったKEYのギャルゲーのシナリオ書いてる方)を語ってみたりと、刺激的で面白いものになっております。

 僕は実は『ファウスト』ではこの評論をかなり楽しみにしているのですよ(次号からの第二部も楽しみです)。普通の文芸論に最近のノベルゲームの話なんかも取り入れたハイブリットな文芸話を読んでみたい人にお勧めの評論です。

 #というか、僕的にこの評論を読んで、数年前からずっと頭の片隅に引っかかっていた村上春樹の『世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド』で、「何故「世界の終わり」の僕は世界を脱出しない選択を下したのか?」という疑問が氷解したのが大きかったです。東氏の解釈や良し。長年の心のモヤモヤが一つ晴れた気分でした(^_^;




ファウストvol1

ファウストvol2

ファウスト Vol.3 2004.Summer

ファウストvol4

HIGH and MIGHTY COLOR『PRIDE』


 「さまよう運命 微かに笑顔触れて 抱きあうこの瞬間」

 本日発売のガンダムSEED DESTINYセカンドOPテーマ曲。

 なんつーか、心にダメージを負ってた人物が、そのダメージを内包しながらも歩み始める唄?

 前OPの『ignited-イグナイテッド-』はまさにDESTINY用の楽曲として監督と西川さんが入念に打ち合わせしたなんて話が複数の雑誌記事で紹介されていましたが、今度の曲はそのあたりどうなんだろう。「運命」なんてキーワードはちゃんと入ってますが。

 DESTINYフィルター全開で歌詞を聴いてると、シンとステラの曲に感じられます。歩み始めるきっかけが何らかの他者との接触な辺りが。『ignited-イグナイテッド-』では「壊れ合うから動けな」かったのが、今回は笑顔に触れて抱き合ってるという様に変化してるなんて解釈もアリなんじゃないでしょうか。
Advertisements@Google

Special Advertisements

●2021年2月24日、「再生産総集編」Blu-rayが発売



→当ブログの『少女☆歌劇 レヴュースタァライト』の感想

 ◇◇◇


管理人の「ほしい物リスト」

→Amazonさんの「ほしい物リスト」について初めてという方のための、「やまなしなひび」さんのイントロダクション記事〜Amazonの「ほしい物リスト」を公開する際&公開している人に贈る際に気を付けたいこと

 ◇◇◇

 管理人のお仕事記事。↓

crossreview-kemuritomitu_eyecatch

『煙と蜜』クロスレビュー!5人のライターが【☆評価と詳細レビュー】で年の差ほんわか許嫁の関係や大正時代の浪漫と波乱の予感を解説します/マンガフル

column-chikanoko-5_eyecatch

『ちかのこ』第5巻が照らす足元の宝物〜寒い日も一緒にいる「家族」をもう一度/マンガフル

crossreview-kaiju8gou_eyecatch

『怪獣8号』クロスレビュー!5人のライターによる王道ヒーロー怪獣マンガの読み方とは?/マンガフル

recommend-mierukochan_eyecatch

『見える子ちゃん』の魅力を紹介!見える世界が違っても楽しいホラーコメディは可愛いキャラ×深面白い話が脳にくる/マンガフル(編集・校正を担当)

onsenmusume-iizakaonsen-interview_eyecatch

飯坂温泉の『温泉むすめ』飯坂真尋ちゃんプロジェクト実行委員長さんに弁財天真尋ちゃん誕生秘話から足元に眠っている地域の宝を磨き上げる展望まで聞いてきました!/マンガフル

onsenmusume-iizakaonsen-report_eyecatch

『温泉むすめ』の飯坂真尋ちゃんを尋ねて飯坂温泉を徹底取材!伝統の公衆浴場×最新のキャラクター文化で盛り上がる温泉地の過去、現在、未来

recommend-yuri5-2010nendai_eyecatch

2010年代の百合漫画おすすめ5選!『やがて君になる』もWEB漫画も紡ぐ多メディアで百合が編まれた時代の注目作をご紹介/マンガフル

recommend-yuri5-2000nendai_eyecatch

2000年代の百合漫画おすすめ5選!『マリア様がみてる』で花開く百合隆盛期の注目作をご紹介/マンガフル

recomend-school-resort_eyecatch

『すくりぞ!』の読むとホっとする学校リゾート化コメディの魅力とは?6人の登場キャラと心に余裕ができるゆるやかな話をご紹介/マンガフル

recomend-chikanoko_eyecatch

百合漫画『ちかのこ』の読むと幸せになれる異種族同居コメディの魅力とは?登場キャラと日常と非日常を巡る不思議なお話をご紹介/マンガフル

colum-dragonball-douzoku _eyecatch

ドラゴンボールは「同族殺し」に囚われた者達を悟空が自由にしていく話であると考察してみる/マンガフル

recommend-yuri-jogakuen_eyecatch

百合漫画で女学園ものおすすめ5選!伝統ある学舎で紡がれる特別な関係を描いた作品を紹介/マンガフル

idolcomicseyecatch

アイドル漫画おすすめ5選!読むだけで元気になれる再起の作品を紹介/マンガフル

180405fruittartenty

漫画おちこぼれフルーツタルトを登場アイドルのダメ可愛さと共に紹介/マンガフル

hanayamataeyecatch

漫画ハナヤマタのよさこいに打ち込む女子達が海外から見てもカワイイ理由/マンガフル

dragonballeyecatch-1

親子かめはめ波に感動する理由は?ドラゴンボールの親子の物語を考察/マンガフル

rurounikenshineyecatch2

続編開始!社会で傷ついた人の心に響く『るろうに剣心』の魅力を語る/マンガフル

koenokatachieyecatch2-1

本当の気持ちが伝わらないのに幸せ?漫画「聲の形」の魅力を紹介/マンガフル

ブログメニュー
有料コンテンツメニュー

●コミュニケーションのために知っておきたい「言葉」の基礎知識(リンク切れ中)
→言語学で修士を保持している管理人による本格学習コンテンツです。

月別過去ログ
ランゲージダイアリーへようこそ
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

管理人、相羽へのコンタクト

▼Twitterアドレス(全ブログ/サイト兼用)

 http://twitter.com/
sabishirokuma


 短い文章更新件コミュニケーションツールはTwitterに移動中です。フォロー歓迎です。また、僕のつぶやきだけまとめてあるページはこちらとなります。

▼他、WEB拍手でもご連絡頂けます。
WEB拍手
メールフォーム

▼お仕事の依頼などはGmailへ

 文章を書くのが得意です。小説、WEB記事の依頼などお待ちしております。↓

 aibayuji<アットマーク>gmail.com

新作短編小説

20200409hashihimekagemonogatari

――いつか、この孤独が終わったら。

 これまでで一番くらいよく書けた小説なので、読んでやって頂けたら喜びます。↓


『橋姫影物語』/pixiv

『橋姫影物語』/カクヨム

最近やっていること

c78d9999

 2020年はpixivFANBOXを中心に活動しております。

 最近どういうことをやっているのか、一読しておいて頂けたら喜びます。↓


相羽裕司のFANBOX/pixivFANBOX

管理人によるS市(仙台市)小説シリーズ

 東北はS市(仙台市)を舞台に虚構と現実と神話が行きかう小説を書いております。各作品は基本的に独立しているので、ピンときたものから読んで頂けます。

●2021年の糸の物語『少女輪廻協奏曲 ノギクとヴェドラナの愛』

 証明してみせる。この世界に全員分の居場所があることを。

 歴女のノギクとスロヴェニアの少女ヴェドラナは幼馴染の親友同士。十年ぶりに仙台駅で再会したが、道化師と遭遇して異世界リュヴドレニヤに飛ばされてしまう。戦争中の異世界で、ノギクは少年騎士ミティアと出会い「契約」を交わす。現実世界の大震災の生存者であるノギクは、人々のフツウを守るため、歴史知識と明晰な知力を生かして、異世界の戦争を終わらせようと行動を開始する。

「カクヨム」様で読む

 ◇◇◇

●2016年の居場所の物語『こちら街アカリの復興部!』

townslightshyoushi

 昼は地道に復興活動。夜は荒事ありの助っ人稼業。

 仮設住宅地区でお年寄りの話を聞いたり、お弁当を配達したり、同人誌を作ったり、そして戦ったり!?……東北の地より贈る、青春、復興、恋愛、そしてバトル。

「カクヨム」様版で読む

「エブリスタ」様版で読む

 ◇◇◇

●2013年の勇気の物語『非幸福者同盟』

asumiforkakuyomu1
(イラスト:馬の助さん/ブログTwitterPixiv

 歴史建造物擬人化×能力バトル×幼馴染→本格物語

 宮澤ジョーは、ひょんなことから幼馴染の空瀬アスミと力を合わせて、収奪者「世界勝者連盟」から、生まれ故郷「S(エス)市」の人・街・歴史を守るための戦いを開始することになる。

 特殊能力の源となる次世代エネルギー「オントロジカ」。普通の人々の知らぬところで、世界中で獲得競争が始まっていたのだ。

 ジョーに目覚めた能力は「歴史建造物を擬人化して召喚する能力」。戦艦陸奥が女の子になって舞う。エッフェル塔が蒼剣を降らす。幼馴染は火炎を放つ。

 全十三話。

 2020年12月28日。完結しました。

 絶対に自分にしか書けない物語を書き切ることができました。お読み頂いた皆様、本当にありがとうございました!

「カクヨム」様で読む

「小説家になろう」様で読む。

 累計71000PV達成も感謝です。

 イントロダクション&登場人物紹介はこちらの記事から。

 ◇◇◇

●2012年の正義の物語『妹の紋章』


 震災後の2012年の東北は仙台を舞台に剣術家の兄と木彫りが趣味の妹が織りなす街と心の再生の物語。

 2018年3月8日(木)〜3月13日(火)の期間限定無料キャンペーン中、AmazonさんのKindleストア「売れ筋ランキング」無料Top100で最高33位にランクインありがとうございます。無料の方とはいえKindle本の総合で100位入りは初めてで嬉しい〜。

180310rank4

 「読み物」カテゴリではなんと1位。

180309rank7

・Kindleの電子書籍って、スマートフォンで読めるの?

→読めます。AmazonさんのサイトからKindleのアプリをフリーでダウンロードして頂けたらと。

・Kindleの電子書籍って、PCで読めるの?

→読めます。AmazonさんのサイトからPC用のKindleビューアーをフリーでダウンロードして頂けたらと。

 ◇◇◇

●1999年の愛の物語『夢守教会』

yumemorihyoushi

 1999年。

 心に傷を負った「僕」は新興宗教少女・弓村理子(ゆみむら・りこ)と出会う。


 ミステリであり、幻想小説であり、バトルもの小説でもある『夢守教会』ですが、第一章「少女のケニング」はこの章のみで完結している青春・恋愛小説として読んで頂けます。

「エブリスタ」様で読む

↓昔のWEBサイト版

yumemori_bana2

その他の小説色々

wugishinomaki

 2015年10月25日(日)に、地元仙台は「日立システムズホール仙台・交流ホール」で開かれたWUG!の同人誌即売会イベント『同人誌即売会やらせてください!in仙台』にサークル参加させて頂きました。新刊『ミリオンアート・ウェイクアップ!〜実波と菜々美と未夕が石巻に行く小説本』を頒布。詳しくはこちらの記事より
 イベントのレポはこちら。
 新刊のBOOTH様での通販ページはこちら。

 ◇◇◇

『暗闇の中で灯す物語と文明のアカリ』

 Pixivとの提携サービスBOOTH様にて、コミックマーケット・イベントなどで頒布させて頂いた同人誌既刊の通販窓口を開いております。『魔法使いの夜』『Fate』『ひぐらしのなく頃に』二次創作やオリジナル小説などなど。よろしくお願いいたします。↓

Language×Language同人誌通販/BOOTH

 ◇◇◇

DlXVkKaUYAAB8oO

 2018年9月2日(日)「レインボーフレーバー19」にて頒布されましたTJさん(ブログTwitter)主催の平成ファイナルなコンセプトアンソロ『平成プリキュア対昭和ライダー アンソロジー大戦』に二次創作小説を2P寄稿(僕は『フレッシュプリキュア!』と『仮面ライダーブラックRX』のクロスオーバーを書きました)しております。詳しくはこちらからよろしくです。また、通販ページはこちらから。

 ◇◇◇

dicapreantholo

 2015年10月4日(日)「レインボーフレーバー13」にて頒布されたTJさん(ブログ)主催のプリキュアシリーズ十世代記念アンソロ『PRECURE 10TH ANTHOLOGY ディケイド&オールプリキュア ANTHOLOGY大戦』に小説を2P寄稿(僕は『スマイルの世界』担当!)。特設サイトはこちらをよろしくです。また、通販ページはこちらから。

AmazonさんのKindleストアで販売中の電子書籍第二弾です

●2013年10月19日(土)、Kindleストア「絵本・児童書 > 読み物」カテゴリで7位感謝!


 Kindle実機はもちろん、iPhone、iPad、Androidなどの、各種スマートフォンやタブレット端末のKindleアプリ(無料)で読んで頂けますので、ご購入頂けたら幸いです。

 販売開始時の記事はこちらとなっております。

AmazonさんのKindleストアで販売中の電子書籍第一弾です

 Kindle実機はもちろん、iPhone、iPad、Androidなどの、各種スマートフォンやタブレット端末のKindleアプリ(無料)で読んで頂けますので、タイミングが合った時に購入頂けたら幸いです。


 販売開始時の記事はこちらとなっております。

メルマガを配信しております。

 まぐまぐさんの方で、300部ほどのメールマガジンを数年間発行させて頂いております。フリーで登録できますので、よかったらどうぞです。

 制作した電子書籍の販売など、個人規模での「創作+収入」の活動に興味がある方は是非。↓

創作者のためのマーケティングエッセンス/まぐまぐ

  • ライブドアブログ