相変わらずED導入部が出色。

 「誤魔化せないのかも・・・、いくら綺麗に花が咲いても人はまた吹き飛ばす」(シン)

 と、争うのが人の性と、前作ラストのクルーゼ的なことを語るシン。再び戦争が始まりそうな現実を踏まえるにそれはこの時点では真実めいてるんですが、語ってる相手がまさに前作ラストでそんな真実に反発して「それでも 守りたい世界があるんだ!」と叫んだキラだというのが鳥肌もの。
 第01話の感想で、シンはキラとクルーゼとテーマ的に同じ文脈にいる主人公なんじゃないかなんてことを僕は書きましたが、今週を観てさらにそんな気がしてきました。現時点ではシンは前作で言うならクルーゼ的な考えの方にベクトルが寄ってるというか。

 そして、そんなシンの言葉の後に、それでも墓標に花を添えるラクスが最高です。ラクスが、今作でもそういう立ち位置にいるラクスでいてくれるんだと判明した瞬間。ファン感涙もののワンシーン。
 シンも、「敵って…誰だよ?」と問いかけたアスランさんに、まさか最初にその問いを投げかけた人がその女性だとは気づくまい。前話までから、アスランの背中を見てシンが成長していくなんて展開が今後考えられますが、そんなアスランすら導いた先導者の先導者にまさかのニアミスというシチェーションです。燃え。

◇カガリとの別れ、アスランの旅立ち

 そして、伏線通りついにアスランとカガリ、一時離別。つーか僕、過去ログ読んでみたら第03話時点でこの離別を予想してましたよ。スゴいな、自分。

 ネガティブな別れじゃなかったのが良かった。前話までのカガリの落とし度から、ちょっとネガティブに別れちゃうのかと思って心配してた。後半での劇的な再会が期待される、ポジティブな別れでした。もう、この二人の今後に期待するのは、玉置成実のEDのこの2フレーズに尽きます。

 「遠く離れてるほどに近くに感じてる 寂しさも強さへと変換ってく……君を想ったなら」

 「それぞれの夢を叶えて まためぐり逢う時 偶然は運命になる」

 作中のクライマックス1としての、アスラン、カガリ再会を期待。

◇そしてキラ、アスラン

 「何と闘わなければならないのか」という前作からの一大テーマ、アスランは「まだ、見つからないんだ」と発言。未だ模索者のアスラン。それに対するキラの位置は今の所不明です。キラは前作34話で「何と闘わなければならないのか、少しだけ分かったから」と発言しているんですが、このテーマに関してアスランより少し先んじているのか、それともアスランと同格で未だ模索中なのか、まだどうとでも取れるので今後の展開次第です。もし少しでも何か分かってるなら、親友なんだからアスランには教えてやれよという気はしますが。ラクスが側にいるからなー、キラは。

◇今週の今後の期待

 トラ、マリューが再登場。トラは果たして再びあの伝説のトラスーツを着るのか!?

 一番期待したい所です。



 サブタイ「ジャンクション」が秀逸でした。今話でジャンクションとしてオーブに集まった面々が、これからそれぞれの道へと歩き出すという所で、序章が終了。DVD2巻のラストエピソードとしては、最高の1話だったと思います。

 今週は体調不良につき、この辺りで。



 当サイトでは下のコメント欄で、閲覧者の皆様のコメント、感想を広く受け付けております。別に僕の感想と関係なくてもイイんで、広くSEEDの話題を書き込んでいただければ幸いです。トラックバックも積極的に受け付けております。気兼ねなくどうぞ。

前回の感想へ次回の感想へ