●BLEACH

 卍解はデカいデカいと作中で言っておいた所で出てきた小さい卍解には普通にオオッと思いました。斬月おじさんが巨大化するのだろうか?とか言ってた僕の予想をあざ笑うかのような主人公の小型卍解です。そうだよね、オジサンが巨大化するよりこっちの方が全然カッコいいよね。

 千本桜対策に期待です。僕の予想では巨大化したオジサンの一降りで千本の刃が打ち払われるというモノだったんですが、この小型卍解からすると、どちらかというとスピード重視の攻略になりそうな予感。

 でも逆に物語のこの時点で主人公の卍解、しかも小型というのは、前々から言っているように主人公特権の第三次解放に期待がふくらみます。巨大で派手なヤツ、こないかな?

●銀魂

 「革命なら国に起こす前にまず自分に起こしたらどうだ? その方が安上がりだぜ」

 攻殻機動隊SAC第01話の「世の中に不満があるなら自分を変えろ それが嫌なら耳と目を閉じ口を噤んで孤独に暮らせ」を思い出しました。

 でも攻殻機動隊ほど漫画全体の雰囲気が重くないのがかえってイイです。所々深みが入ってるんだけど、あくまで基本は「娯楽」もの、それが銀魂です。

 昨今の新人創作者は作品に思想を求める人が多いような気がするんですが、まず第一は「娯楽」という銀魂チックなスタンスの作品がもっと多くてもいいような気がします。

 すこぶる真面目な話としても描けるのに、「総悟ォォォォォ!!」の所とか普通に爆笑できるのがステキです。

●DEATH NOTE

 重武装ワタリ燃え。

 高齢化社会の今日この頃、こういうカッコいいジジイキャラの活躍する作品がもっと増えるとイイかもしれない。

 今週のカッコいいジジイ大賞はワタリ。災難だったジジイ大賞はテニプリのオジイで。

●スベルヲイトワズ

 もともと「お笑い」という土俵ではレベルの高い二人が、色々あって最初協力できず、それをタメにしてクライマックスで力を合わせる所でカタルシスを……という流れが、良くあるパターンながら良かったです。

 この手の「協力すれば凄いんだけど中々協力できない」→「ついに協力した時燃えー!」という物語を描くにあたって、「漫才」という素材を選んだのが上手いと思いました。ボケだけでも、突っ込みだけでもおもしろくない「漫才」。一人ではなく、二人の力を合わせることが必須というこの「漫才」という素材で、上述の燃えパターンが十分に発揮されてたと思います。

●ボーボボ

 回想部分の、

 「ベーベベ兄さん!!」

 のジャンプコマに爆笑してました。

 陽光をバックにして、何やらジュブナイル回想みたいな雰囲気だったのがウケた。

 どれくらい凄いジャンプだったのか作中ではまったく描写されてないのもツボです。

●テニスの王子様

 オジイ被弾が衝撃的でした。

 老人愛護の視点から衝撃的なだけでなく、直前まで「縮地」がどうこうと解説していたキャラが被弾するというのが衝撃的でした。『男塾』で雷電が解説中に攻撃を受けた、『バキ』で本部が解説中に闘場のキャラから攻撃を受けた……ってな感じの衝撃です。そりゃないよ、みたいな。

●Mr.FULLSWING

 ピッチャー鹿目くん交代、代打、獅子川燃えです。

 自動的に、最後のピッチャーは子津くんになるって展開かと。

 最初から読んでない上に、たまに流し読みしてる漫画なんで詳しくないんですが、子津くん絡みのエピソードは熱かった。いよいよ登場で、ここ数週はミスフルにも注目して読んでいきたいと思います。

●いちご100%

 この漫画の楽しみ方の一つに、バカミステリのバカ物理トリックを楽しむような気持ちで、バカシチェーション作りのためのバカハプニングを楽しむという楽しみ方があります。

 「上からコードがたくさん落ちてきてよけようとしたら手に巻きついたみたいで」

 これもかなり強引なバカシチェーション作りでツボでした。今までで一番は何かなー、やっぱ火災か観覧車かなぁ。

 そしてバカシチェーションでさつきの緊縛プレイ開始。緊縛されてるのは真中の方というのがポイントです。

●HUNTER×HUNTER

 フェイタンは服装と刀から、幽遊白書の飛影チックな印象を受けます。そんなイメージだと、まだ念能力を本格的に公開してないので、まだ黒龍波使用前の苦戦という印象です。

 最初の全員の戦闘を俯瞰してる描写からカルトの方が一枚上なのか?と思わせておいて、今回では普通に「レベルが違う…!!」と旅団メンバーの凄さを見せつけるという風に裏返しているという様に、何気に冨樫的裏返しも見れたんで結構この旅団バトル編は満足。

●武装錬金

 「善でも悪でも 最後まで貫き通せた信念に 偽りなど何一つない」

 カズキとブラボー初対面時の印象的なブラボーの台詞ですが、巡りに巡ってこのシチェーションでこの台詞に回帰してるのが熱い。特に、ブラボーの「一人でも多くの命を守る その為なら俺は悪にでもなる!のブラボーの決意の部分が。
 最初の初対面シーンで上の台詞が出てきたときは、「悪でも」の部分が今ひとつ解釈仕切れなかったんですが、巡りに巡ってピタリとピースがハマりました。上手いなぁ、和月先生。

 あとは「闘うコトに悔いなどない!!」のサブタイの「NO REGRET」をかけた台詞からの5ページにわたるカズキVSブラボーのバトル絵が凄すぎ。これぞ、和月構図、和月効果線、和月バトル絵です。

◇斗貴子さん

 具体的に自身の身長の数字のデータなんかをあげながら説明してる辺りが、理路とした斗貴子さんらしくてカッコ良かった。その後は臓物をぶち撒けろとか全然理路としてない辺りも。

●未確認少年ゲドー

 「戦闘獣人」というバカなネーミングのビッグフットとバトルとか、決め技が目玉飛び出し反動眼(スプリンガン)とか、普通にバカバトル漫画としての楽しさがありました。

 で、でもこういう楽しさの漫画じゃなかったんだけどな……。

 とにかく今週はバカチックだった。これはこれで、いいのかな。

●当ブログでは

 「Comments」欄↓にて幅広く閲覧者の皆さんのコメントを募集しています。僕の感想と関係なくてもWJ関連の話題だったらなんでも構わないので、お気軽にどうぞ。トラックバックも積極的に受け付けております。