普通だったら13話1クールで一区切り、その次が総集編……と来るようなものなのに(前作ではそうだった)、15話の後に総集編となった次第は、やはり物語、テーマ的に15話が一区切りだったってことで。
 主人公らの初期立ち位置を描く所から始まって、開戦、第08話「ジャンクション」にて結節点として主人公サイドが一度オーブに集合しつつ、最終的にはそれらの主人公サイドが主人公パートA(ミネルバサイド)と主人公パートB(アークエンジェルサイド)に分化、それぞれのサイドの出発を描く……という所で序盤物語の一区切りとなっております。

◇物語序盤の雑感

 前作SEEDの上手さに、キラらが「巻き込まれ型」で戦争に突入し、そこで生じる青春群像劇(軋轢・フレイとか)を第1クールに持ってきた点があると思うのですよ。ノウノウと日本で生きてる少年少女達が突然巻き込まれる……というような状況に、少なからず子ども視聴者(十代くらいまで?)が状況にスムーズに感情移入できたんじゃないかと。

 その点今作DESTINYは、シンらは「最初から参加してる型」で結構積極的に戦うんですよね。そこが、もしかしたら子ども視聴者の感情移入を買うのに前作SEEDよりも弱かったかもしれないなんて思います。今の日本、例え国のせいで家族が殺されたとしても、国を見限って外国の軍隊に入るほどバイタリティーがある子どもなんていなそうなんで(そういう意味ではシンは結構ポジティブ:ただ腐って何もしないネガティブ君になるよりはイイ感じ。前作SEEDでもネガティブに描写されてた「流されるままの無関心」とは対局にいる感じだし)。

 加えて感情移入パートとして用意され、長めに描写されたアスランパートに関しては、ちょっと心情描写が複雑で、子ども的には分かりづらかったという。大人視聴者にとっては良かったんですが、もし今作が子ども視聴者の琴線を捉えかねてる側面があるとしたら、そういう要因も一つあるんじゃないかと思います。

◇今後の物語構成予想

 クールごとに分ければ分かりやすかったんですが、序盤物語が15話一区切りになっちゃったんで、便宜上「段階」と呼ばせて頂きます。

第一段階:主人公サイドAと主人公サイドBに分化するまでを描く(15話まで)
第二段階:両主人公サイドのそれぞれの物語を描き、正しさを相対化する。それぞれの長所、短所を浮き彫りにする。
第三段階:主人公サイドAと主人公サイドBが止揚されていく様子を描く
第四段階:止揚された力で何と戦うかを描く

 第一段階を終えた現段階からすると、素人考えにはこのような物語構成を思い浮かべます。

 なんで先週から正しさの相対化相対化と言ってるかというと、シンの活躍を見たい自分がいるんだよね

 最初はシンはネガティブ描写から始まって、アスランらに牽引されて、最終的には前作のキラ、アスラン、ラクス、カガリ的にポジティブになっていく……という話なのかなと思って観てたんですが、12話の朱SEED覚醒辺りから、なんか、シンはこのまま突き進むんじゃないかと思えてきたんですよ。最後に妹の映像を回想して、憎しみで覚醒するヒーローというのも、実はカッコいい。何て言うか、主人公なのに彼はダーティーヒーロー何じゃないか?みたいな。行動はダーティーに、内面には守りたかった(これから守りたい)想い人を胸に……みたいな。

 なんで、2クールではダーティーヒーローの大暴れっぷりを見たい。シンなりの行動原理で突き進む様子を見たい。今がある種「見えてない」状態として描かれているのは確かなんで、その先にステラとの出会いやキラとの再会といった「変化」イベントがあるのは確かだと思うんですが、前作のキラ、アスラン型の解答に辿り着くんじゃなくて、シンにはシンなりの新しい解答に辿り着いて貰った方が面白いかな、なんて。

◇今後の見所/伏線リスト

・躊躇いを見せるラクス
 僕的に一番の見所。積極的に動くときが来るという伏線と見てます。
・妹の携帯電話に執着するシン
 急浮上中の僕的見所。捨てて憎しみが浄化されるのかとも最初思ってたんだけど、拠り所として持ち続けるんでも熱い。まだ微妙にネガティブチックなのは憎しみの矛先が定まりかねてるだけのようにも思えるんで。
・為政者としてはボロボロのカガリ
 アークエンジェルを通しての成長イベントアリの伏線と見てます。
・分かり合えないシンとカガリ
 開戦で拳を叩きつけるシーンがシンクロしてる描写など。後半で分かり合う伏線と見てます。敵対者との和解も前作から続くテーマってことで。
・前作ではフレイを護れなかったキラ、ラクスを護るために立ち上がるキラ
 今作では何か一つ護り通して欲しい。
・世界のために力(セイバー)を手に取ることを決めたアスラン
 力(セイバー)をどう使うのか。前作から引き続くテーマ。
・アスランに興味を持ち始めるホーク姉妹
 姉妹対比話の幕開け伏線だと思ってるんですが……。
・議長をギルと呼び捨てにするレイ
 ただならぬ仲。
・ネオとフラガ家共鳴するレイ
 ただならぬ仲。
・議長の行動全部
 なんつーか全部の行動の意図が物語りのキー。
・大事な人を失ったことを共有するマリューとトラ
 トラ燃えで。
・連合のこれからはモビルアーマー
 ザムザザーに匹敵するバカモビルアーマー登場の伏線?
・ロゴスと名乗る怪しい人達
 ストレートに読めばラスボス組織伏線ですが。ジブリールが微妙に軽く扱われてる辺りの描写が伏線。

 とりあえず興味順でこんな所で。他にもこういう伏線もあったというのがありましたら是非コメント欄に。パッ考えただけだとイザーク、ディアッカ辺りに特に込み入った伏線がないなー。議長支持で動いてるって辺りくらい?前作ラストでこの二人は帰結してるようにも思うしなー。

 当サイトでは下のコメント欄で、閲覧者の皆様のコメント、感想を広く受け付けております。別に僕の感想と関係なくてもイイんで、広くSEEDの話題を書き込んでいただければ幸いです。トラックバックも積極的に受け付けております。気兼ねなくどうぞ。

前回の感想へ次回の感想へ