ブログの更新にかける時間がそんなに取れなくなりそうなので、これからしばらくは特定作品の感想を書くとき以外は肩の力を抜いた普通の日記(雑想)を書いていこうと思います。旧サイトを知ってる方は、やる気ない時に書いてたシロクマの話だとか、ああいうレベルのテキトーな文章を想像して頂ければ良いかと。

◇日記

 仙台は大雪という中、商店街をいつも通り病院へ。
 いろんな店のオヤジさんがこぞって雪かきに精を出していました。そして、雪かきに割く労力と雪に便乗した商品を店先に飾る労力とでは、どっちが商売上効率がいいのか?などと考えながらザクザクと雪道を歩く僕。雑貨屋とか、ここに便乗してシロクマグッズを店先に並べる大雪仕様にした場合と、地道に雪かきをした場合、さてはて売り上げはどっちが伸びるのか(大雪とはいえ、入店が困難なほどに雪が積もってるワケではない)、とか。

◇介護

 病人だからといって、あんまし寝てばっかでも良くないとのアドバイスを看護士さんから受ける。人間の内臓ってのは昼間は起きてるものとして設計されてるから、それに抗うのも良くないことなのだとか、そんな話。これは、血管性の脳疾患とかの大病じゃなくても、かるい鬱病とかにも応用できる話かなぁなどと思った。ちょっと鬱になると布団に引きこもっちゃう人も多いと思うけど、そうじゃなくてとりあえず昼間は鬱なりに体起こしてた方が良いのかも。

◇PCゲーム

 『AIR』、DREAM編の佳乃シナリオを継続プレイ。
 とりあえず主人公が色々と飯を食うために試行錯誤してるのに共感。患者こないなーとか言いながら町医者で生計立ててる聖にも共感。僕もこの先、今日は売れねーなーとかボヤきながら生計立てていくことになりそうなんで。『AIR』、『CLANNAD』辺りは「働くことの矜持」みたいな話がピコっと入ってるのがやっぱ良いよね。



 今日は仕事と修論の活動がほとんどできず。明日は少しばかり頑張りたい所。


Air 全年齢対象版