僕がもっともアニメを評価するポイント、「あくまで子ども向けエンターテイメントでありながら、ピコっと深みが入ってる」という視点から、今話は最高に良かったと思います。
 子ども視聴者、普通にシン視点で楽しめたでしょコレ。任務任されて、達成して、先輩からも認められる言葉もらって、現地の人にも歓迎されて……とここまでの流れが普通に少年主人公物語の王道を行っていてエンタメで楽しめて、それでいて銃殺される連合兵とかの子ども視聴者にも分かりやすい描写で(ここ大事)、カタルシスに疑問符を打つピコ深みを入れて締めてるのが非常に好感。

 大人視聴者は大人視聴者で、ラストの解放された民衆に向ける眼差しが、シンとアスランで微妙に異なってる辺りにニヤリとさせられたりで、今話は本当に面白かったですよ。

 またシンが結構バカだったのが良かったね。洞窟の壁にガシャコンガシャコンインパルスぶつけながら、「やってやるさ!チキショー!」とか、ボケか突っ込みかと言ったらボケキャラの役割ですよ。和月先生の武装錬金単行本コメントにおける「一般的には主人公は突っ込みよりもボケキャラの方が好感がもたれる」理論からすると、好感度アップです。実際台詞の機微に少年らしさが漂ってて今話のシンは好感度良かった。

 アレですかね、今の所「悪い連合をやっつけて賞賛される」という状態で、その賞賛を受け入れてるシンという描写からすると、シンの変化イベントの契機は「連合にもイイヤツがいる」と脳天にキタ時のような気がします。ステライベントはその辺りで使われるのかも。その場合既にそのシチェーションを通過済みのアスランがいるので、アスランと絡みつつ、前作のアスランとは違う形で成長していく……というのが話としては面白そう。

◇ゲルズゲー

 連合のバカモビルアーマー第二段。足やら手やら鬱陶しいなぁと思ってたら、見事アスランセイバーがぶった斬ってくれました。二刀流セイバー燃え。アスランの武器はいつだってロマン派なんだよ!

 ザムザザーには今一歩燃え度及ばず。やはりハサミとか、無駄チックな武器を使って欲しい。モーニングスターとか、そんなんが武器のMAを希望。  

 当ブログでは下のコメント欄で、閲覧者の皆様のコメント、感想を広く受け付けております。別に僕の感想と関係なくてもイイんで、広くSEEDの話題を書き込んでいただければ幸いです。トラックバックも積極的に受け付けております。気兼ねなくどうぞ。

前回の感想へ次回の感想へ