予想通り、前話の戦闘で変化した人間関係の回収回でした。アスラン−キラ&カガリが対立するように回収されるのは予想通りでしたが、何気にルナマリアが偽ラクス(ミーア)と本物ラクス暗殺について知ってしまうというように回収されたのが、予想外で面白かった。
 アスラン−キラ&カガリの対話は、何回も書いているようにミネルバサイドとアークエンジェルサイドの主張、正義の相対、対比が2クールのメインなんで、どっちが完全に正しいというようには描かないんですな。アスランの「戦場を混乱させただけ」とか「カガリは前線なんかに出ないでオーブで同盟を阻止するべきだった」とかは正論っぽくて事実キラ、カガリも明確に反論できないし、一方でキラの「偽ラクスは何?」とかにはアスランの方が反論できない。

 でも全体としてアークエンジェルサイド−ミネルバサイドの相対の視点から見ると、先週はアークエンジェルサイドどうよ?感を強く残留させて締められていたので、今週は逆にミネルバサイドどうよ?(というかミネルバサイドが信じる議長どうよ?)感の方を残留させて締めていたように思います。キラの議長を懐疑する台詞に合わせて、ルナマリアも信じてた議長がラクスを偽っていたことを知る、レイもべったりだった議長絡みの謎で苦しむ……という辺りを被せて締められていました。

 全体として対話のシーンは演出が満足。キラ−アスランの邂逅は夕焼け&BGM「あんなに一緒だったのに」で統一してる辺りが。同じように演出された前作39話が物語の末の和解の邂逅だったのに対して、今回は物語の末の再離別の邂逅というシチェーション作りも燃えます。

◇レイ

 まだ良く分からないけれど、訪れたのは人工的な生命体絡みの施設で、OPや遺伝子解析の専門家の議長にべったりという描写から人工生命体絡みの伏線が張られているレイは何かを感じて苦しんでいる……という状況なんでしょうか。そうなってくるとシンのポジションがイイです。ステラもレイも人工生命体、さらにはそのテーマでもっとも先を行ってるキラも人工生命体……と、シンは人工生命体と縁が深くなりそうです。素でレイを心配してる様子は「シンいいヤツ」感が出てていいんですけどね。序盤のレイの「お前の言ったことも正しい」で破顔するシンとか、案外シンとレイの関係性はしっかり描かれています。

◇ミリアリア

 この前のミーアを激写していた描写といい、今週のミーアが放映されるTVのシーンに被せてミリアリアが登場してくる演出といい、ミーア絡みの物語のキーパーソンになるっぽい。ただ、

 「今はまた、ザフトのあなたが?」(ミリアリア)

 って辺りから、今まで両サイドの外という位置づけのキャラだと思ってたんだけど、どっちかというとアークエンジェルサイドに近いキャラなのかもしれない。そういえばOPはアークエンジェルサイドに描かれていますし、フリーのカメラマンというのは「非所属」という意味でアークエンジェルサイドチックです。

 しかし、今作でのミリアリア−アスラン間の関係が普通に「昔の仲間」くらいの関係で始まってしまっていたのがやや惜しい。実はSEEDのテーマ的に重要な二人の関係、トールを殺したアスランをミリアリアは許した……という関係がこの二人の間にはあるんですが、その辺りの関係の機微は前作での共闘中か今作までの空白の2年間に回収されたことになってしまっているのが物語としてはやや惜しい。アスランにハイネ絡みでニコルを回想させたり、「憎しみの連鎖」再びか?っていうシチェーション作りをせっかくしてるので、少しそのテーマを色濃く担うミリアリア−アスラン間も描写して欲しかった。フリーのカメラマンをやってるというミリアリアの行動動機には当然トールの死も関わっていると考えるのが自然なので、なおさら。武力ではない力を持つ非所属の存在として、作り込もうと思えばいくらでも重要キャラとして作り込めるミリアリアだけに、今後に期待したい所。

◇ラクス

 「まず決める、そしてやり通す」(ラクス)

 前作の超越者ポジションとしてのラクスの行動をラクスの思想面から解体するかのような台詞です。前から書いてますが、今作では超越者ポジションから下ろされ気味になってます。だからこそ逆に色々張られている後半に行動を開始するかのような伏線に今から燃えていますが。

 ラクス−カガリについては前作では直接的に関係が描写されなかった組です。ゆえに、二人とも前の戦争で父親を失った共通点があるなんていうのは、こうやって演出してくれないことには気付かない場面でした。その辺りをキーにしてもいいので、この二人の関係ももうちょっとタメとして描写しておくとアークエンジェルが有する政治的な切り札二枚として二人が後半に物語に関わっていく時、面白さが増すかも。

◇今週の燃え描写

天使湯

 意味が分からん!

 当ブログでは下のコメント欄で、閲覧者の皆様のコメント、感想を広く受け付けております。別に僕の感想と関係なくてもイイんで、広くSEEDの話題を書き込んでいただければ幸いです。トラックバックも積極的に受け付けております。気兼ねなくどうぞ。(ただいまライブドア側の事情によりコメント欄に350字ほどの字数制限がついております、お気をつけ下さい)

前回の感想へ次回の感想へ