『ツバサ』や『XXXHOLiC』のトピックで当ブログではお馴染みの漫画家さん(漫画家集団さん?)、CLAMPが今週日曜日(24日)にNHKの「トップランナー」に出演いたします(ソース元:CLAMP公式サイト「CLAMP-NET.COM」)。せっかくなんで私的CLAMP語りを少々。
 実は僕は『ツバサ』と『XXXHOLiC』から入った浅いファン、CLAMPファンの中では最新の部類に入るのですが、その2つでハマって以来、古本屋に通うたびに過去作をチェックして少しづつCLAMPファン度をあげていっております。とりあえず今まで読了した過去作は、

 『カードキャプターさくら』
 『東京BABYRON』

 の二つかな。あと『20面相にお願い!!』が随分前に古本屋でゲットして以来、積んであります(笑)。

 これらの作品プラス『ツバサ』と『XXXHOLiC』を読んで感じたのは、縦横無尽、このイメージですね。

 『ツバサ』のようなストレートな冒険活劇少年漫画を描いてるかと思えば、『XXXHOLiC』や『東京BABYRON』のようなエラく思想色が強い作品も描くし、そう思えば『カードキャプターさくら』みたいなこれぞ少女漫画!みたいなヤツも描くという。されど、どれもこれもやっぱりCLAMP!みたいな。

 どの作品にも共通に感じる「面白い」要素っていうのは、ライトとヘビーが融合してる点かなと僕的には思います。さくらちゃん可愛い!雪兎さんカッコいい!絵が綺麗!のレベルでライトに楽しめる、ただそれだけでも一級なのに、随所に深く読もうと思えば読めるだけのヘビーな深みのエッセンスも込められているという。「なかよし」掲載の少女漫画の代表で、ライト路線の代表にでもなりそうな『カードキャプターさくら』でさえ、マイナーな価値観(多くは特殊恋愛の形(笑))に思う所ある登場人物達をさくらちゃんが「絶対 大丈夫だよ」の無敵の呪文で引っ張っていく様は一つの文学です。
 逆に思想色が強いヘビー風味が漂ってる『XXXHOLiC』、『東京BABYRON』なんかも、そんなにヘビーに読まなくても、四月一日くんと百目鬼くん萌えー、昴と星史郎さん萌えーとライトにも楽しめるという。

 ライトな魅力の重要要素は絵だと思うんですが、やっぱり僕的にはヘビーな魅力の重要要素である物語面を作ってる、シナリオ担当の大川緋芭さんに一番興味がありますよ。昨年のメディア初露出の『FRaU』のインタビュー記事なんかで少しは情報仕入れてるんですが、ヘビーな読書家ということで、思想、文芸チックな辺りの土台にはそのような膨大なインプットがあるのだろうとは推察できるんですが、一体全体それらをどうやってあれだけ面白い物語にアウトプットしているのか。その創出のプロセス、マインドに非常に興味があります。「トップランナー」ではその辺りを少しでも語ってくれないかなぁ。

 いずれにしろ番組を見終わった後で思うところがあったらまた記事を書きますので、CLAMPファンの方はデフォルトでチェック、普通の漫画FANの方はコレが海外でも高い評価を得ていて、今年は作品が二本立てで映画化までされる漫画界のトップ作家集団かー、くらいの興味で視聴されてみてはいかがでしょうか。

→昴と星史郎さんにクラクラ、とみせかけて衝撃のラスト

東京BABYLON―A save for Tokyo city story (1)

→僕的にはさくらちゃん−知世ちゃんカップルにクラクラ

カードキャプターさくら (1) 新装版 Kodansha comics


このブログの投票にご協力下さい。人気のブログを探すならコチラ、人気BLOGランキング