姉二人、甥4人が帰省している間に随分と我が家にマンガが増えました。そんな姉らも明日には帰ってしまうので、僕はしばらく残されたマンガでも読みながら徐々にいつもの生活パターンに戻していこうと思います。
 甥(中1、小学生×2、2歳)が僕の部屋に頻繁に出入りして集中できないので、姉らが帰省中は『ひぐらし』を封印してのんびりとマンガを読んでおりました。姉らの帰省中に我が家に増えたマンガは以下。

榛野なな恵『Papa told me』

 8巻まで古本屋でゲット。これは僕の購入。ずっと古本で狙ってた私的バイブル漫画なんでホクホク。「自由で創造的な父子家庭」というのがキャッチフレーズで出てくるんですが、コレはイイですな。「自由で創造的な介護生活」とか、応用して自らの指針にしていきたいです。この漫画に関しては実際に大いに影響を受けたい。

羽海野 チカ『ハチミツとクローバー』

 最初の方をゲット。これは姉の購入。またしても僕もチェックしたかった話題所を姉経由で無償でゲットしてしまいました。もう、○○ちゃん(姉の名)大好きだ。ゆっくり読みたいと思います。というか、この前の姉の帰省時に置いていった、『NANA』をまだ読んでないんで、そっちの方も崩さないとだ。

矢吹 健太朗『BLACK CAT』

 WJ空白時代を埋めるために大学時代に途中まで買ってあったんですが、意外と甥に好評だったんで(ジャンプスーパースターズの影響もあるみたいですが)、最終巻まで古本屋で購入。僕も終盤の「意志を継ぐものがいる以上クリードはサヤを殺せていない(概意)」という理屈でトレインがクリードに反論する辺りは好きなんで、後で読もうと思います。

 ◇

 なんか、非常に散財してる感じですが、姉の帰省中は僕の自由時間も多く(姉が介護と家事をやってくれるので)、時間を利用してこっそり稼がせてもらってたのであんまし問題無い感じです。てか、株価上がってますな。経済関係にアンテナ張ってると総選挙もまた違った視点で見えてきたりもします。そんなファイナンシャルな話絡みで、

金持ち父さんの子供はみんな天才 ― 親だからできるお金の教育

も古本でゲット。

 まだ先の話ではありますが、将来的には教育関係の活動をやっていきたいというビジョンもありますね。長期的に世の中を好転させていくには「教育」が重要と、高校時代に尊敬していた先生に教わってからずっと心の片隅にあるビジョンであります。

 そんなこんなで、姉が帰ってしまうのは非常に残念なんですが(本当に楽だったんで。まとまった睡眠が取れる幸せ)、増えた書籍でも読みながらまたいつものペースでやっていこうと思います。


現在の人気blogランキングをCHECK!