アニメ版特有の、サクラをプッシュしたオリジナル色の強い1話。放映が始まった当初から言ってますが、アニメ版は原作よりもサクラの存在をプッシュしていて、原作にはないオリジナル要素として色々とサクラ絡みのエピソードを追加しています。
 というかこれまでオリジナル要素はほとんどサクラ絡みじゃないですかね。メイドのカッコさせられて、プロモーション挿入歌歌わされてと、新人アイドルばりにプッシュされてます。

 それでもオリジナル要素はサクラのココロ再獲得物語を踏まえていて原作への愛を感じられるので好きです。序盤の阪神共和国編やナユタヤ国編では、まだ羽が集まってないのであまり明るい人間味を出せないという制約があったため、神秘ベクトル、聖女ベクトルでのオリジナル話が挿入されていたんですが、今回の桜都国編のように羽がだいぶ集まってきてサクラが内面的にも明るくなってきてからは、自分から自分のためにカフェで情報収集するという人間として地道で能動的なベクトルでのオリジナル話が挿入されるようになってます。このように同じオリジナル話を挿入するにも、サクラのココロの段階を考慮してその質を変えているのが中々丁寧だなと思い、未だ原作ファンの僕も負荷なくアニメオリジナル話を視聴できております。サクラ可愛いんでサクラプッシュは全然OKだし。

◇時が来るまで鞘から抜くな

 まあ当然桜都国編のうちに「時が来る」ワケで、その時を盛り上げるための何気ない“タメ”の台詞です。本当クライマックスで来るんで、小狼くんの初抜刀シーンは今から楽しみ。

◇桜都国の謎

 原作のように最後にサプライズで明かす形じゃなく、かなり分かりやすい形でこまめに絵で明かしていっちゃうんですね。でも答えを知らない視聴者からすると、最後の謎の女性のシーンとか、本当謎が謎を呼ぶ感じでイイさじ加減なのかも。

◇次回サブタイ「鬼児のスガオ」

 公式の次回予告より、「もう一度「白詰草・四」を訪れたファイと黒鋼は織葉との接触に成功」の一文。前回では黒鋼とファイの織葉さんとの接触がカットされてしまうのか心配してたんですが、どうやら原作とはタイミングをずらして無事接触する模様。「しあわせになりたい」の歌に関する二人の語りのシーンを是非とも入れて欲しい所。

→予約開始
ツバサ・クロニクル Vol.3

ツバサ・クロニクル Vol.2
→既巻
ツバサ・クロニクル Vol.1

「ツバサ・クロニクル」 オリジナル・サウンドトラック Future Soundscape II(初回限定盤)


現在の人気blogランキングをCHECK!

前回の感想へ次回の感想へ
『劇場版 ツバサ・クロニクル』の感想へ