昨日(今日)の夜のことですが、ラジオを低音量で聴いてると眠くなってくるという技を発見。今日はこの方法を使ってなんとか夜のうちにまとまって眠りたい。
 ながらで気楽に聴けるのがラジオのいい所ですね。TVは感想書いてる子供向け番組とニュースくらいしか見なくなって久しいので、横になりながらBGM代わりにメディアに触れるというのは久々の体験なんですが、これがほどよく気持ちいいです。内容はほとんど聴いてないんですが、たまにかかる洋楽が心地よかったり、喋ってる人の声が優しかったりで、やすらかな気分に。そういえば大学の序盤くらいまではたまにラジオ聴いてたや。あの頃はこんなに調子悪くなかったのを考えると、ラジオ、結構自分にとっていいように作用してたのかもしれない。

 ◇

 今日はなんとか一時間ちょっと修論の作業をやる時間を捻出しましたよ。これを積み重ねていけばなんとか期限までに……と思うんですが、僕の体調と修論作業を考慮して、10月からヘルパーさんの日にちを増やすことを父親と相談して決めました。今までより週2回多く来て貰うことにしました。金銭的にそんない余裕があるわけではないんですが、僕の食事準備と家事の負担がやわらぐのはこの時期に意味があるだろうということで決行。正直助かる。姉が帰省してきていて介護、家事を全部やってくれていた時は体調もまずまずだったので、少なからず関係あると思うんで。

 ◇

 『無敵看板娘 14巻』を購入。

 第144話「知らぬ間に汚れていたよ」はかなり好きな話です。戦隊物オタクの太田さんが、大人向け小ネタ、イケメン俳優、色気シーンなどの要素が豊富の新シリーズに最初拒否反応を示し、物語を経てそれを昇華し、そういうフィルターを外して面白さに気づく……という話なんですが、平成仮面ライダーシリーズなんかをはじめ、現実の子供向け作品に絡んでも示唆する点が多い話です。

 ただそういう内容よりも、細かい人間関係描写がこの回は光ってて好き。美輝の「友人が心の拠り所を失ってしまったんだよ」とか(太田さんの心の拠り所特撮かよ!美輝ちゃん太田さんのことちゃんと「友人」だって認識してたんだ!)、ブツレンジャーのビデオを真っ先に権藤さんに頼る太田さんとか(太田さん−権藤さんは微妙にカップル伏線アリ)、そういう部分が好き。お寺の住職さんも重要な役割で再登場したり、町とそこに住む登場人物間の関係がみっちりと描かれているとても面白い1話だと思うのです。

 ◇

AIR 6 初回限定版

 とか、マーケットプレイスに注文していた『Papa told me』とか届いたんだけど、手をつけるのはもう少し先になりそう。体調、リズムと整ってる時じゃないと娯楽も今イチ楽しめないんで。


現在の人気blogランキングをCHECK!