ブログネタ
ツバサクロニクル に参加中!

 起承転結でいえば、桜都国編の「転」の部分に話は入ってきてますが、そういうの関係なく萌え要素に反応してみました。
◇私服、花飾り帽子のサクラ
 アニメオリジナルってわけじゃないんだけど、カラー絵、動画で見れて可愛かったです。まだまだ荷物持てると言うサクラに、その後の一生懸命タネをこねるサクラといい、一生懸命自分のできることをやるようになったサクラが可愛いです。羽が少ない時の虚無状態を知ってるだけに、なおさら一生懸命さが可愛く映ります。

◇お使いに小麦粉を頼まれる黒鋼

 こっちも可愛かった。ファイが一行の母親役、黒鋼が一行の父親役というのは原作のCLAMPさんもインタビューなんかで仰ってることですが、それゆえに母親にお使いを頼まれる父親みたいな構図で微笑ましいです。

◇小狼と龍王の友情

 こっちは萌えたというより燃えた。いや、やはり萌えたか。まだ知らない強さに出会えるのが嬉しいという龍王と、まだ知らない不思議や知らない何かに出合うのが嬉しいという小狼と、深い部分で意気投合。そのために「強くなる」という部分でも意気投合。こういう深い所で求める者が一致する友人というのは羨ましいです。現実では中々得難いんで。それだけに二人の関係が燃え(萌え)。桜国編のラストにいまから期待です。

◇白詰草にてのファイと黒鋼の述懐

 ちゃんとやってくれて良かった。しかも、織葉さんの歌が、原作仕様でこの会話へと繋がるという豪華っぷりです。「どこかへ行きたいなら自分で行けばいいだろう」という黒鋼と、「連れていってくれる人を待っていた」というファイ。この辺り、ファイの言葉の真意はまだ原作版でも読み切れない部分なんですが、ファイ、なにかしら秘めたる男であるのは確かです。今後描かれるであろう過去がばっちり絡むエピソードに期待です。その時黒鋼が力になる……なんて展開だと、こういう積みかさねのファイ−黒鋼間の人間関係描写が生きてくると思うんで。

◇小狼と星史郎さんは定番のコーラスで再会

 桜国編のみならず、『ツバサ』の物語全体でも重要な再会です。さすがに盛り上げてくれます。

◇次回サブタイ「消せないキオク」

 星史郎さんとの接触を経て、小狼くんがメンタルに落ち込む回です。それを励ますサクラちゃん。物語当初は小狼→サクラで守られ要因だったサクラが、物語を経てサクラ→小狼と励ましたりの関係へ。この変化も、『ツバサ』の好きな部分です。

→予約開始
ツバサ・クロニクル Vol.4
ツバサ・クロニクル Vol.3

ツバサ・クロニクル Vol.2
→既巻
ツバサ・クロニクル Vol.1

ツバサ・クロニクル(2人・B) 2006年度 カレンダー

ツバサ・クロニクル(4人・A) 2006年度 カレンダー


現在の人気blogランキングをCHECK!

前回の感想へ次回の感想へ
『劇場版 ツバサ・クロニクル』の感想へ