というわけで、本日発売のコバルト12月号より、コバルト文庫1月刊の新刊として『マリア様がみてる 未来の白地図』が刊行されるとのこと。まんが王倶楽部さんのソースによると12月22日発売予定のようですね。個人的に修論の提出日です。たぶん、その頃は余裕で提出し終わっていて、まったりと2回くらい読む運びとなるはず。未来の白地図!
 もう一つのマリみてニュースの方は、アニメ版「マリア様がみてる」3rdシーズンがOVA化とのこと。ただ、アニメ版はチェックしてなかったんだよなぁ。茨城にいるときに1stの第1話だけ見たんですが。あの頃はこれほど(主に小説版に)ハマることになろうとは思わなかったなぁ。僕的には、とりあえず原作に忠実で、かつ寝ながらとかまったり聴けるドラマCDが順次刊行され続けるみたいなんで、そっちの方を狙い。

 あとはまだ早いですが、次号予告より、1月18日発売のコバルト2月号に今野先生によるマリみての読切が載るみたい。去年は12月号に載った蟹名静さまの幻像ユラユラクリスマス読切にクラクラときたものですが、今回はヴァレンタインエピソードの模様。こっちの方も今から楽しみ楽しみ。15歳でノベル大賞の佳作に入った真朝ユヅキさんの作品も掲載されるみたいなんで、そっちも含めて次号も楽しみ。今号はこれから読みます。現代劇が少なめでちょっと残念な感じ?

 ◇

 小説誌関連で、ファウストVol.6はどうしようかなー、同じくまんが王倶楽部さんのソースより、奈須きのこ氏と竜騎士07氏の書き下ろしが載るみたいで、少し前なら激しく飛びついた所なんですが、体調不良モードが顕著になってからこの二人が書くような刺激が強いのを読むと具合悪くなるようになっちゃったんだよなぁ。ひぐらし罪滅し編もスゲー怖い所でストップして以来放置したまま。2週間くらい好調な時が続いたら再開してみようとか思ってるんだけど、中々回復しないまま今日まできてしまいました。最悪もうファウスト曰く新伝綺モノには手を出さなくなるかも。面白いんだけどなぁ。

 ◇

 修論ほぼ書き終わりました。あとは参考文献を整理するくらい(これが結構大仕事なんですが)。提出してみて、アドバイスされた箇所を修正やら加筆やらして本提出という運びになるでしょう。早めにこの段階までこれて良かった。いよいよ、次の活動の方に目を向けられますよ。

Cobalt (コバルト) 12月号 [雑誌]


現在の人気blogランキングをCHECK!