ゴー!ゴー!ジャンプ、BLACK CATだけ立ち読んで参りましたよ。あとは手元に何故か『苺ましまろ』が。そんなバカな!
◇GO!GO!ジャンプのBLACK CAT

 時系列的に連載最終回時より少し後くらいを舞台とした、日常話みたいな一作。謎の行動を取るイヴを、トレインとスヴェンが追跡。二人の視点からたっぷりとイヴを描写という、イヴ万歳!みたいな、まったくもってBLACK CATとして正しい読切でした。

 でも、やっぱイヴってキャラは魅力的だと思いますよ。今回も書店で立ち読みしてるイヴとか、そんな何気ない描写で、あー、こういう本好き少女設定が好きで初期のイヴ好きだったなーなんて思い出しましたもん。

 矢吹先生はBLACK CATの最終巻のコメントでいつか機会があればBLACK CAT第二部を描いてみたいと明言してますし、他の作品にトレインやイヴをゲストキャラとして登場させるのもアリ、そういうのも漫画のオモシロサ、みたいなことを言ってるんで、アニメも放映中で旬ですし、またこんな形でトレインやイヴが出てくる漫画を読む機会があるかもしれませんね。イヴ好きなんでそれは歓迎かも。

 てか、僕の所では放映してないアニメ版がちょっち見てみたい。僕と趣向が似てると思ってるサイトの管理人さんが結構面白いーみたいに言ってるんですよね。動画でイヴ。捨てがたいです。

◇かわいいは、正義!/ばらスィー『苺ましまろ』1巻

 か、買っちゃった!

 これはスゴイっス。感動巨編とか大爆笑コメディとか、全然そんなんじゃなく、メイン登場人物のかわいい美少女4人の日常をただただ淡々とつづってる話を、読者はかわいいなー、かわいいなーとホワホワしながら鑑賞し続けると、そんな感じの漫画です(で、いいよね?)。漫画に興奮とか刺激とかを求めてる人は間違っても手をだすな!って感じです。

 笑いも爆笑って感じじゃなくて、せいぜいクスリ……くらいな感じなんですが、でもだからって笑い度が低いとは否定できない。こういうかわいい娘にホワホワしてるだけの漫画があってもいいじゃない!みたいな感じ。

 キャラの可愛さを日常の中で上手く引き立たせるために、日常のちょっとした描写にはこだわってる感じです。伸姉が風呂に入る前に缶ビールを冷やしておくとか、そういう日常的な行動にちょっと共感しつつ、それをやってるのがかわいい女の子だからそれでイイじゃん!みたいな。

 巻末の単行本刊行に至るまでの経緯を描いた部分がステキですよ。雑誌のロリロリイラストコーナーに投稿し始めたのをきっかけに、あれよあれよとここまで来たという。「…子供が描けりゃ何でもいいんだ」という作者の語りがステキ過ぎます。それ、いいよね。ライフワークというか、自分の好きなことやってたら仕事になって、結構大きな流れを生み出しちゃった(アニメ化してる作品です)みたいな。ロリロリイラスト描きでも、ライフワークを持って形にしている人には憧れます。それ、いいじゃん。スゴイことじゃん。

 って感じで小さい少女が好きな人は楽しめると思います。もっと生々しく言っちゃうと、ロリコン属性がある人は買い。

◇今日は

 自転車こぎながら幸せについて考えてましたよ。これでいいのか、自分、みたいに考えることがあります。まあ、誰だって幾度と無く考えてしまうことでしょうが。幸せになろう、オフィシャルな野望(宇多田ヒカル「幸せになろう」より)って感じですね。

 ◇

 今日はこれから晩ご飯作りマース。

BLACK CAT Vol.1

苺ましまろ 1 (1)