ブログネタ
今週の週刊少年ジャンプ に参加中!
 ロビン過去編がやっぱりいいです。基本はバトル少年漫画なんだけど、歴史の謎に迫るという物語からはどことなく格調とか上品さを感じさせます。
●アイシールド21

 文句なく面白かったです。オールカラーという視覚美だけで大満足なのに、ちょこちょこと全国編スタートにあたり泥門キャラがイメチェンしてたりするのを探す楽しみがありました。ムサシの髪型とか、あえて作中で言及してないのもウォーリーを探せ的な楽しみを読者に味わって欲しいという意図からだと思います。
 そして初戦神龍寺ナーガのサプライズ展開で引き。これは楽しみです。アイシの一つのテーマである「天才VS凡才」、その天才サイドに邪悪に君臨してるのが阿含なワケですが、天才に凡才が対抗するための解答は、一点特化の努力プラス仲間との協力パワーと、東京大会編で既に十全と描写されてると思うんですよね。あとは独我の天才に如何に協力パワーが打ち勝つのか。そのプロセスを熱く見せて欲しいです。また試合前に必ず入る敵チームとの因縁深めパートも楽しみ。阿含は何しろ作中で「悪」と称される男ですからね。多少の極悪行為が見られるかもしれません。老人(ドブロクさんあたり)にボールをぶつけるとか。テニプリでやってましたが。

●BLEACH

 限定解除で圧倒。主人公サイドには実は制約があった。それゆえの苦戦だった。ドラゴンボールの「実は重い衣服を着ていた」に通じる、一つのカタルシス演出です。久保先生の限定も解除して、女性キャラの露出度などを上げて下さい。
 たまに別に限定されても何でもないのに今の自分は様々な制約ゆえに本来の力が出せてないんだと呪詛を語ってる人も多い世の中なので、本当に限定解除で活躍できる様は爽快です。今、ちょっと俗世の毒吐きが入った。

●ONE PIECE

 トムさんの時の「自分の作ったモノにはドンと胸を張れ(概意)」と同じ事をクローバー博士も言っていて、全てはトムさんの言葉に収斂してきそう。正であれ負であれ、自分で作ったモノは受け入れて進んでいけというように、正の歴史であれ、負の歴史であれ、真実なら飲み込んで進んでいくべきだという。この辺りが、考古学者として過去を尊びながらも自分の過去に関しては感情が負のベクトルにいってるロビンを救うきっかけになるのかも。そんなロビン自身の過去も飲み込んで進んでいけるようになる、みたいな。こじつけすぎかもしれませんが、負の過去を飲み込んでの未来志向というのはばっち剣心イズムです。もと和月組としてのスピリットがちょっち現れてる箇所かもなんても思ったり。
 あとは失われた王国の思想が楽しみですね。そこまで警戒する思想って何よ。しかも作中的には是の思想っぽいです。単純にDの一族が持ってるような夢追い思想、そのためには反体制をも厭わない思想かなぁ。

●こち亀

 異なるカテゴリに属する人同士の相互交流モノの視点から見ると、金持ちカテゴリの人と貧乏人カテゴリの人との相互交流モノをずっとやってるともとれるこち亀です。段ボールで新年を迎える両さんと、大統領級セレブの中川が友達というのが、やっぱ超超超期連載を支えてきた一つの面白要素じゃないかなぁ。この前の1万円ショップと100円ショップの話で勝ち組負け組について言及してたりしましたが、秋本先生の場合はそういうので真剣に思い悩むんじゃなく、どっちの組もコメディ化して笑いにしちゃえいというような楽しませ家(造語)としての余裕を感じます。3桁のコミックスを販売するにいたるほどにライフワークと化した連載持ってる秋本先生は最近の新語で言えば価値組って印象を受けますし。
 本編は両さんがサインした契約が当たりだったのがちょい意外で面白かった。いつものパターンだと、そこで損失被ってストーリーが展開しそうじゃないですか。

●家庭教師ヒットマンリボーン!

 完全にバトル漫画の最終決戦ノリです。最終回含む最終章の話だったら良いんですが、これ、これ終わった後もダメツナ君視点の日常コメディパートに戻れるのかなぁ。もう、ダメツナじゃないじゃないですか。作中最上の高みにいる男になってしまいましたよ。もしかしたら日常パートには戻らずにマフィア云々の大きい話が主流になっていくのかも。それはそれでアリですが、その非日常パートには是非ともハルちゃんも連れてって下さい。
 ギミックとしての死ぬ気の炎、グローブから噴射して推進力にして高速移動……なんて当たりは好き。

●FOREST

 「一般」、「普通」の共同体の負の部分に抗う存在としての異端の者同士の交流話という、現代劇だったら榛野なな恵さんの作品的な作品。好きなタイプの話だったんですが、内水融先生悲劇エンドが好きだなぁ。物語性を追求して悲劇に辿り着く話の他に、ほわほわ日常パートで魅せる話なんかも読んでみたい作者です。マリィが可愛かったんで、女の子の日常ホワホワパートでキャラ人気を狙うような作品も書いてみて欲しい。ジャンプではキャラ人気掴んだもん勝ちな所がありますし、そういう土俵でも勝負できる素地(可愛い女の子とか)は持ってるような気がします。

●タカヤ−閃武学園激闘伝−

 場内でのバトルは特にタメてる伏線(タカヤが新しい技を開発してたとか)が無いので、花房春歌ちゃんの伏線がある場外の方の要因が決着に影響しそう。春人は極悪に見えて実はシスコンを希望。渚ちゃんとのヒロイン対決を妙な司会の娘に持っていかれた分、春歌ちゃんにはこの辺りで頑張って欲しいです。お兄ちゃん!みたいな感じで。

●テニスの王子様

 一点特化よりも何でもできた方がスゴイだろとばかりに必殺技乱舞。斉藤一が牙突一本を極めてたのと対照的。牙突関係で下克上等が技名だったのに驚いた。かけ声、っていうか意気込み表明みたいなものだと思ってた。

●魔人探偵脳噛ネウロ

 外人の人の銃撃で指から血流した辺りが弱体化伏線だったんだ。ネウロと弥子の交流話、というかちょっと特殊な絆を作りあげていくプロセスを描いているのがネウロに一つあると思うんですが、現状ではネウロが余りに高みにいるんで少しネウロの方を下げる感じでしょうか。強いネウロに命じられて嫌々従ってただけではなく、今度は弥子の方から弥子の意志で優劣ではない弥子自身の特性でネウロを助ける場面も出てくる……なんて展開だと熱い。既にそういう話ができるくらいまでに二人の関係の発展過程は描かれてきてると思いますし。しばらくは弥子パワーアップ展開と予想。

●べしゃり暮らし

 辻本と辻本の元カノとを接触させるおせっかい計画、デジタルきんぎょの顔は知らない……など、圭右と辻本が衝突してしまうような展開への伏線が張られておりますよ。中々、スムーズにコンビ結成でめでたしめでたしとはいかないようで。
 さらには親父の芸人嫌いという家庭の課題を克服して圭右はお笑いの道へという夢追い話に入っていく流れなのかな。これは夢追い話が多いジャンプではしょうがないことなのか。最近は、逆に夢追いをやめてソバ屋になります!的に決着する、家庭、日常へと留まる類の話も素敵だと個人的には思ってるんですが。

ONE PIECE COLOR WALK3~LION


以前の感想へ次回の感想へ