ブログネタ
今週の週刊少年ジャンプ に参加中!
 タカヤがタイトル変更したのを見て、エ、そーゆのアリなの?じゃあオレも!と澤井先生が思ったかどうかは分かりませんが、ボーボボが真説ボーボボに。タカヤが作品のジャンルまで変わったのに対して、ボーボボはジャンルは変わりませんが。というかボーボボのジャンルって何?
 新連載陣告知を見てテンション上がってます。ちょっと、ジャンプ熱上がってくるかもだ!
●新連載陣告知

 ジャンプ歴長いせいか、いきなりの新人が来るよりは、前作を知ってるベテラン作家の新連載が来る方がテンションが上がります。やっぱりちょっとでも知ってるというのは大きい!
 このワクワクは『テコンドー漫画(名前失念)』、『ごっちゃんです!!』、『武装錬金』、『風天組』のラインナップが発表された時以来かも。あの時のラインナップも今では一作も残ってませんが、それでもベテランラインナップは楽しみだ!

・いとうみきお「謎の村雨くん」

 その頃体調悪かったのか、読切版を見逃してるんだけど、僕的には『グラナダ』のいとうみきお先生です。『グラナダ』はわりと短期間で打ち切られちゃったんですが、個人的にツボな科学モノがヒットだったんで僕はエールを送りつづけていた作品でした。バトルよりも科学ネタを生かしたちょっと深みのある話が好きだったんで、今回もバトルよりそんな方向の楽しさを期待。読切版見てないんだけど、忍者だよね?村雨くん、忍者だよね?

・矢吹健太郎・長谷見沙貴「To LOVE る−とらぶる−」

 矢吹先生復活ッ!
 とりあえずヒロインメインな予告カットですが、果たして「矢吹先生はモエ漫画を描けば最強かもしれない説」を検証できるような作品になるのか否か。飛んでるヒロイン&巻き込まれ型主人公=「トラブル」……な話なのか?と予告カットとタイトルからは思わせられるんですが、タイトルに入ってるLOVEは間違いなくLOVEだと思うので、果たして恋愛要素アリの作品の可能性は大です。これは望む所だ!これダミーじゃないよね?「ごっちゃんです!!」みたいに予告カットでつっぱり不良漫画と思わせておいて実は相撲漫画だったッ!みたいなオチは無いよね?

・叶泰弘「エム×ゼロ」

 これは読切も読んでた!色気ばっちり漫画です!
 というかやっぱり『プリティフェイス』の叶先生という印象です。『プリティフェイス』も雑誌の看板漫画にはならないんだけど、手堅い中堅漫画としての実力派って感じで大好きでした。いちごとプリフェが両方載ってたあの頃のジャンプは今思えば凄かったな!勿論、プリフェに読み切りにと、同じ路線で期待!

●真説ボボボーボ・ボーボボ

 今イチハジける気分にならなくて、ボボ八先生の辺りから読み飛ばしてたんですが、今回久々にハジけたくなって読んでみました。しばらく読み飛ばしても普通に楽しめるノリはスゴイです。「今ハヤリの最新バトルシステムでいったー!!」のとこが面白かった。戦闘コマンドにさりげなく「ユウギオウカード」がある細かい所とか。
 全体としては、へっくんとビュティなんかにスポットを当てつつ、へっくんの救済が目的になってる、ハジけた中にもほんのりとイイ話を入れてるテイストでしょうか。イイ話なのに!と思わせておいて、ハジけギャグで落としてこそボーボボですが。

●ONE PIECE

 そげキングの「弁護士を呼んでくれ」は、司法の島に殴り込んでるのにそんなこと言ったって!という突っ込み待ちのギャグです。シチェーションギャグ!

 チョッパーのバトルは相変わらずの弱者が強者を倒すテイストで燃え。戦闘力のハンデを知略でカバーするタイプのナミとはまた違って、戦闘力のハンデをゴリ押しでノリ切る感じのチョッパーバトルも好きです。

●銀魂

 いちご100%ネタ!もて王サーガにメゾン・ド・ペンギンにと、ギャグ漫画でネタにされまくってます。終了してからだいぶ経つんですが、WJ作家達はホントいちご100%が大好きだったんだなと思わせられるハートフルな現象です。本当偉大な作品です。
 ラストは燃え。強さだけは認めてるゆえのチーム結成。ものスゴイ感動を呼び起こせそうなシチェーションなのに、ギャグっぽくまとめてる所が銀魂チックでステキ。

●メゾン・ド・ペンギン

 10週打ち切りはないでしょ。

 ついに運命の10回目!次号、「卒業式」へ

 打ち切り最終回かも?っていうネタに、(一応)マンションモノなのにサブタイ「卒業式」で学園モノだったのかよ!と突っ込み待ちと、二重にネタを仕込んでます。欄外が結構面白いメゾン・ド・ペンギンです。

 それにしてもツキミちゃんは怖い。無意識に自己弁護してる所にぐさりと真実を突きつけられるのは効きます。ツキミちゃんを読んでダメージを受けた無職の人多数(笑)。それでもバカ彦くんをはじめ、どうしようもない人ばっか出てくるこの漫画の中にツキミちゃんがいるって部分がギャグになっててイイ所ですが。

●BLEACH

 一護の(多分一時的な)パワーアップ完了。ますます織姫、チャドらが追い付くのが困難な状況に。チャドの「一護と肩を並べて戦いたい」という物語は回収できるのか不安になってきます。チャドに限らず、サブキャラの中でもそれぞれ物語が与えられてスポットが当たってるキャラの、物語が全部回収されるかどうかで完成度、完結感の観点からの作品のクオリティーが変わってくると思います。雛森物語の日番谷、ギン物語の乱菊、ルキアへのコンプレックスの織姫……とか、まだまだ回収されてないサブストーリー多数。サブキャラ人気もBLEACHヒットの要因だと思うので、一人一人丁寧に決着をつけてやって欲しいなぁ。

●アイシールド21

 雪光の一点特化は「見る」こと。再弱の雪光に最強の阿含&一休が襲いかかるラストのVSコマは燃えます。VS演出は今まで沢山あってアイシの代名詞ですが、これまでで最燃えの勢いです。
下位  さらっとヒル魔の台詞で語られてた部分ですが、僕的に見開き大ゴマで語ってくれても良かった台詞が、ヒル魔の、

 「テメーの机にかじりついてた17年は無駄じゃねー」

 の台詞。

 こういう、途中で自分の意志で道を変えたんだけど、変える前に一生懸命やってたことも次の道で生きてくるという話がスゴイ好き。ドラクエで転職しても前の職の能力が生きてくるとか、そういう話すごい好き。無駄にはならないからその時その時頑張れるんだと。天才VS努力の凡才という図ですが、さらに凡才がなんで努力できるかってとこまで突き詰めていくとこの部分に集約されていくんじゃないかなぁ。

●ミスフル&タカヤ

 新連載陣が発表されたことで、昔だったらそれと入れ替わる作品は?というトピックで盛り上がる所なんですが、休載が多い現状だと、休載の穴埋めだけで新連載枠埋まっちゃうんじゃん?という可能性もあり、今イチこの辺りの掲載順位下位層の動向が読めません。ミスフルはストーリー的に終盤も終盤で、あと週数で綺麗に終われる状態なんで入れ替わり終了ありそうなんですが、それ以上に掲載位置下位のタカヤはノリノリで新展開という不思議現象。先週タカヤのクラフトのモルゲンゾンネなる「炎刃」が出てきたんですが、「炎刃王」なるサブタイを全て回収するにはさらにタカヤが王になるまでが描かれないといけません。さてはて。

→エクセレントモデルBLEACHシリーズ


乱菊さん
ルキア
一護
夜一さん


現在の人気blogランキングをCHECK!

前回の感想へ次回の感想へ