ここ数巻は毎回最後の数ページになってサブタイの意味が明かされるんですが、今回もそんな感じです。サブタイと本筋との絡め方とか、数本のテーマが絡み合いながら同時進行とか、「黄薔薇、真剣勝負」のラスト2行とか、全体的に、お、緒雪先生おそるべし!という一冊でした。
 以下、「続きを読む」で、相変わらずの長い(笑)ネタバレ感想です。
 少女創作ブログで続きを読む