ブログネタ
今週の週刊少年ジャンプ に参加中!
 すまぬ、水着を描いてるWJコミックスが他に見つけられなかったので、今週のAmazonキャッチイラストは何の脈絡もなく『未確認少年ゲドー』4巻で。
 水着集合カラーヒーロー&ヒロイン表紙。管理ペンさんとツキミちゃんという無難な『メゾン・ド・ペンギン』がまだまだギャグスピリットが足りないと思いました。ここは大仏くんとツンエロ委員長くらいにしなきゃ。弥子を外してアカネちゃんをもってきた『ネウロ』の方にむしろギャグスピリットを感じます。
●秋アニメ速報

 アレンの絵カッコいいな!夕方6時枠だし、これはブレイクするかも。
 『武装錬金』アニメ版の方は、今回初出(たぶん)のまひろの絵が可愛い。これで声が平野綾さん(涼宮ハルヒ役など)ですよ。これは可愛いすぎるかも。まあ、どっちも、地域的に僕は見れないんですけども(少し涙目で)。

●ONE PIECE

 先週の感想であるかもと書いてた巨大脚と巨大胴をさっそく披露。出し惜しみをしません。基本技を出し惜しみしないとなると、今までボス級を倒してきた決めの必殺技のギガント版が最後に炸裂する感じかな?ゴムゴムのギガントストームッ!みたいな感じで。

●To LOVE る−とらぶる−

 表紙及び本編にて、春菜含む仲良し3人組の存在、つまりは春菜の他二人の娘がモブキャラじゃなくて正規のサブキャラと判明。金髪?の娘がエロいです。この娘も脱がされたりするんだろうか。脱がされたりっていうか、既に今回で全裸披露してますけど。あとは乳首券の発行に思いを馳せるくらいしかありません。マガジンの瀬尾先生(『涼風』の人)くらい弾けるのはジャンプでは難しいんでしょうか。是非矢吹先生にパイオニアになっていただきたい。
 仲良し3人組の中には眼鏡っ娘も用意。ぬかりはありません。ぬかりはないっていうか今回はすごい。臨海学校篇第一回から裸祭りです。水着より先です。普通順番逆だよ!

●メゾン・ド・ペンギン

 やっぱり大仏くんが面白いよ!

 あとはタモっちゃんロン毛がウケた。工場員に落ち着くまでにどういう風に暮らしていたのかに興味が沸きます。是非3週くらいかけて過去編を。

●D.Gray-man(ディーグレイマン)

 アレンの新(真)イノセンスは「神ノ道化」。アクマを救済するのも久々で、人間(白)とアクマ(黒)の両方の救済を目指すグレーの決意を固めたアレンの燃えエピソードなんですが、「道化」の辺りにまだ何か吹っ切れないモヤモヤを感じます。「今キミの心は満たされてくれているのだろうか」というバクさんの見解といい、最後のシーンのアレンの笑顔もどこか切なくて孤独な感じにも取れるのといい、もう一つアレンにはステップアップがありそうな気が。単純に、仮面が取れて道化じゃなくなるエピソードがまだ残ってるんじゃないだろうか。たぶん、それまで最燃えはおあずけと解釈。

 これにて白か黒かのテーマも、アレンの居場所探しのテーマも一区切りついたので、次回以降は物語も新たなステップに移行しそうです。

●ムヒョとロージーの魔法律相談事務所

 全裸の徹底抗戦を見せた「To LOVE る−とらぶる−」に少しでも対抗すべく、水着披露を慣行。ただ、水着になったのはロージーです。ア、アピールする層がちょっと違いますよ、西先生!

 本編は読み切り〜序盤を思わせる、霊絡みの事件を通して絆を深めるゲストキャラ達、最後にちょっぴり救いも与えられる霊……と、初期のムヒョロジテイスト全開で面白かったです。

●太臓もて王サーガ

 「木嶋ドーン」→「一反もめんに呼ばれてるんじゃないんだぞ」の所でありえないくらい笑ってしまった。

 すみません、全然感想になってないんだけど、めちゃめちゃツボに入ってしまってとにかく笑った。メイン読者層、鬼太郎見てた世代じゃないのは勿論だし、ましてやいったんもめんの口調の語尾まで覚えてる人少ないよ!なまじその少ない読者にジャストミートしてしまったのもあって、とにかく笑った。

●斬

 つ、月島さん、鞘と鍔ピンクだー!とカラー絵だけでお腹いっぱいになってしまいました。

 WJ史上最高の剣劇漫画と言ってよい『るろうに剣心』の完全版販促ページの後に『斬』が掲載されてるのに作為を感じてしまう僕は心が汚れてしまいました。月島さんじゃ薫に勝てないよ。月島さんは殺りにくるから活人剣の薫はキツそうだけど。今、ルフィとナルトはどっちが強い?的なお子様な話題を口にした自分がいた。

 本編は王道の、一旦戦って、友情を深めて仲間になるパターンのお話。こうやって校内で仲間を作っていって、ある程度仲間集団が出来てから、校外の悪役剣客集団とのバトル篇に入って行けたら……みたいな作劇は基本に忠実で好感が持てますが……そこまでいけるかなぁ。

●謎の村雨くん

 打ち切りモードに入り始めた印象ですが、この最大のピンチを主人公覚醒とかじゃなくて、あくまでこの漫画のテイストだった村雨くんの知略で解決して欲しいなぁというのが願い。もし、それでも学校は僕のフィールドさ!みたいな台詞をもう一度言ってくれたらもう満足です。

 それにしても『ポルタ』といい、知略で勝負型の主人公のバトル漫画は生き残らないなぁ(DEATH NOTEは単純なバトル漫画ではないんで除外)。単純に知略タイプがウケないというだけではないと思うんで、これからもめげずに知略でバトルタイプの主人公の漫画は入れていって欲しいです。全ての漫画が必殺技や覚醒で敵を倒していく漫画では、雑誌一冊としてはバリエーションの魅力に欠けると思うんで。

→3巻と4巻も予約開始

るろうに剣心 3 完全版―明治剣客浪漫譚 (3)
るろうに剣心 4 完全版―明治剣客浪漫譚 (4)

→ついに登場

実写映画 テニスの王子様 プレミアム・エディション

オリジナルDVDアニメ いちご100%-桜海学園エクソダス編-
オリジナルDVDアニメ いちご100%-夜霧の嵐泉祭編-
オリジナルDVDアニメ いちご100%-さわやかペンションクライシス~オーナーには気をつけろ!編-
オリジナルDVDアニメ いちご100%-こころ変わりは突然に!?編-

→総合1位をめぐって攻防中です。1票の応援よろしくお願い致します。


前回の感想へ次回の感想へ
WJ感想のインデックスへ