「隠さなくてはならない、けれど一方では見つけて欲しいと願ってる」(蟹名静)

 クライマックスは静さまのアヴェ・マリア独唱という、誰が主役じゃという1stシーズン最終回です。静さま山百合会メンバーじゃないのに存在感ありすぎ。静さまの独唱演出を通して、ラストの喫茶店の楽しげな風景とか、全て志摩子さんの孤独を際だたせるための相対的な背景として使われてたのが驚き。最終回は白薔薇が主役だよ。
 少女創作ブログで続きを読む