ブログネタ
今週の週刊少年ジャンプ に参加中!
 『リボーン』表紙&巻頭カラー号。この前アニメ化記念表紙とかやってたばかりの印象なんですが、カラーのラッシュで来ます。怒濤のプッシュです。されどアニメ版ハルちゃんは僕も是非見てみたいなんて思ってるので、プッシュ成功です。本編はヒロイン度:クローム>京子ちゃん&ハルちゃんの勢いですが。
●家庭教師ヒットマンリボーン!

 もうちょっとザンザスの強大さ、凶悪さをアピールしておいてからこの話に持ってきて欲しかった所。あんまり絶大な強さを表現してる描写が記憶に無いので危機感が薄く、王道の「仲間の危機に主人公登場」シチェーションなんですが、例えば『ドラゴンボール』のVSベジータ戦やVSフリーザ編で悟空が到着した時のような燃え度には達さず。強大じゃない所か、因縁つけてモスカを暴走させる作戦とか、僕の中で小物チックな印象にまでなってます、ザンザス。

 ツナ登場シーンの、一瞬何が起こったのか分からないコマ→モスカ視点からツナの燃える掌だけが見えている→クロームの「ボス……」→握りしめる拳と共にツナのアップ……の流れの所は漫画の演出技法をフル活用してる感じで最高にカッコ良かったですけど。

●ONE PIECE

 カームベルトが抜けられる設定は今後生かされてきそう。その辺り生かして最後は既キャラ大集結するんじゃないかと思ってるんですけどどうなのか。ビビとかも来るんじゃないかと思ってるんですけど。

・ルフィとコビーの出会いのルフィが樽をブチ破って出てくるシーンは、地味にいわゆる「自分の殻を破る」シーンを象徴させてて、小さな殻に閉じこもらないルフィと、それまで小さな殻に閉じこもってたコビーがルフィと出会って変わり始める物語の起点のシーンになってたのだと今回の回想コマで気付いた。

・青キジはどちらかというと仲間サイドで決定だと思う。最後に、チャリで帰りながら宴の肉をちゃっかり拝借して食ってる所で無性にそう感じた。

・相変わらずワンピの宴のシーンは楽しそうで良い。

●魔人探偵脳噛ネウロ

 地味にカラー扉絵が切ない。やっぱり、普通の主人公が超常存在と出会って始まる物語の王道的に、最後は弥子とネウロの別れが描かれるのかのう。

 本編は人気投票1位もあってか、弥子のメンターポジションに収まったアヤ・エイジアを通して弥子が気付きを得る話。そういえば弥子が最初に動機から犯人とその内面を言い当てたのもアヤでした。そういう意味では仕込みもばっちり。アヤは出てくるだけで何かカッコいい!という気にさせてくれる、本当の意味で人気あるのが分かる魅力的なキャラです。

●To LOVE る−とらぶる−

 抱きつきアクシデントで春菜のパンチラ。最初に微妙に弱いパンチラを見せておいて、後に妄想パンチラでその上を行くパンチラを披露して、1話内でパンチラインフレを起こしているという凄い技です。矢吹健太郎恐るべし。

 内容は地味にこういう既キャラが仲良くワイワイとやってる雰囲気を表現してる話は好き。ザスティン辺りも普通にリトをお祝いしてる辺りが、なんかほのぼのして良かった。

●LEGEND TOWER(レジェンドタワー)

 テンポが良くて時々クスリとくらい笑いながら最後まで一気に読めました。小学生くらいに読んでたらもっと爆笑してツボに入ってたかもしれない。そういう意味で少年ジャンプ向けギャグ漫画。死亡フラグネタとか、妙にディープな読者向けのネタもありましたけど。

 読切のギャグ漫画なのに、無駄なくらいキャラクターが立ってるのが凄いと思いました。それぞれの個性を生かして一ネタ一ネタ作ってるあたり、本当普通のバトル漫画、スポーツ漫画も読切ギャグでこれだけキャラに気を使ってるんだから!と見習ってやる気だして貰いたいです。個人的にはサリーが好きだった。

●メゾン・ド・ペンギン

 この前のケツ刺さりてんどんに続き、バカ彦くんてんどん。バカバカしいとは思ってもちょっと笑ってしまった。しばらくてんどんで新地平を開拓して欲しいです。

 大仏くんが、初期の、「神々しく見えて実は面白いこと考えてる人」というテンプレートから、ただの面白いこと考えてる人になってきてるのがなんか面白かった。

●テニスの王子様

 普段(読者から)突っ込みを入れられてるリョーマが「何スかアイツら?」と突っ込まざるを得ないほどの事態です。シンクロとか、爆笑させられてるんだけど、何が面白いのか言語化しずらい。心理学系の分野で「笑い」のメカニズムを研究してる学問があるんですが、題材としてテニプリを取り上げて欲しいです。美術の教科書の次は、心理学の教科書に載ります。

●P2!-let's Play Pingpong!-(ピーツーレッツプレイピンポン)

 いやー、この漫画本当好きですよ。何も持ってないように見えた主人公が実は○○だけは持ってて……という「アイシールド21」のセナパターンというわけでも今の所ないんですよ。ヒロムが持ってるのは、「口惜しいと思える心」なんていう、本当凡人が持ってる心だけ。それを敢えて「才能」と呼んで、健気に努力するヒロムくんが描かれます。こういう普通の少年が普通の悩みを持ちながら精一杯頑張ってる姿というのに弱い。ヒットを狙うには地味かもしれないけど、是非このままスーパー路線にいかない方向に舵を切り続ける漫画であって欲しいです。

●斬

 討条さんの一撃が炸裂する見開きページな。ゲーム『月華の剣士』の高嶺響の潜在奥義的な(例えが分かりづらい)静止した空間を表現したかったんだと思うんだけど、意図は分かっても今ひとつ伝わってこない感じ?

 月島さんに普通の刀持たせるタイミングがちょっと早い気がした。花咲さん相手にも短い刀で苦戦して、後半で普通の刀ゲット、「BLEACH」で日番谷らが限定解除されたかのようなカタルシス狙いで怒濤の反撃!パターンの方が燃えそうなのに。でも、そろそろ月島さんも必殺技くらい出しそうなんで、双刃殺級のカッコイイ決めゴマに期待。

→予約開始

るろうに剣心 11 完全版―明治剣客浪漫譚 (11)
るろうに剣心 12 完全版―明治剣客浪漫譚 (12)

家庭教師ヒットマンREBORN!【Bullet.1 リボーン&ランボのラブリーマスコット付き限定版】

→50位以内に入ってきました。


現在の人気blogランキングをCHECK!

前回の感想へ次回の感想へ
WJ感想のインデックスへ