「庇ったりしない どこを怪我していようが関係ない やると決めたことはやる」(小狼)

 上の台詞のシーン超カッコいい。ほんとカッコいい。マジカッコいい。三回言ってみました。
 いやマジで本年度最燃え候補。1〜2巻及び『×××Holic』を読んでいればさらにハマる。覚悟と誠意(自分への)爆発。そりゃ侑子さんも見込むよ。

 そこから「それだけだ」でどどーんと見開きで小狼くんの後ろ回し蹴り炸裂。この雄度の高さ。CLAMPに漢が宿ってた説を提唱。

 斉藤くんとの別れに小狼くんが言葉をかけるシーンとか、他にもイイシーン目白押しなんですが、上のシーンが僕的に頂点。カッコいいインフレを制してクライマックスにそれを超えるカッコよさを持ってきてバランスを取ってます。もうワケが分からんカッコよさです。

 ちょっと今カッコ良さ刺激にあてられちゃってるんで、『ピューっと吹くジャガー』でも読んで落ち着こうと思います。ふう。

ツバサ―Reservoir chronicle (3)

ツバサ 豪華版3―Reservoir chronicle (3) Shonen magazine comics


現在の人気blogランキングをCHECK!

『ツバサ』前巻の感想へ『ツバサ』次巻の感想へ
コミックス『ツバサ』感想のインデックスへ
「ツバサ」マガジン掲載分本編タイムリー感想へ
アニメ版『ツバサ・クロニクル』感想インデックスへ
『XXXHOLiC』コミックス感想へ