ブログネタ
咲-Saki に参加中!
 ヤングガンガンで連載中の本格美少女麻雀漫画「咲‐Saki‐」の、ドラマCD化に向けてのWEBラジオ第1回。宮永咲役の植田佳奈さん、原村和役の小清水亜美さんと僕の好きな二大声優さんがパーソナリティーを務めるWEBラジオということでさっそくチェックです。
 視聴はこちらから
 ◇

 冒頭から植田佳奈さんと小清水亜美さんがスタッフを交えて麻雀を打ってる様を(早送りを入れながら)中継するという、それはアリなのかという出だし。植田佳奈さんのブログによると、収録の日は、前日も徹夜で打ってたそうです。声優というパーソナリティーに、ネトゲとか、麻雀とかが迫りつつある恐ろしい声優、それが植田佳奈さん。

 「雀荘植田」は声優さんのブログとかネトラジを聴いてるとしょっちゅう出てくるんですが、それの近況が面白かったです。全自動卓完備はだいぶ前から仰ってましたが、最近では初心者の人向けに役の表とか点数計算の表とかが壁に貼ってあるというお話。もはや自宅じゃねぇ

 妹さんも打てるということで(まいぴょん(;´Д`))、植田、小清水の他にあと一人拉致ればいつでも打てるとテンションアップ。うらぶれた大学生のノリです。麻雀には就職活動先送りのダメモラトリアム大学生が夜中に集まって打ってるイメージがありますが、リアルに一線で仕事しながらこれだけ打ってるというのが恐ろしい。

 そして、『マリア様がみてる3rdシーズンOVA 4巻 レディ、GO!』のオーディオコメンタリーにて同じく植田佳奈さんと小清水亜美さんが喋ってるんですが、その時の植田さんは3時間睡眠でOKな人、小清水さんは長く寝ないとダメな人……という話を受けて(収録同時期だったんだなぁ……)、小清水さんから、「仕事と麻雀を両立できるのは選ばれた体を持つ人のみ」発言。植田佳奈さんは、神に選ばれた声優と麻雀をこなすハイブリットな体を持つ声優さんなのです。まあ、寝ないで32時間活動とか、普通あり得ないから。

 恋愛相談を麻雀に例えて解決していくなど、わりとどうしようもない方向で最高の番組でした。恋愛は多面待ちが有効という植田佳奈さんのアドバイスが、地味に核心をついていて熱かったです。

 ◇

 小清水さんが植田さんを呼ぶ時の呼称が「佳奈さま」なのがなんか可愛かった。マリみてで、ちょうど可南子(cv.小清水亜美)が祐巳(cv.植田佳奈)を「祐巳さま」って呼んでる感じじゃない?

咲-Saki 1 (1)

咲-Saki 2 (2)