ブログネタ
コミケ・同人誌 に参加中!
 ヤンデレだけのゲームが出るとか、そういう話を聞いて、ヤンデレかぁ……と考えていたんだけど、考えてる途中で、『電撃G'Z Magazine 7月号』に載ってた本田透さん(『電波男』書いた人)のコラムを思い出した。
 その前に、ヤンデレの説明ですか。まだ、ツンデレほどには世に名称が浸透してない属性の気がするので。

 超簡単に言っちゃえば病んでる(主に心が)女の子?そういう女の子に萌えるというのが、最近少しばかりキてるらしい。

 で、本田透さんのコラムですよ。

 本田透さんは、ツンデレの次に来るのは「メンジョ」だって言ってるんですよ。「面倒くさい女子」を略してメンジョ。

 で、その背景にある思想が、スト2でも最初はリュウとかケンとか使ってるのに、やがてそれでは物足りなくなって、バルログとか、変に難しいキャラを使いたくなるのがユーザー心理。ペットなんかも、最初は犬や猫で満足してたのが、やがてそれでは物足りなくなってコドモオオトカゲとか飼いたくなると。

 だからこそ、今までのわりと普通のギャルゲーの攻略キャラには飽き足らなくなったユーザーが、より難しい攻略対象を求めて、ツンデレみたいな、やっかいな女性を求め始めたのだと、そういう考えなわけですよ。

 で、出てきたのが「メンジョ」。例としては、ネカフェ難民の少女なんかいいですねとかあげられてます。ネカフェ難民に心を開かせて、落とす。確かに難易度は高そうです

 で、メンジョはわりと広い概念なんで、ヤンデレも内に含んでいますよね。病んでる女性も、基本的に攻略するにはそうとう面倒な女性ですから。

 そう思うと、段々難易度が上がっていって、その到達点としてついにヤンデレまで来たのかなぁとしみじみしてしまいますね。

 ヤンデレとか、その心の病みっぷりを解放してあげながら、心を開かせていくその難しさに醍醐味があるわけでしょ、たぶん。そこまで行くと、恋愛シミュレーションをやってるのか、精神科医のインターンのシミュレーションをやってるのか分からないレベルなんですが、とにかく、そのレベルまできたと。

 僕はちょっとまだそこまでの攻略難易度を求めていないので、難易度ゆるゆるの、デフォルトでデレてる幼馴染み少女とか出てくるギャルゲー久々にプレイしたいなーなんて思いました。

 デフォルトでデレてる女の子に愛でられるというのも幻想だけど、ヤンデレがデフォルトになるような現実はもっと怖いぜ。

電波男

電撃G'smagazine (デンゲキジーズマガジン) 2007年 07月号 [雑誌]