ブログネタ
ガンダム00(ダブルオー) に参加中!
 機動戦士ガンダム00(ダブルオー)の公式サイトに追加されたTVスポットの3&4を観てみた。

 武力による戦争の否定 その矛盾の果てに見える真実とは?
 ◇

 このフレーズに顕著なように、「武力によって戦争を根絶する」という主人公サイド、ソレスタルビーイングのあり方には、番組開始前から「矛盾」が含まれているということをプロモーション広告の時点で鮮明に打ち出しています。

 随分分かりやすく番組外の部分で視聴者に配慮が成されるようになったなぁという印象です。

 僕は無印SEEDの時代から言ってるんですけど、基本的にこの手の物語は物語開始〜中盤くらいまでは主人公達は何かしら「至らない」要素や「矛盾」の要素を抱えていて、物語を通してそういったマイナス部分が改善される、そういう形で成長、信念の獲得、気持ちの昇華が描かれる、だからこそカタルシスがあるもの……って感じの作劇を取るものなんですが、SEED含め、その他のアニメの感想見てても、(特にネット上では)このタメの部分の主人公達のマイナスポイントを、主人公達は矛盾してる、ダメだ、マイナスポイントがある、と叩き材料にして、それをそのまま作品評価に結びつけるユーザーが少なからずいる状況でした(SEED感想サイトやってみての実感)。僕の感覚だと、いや、今はそういう風に描いてる段階だから……としか言えない感じだったんですが、今回はそういった長期的な視点で見られないユーザーのために、広告時点から、「いや、物語冒頭では主人公達は矛盾してるんですよー」というのを分かりやすく宣伝してくれてるみたいです。

 そこまで分かりやすくせんでも……という気もしますが、これも顧客志向の観点からはしょうがないあたりなのかなぁ。興味としては、これだけ分かりやすく伝えられても、それでも、主人公達は矛盾してる!だからこの作品は駄作だ!的な論調で叩きに入る人が出てくるのかなぁという辺り。いや、たぶん出てくるんでしょうけど。

 ガンダムSEEDシリーズ、コードギアス、最近の流行ったサンライズロボットアニメ、いずれも矛盾を抱えた主人公が、至らなく迷走しながら、それでも少しづつ進んでいくお話です。そういうのを批判する人は、じゃあ矛盾なしの完璧主人公が作中正義として爆進するお話が好きなのか?というと、そういう話はそういう話で、主人公が強すぎて、まっすぐ過ぎてつまらないとまた批判するので、わりと、そういう批判層に関してはどうしようもない部分ではあるんですが(そういう人達はダブルスタンダードとかの言葉自体知らないことが多い)。

●このお話ガンダム00(ダブルオー)が面白いかどうかとはまったく無関係なお話。僕が楽しいと思うかどうかはまったくもって観てみてからのお話

●そして、既に商業展開されまくってるガンダム00(ダブルオー)グッズ↓


1/144 HG ガンダムエクシア ~ガンダム00(ダブルオー)シリーズ~
2008年カレンダー機動戦士ガンダム00

→次回:「ガンダムは誰のために創られているか?」へ
機動戦士ガンダム00(ダブルオー)感想のインデックスへ