ブログネタ
今週の週刊少年ジャンプ に参加中!
 「ロザリオとバンパイア」が面白かったです。こうやってジャンプスクウェアにクロージングされる僕。「クレイモア」の時はそんなに感じなかったんだけど、実感として広告戦略効いてるなぁと今回の「ロザリオとバンパイア」で感じました。
●ONE PIECE

 「てめェの仲間の底力……!!!見くびっちゃあイカンだろう……!!!」ということだけど、確かに絆が深い仲間ゆえに、ルフィの弱点も仲間達は知っているという要素はある気がするし、理解してるがゆえに敵に回った時に攻略できるというシチェーションは結構燃えるので、そっちの方の展開に期待。でもルフィのバトル面での分かりやすい弱点って何かなぁ。バトル面以外の弱点を突くとか?

●BLEACH

 ネルと織姫で巨乳サンド状態な一護。ルキアさんが生死不明で、雛森くんは引きこもりと、貧乳勢が劣勢です。そしてザエルアポロ、

 「……止めよう。どうにもさつまらない戦い方だと思ってたんだ」

 の一言で、ここ数話の展開を打ち止め。これは笑った。ザエルアポロが僕の中で萌えキャラ化した。途中で戦闘休止したり、この人勝手すぎるよ。

●ムヒョとロージーの魔法律相談事務所

 エンチュー編終わってから感想書くのはじめてでしょうか。あそこで綺麗に終了していた方が美しかったという気持ちは変わらないですが、その一方で連載当初の、ちょいホラーの除霊モノ、ムヒョは独善的にみえるんだけど、話の終わりには霊側に救いもある……というテイストの話が普通に戻ってきて、序盤も好きだった身としては素直に継続を喜びたい所。

●魔人探偵脳噛ネウロ

 前回から弥子の身近な人関連の軽いギャグ話ですが、シックスがこれからは身近な人も狙う的なことを言っていたので、悲劇のための一時的な日常描写な気もしてちょっとハラハラ。

 ギャグ三編という構成でしたが、ツボだったのは叶絵との恋愛話。弥子回りなら篚口さんとか普通にカッコいいじゃん。そして、浅田先輩オチ。もう、シックスによる最初の犠牲者は浅田先輩の方向で。

●銀魂

 わりとシリアスだった乙姫編。年老いても変わらない大切な何かがあるっていうメッセージは、銀魂という作品冒頭(第1話)の、変わらない「一本の刀」に通じる概念。毎回、シリアス長編ではキーになってくる作品の縦軸のテーマ的概念なので、銀魂好きはチェックだ。

●ロザリオとバンパイア

 TVアニメ告知のカラーページがスゴイ。萌えアニメのベクトルで堂々とあざといという点で、ジャンプもここまで来たかと感無量です。いちご100%の頃はまだあざとさに徹し切れてない何かがあった気がするんですが、たぶんTo LOVE る−とらぶる−が何かを貫き、こういうカラー広告が載る所までジャンプは来た。

 本編は、思いっきり萌え漫画でありながら、異種族恋愛の話でちょっぴりイイ話も……という感じで面白かったです。あざとい萌えベクトルに翻弄されながら、黒乃胡夢に萌えたい感じ。巨乳もにゅもにゅ揉まれながら「あ」「ふあ」「ゆさゆさ」とスゴイことになってます。ここまで来たらジャンプスクウェアも期待できます。和月先生、水着で照れてる場合じゃないです。

 一応、今回はヒロインの赤夜萌香メインのエピソードでしたが、普通にアクティブ巨乳の黒乃胡夢、ロリ貧乳の仙童紫、クールビューティーの白雪みぞれ(というかツンキャラで釘宮理恵さんって、もう王道過ぎ)それぞれのエピソードを読んでみたい気になりました。なんか、無性にギャルゲーやりたくなる気分を沸き起こさせるための広告読切にして、その役割を果たされちゃったみたいな感じ。ジャンプスクウェアで読んで、ハマれたら単行本買います。

●To LOVE る−とらぶる−

 せっかく班分けしたのに、春菜オンリーのサービス描写で、ララ、古手川さん、ルン組みはまったく描かれなかったのがちょっと残念。ララと古手川さんの絡み結構好きなのに。古手川さんは後発登場ですが、そろそろ人気出てくる感じでしょうか。今年の冬コミは古手川本もずらりな感じでしょうか。

●サムライうさぎ

 どんどんサムライとしての規範、規律、体面から自由になっていく伍助らに対して、廊下の曲がり方一つにも厳格に型を求めて自由を奪う清木さんがいよいよカウンターとして目立ってきました。

 一方で、そろそろ子供作ったらアドバイスがあった今話から、次回は伍助と志乃の二人きり話へ続くと夫婦のいとなみ展開。物語冒頭に布団の距離で伍助と志乃の距離感を示していたので、物語を経ての同衾展開は実に自然なんですが、あんまりそういうのはやらなそうなのがこの漫画の雰囲気。ヒロインと同衾しても、「涼風」みたいに終了フラグではない漫画なのは確かだよな。めっちゃ既婚だし。

●テニスの王子様

 嘘回想長いよ!すっかり騙されてたよ!メテオドライブとか、普通にあり得る漫画だからすっかり騙されてたよ。そして、乾ミイラ、邪悪笑み不二と、畳みかけるように笑いの要素を詰め込んできます。いやーこの漫画には続いて欲しい。今話冒頭、新連載もはじまる頃合いだから試合はしょって畳に入ったのか!?とちょっと不安になってしまった。まだテニプリは終わりません。

●次号から河下水希先生の「初恋限定(ハツコイリミテッド)」が新連載

 なんか、雰囲気から、わりとしんみりイイ話を描く側の顔の河下先生が出てきそうな印象を受けるんですが、ここは、せっかくTo LOVE る−とらぶる−もやってるんだし、先輩として強引にエロな方向で飛ばしてガチバトルをみせて欲しい。密室で乳揉みシチェーションはこう描くんだよ!エロにもっていくためには火事だって起こすんだよ!と、先輩の威厳をみせて欲しい。初恋限定(リミテッド)なんて言ってないで限定解除でしょっぱなから飛ばして欲しい、

●ジャンプSQ応援企画:大石浩二先生が潜入!第1弾は読切執筆中の小畑健先生宅へ!

 大石先生実家から帰ってきたのか(笑)。この方向で、マガジンにおける西本英雄先生ポジションで、自虐ネタ絡めながら作家陣の舞台裏のルポ漫画なんか描くポジションとして復帰できればイイですね。

→2008年ジャンプ作品カレンダー予約開始


家庭教師ヒットマンREBORN! 2008コミックカレンダー B6・手帳型(26P)・スタンド付
To LOVEる-とらぶる- 2008コミックカレンダー B6・壁掛・卓上両用型 週めくり 台座付
BLEACH 2008コミックカレンダー ポスター型 7枚 シール付
ONE PIECE 2008コミックカレンダー A2・壁掛型 7枚
NARUTO-ナルト- 2008コミックカレンダー 壁掛型1枚 12ヶ月分シール付
銀魂 2008コミックカレンダー ポスター型 13枚
テニスの王子様 2008コミックカレンダー 壁掛・卓上両用型 週めくり
D.Gray-man 2008コミックカレンダー 壁掛型 7枚
魔人探偵脳噛ネウロ 2008コミックカレンダー A4・壁掛型・13枚

前回の感想へ次回の感想へ
WJ感想のインデックスへ