ブログネタ
キミキス pure rouge に参加中!
 「時間が無限にあると思ったら大間違いなんだからね」(水澤摩央)

 キミキスのアニメ、『キミキス pure rouge』第03話「book mark」&第04話「step in」、今回は2話まとめての感想です。視聴はBIGLOBEでの週遅れ無料WEB配信にて(こちらのページから)。
 ◇

●第03話「book mark」/感想

 星乃結美さんの心が内側から外側にちょっぴり開かれるお話。密かに真田くんの日記をつけていたり、ストーカー気質内気な子だなぁとは思ってたけど、冒頭の電車の中で本に没入する描写から、マジで内向的というか、心のベクトルが内側に向いていて外界と接するのが苦手な子だったみたい。

 そんな星乃結美さんが、意中の真田くんを含めた騒がしい仲間の面々とのカラオケイベントを経て、ラストは意中の真田くんに見送ってもらったのが嬉しくって、冒頭では本に没入していた電車の中で、対照的にウキウキ気分で窓の外を眺めるというラスト。星乃さんのちょっとした変化がほのぼのした1話でした。きっかけカラオケかよ!って思ったんだけど、わりと高校生くらいだとカラオケも一大イベントになるかもだ。僕も疎遠だった人とカラオケをきっかけに仲良くなった記憶が当時にアリ。

●第04話「step in」/感想

 第03話が星乃結美さんの内面にアプローチするお話だったら、今回は二見瑛理子さんの内面にアプローチするお話。星乃さんよりもこっちの方がちょっと強敵です。校内で孤高のような孤独な状態になっている二見さんに、相原くん、祇条深付さん、摩央姉さんとアプローチするんですが、相原くんは撃沈、祇条さんもスルーされ……だけど、摩央姉さんがちょっとイイ線まで行った。保健室で遭遇シチェーションからして、このカラーの違う二人が接触してどうなるんだとわりとドキドキだったんですが、転校生ゆえに二見さんを知らない摩央姉さんの二見さんを特別視しない反応に、ちょっぴり二見さんに感情の起伏が見られました。もう、星乃さんとか、二見さんとか、心を開くのに多少の障壁があるヒロイン達を、パワー値が高い摩央姉さんが切り開いていくお話でもいいような気がする。

 一方で、相原くんには咲野明日夏さんとのフラグも。というか、咲野さんのフリーキックすげー。
 これはどういう風に治まるんですかね。相原くんには二見さんと咲野さんと、本命キャラが二人おりますよ。これは、こう、せっかく二見さんに関しては能登麻美子さんボイスの控えめキャラの祇条さんが気にかけてる描写が入ったことだし、真田くん−星乃さん、相原くん−咲野さん、二見さん−祇条さん、甲斐くん−摩央姉さんの組み合わせで最終的にはOKなんじゃないでしょうか?って、二見さんラインだけ百合ーっ!(一人ツッコミ)

→DVD


キミキス pure rouge (1)
キミキス pure rouge (2)
キミキス pure roug3

前回の感想へ次回の感想へ