ブログネタ
雑記 に参加中!
 前月10月のまとめなど。
  ◇

●10月の読了カウント

 新規2冊
 再読0冊

 これにて、年間では新規21冊、再読3冊というカウントになりました。

 今月はいずみのさんの新刊が楽しみ。

 今年の読書傾向として、いずみのさんの本に、空の境界未来福音に、Fate/Zeroにと、同人ショップ流通の本が増えたというのがあります。一般流通の書籍となんらクオリティーに差がないからなぁ。それを言い出したら、僕も参加させて頂いたムーさんの『初』やYukimiさんの『少年打ち切りジャンプ』もですか。こちらは大きく同人流通さえしていませんが。

 なんにせよ、活字中心本のこういった同人流通環境が充実していき、クオリティーも上がっていくのは嬉しいです。逆に一般の出版(出版流通)関係者は頭を抱えていそうですけどね。人間の時間が有限な以上、以前は一般流通の書籍を読むのに費やしていた分の時間を、現に今年の僕はかなりの程度同人流通で回る書籍を読む方に費やしている訳なので。

 しかしこれは時代の流れと考えます。権威性の裏打ちに依拠して本当に凄いのは一般流通なの!というような方向で意固地になる出版関係は、そう遠くなく淘汰され、同人流通、ひいてはその中で強い力を持つWEBという媒体と上手く折り合いを付けていく方向に舵を切る出版社が生き残るのではないかと思っています。

●10月の当ブログのAmazon広告収入

 14195円

 ご協力頂いた皆さんまことにありがとうございました<(_ _)>
 事業基礎資金に回させて頂きます。
 Amazonアソシエイトは氷山の一角に過ぎませんが、僕がやっているアフィリエイトの手法を学びたい方は、7月に出した僕のイーブックでかなり深く学ぶことができますので、下記URLからそちらをご注文下さい↓

http://www3.plala.or.jp/languagelanguage/
ebook/mct.html


 こっちでも、コンテンツ販売の潮流は個人販売に向かっていると感じます。商売は何をおいても送り手と受け手の信頼関係が基礎な訳ですが、大きい企業が組織という、中を構成している個人の裸体までは攻撃が及ばない隠れ蓑の中で、色々不正を働いていたことが明らかになってお客様との信頼関係を破綻させている昨今です。

 個人のまま裸体で攻撃を受けるリスクを取ってでも、ダイレクトアクセス(←WEBの登場が変えた一番のビジネス的要素と言われます)でお客様と直に信頼関係を築いている個人販売者が伸びるというのもある意味自然なことなのかもしれません。

 抽象的に言うと、ブランディングを企業という記号にかけるよりも、個人という生の人間にかける方が信頼関係に基づいたビジネスを展開しやすい(フットワークが軽いという意味)時代なのだと思います。

●10月を振り返って

 中盤介護が辛く、4年間の中でもトップ5に入る憔悴状態だったのですが、ある朝消耗状態の中でも積み重ねておいた様々なピースがカチリとハマリ、頭の中で何かがブレイク。その日以降復活しました。例えこの身が滅びようとも、僕には書きたいもの、具現させたいものがある!と、それからは何かが吹っ切れた日々を過ごしています。

 週一の楽しみが自然な流れでコードギアスからガンダムOOへと流れ、新規には『なのは』にハマり、今は『神無月の巫女』にハマってる感じ。

 普通になのは関連や神無月の巫女関連のグッズ欲しいな(特に今欲しいのは主題歌CD)と思っている自分がいるので、コンテンツ産業って言われているよりも息が長いんじゃないかと思いました。旧作にある日急にハマるってありますよね。価値・嗜好の多様化がますます進むこれからは、過去のコンテンツの復権も頻発しそうです。

 //

 ▼ファーストティザー

 『夢守教会』第三話・今冬公開

 //