ブログネタ
週刊少年チャンピオン に参加中!
 今週のチャンピオン掲載分の「範馬刃牙」のネタバレ感想です。
 ◇

 あえてアグレッシブな予想を書いてみると、この作品のラストバトルで刃牙は勇次郎に負けるのではないだろうか。

 ピクル戦での文化的な決着解釈を一笑に付してシンプルに強いものが最強、それが至上価値っていうことを今回勇次郎言ってるんだけど、これ、刃牙が正面から勇次郎倒して勇次郎に取って代わっても、イデオロギー的に勝利したことにならないよな。それでは自己撞着で、勇次郎イズムに飲み込まれている点で敗北したことになってしまう。だから要所要所で刃牙は負けてもイイ的な発言をしていたり、ピクル戦では文化的決着を持ち出したり、戦った後相手と仲良くなる刃牙と、相手を蹂躙する勇次郎っていうのは割と作品初期から描いていた訳だし。

 まあガチで主人公負けました終わりですってことは無い気がするけど、そのままスカっと勇次郎倒してエンディングという作品でもない気がしてきています。何か思想戦上のひねりがありそう。

 たぶん板垣先生はまだ明確にラスト決めてないし、決めてても変わる可能性があるんですが、何かしら天啓が降って凄い決着にして欲しいですよ。いよいよ最終章なんですよね? 古代人の次は隕石から宇宙人発掘とか無いですよね!?

範馬刃牙 20 (少年チャンピオン・コミックス)

ピクル戦決着時に書いた「範馬刃牙」感想へ