ブログネタ
天装戦隊ゴセイジャー に参加中!
 「天装戦隊ゴセイジャー」、第01話「護星天使、降臨」の感想です。
 ◇

 最初に大胆なような必然のような予想を書いてみると、おそらく主役メンバーの護星天使達にとって、所属先の天使組織は、中盤で敵になると見た。天空から防衛関係を一括管理してる大組織とか、十分悪役だし。

 モチーフが地上に舞い降りた天使なのも、第1話で所属先と連絡が取れなくなっている点も、所属先の情報が何も明かされないのも、そういう作劇上のものなんじゃないかと。主人公が人間の少年と出会う所から物語が始まっている辺り、天使が人間化していく過程と、それによって天使の倫理観が揺さぶられる過程を描くのがストーリーラインだと予想します。所属先の倫理観に納得できなくなっていく、価値観と価値観の板挟みになっていくとか、現代人向けのお話だと思うので。

 あとはテンソウダーのデザインが面白かったです。微妙に愉快な顔のテンソウダーを、商業的観点から決めポーズで何回も使用して全力展開してるのが面白かった。

天装戦隊ゴセイジャー ゴセイパワー解放器 テンソウダー
天装戦隊ゴセイジャー ゴセイパワー解放器 テンソウダー

前回:「侍戦隊シンケンジャー」最終回の感想へ