ブログネタ
日記 に参加中!
 八百屋さんで流れていたJ-POPと元気の良い店員さんの客引きの声に励まされました。少しずつ町の活力も動き始めてきました。相羽です。
 仙台日記、8回目です。
 ◇◇◇

 こんな状況ですが、図書館から借りていた本の返却期限が今日だったので律儀に返しに行ったのですが、図書館もしばらく閉鎖という張り紙が張ってありました。再開のめどが立つまで本は持っててよいらしいです。まだ読み終わってなかったし、これはこれで良いのでしょうか。文化系サービスの復興は優先順位低めかな、やっぱり、などとも思いましたが。

 他、母親のデイサービスの場所も半壊でサービス再開が未定など、色々と考えなくてはならないことが多いです。命があっただけ感謝しているので何に文句もないのですが、とりあえず明日ケアマネージャーさんが来てくれるとのことなので、障害者向けのサービスが近隣でどのくらい生き残っているのかとか、情報を交換したいと思います。まあ、今はそういうサービスのリソースは必要な人にまわして、母親くらいならなんとか僕と父でみられるかな、と思ってる感じですが。

 ◇◇◇

 昨日のメルマガで書きましたが、災害対策用のロボットなんかに興味が出て来たので、ほぼゼロからのスタートで関連しそうな部分の勉強を始めてみました。この手探り感は懐かしいです。細分化してるジャンルの名称も、どんなことをやっている学問なのか一から把握していく感じですが、これは現在の「専門」が本当に専門的に細分化してるアカデミックの世界では、避けて通れない感じです。自分のジャンル(言語学)で言うなら、一般の人には統語論と意味論がどういう風に違うジャンルなのかよく分からないのと似たような状態なのだと思います。今は、僕がほぼ部外者からスタートしている状況。

 書店は縮小営業でようやく開きましたが(素晴らしい)、図書館も使えず、Amazonも使えずな状況なので、とりあえずスマートフォンで、お店の列に並びながらWEBでできる範囲を勉強している感じです。今回は電気が無くても読めるという紙の書籍の素晴らしさを本当に見直しましたが、状況次第で、今はWEBテキストがありがたい状況です。iPadが生きてるので、後でAppStoreで物理の電子書籍とか買えないか探してみようと思います。

 ◇◇◇

 そんな感じで、今までも文系と理系の境界領域的なことをやっていましたが、ますます相羽は理系っぽい人になっていきそうな感じなので、理系の皆さんは仲良くしてやって下さい。オフ会で同人誌を交換し合いつつ、最新の物理の話で談笑し合う、みたいな楽しい時間を夢見て今は頑張ろうと思います。

 ではでは、とりあえず本日はこれにて!

   相羽