ブログネタ
日記 に参加中!
桜/1104171  色々ありつつ桜を見てくる時間があったりもしました。相羽です。
 仙台日記、21回目です。
 ◇◇◇

 本日は雨ですが、日曜日かな。良い天気だったので近所の桜を母親の車椅子を押しながら見てきました。お花見をしてる人が一定数いるくらいには、全体的に余裕が出て来てるのを感じた日曜日でした。

 写真はその近所の桜ではないですが、仙台で結構有名な石橋屋のしだれ桜です。華麗というよりは趣深い感じで、とても好きな桜です。

桜/1104172

 ◇◇◇

 そして、そうそう余裕な感じでばかりもいられない余震の話など。

 この前の日記でも言及した京都大学なんかが指摘している近いうちに起こるだろうというM8クラスの大規模余震はアウターライズ地震というやつで、やはり歴史的に類似のデータがある模様。とりあえず毎日jpの記事にリンク張ってみます。

アウターライズ地震:発生の懸念、小さな揺れで大津波も /毎日jp

 前に話したスマトラ島沖との類似の件も含めて、類似データがある以上警戒した方が良いかと思います。また津波の発生が予想されるとのことで、あんまり揺れ自体が凄くなくても、海に近い地域にいる時はすぐにラジオなり携帯なりで津波情報を確認する、基本的に逃げる、という方がよいかと思います。今回の地震の死者の95%は津波の被害とのことですが、僕の知り合いにも、本震時に沿岸部にいたのだけどラジオを聴いていて津波が分かったので必死に逃げて助かったという方がおります。

 ◇◇◇

 一方で原発の方も予断を許さない状況ですが、まず考え方として、原発単体の危険と、原発+地震+津波の複合の場合の危険を分けてみる視点が必要かと思います。後者の方が比較比だけでももの凄くリスクが高いことが今回分かった訳なので、まずそこを分けた上で、だとしたら大規模余震が起こりえる地域になった東日本や、高い確率で起こると予測されていて気象庁のホームページに専用ページまである東海地震の地域にある浜岡原発だけでも止めた方が良いのではないかとか、1か0かだけではない現実的な話が始められるかと思います。

 また関連話題として、Aの反対概念として二者択一的にBを設定して、Bの方に誘導すると言うのは歴史上何度も用いられてきたのだけど、思考のトレーニングを積んでいない人はひっかかりやすい論理として有名なものなので、気をつけるのが良いかと思います。Bに誘導するために、生け贄やスケープゴートを準備したりというのが加わったりすると、まさに、という感じです。

 これ、厳密に論理的には、「Aがダメな可能性が出て来た場合」の反概念は基本的には、「A以外の可能性全て」ですので。勝手にBを設定して絶対的に黒か白かのごとく誘導するベクトルが含まれてる話には、「ん?」と立ち止まる必要があるというのが基本です。「AorB」と「AorAじゃない可能性全て」ではだいぶ違うというのは覚えておきたい所です。

 ◇◇◇

 そして地震や原発を心配しつつ、家庭のこと、介護のことなども引き続きまだまだ通常モードには戻れないで色々やっている感じです。

 家、地震保険には入ってたんだけど、認定で半損までは出ずに部分損でした。直してもまた余震でダメージ受けるリスクも高めなので、色々迷う所です。

 ただ保険の認定する方は非常時体勢で北海道から来てくれていた方で、誠実な方でした。全国からガスマンが集まってくれて、仙台市に関してはほぼガスが復旧したというニュースといい、全国の皆さんの協力には本当感謝です。

東日本大震災:ガス復旧対策隊、解散 全国の事業者から派遣−−仙台 /宮城

 こういうニュースに弱いな……。当人の人生、当人の持ち場での仕事もあるだろうに、一時人助けのために集まってくれたのが嬉しい。

   相羽