普通の日記です。
 ◇◇◇

 震災でDVD視聴環境が壊れたので、『映画プリキュアオールスターズDX3』のDVDが出るまでに、簡単な視聴環境を整える予定。

 まだ家全体が整ってなくて、一人で悠々とTVで何か見る……ということができない状況なので、何かポータブルなものが欲しい感じ。今の所候補はこれ系。↓

Dioconnect 180度回転式液晶搭載 9インチポータブルDVDプレーヤー CPRM対応 DPD-900BK
Dioconnect 180度回転式液晶搭載 9インチポータブルDVDプレーヤー CPRM対応 DPD-900BK

 iPadユーザーなんで、昔のCDプレイヤーくらいの小型のプレイヤーにDVDディスク自体は入れて、そこからiPadに繋ぐと見れる……みたいなのも一つの理想なんですが、まだそういうのはないのかなー。

 ◇◇◇

 昨日はNHKにしょこたんが出ていたのを見ました。

 今でこそ花形オタクアイドルですが、中学生の時はイジめられていたし、普通のアイドルとしてデビューしてからも本来の自分は出せなくて苦悩していたという話が、やっぱりしょこたんクラスの出力を出す人は、バネになる部分にも色々あったんだなと思いました。

 中学の時はオタクはキモイ。アイドル初期は、アイドルの趣味は映画鑑賞にオシャレでしょというような同調化圧力。そんな中で抜け出すきっかけになったのが、「ここだけは自分の部屋で好きなこと書く」と決めたアイドル日記(しょこたんブログの原型)だったというような話。なんだ、漫画やアニメやゲームが好き過ぎてそれを拠り所にしている人、世の中にはちゃんといたんだ、私の声を聞いてくれる人がいるんだ、というブレイクスルー。

 例えば都条例を推す側の人なんかが今ひとつ反対するオタクの心情を分かってないと感じるのは、オタクの人には、こういう「一般的な同調化圧力に、自分の本質が同調できなかった」タイプの人が結構いるという点。中高の頃に集団から排斥されていた経験を持ってる人も多い気がします。そんな中で、拠り所として漫画やアニメに辿り着いた。

 だから、お上の号令で漫画もアニメも規制しますよ、と言われると、またあの理不尽な同調化圧力が襲ってきたのか。結局、また逃げられないのか、とかなり心の奥の部分で陰鬱になる気分があるのだと思う。そこは、ようやっと自分が持てた譲れない場所なのに……という感覚。

 そこをあんまり考えないものだから、「健全な」ものは推奨しましょう。そこから外れたモノは排斥しましょう、というか、そもそも外れた側の気持ちは分かりません、という態度が怖いのだと思う。

 単純な漫画やアニメの善し悪しの問題ではなく、集団の均質性を維持するための同調化圧力と一方でマイノリティな志向性が自分の本質の人間も世の中にはいること、そしてそういう複雑な世の中で、公共性と変項(上部の多様性の部分)をどう考えていくかという想像力の問題なのだと思うのでした。

 ◇◇◇

 あめとさんのサンクリ新刊のあの花鳴子本も宣伝してみます。↓

サンクリ新刊情報/あめ のち ゆき(リンク先18禁注意)

 あめとさんの本もほぼコンプリートしてたんだけど、震災のドタバタでここ2、3ヶ月のものは持ってないぜ……。

 とりあえず夏コミで挨拶にいってみよう。

ラブラブル〜Lover Able〜 通常版
ラブラブル〜Lover Able〜 通常版