ブログネタ
日記 に参加中!
 『戦姫絶唱シンフォギア(公式サイト)』第一話を視聴してみました。タイトル通りひたすら歌ってる感がイイ感じ。
 ◇◇◇

 最近は作品本体もさることながら、作り手の人たちの頑張り込みで応援してることがほとんどなんですが、水樹奈々さんヒロインが歌うという時点で応援したい。水樹さんはまじ希望。こういうその道の一流のトップオブトップには走り続けてほしい。なのは映画第二弾も見に行くよ!

戦姫絶唱シンフォギア 1(初回限定版)(Blu-ray Disc)

 ◇◇◇

 一方、SunithaさんのTwitter経由で知った上坂すみれさん(ブログ)にハマりつつあります。ロシア語やロシアを学ぶことに熱心なお譲さん。

 なぜロシア! と一瞬思いつつ、いや、確かにこれからはロシアかもしれん……と思い直し、普通に応援したくなるのだった。劇場版『ハヤテのごとく!』もモスクワで上映されたし、地政学的にも、これからはこういう人材が重要な気がする。ロシア語は文法の話とかなら僕も少しはできそうなので(媒介語は英語になるけど)、何か、ロシアに向けて発信していきたいね……。

 そんな上原すみれさんがヒロインの一人を務める『パパのいうことを聞きなさい!』は金曜日からBS11でも放映でこっちでも見られるので、チェックしてみようと思います。こういう、声優さんを通してでもなんでも、萌えアニメが実質的な意味も兼ねていく(例えば国際対話の入り口)っていうのが、去年感じた「もうアニメとか見てる場合じゃない」感を、個人的に乗り越えていくための鍵かもなぁと今は思っている……。

 ◇◇◇

 そういうわけで、AKB48や漫画、アニメの話を入り口に日本語教育ビジネスをやっていこう計画は少しずつ進展中。逆説的に、それらを入り口にしつつも、教師ポジション、マーケッターポジションは派生物ではなくて一次資料や原典に精通してる必要があるので、学ぶべきことがたくさんあります。少し話題関連して、『平清盛』を観るのももちろんイイけど、個人的には神戸近辺の歴史家に直に話聞いてみたいね。あの辺りのガチの貿易史っていうのは、きっと薄いビジネス書の数百倍の商的学びがあるのだろうなどと思います。

 そんな活動の中で、きっと逆上原すみれさんみたいにこの時代だからこそあえて日本に興味を持ってくれるという国外の方もいると思うので、そういう方にしっかりとしたものを届けていきたいですね〜。