「よちよち」などの謎のコンテンツホルダーにしてメイカー、xaviさんのホームページがオープン。


 こちらです。


 穴が空くまで見つめよう。

 去年「ニジノ絵本屋」さんで個展「なないろのそれ」を開かれていた時(見てきた時の感想)に、僕が実在論的に何か世界の謎を知っているフクロウ、と書いていた、
 オントロジカル(存在論的)フクロウの絵も掲載されています。フクロウのまなざしの先の、この世界とちょっとだけ異相が違うけど、ある、という何かに想いを馳せよう。

 ホームページ制作は、僕の電子書籍のイラスト・デザインなども手がけて下さってる柚山さん(ホームページ)、スーパーなホームページが必要になった時、世にはこういうメイカーもいると覚えておこう。

終末の週末
相羽裕司
2013-10-14


 ◇◇◇

 上坂すみれさんの新曲、『パララックス・ビュー』のMV(ミュージック・ビデオ)が公開。


「パララックス・ビュー」MV解禁!映像クリエイター大月壮との唯一無二の問題作(!?)が完成! 通常盤収録の「無窮なり趣味者集団」は作詞も担当。


 相変わらず上坂さん飛ばしてるな……とひれふすしかない。これだよね。これくらいの出力出していかないとなんだよね、今の世の中。

 ご本とかも拝読させて頂いている、という勢いです。新曲、「無窮なり趣味者集団」もまだ一般公開はクレジットのみだけど、タイトルからして彼女の思想を端的に述べているようで素敵。

 このブログもよく「WEB上の雑誌」と呼称してきましたが、土台には彼女の言う「中野ブロードウェイ的」な想像力があります。だから、趣味者的に電子書籍作って売ったり、語学(半分は趣味)講座やったり、好きな作品について書いてAmazon広告張ったり、ということをやっています。これは、ビジネスモデルとしては、中野ブロードウェイ内店舗のWEB版の感覚です。

 また、共同体再生の話の流れで、地縁、血縁、社縁から、趣味の縁に、までは比較的お堅い論としても真面目に語られ始めている部分で、僕などは、そういう理想がある上で、どう肉や骨を付けて歩かせていくか、という辺りなどを考え始めています。福祉とか介護とかまでそういう趣味的共同体に本当に組み込み得るのなら、現実として歩き出せる方向性なのかも。

→新曲

パララックス・ビュー(初回限定盤)(DVD付)
上坂すみれ
キングレコード
2014-03-05


→表題曲「革命的ブロードウェイ主義者同盟」が凄い曲



→必読の御本