週刊少年マガジン連載の、赤松健先生の『UQ HOLDER!』(ユーキューホルダー)、第28話「ナンバーズ、来る!」の感想です。
 ネタバレ注意です。
 ◇◇◇

 作中についてまわっている「悠久VS最新」の構図、前回が「最新」の猛威というターンだったので(民間軍事の特殊戦部隊の猛攻の所ね)、今回「UQホルダー」のナンバーズ到着で「悠久」サイドの逆襲が開始。

 しばらく、「闇の魔法(マギア・エレベア)」関係で、ネギと刀太の縁が強調される展開だったのが効いてます。前回の扉絵がナギ、ネギ、刀太だったのも効いてる。雪姫、というかエヴァはナギとネギの縁者ですからね。いかに「最新」側の資本の論理が紐帯とか共同体とか壊す方に働いても、途切れない縁もある。エヴァとかナギのおっかけだったわけですからね。作品をまたいだ縁を頼りに助けに来てくれるの嬉しい。まほら武道会の時のエヴァとナギの一瞬の邂逅の時とか、思い出す。

 (おそらくは)九郎丸が助け呼んだのが届いたんだけど、どこにも居場所がないとか言ってた九郎丸が仲間に助けを求め、本当に助けに来てくれるという展開も良い。謎のマイノリティー共同体が「UQホルダー」。「縁」とか、資本の拡大だ競争だ量産化だという世界では一笑にふされがちなんだけど、律儀に守ってる徒党もいる、という絵が綺麗。

→第2巻発売中



→『魔法先生ネギま!』はKindle電子書籍版も



●応援:Jコミ

→前回:「UQ HOLDER!(ユーキューホルダー)」Stage.27「刀太VS南雲」の感想へ
→次回:「UQ HOLDER!(ユーキューホルダー)」Stage.29「ナンバーズ達の実力」の感想へ
『UQ HOLDER!(ユーキューホルダー)』コミックス第1巻の感想へ
「UQ HOLDER!(ユーキューホルダー)」感想の目次へ

「魔法先生ネギま!」マガジン連載分感想の目次へ
『魔法先生ネギま!』/コミックス感想の目次へ
クーネギ推奨!ネギと結婚するのは古菲説・まとめ