相羽です。

 今夏の僕の中心的活動。新作オリジナル小説『こちら街アカリの復興部!』。

 「カクヨム」さんの少年エース×カクヨム「漫画原作小説コンテスト」に応募しているという形の作品です。

 コンテスト開催期間の八月末まで、(月)〜(土)と一日一節ずつ毎日更新(読みやすいよ!)。

 この夏、一日一回くらいアクセスして、共に歩んでいく感(「日常」がテーマですしね)を共有して頂けたら喜びます。

 本日は、「第14節/トゥルーアント・プレイヤーズ」を更新です。↓


『こちら街アカリの復興部!』/カクヨム


 予約投稿に失敗して、0時ではなく早朝更新になってしまい申し訳なかったです。

 今回は作り始める前にヒットしてる女性向け作品を色々研究したのですが、ここから数節の部分は、その成果を投入してると自分では思ってる箇所。

 そして、この第14節は節タイトルを思いついた時、自分でオオッと思いました(え)。

 "truant(トゥルーアント)"は「無断欠席」みたいた名詞ですが(「サボる」の元ネタの"sabotage"は実はちょっと英語だとニュアンスが違う)、それを使う時の動詞は"play(遊ぶ)"なんですね。で、それと祈の名前の"pray(祈る)"をかけているという。

 英語を日本語のカタカナ語にするのはカッコ悪いという風潮があるし、日本人は"l"と"r"の発音が区別できないのも、定番の日本人の英語力揶揄ネタです。

 だけど、その揶揄要素を逆手にとって、あえてカタカナ表記でしかダブルミーニングが出せない&本編の内容ともかかってる文芸性を出す……ということをやってやったぜ(ドヤッ)という。

 などなど。たまには語学とか教えてる人っぽい話などもしてみたのでした。

 明日更新の部分は、さらに「狙ってなかったけど時事的にタイムリーになった」という話を書こうと思います!

 少年エース×カクヨム「漫画原作小説コンテスト」の方としては、本日は週間ランキング『こち街』は122位感謝です。

 一次選考通過は20位以内です。引き続き応援してやって頂けたら喜びます。

 「カクヨム」さんの「近況ノート」も夏の間は毎日更新していて、創作の話はそちらの方が多く書いているかもです。頂いた感想への返信なども予定しております。「カクヨム」さんの相羽の個人ページもフォローしておいて頂けたら嬉しいです。↓


相羽裕司/カクヨム


 感想など頂けたら喜びます。メール・WEB拍手・カクヨムさんのレビュー機能・更新報告の「近況ノート」のコメント欄などなどを利用して頂けたらと。また、Twitterのハッシュタグは「#こち街」でよろしくです(^_^.