ランゲージダイアリー

宮城県仙台市からおくる、最近は介護ロボット研究とか歴史や人体の勉強日記

小説感想(書評)

丘の家のミッキー〈4〉行くべきか行かざるべきかの巻/感想/久美沙織/コバルト文庫

 「このままでいたいのに……みんななんだかどんどん変わっていくでしょう?変わるたびに、何を残して何を切り捨てるのか、決めなくちゃならないみたいなのがいやなんです。自分が捨てられるのもいやだし、比べたくないものを無理に比べて優劣つけるみたいなのが、とても怖いんです……!」(未来)

 この部分の未来の台詞の通り、今巻でスポットがあたるのは、「変化」の是非。何ものも変わらないではいられないという一つの真理に、中学生の少女がどう折り合いをつけるのか。ラスト部分で描かれる未来が得た気づきは、誰もが一度は通るものといった感じです。いやー、青春だ。
 少女創作ブログで続きを読む

真島一男監訳:ベンジャミン・フランクリン『プーア・リチャードの暦』/感想

ブログネタ
ビジネスに役立つ本 に参加中!
 新年一発目の読書は暦の形態を取った警句集から。小説じゃないんだけど、今年は気が向いた時は別ジャンルの本も紹介していく形で。自分用の読書メモって感じですが。有名な「時は金なり」の大本がこのフランクリンの暦だと言われております。続きを読む

活字部門/ランゲージダイアリー的2006年ベスト

ブログネタ
おすすめの本 に参加中!
 今年最後の更新はランゲージダイアリー的2006年ベスト活字部門編をお送りします。企画概要はこちら

 正直、選んでて一番テンションが上がったのがこの活字部門でした。至福の一時と言って良いです。読書家などそんなもの。来年も、素晴らしい活字の物語に出会えるといいなー。続きを読む

小池雪「ふわふわの兄貴」第一話〜兄貴登場!〜/感想/Cobalt (コバルト)2006年12月号

 「よし! お前のアイツに助太刀だ!」

 うん、これはバカな小説だ!(満面の笑みを浮かべながら)
 小池雪さんは2003年コバルトノベル大賞を受賞してデビューした作家さんで、女子高生がパンダの着ぐるみを売りさばくおバカ小説『青空のように君は笑う』が一冊だけ刊行されてる方なんですが、その他は2004年2月号に「KATANAボーイ+TATOOガール」、2004年12月号に「オフロード聖夜」、2005年6月号に「はつ恋アパート」…と、一年に一回くらいマイペースに短編を発表してる僕的に理想の創作スタイルを慣行していらっしゃる作家さんなんですが……
 少女創作ブログで続きを読む

今野緒雪「マリア様がみてる 枯れ木に芽吹き」/感想/Cobalt (コバルト)2006年12月号

 私は、写真を脇に置いて大学の教科書を開いた。なぜだか、無性に勉強がしたくなった。

 意表をついて内藤笙子ちゃんのお姉さんの内藤克美さんが主人公……とみせかけて影の主人公はやっぱり蔦子さんだ!な最新短編感想。今回も堪能しました。以下、「少女創作ブログ」でネタバレ感想です

今野緒雪『マリア様がみてる 子羊たちの休暇』/感想@再読/コバルト文庫

 「紋白蝶みたいだね」
 褒めても貶してもない、ただの感想だけど、祐巳はそれがすごく気に入った。


 成長した祐巳にまたウルウルとくるお話。クライマックスの意味、再読して初めて気付いた。初読時は理解しないまま読んでた。「パラソルをさして」で再構築された祐巳と祥子さまの絆を、『無印』から連なる種々のギミックを所々に仕込んで描いてた話だったんですね。
 少女創作ブログで続きを読む

真朝ユヅキ『魔王サマと勇者の私』/感想/コバルト文庫

 コバルト公式サイトの今回のときめきWEBラジオは15歳でコバルト2005年度ノベル大賞を受賞した真朝ユヅキさん(ちゃん?)が登場。素だ!本当に素の普通の高校生だ!という感じの初々しいトークを披露しております。せっかくなのでコバルト本誌に載った時に読んだ感想をば。
 少女創作ブログで続きを読む

今野緒雪『マリア様がみてる パラソルをさして』/感想@再読/コバルト文庫

ブログネタ
マリア様がみてる に参加中!
 奇跡。運命。そんな言葉が頭の中でグルグル回った。そうしたら、祥子さまは突然「ねえ、奇跡って信じる?」と言った。

 やっぱり祐巳が癒されていく過程と、クライマックスの傘が返ってくるシーンは胸にグっと来ます。やっぱりマリみての魅力が十全に詰まった1冊を一つ選べと言われたらこれを選ぶという、現行最高エピソードかなぁ。続きを読む

今野緒雪『マリア様がみてる 大きな扉 小さな鍵』/感想/コバルト文庫

 『未来の白地図』以降の近刊が「出題編」だったのに対して、今回は「解答編」です。前巻までと視点キャラを切り替えるという、ミステリの「解答編」さながらの形式の本当ガチの解答編。「くもりガラス」「仮面」「扉」。近刊のサブタイは全て同じものを指していたと思いますが、いよいよ「くもりガラス」の向こう側が、「仮面」の中が、「扉」の向こう側が明かされます。というわけで今回の視点キャラは勿論……
 以下、「続きを読む」で、相変わらずの長い(笑)ネタバレ感想です。
 少女創作ブログで続きを読む

滝井秀典『1億稼ぐ「検索キーワード」の見つけ方 儲けのネタが今すぐ見つかるネットマーケティング手法』/感想/PHP

ブログネタ
ビジネスに役立つ本 に参加中!
 今年の4月発売の、タイムリーなSOHO、個人起業家、小規模企業の人向けの珠玉本。
 今年のビジネス書部門、実践ベクトルのものではベストかなぁという勢いの一冊です。続きを読む

「マリア様がみてる ハレの日」/今野緒雪・ひびき玲音『マリア様がみてる イラストコレクション』/感想

 まさに『マリみて』のパーフェクトイラストコレクションです。コバルトデスクトップカレンダーや、玲音先生の同人誌『true colors』収録の秘蔵イラストまで収録されてしまってます。嬉しいけど微妙に悔しいFAN心。
 ショートストーリー「ハレの日」はこのタイミングで出されると泣けます。絶妙過ぎるタイミング。
 少女創作ブログで続きを読む

今野緒雪「マリア様がみてる ドッペルかいだん」/感想/Cobalt (コバルト)2006年08月号

 「気をつけてね、水奏ちゃん。ドッペルゲンガーを見ると、数日後に死ぬって話よ」

 夏なので、ああ夏なので。やっぱりこういう話がイイんじゃないでしょうか。
 少女創作ブログで続きを読む

今野緒雪『マリア様がみてる 仮面のアクトレス』/感想/コバルト文庫

 ここ数巻は毎回最後の数ページになってサブタイの意味が明かされるんですが、今回もそんな感じです。サブタイと本筋との絡め方とか、数本のテーマが絡み合いながら同時進行とか、「黄薔薇、真剣勝負」のラスト2行とか、全体的に、お、緒雪先生おそるべし!という一冊でした。
 以下、「続きを読む」で、相変わらずの長い(笑)ネタバレ感想です。
 少女創作ブログで続きを読む

久美沙織『丘の家のミッキー〈3〉野の百合は暗くなるまで待てないの巻』/感想/コバルト文庫

 たった一匹でいいから、あたしの蛍、って思いたい。あたしだけに光ってみせてくれる子だって思いたい。

   今巻は自分にとっての「特別な一人」を探すお話。そんな人が見つかるなんて夢だと、綺麗事だと人は言うかも知れないけれど、それでもバートさんは原節子さんを探し、未来もそれが朱海さんなのか今は分からないけど、いつか自分もとまだ諦めない。全てが最後の「一匹の蛍」探しのエピソードに象徴的にかかってくるのが綺麗。
 少女創作ブログで続きを読む

涼宮ハルヒの消失/感想/谷川流/角川スニーカー文庫

ブログネタ
涼宮ハルヒの憂鬱 に参加中!
 というワケで『涼宮ハルヒ』シリーズ4冊目を読了。第1巻「憂鬱」以来のちょっとテーマ性の強い大きい話。ですが普通にエンターテイメントとして面白かったです。ネタバレ感想につき、アニメ版でタイムリーに楽しんでる方はご注意を。続きを読む

久美沙織『丘の家のミッキー〈2〉かよわさって罪なの?の巻』/感想/コバルト文庫

 「慣れてる場所にしがみついてるのは、おバカだと思う?」(未来)

   お嬢様学校からしもじもの学校へと異文化トリップしてきた未来が、今度はアメリカから日本という異文化へとトリップしてきたバートさんと知り合って……みたいなお話。グローバル化が今ほど顕著じゃなかった時代に書かれた少女小説の中に、近年の異文化交流ものの先駆けを見ましたよ。
 少女創作ブログで続きを読む

久美沙織『丘の家のミッキー〈1〉お嬢さまはつらいよの巻』/感想/コバルト文庫

 階段を登りながら、思ったわ。まだミシェールはやめなくてもいいのかもしれない。ミッキーと、未来と、ミシェールと、だんだんひとつにしていけばいいんだわ。

 というわけで通称『丘ミキ』こと『丘の家のミッキー』シリーズに突撃しております。文句なくコバルトの中でも名作にカウントされる、『マリア様がみてる』のルーツ的な女学園もの小説なんですが、これがめちゃめちゃ面白いです。2年前に『マリみて』を初めて手に取った時以来の読書熱沸騰。早く続きを読み進めたいんだけど、もったいないから2、3日に1冊ペースにセーブ!みたいなくらいにもだえ読んでます。
 少女創作ブログで続きを読む

響野夏菜『東京S黄尾探偵団 少女たちは十字架を背負う』/感想/コバルト文庫

 「三十万円が、パー! あーっ、もうけたお金で渋澤龍彦買おうと思っていたのに――ッ」(藍田花音)

 面白かった。これ、今、キャラクター目当てのファン層をターゲットに深夜アニメ化してもいけるんじゃね?ってくらいキャラがイキイキとしていましたよ。
 少女創作ブログで続きを読む

涼宮ハルヒの溜息/感想/谷川流/角川スニーカー文庫

ブログネタ
涼宮ハルヒの憂鬱 に参加中!
 というワケで『涼宮ハルヒ』シリーズ3冊目を読了。アニメ版第01話の自主制作映画撮影エピソードをまるまる収録です。思わずアニメ版第01話を見返しちゃうこと請け合いの面白さ。ネタバレ感想につき、アニメ版でタイムリーに楽しんでる方はご注意を。 続きを読む

涼宮ハルヒの退屈/感想/谷川流/角川スニーカー文庫

ブログネタ
涼宮ハルヒの憂鬱 に参加中!
 というワケで『涼宮ハルヒ』シリーズ2冊目を読了。オフィシャルでは『涼宮ハルヒの溜息』の方が2巻扱いですが、話の時系列順的にも、雑誌掲載時期的にもこの『退屈』の方が『溜息』よりも先ということで、こっちから読んでしまいました。4編からなる短編集。ネタバレ感想につき、アニメ版でタイムリーに楽しんでる方はご注意を。続きを読む

涼宮ハルヒの憂鬱/感想/谷川流/角川スニーカー文庫

ブログネタ
涼宮ハルヒの憂鬱 に参加中!
 「学園コメディ」、「青春活劇」、「ビミョーに非日常系学園ストーリー」、全部その通りだと思ったけど、とにもかくにも、こ、これは、実は普通にイイ話だ!
 ネタバレ感想につき、原作読まずにタイムリーにアニメ版だけ楽しんでるという方はご注意を。続きを読む

今野緒雪『マリア様がみてる レイニーブルー』/感想@再読/コバルト文庫

ブログネタ
マリア様がみてる好きさん に参加中!
 しばらく空きましたが再読感想の続きです。薔薇の色別に3エピソードそれぞれの感想を。近刊のテーマにかかってくる場面、台詞なんかも再発見したりして新たに楽しめたのでした。 続きを読む

J.R.R.トールキン『指輪物語〜王の帰還〜』/感想/評論社

ブログネタ
ファンタジー に参加中!


 「型をしっかり覚えた後に、『型破り』になれる」(中村 勘九郎)

 の警句を、あいば的に物語鑑賞論の警句に置き換えると、

 「型を知ってるからこそ、型破りが楽しめる」

 となります。
 ……そういう文脈で、剣に魔法にエルフにドワーフにという近年のファンタジーに多大な影響を与えた、「型」中の「型」、『指輪物語』をついに読了。王道から変化球的なモノまで、幅広くこれからファンタジーを楽しむためにも、最高の「型」として読んでおいて損はないですぜ?続きを読む

J.R.R.トールキン『指輪物語〜二つの塔〜』/感想/評論社

ブログネタ
ファンタジー に参加中!


◇二つの塔 上1

 「まるでその目の後ろにはとてつもなく大きな井戸があってね、そこには大昔からの記憶と悠長で不動の考えがいっぱいつまってるって、感じなんだ。だけどその表面には現在がきらめいている。」

 ピピンが森のエントの木の鬚おじさんに対して持った第一印象がコチラ。詩的です。ステキに詩的です。
 とりあえずこの木の鬚おじさんが、今回の最ヒットキャラ。指輪物語作中では、第一部のトム・ボンバディルに次ぐヒットキャラです。悟ってる人?っていいよね。続きを読む

J.R.R.トールキン『指輪物語〜旅の仲間〜』/感想/評論社

ブログネタ
ファンタジー に参加中!



 ファンタジー・オブ・ファンタジー!

 圧倒的な世界観がヤバいです。序盤に相当の量のページ数を割いて世界観描写を濃密に入れてる部分があって、これが軽い気持ちで読み始めた人にはハードルになりそうな部分でもあるんですが、これを読まなきゃ始まらない。剣に魔法にエルフにドワーフにという近年のファンタジーに多大な影響を与えた、濃密で細部まで行き届いたトールキンの創出した世界をじっくりと味わって欲しい所。 続きを読む

今野緒雪『マリア様がみてる くもりガラスの向こう側』/感想/コバルト文庫

 ここ数巻特に顕著な、サブタイトルを1冊の主題に絡める技が今回も巧な最新刊です。マリみてのメイン物語である祐巳物語の進展部分だけじゃなく、細かいコメディパートでも大技炸裂で楽しめた200P弱でした。
 以下、「続きを読む」で、相変わらずの長い(笑)ネタバレ感想です。
 少女創作ブログで続きを読む

今野緒雪「マリア様がみてる 黄色い糸」/感想/Cobalt (コバルト)2006年04月号

 「選んだ理由? そうね。私はあなたのことを、まだほとんど知らないけれど、あなたといると、楽しそうだから」

 未だ語られていなかった江利子−令の黄薔薇ラインの出会い編。構成としては蓉子−祥子の紅薔薇ラインの出会いを描いた『マリア様がみてる プレミアムブック』収録の「Answer」の裏という形になってます。以下、ネタバレ感想です。
 少女創作ブログで続きを読む

小林深雪『至上最強の恋愛 (Level 2)』/感想/講談社X文庫

ブログネタ
ライトノベル に参加中!
 ホワホワ三姉妹モノ2冊目。
 東大目指して勉強一筋だった長女の美保姉さんが恋してホワリ……みたいなお話。
 どうでもいいけど表紙は腕組み真保&果保。1998年。ストロベリ姉妹は既に存在したッ!続きを読む

真朝ユヅキ「波瀾万丈☆青春生き残りゲーム−魔王殿下と勇者の私−」/感想/コバルト2006年2月号

ブログネタ
ライトノベル に参加中!
 「もう夢オチで行く、これしかないそれかきっと何かクリアしたら目が覚めるしくみなんだこれもよくある。で何をしたらいいの」

 15歳で2005年コバルトノベル大賞の佳作を受賞した真朝ユヅキさんの作品ー。続きを読む

プロジェクト・マリア/コバルト文庫創刊30周年記念特集/コバルト02月号感想

 コバルト2月号の感想など。プロジェクト・マリアは名前がカッコいい。マリみてキャンペーンの名前なんですが、なんかもっと仰々しいプロジェクトみたいですよ。一方でコバルト文庫創刊30周年記念特集は本当ためになりました。今年は少女創作をキーワードにしようかなんて言ってた僕のために編集されたかのような特集。70年代以降の少女小説史を知る上での非常に貴重な資料です。これは、長い間取っておこう。もう1冊くらい買っておこうか迷い中ですよ。続きを読む
テレビが復活したので観ている&観ようと思っている作品

→2020年10月から観ようと思っている作品

●『アサルトリリィBOUQUET(ブーケ)(公式サイト)』

舞台『アサルトリリィ League of Gardens』の感想

●『ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会(公式サイト)』

●『神様になった日(公式サイト)』

●『安達としまむら(公式サイト)』

●『ドラゴンクエスト ダイの大冒険(公式サイト)』

→現在観ている作品

●『仮面ライダーセイバー(感想)』

●『ヒーリングっど♥プリキュア(感想:別ブログ)』

新作短編小説

20200409hashihimekagemonogatari

――いつか、この孤独が終わったら。

 これまでで一番くらいよく書けた小説なので、読んでやって頂けたら喜びます。↓


『橋姫影物語』/pixiv

『橋姫影物語』/カクヨム

最近やっていること

c78d9999

 2020年はpixivFANBOXを中心に活動しております。

 最近どういうことをやっているのか、一読しておいて頂けたら喜びます。↓


相羽裕司のFANBOX/pixivFANBOX

管理人によるS市(仙台市)小説シリーズ

 東北はS市(仙台市)を舞台に虚構と現実と神話が行きかう小説を書いております。各作品は基本的に独立しているので、ピンときたものから読んで頂けます。

●2021年の糸の物語『少女輪廻協奏曲 ノギクとヴェドラナの愛』

 証明してみせる。この世界に全員分の居場所があることを。

 歴女のノギクとスロヴェニアの少女ヴェドラナは幼馴染の親友同士。十年ぶりに仙台駅で再会したが、道化師と遭遇して異世界リュヴドレニヤに飛ばされてしまう。戦争中の異世界で、ノギクは少年騎士ミティアと出会い「契約」を交わす。現実世界の大震災の生存者であるノギクは、人々のフツウを守るため、歴史知識と明晰な知力を生かして、異世界の戦争を終わらせようと行動を開始する。

「カクヨム」様で読む

 ◇◇◇

●2016年の居場所の物語『こちら街アカリの復興部!』

townslightshyoushi

 昼は地道に復興活動。夜は荒事ありの助っ人稼業。

 仮設住宅地区でお年寄りの話を聞いたり、お弁当を配達したり、同人誌を作ったり、そして戦ったり!?……東北の地より贈る、青春、復興、恋愛、そしてバトル。

「カクヨム」様版で読む

「エブリスタ」様版で読む

 ◇◇◇

●2013年の勇気の物語『非幸福者同盟』

asumiforkakuyomu1
(イラスト:馬の助さん/ブログTwitterPixiv

 歴史建造物擬人化×能力バトル×幼馴染→本格物語

 S市(仙台)が舞台の郷里的オリジナル小説『非幸福者同盟』をWEB連載中。

 2017年12月24日(日)、第263節(第260節)「広瀬川灯明邀撃戦線2〜偽者の聖女」が公開です。現在、最終話がスタートしております。ようやくここまで来られました。

 令和元年五月一日(水)より連載再開。超熱量で「最後の十七節」がスタートしております。

「カクヨム」様で読む

「小説家になろう」様で読む。

 累計62000PV達成も感謝です。

 イントロダクション&登場人物紹介はこちらの記事から。

 ◇◇◇

●2012年の正義の物語『妹の紋章』


 震災後の2012年の東北は仙台を舞台に剣術家の兄と木彫りが趣味の妹が織りなす街と心の再生の物語。

 2018年3月8日(木)〜3月13日(火)の期間限定無料キャンペーン中、AmazonさんのKindleストア「売れ筋ランキング」無料Top100で最高33位にランクインありがとうございます。無料の方とはいえKindle本の総合で100位入りは初めてで嬉しい〜。

180310rank4

 「読み物」カテゴリではなんと1位。

180309rank7

・Kindleの電子書籍って、スマートフォンで読めるの?

→読めます。AmazonさんのサイトからKindleのアプリをフリーでダウンロードして頂けたらと。

・Kindleの電子書籍って、PCで読めるの?

→読めます。AmazonさんのサイトからPC用のKindleビューアーをフリーでダウンロードして頂けたらと。

 ◇◇◇

●1999年の愛の物語『夢守教会』

yumemorihyoushi

 1999年。

 心に傷を負った「僕」は新興宗教少女・弓村理子(ゆみむら・りこ)と出会う。


 ミステリであり、幻想小説であり、バトルもの小説でもある『夢守教会』ですが、第一章「少女のケニング」はこの章のみで完結している青春・恋愛小説として読んで頂けます。

「エブリスタ」様で読む

↓昔のWEBサイト版

yumemori_bana2

 ◇◇◇

aibasshi

 より豊かに、継続的に作品を提供していくために、Entyさん経由でパトロン(という名の月額少額支援者)になって頂けたら喜びます。

「Enty」TOPページ

→「Enty」への登録はこちらから。

相羽のページ「S市(仙台市)小説シリーズ」/Enty

その他の小説色々

wugishinomaki

 2015年10月25日(日)に、地元仙台は「日立システムズホール仙台・交流ホール」で開かれたWUG!の同人誌即売会イベント『同人誌即売会やらせてください!in仙台』にサークル参加させて頂きました。新刊『ミリオンアート・ウェイクアップ!〜実波と菜々美と未夕が石巻に行く小説本』を頒布。詳しくはこちらの記事より
 イベントのレポはこちら。
 新刊のBOOTH様での通販ページはこちら。

 ◇◇◇

『暗闇の中で灯す物語と文明のアカリ』

 Pixivとの提携サービスBOOTH様にて、コミックマーケット・イベントなどで頒布させて頂いた同人誌既刊の通販窓口を開いております。『魔法使いの夜』『Fate』『ひぐらしのなく頃に』二次創作やオリジナル小説などなど。よろしくお願いいたします。↓

Language×Language同人誌通販/BOOTH

 ◇◇◇

DlXVkKaUYAAB8oO

 2018年9月2日(日)「レインボーフレーバー19」にて頒布されましたTJさん(ブログTwitter)主催の平成ファイナルなコンセプトアンソロ『平成プリキュア対昭和ライダー アンソロジー大戦』に二次創作小説を2P寄稿(僕は『フレッシュプリキュア!』と『仮面ライダーブラックRX』のクロスオーバーを書きました)しております。詳しくはこちらからよろしくです。また、通販ページはこちらから。

 ◇◇◇

dicapreantholo

 2015年10月4日(日)「レインボーフレーバー13」にて頒布されたTJさん(ブログ)主催のプリキュアシリーズ十世代記念アンソロ『PRECURE 10TH ANTHOLOGY ディケイド&オールプリキュア ANTHOLOGY大戦』に小説を2P寄稿(僕は『スマイルの世界』担当!)。特設サイトはこちらをよろしくです。また、通販ページはこちらから。

Special Advertisements

・2018年10月24日(水)発売


→当ブログの『少女☆歌劇 レヴュースタァライト』の感想

 ◇◇◇

→2018年12月5日(水)発売


 当ブログの劇場で観てきた時の感想↓

リズと青い鳥の感想〜伝わらないまま美しい時間を生きる(ネタバレ注意)

 ◇◇◇

・『ハナヤマタ』の浜弓場双先生のアイドル漫画


 管理人のお仕事記事×7。↓

recommend-yuri5-2010nendai_eyecatch

2010年代の百合漫画おすすめ5選!『やがて君になる』もWEB漫画も紡ぐ多メディアで百合が編まれた時代の注目作をご紹介/マンガフル

recommend-yuri5-2000nendai_eyecatch

2000年代の百合漫画おすすめ5選!『マリア様がみてる』で花開く百合隆盛期の注目作をご紹介/マンガフル

recomend-school-resort_eyecatch

『すくりぞ!』の読むとホっとする学校リゾート化コメディの魅力とは?6人の登場キャラと心に余裕ができるゆるやかな話をご紹介/マンガフル

recomend-chikanoko_eyecatch

百合漫画『ちかのこ』の読むと幸せになれる異種族同居コメディの魅力とは?登場キャラと日常と非日常を巡る不思議なお話をご紹介/マンガフル

colum-dragonball-douzoku _eyecatch

ドラゴンボールは「同族殺し」に囚われた者達を悟空が自由にしていく話であると考察してみる/マンガフル

recommend-yuri-jogakuen_eyecatch

百合漫画で女学園ものおすすめ5選!伝統ある学舎で紡がれる特別な関係を描いた作品を紹介/マンガフル

180405fruittartenty

漫画おちこぼれフルーツタルトを登場アイドルのダメ可愛さと共に紹介/マンガフル

管理人の「ほしい物リスト」

→Amazonさんの「ほしい物リスト」について初めてという方のための、「やまなしなひび」さんのイントロダクション記事〜Amazonの「ほしい物リスト」を公開する際&公開している人に贈る際に気を付けたいこと

『薄暮』プロジェクトを応援中

 山本寛監督の、(東日本大震災後の)東北(を舞台とした)アニメーション作品三部作。
 岩手県大槌町を舞台とした『blossom』。宮城県仙台市などを舞台にした『Wake Up, Girls!(感想)』。そして今回ラスト三作目となる福島県いわき市を舞台とした『薄暮』……というプロジェクトを応援中です。

 「CAMPFIRE」でのクラウドファンディングのサクセスおめでとうございます〜。

山本寛オリジナル作品「薄暮」アニメ制作プロジェクト/CAMPFIRE

参考:アニメ業界ウォッチング第32回:“自分の創作の原点に立ち返りたい”――いま、山本寛監督が「薄暮」をつくる理由/アキバ総研

参考:『薄暮』制作のクラウドファンディングに参加しました

『Wake Up, Girls!』応援中

 2014年1月劇場公開&TVシリーズ放映開始〜3月まで放映していた地元仙台が舞台のアイドルアニメ&リアルアイドルプロジェクト『Wake Up, Girls!(ポータルサイトニコニコチャンネル聖地仙台舞台散策)』、TVシリーズ第一期&続・劇場版まで応援しておりました。

 まずは第0話相当の『劇場版『Wake Up, Girls! 七人のアイドル』』を!

 ◇◇◇

●キャラソン発売中


2014年の仙台でのライブレポはこちら

●Blu-ray劇場版〜TVシリーズ全6巻発売中


劇場版『Wake Up, Girls! 七人のアイドル』Blu-rayの感想はこちらEnglish text第1話の感想第2話の感想第3話の感想第4話の感想第5話の感想第6話の感想第7話の感想第8話の感想第9話の感想第10話の感想第11話の感想第12話(最終回)の感想はこちら

→七人の前日譚がシリーズ構成の待田堂子さん書き下ろし小説で発売。当ブログの小説版『Wake Up, Girls! それぞれの姿』の感想はこちら


仙台(及び東北)に経済循環をと画策しはじめて久々に全話感想書きました。2014年はアップデート版の復興をはじめたい......。ブログに感想書いている方おりましたら、気軽にTBください。

WUG!雑記はこちら(色々書いております。)

ブログメニュー
有料コンテンツメニュー

●コミュニケーションのために知っておきたい「言葉」の基礎知識(リンク切れ中)
→言語学で修士を保持している管理人による本格学習コンテンツです。

月別過去ログ
ランゲージダイアリーへようこそ
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Advertisements@Google

(調整中)

管理人、相羽へのコンタクト

▼Twitterアドレス(全ブログ/サイト兼用)

 http://twitter.com/
sabishirokuma


 短い文章更新件コミュニケーションツールはTwitterに移動中です。フォロー歓迎です。また、僕のつぶやきだけまとめてあるページはこちらとなります。

▼他、WEB拍手でもご連絡頂けます。
WEB拍手
メールフォーム

▼お仕事の依頼などはGmailへ

 文章を書くのが得意です。小説、WEB記事の依頼などお待ちしております。↓

 aibayuji<アットマーク>gmail.com

AmazonさんのKindleストアで販売中の電子書籍第二弾です

●2013年10月19日(土)、Kindleストア「絵本・児童書 > 読み物」カテゴリで7位感謝!


 Kindle実機はもちろん、iPhone、iPad、Androidなどの、各種スマートフォンやタブレット端末のKindleアプリ(無料)で読んで頂けますので、ご購入頂けたら幸いです。

 販売開始時の記事はこちらとなっております。

AmazonさんのKindleストアで販売中の電子書籍第一弾です

 Kindle実機はもちろん、iPhone、iPad、Androidなどの、各種スマートフォンやタブレット端末のKindleアプリ(無料)で読んで頂けますので、タイミングが合った時に購入頂けたら幸いです。



 販売開始時の記事はこちらとなっております。

メルマガを配信しております。

 まぐまぐさんの方で、300部ほどのメールマガジンを数年間発行させて頂いております。フリーで登録できますので、よかったらどうぞです。

 制作した電子書籍の販売など、個人規模での「創作+収入」の活動に興味がある方は是非。↓

創作者のためのマーケティングエッセンス/まぐまぐ

  • ライブドアブログ