相羽です。

 歴史の再勉強をしている話。

 『図説 日本の古典(集英社)』の『枕草子』の箇所を読んだりしておりました。

200827makuranosoushi

 僕の認知の外にあったのですが、この図説、なんか子供の頃から家に揃ってたんですよね。歴史の再勉強をしている現在の身としては、とてもありがたい。宝物はいつだって、足元に既にあるのだった。

 学生の方に古文を教える機会があった時に断片断片を読んでいたのですが、今改めて読んでみると、僕の心境のようなものの方が変わっているのか、とにかくしみじみと清少納言の文章は「イイ」なと思います。

 超大な『源氏物語』を書き上げた紫式部はすごいですが、最近は必ずしも物語に随筆がおとるということもなく、『枕草子』は『枕草子』でやはり素晴らしいと思っていて。

 サクっと読める文章には、サクっと読める文章の良さがある。

 また、ブログとかが一番長く続いている僕はどちらかというと清少納言タイプなのかもしれないとも思ったりします(笑)続きを読む