ランゲージダイアリー

宮城県仙台市からおくる、最近は介護ロボット研究とか歴史や人体の勉強日記

漫画

漫画『NEW GAME!』考察記事で編集・校正を担当させて頂きました

column-newgame_eyecatch

 相羽です。

 数年前から、ライターとしてちょくちょく執筆させて頂いてる漫画WEBメディア、


マンガフル


 様で、得能正太郎先生(Twitter)の漫画『NEW GAME!』の考察記事が本日公開されました。

 こちらの記事で、編集・校正を担当させて頂きました。

 わりと本気出して編集・校正したシロクマ、ここに眠る。

 執筆は『見える子ちゃん』紹介記事に続いて、作品の大ファンでもある新ライターの柚木(ゆぎ)さんです。


 作品の完結記念の記事となりつつ。

 何気に、『けいおん!(!!)』から連なる「きらら」文脈をも考察している只者ではない感じの記事となっております。

 並行する可能性を否定しないゆえの「ゆったりさ」とは、みたいな話でしょうか。

 とても素敵な記事になっている&なにより『NEW GAME!』は本当素晴らしいと思うので、是非ぜひ読んでやって頂けたら喜びます〜。↓


漫画『NEW GAME!』名台詞集!キャラの成長をとらえた5つの瞬間を軸に物語の魅力に迫ります /マンガフル




『レヴァリアース』好きだった

 相羽です。

 先日公開されました『レヴァリアース』の「ゆるゆるコラム」ですが。


yuruyurucolumn-reveryearth_eyecatch

『レヴァリアース』〜ファンタジーの神髄「オッツ・キイム」三部作の幕開けは人間と魔物が仲良く暮らす世界を夢見た男装少女とゆく冒険譚/マンガフル


 夜麻みゆき先生にTwitterでリツイートして頂いたこともあり。


 かなりたくさんの方々に読んで頂いております。ありがとうございます。

 み、みんな、『レヴァリアース』大好きだったのですね!続きを読む

漫画『レヴァリアース』について「80年代・90年代の漫画について語るコーナー」に寄稿させて頂きました

yuruyurucolumn-reveryearth_eyecatch

 相羽です。

 数年前から、ライターとしてちょくちょく執筆させて頂いてる漫画WEBメディア、


マンガフル


 様で、今月からはじまった「ゆるゆるコラム」の企画に、漫画『レヴァリアース』のミニコラムを書かせて頂きました。

 僕は火曜日更新予定(できるだけ毎週書けるのを目指してはおります……)の「80年代・90年代の漫画について語るコーナー」を担当させて頂いております。

 自分でも現在ファンタジー小説を制作中なこともあり、自分の中の「ファンタジー」観を見直しているところなのですが。

 コラム中でも触れていますが、90年代に光を放った夜麻みゆき先生がおくる空想(ファンタジー)世界、「オッツ・キイム」はとにかく輝いていて、放たれた光の「流れ」は子どもの頃に体験したフワフワとした感覚を経由しながら、大人になった現在の僕にも流れ着き、血肉となっております。

 ファンタジーの「流れ」は国とか時代のワクを超えて、それを楽しむ人々の間をそれ独特のコースをたどりながら流れ続けてやむことがありません。

 ある作家さんがある時期に大出力の光を放ち、仮に時間と共にリソース比で放てる光の量は弱まってきたのだとしても、弱まった状態なりに作り続けるといういとなみ自体に、またそういったいとなみから生まれた作品にも意味がある、と個人的には考えています。

 やがて全ての光は消滅するとしても、向かっていく「果て」の方を向いているように生きていたいし、願わくば光の「終わり」を見届けたい。

 微妙な昭和から平成頃の感覚を、思い出しつつ気軽に読んで頂けたりしたら喜びます〜。↓


『レヴァリアース』〜ファンタジーの神髄「オッツ・キイム」三部作の幕開けは人間と魔物が仲良く暮らす世界を夢見た男装少女とゆく冒険譚/マンガフル

レヴァリアース(1)
夜麻みゆき
Jコミックテラス
2020-11-13


レヴァリアース(2)
夜麻みゆき
Jコミックテラス
2020-11-13


レヴァリアース(3)
夜麻みゆき
Jコミックテラス
2020-11-13

漫画『転生王女と天才令嬢の魔法革命』第2巻の感想〜自由の憂鬱から令嬢は一歩踏み出し王女と共に街を守るために戦う

 相羽です。

 漫画『転生王女と天才令嬢の魔法革命』第2巻の感想です。

 ネタバレ注意です。続きを読む

漫画『転生王女と天才令嬢の魔法革命』第1巻の感想〜異世界転生×百合×魔道具開発のピュアファンタジー(ネタバレ注意)

 相羽です。

 漫画『転生王女と天才令嬢の魔法革命』第1巻の感想です。

 ネタバレ注意です。続きを読む

漫画『レニフィルの冒険』について「80年代・90年代の漫画について語るコーナー」に寄稿させて頂きました

yuruyurucolumn-renifil_eyecatch

 相羽です。

 数年前から、ライターとしてちょくちょく執筆させて頂いてる漫画WEBメディア、


マンガフル


 様で、今月からはじまった「ゆるゆるコラム」の企画に、漫画『レニフィルの冒険』のミニコラムを書かせて頂きました。

 僕は毎週火曜日更新予定の「80年代・90年代の漫画について語るコーナー」を担当させて頂いております。

 自分でも現在ファンタジー小説を制作中なこともあり、自分の中の「ファンタジー」観を見直しているところなのですが。

 コラム中でも触れていますが、子供の頃に触れた『ロードス島戦記』〜『月刊少年ギャグ王』とか『月刊ガンガンファンタジー』(現・『月刊Gファンタジー』)とかが隆盛……の80年代・90年代頃の作品は、一番自分の「ファンタジー」観に影響を与えている気がしております。

 それをいうなら『ドラゴンマガジン』系(『スレイヤーズ』とかですね)にも触れなきゃ! など各自言いたいことがあると思いますが(笑)、しばし、このコーナーで80年代・90年代の「ファンタジー」についても振り返っていきたいと思っております。

 微妙な昭和から平成頃の感覚を、思い出しつつ毎週気軽に読んで頂けたりしたら喜びます〜。↓


『レニフィルの冒険』〜90年代キッズをファンタジー世界へ誘う一角を担った面白エルフと一緒にゆく冒険譚/マンガフル

レニフィルの冒険(1)
石田和明
Jコミックテラス
2020-11-13


レニフィルの冒険(2)
石田和明
Jコミックテラス
2020-11-13


レニフィルの冒険(3)
石田和明
Jコミックテラス
2020-11-13


レニフィルの冒険(4)
石田和明
Jコミックテラス
2020-11-13

漫画『雑居時代』について「80年代・90年代の漫画について語るコーナー」に寄稿させて頂きました

yuruyurucolumn-zakkyo_eyecatch

 相羽です。

 数年前から、ライターとしてちょくちょく執筆させて頂いてる漫画WEBメディア、


マンガフル


 様で、今月からはじまった「ゆるゆるコラム」の企画に、漫画『雑居時代』のミニコラムを書かせて頂きました。

 今のところ、僕は毎週火曜日更新の「80年代・90年代の漫画について語るコーナー」を担当予定です。

 『雑居時代』は思い入れが深い作品です。

 姉の本棚にあった漫画版を子供の頃から何度も繰り返し読んで、この作品の影響で僕は一時本当に北大(劇中で数子が志望してる)を目指していましたからねw(結局、別な関東圏の大学に行ったのですが……。)

 微妙な昭和から平成頃の感覚を、思い出しつつ毎週気軽に読んで頂けたりしたら喜びます〜。↓


『雑居時代』〜不完全ゆえの人間らしさを描く氷室冴子原作の傑作昭和青春コメディ/マンガフル

雑居時代 1 (白泉社文庫)
氷室冴子
白泉社
2015-12-24


雑居時代 2 (白泉社文庫)
氷室冴子
白泉社
2015-12-24

『鬼滅の刃』考察記事が1500PVを超え、80年代の漫画コラムを執筆し、『見える子ちゃん』のアニメがはじまる

 相羽です。

 『鬼滅の刃』の考察記事が、先日の『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』TV放映以来PV数が好調で、8月6日の記事公開以来の累積PV数が1500を超えました。

 TVアニメシリーズ「無限列車編」・「遊郭編」と、これからさらに世の中的には盛り上がっていくと思われますので。

 僕が書いた記事で、歴代1位、2位くらいたくさんの方々に読んで頂けた記事になるのではないか……と、「ありがたい!」という気持ちでいっぱいであります。

 『鬼滅の刃』考察記事は、現在第二弾を制作中です。

 第二弾は、第一弾よりもエモい感じ(え)になっておりますので、『鬼滅の刃』が好きという方はお待ち頂けたら幸いです。続きを読む

漫画『アラガネの子』の名言推し記事に寄稿させて頂きました。

araganenoko-meigen4_eyecatch

 相羽です。

 数年前から、ライターとしてちょくちょく執筆させて頂いてる漫画WEBメディア、


マンガフル


 様で、漫画『アラガネの子』についてライター4人が推し名言をピックアップして語るという記事が公開されました。

 僕は、ワクワク感がある名言をピックアップして昔話(え)をしております。

 編集を担当された方の手腕で、何だか癒される感じの記事になっておりますので、癒されたい人とかは読んでやって頂けたら喜びます〜。↓


『アラガネの子』名言集!4人の漫画ライターが自らに重ねる「優しい」ファンタジーとの共感/マンガフル




最近の『E☆2(えつ)』掲載分の『ちかのこ』、42話「チカのわらしべチャレンジ!」、43話「ポイの華麗なる日常」、番外編「JKクロとネコハウスの仲間たち」の感想

 相羽です。

 漫画『ちかのこ』の最近の雑誌『E☆2(えつ)』掲載分。

 第42話「チカのわらしべチャレンジ!」、第43話「ポイの華麗なる日常」、番外編「JKクロとネコハウスの仲間たち」の感想です。

 ネタバレ注意です。

(特に、コミックスで追っておられる方は、以下、単行本第6巻の続きの雑誌掲載分の最新エピソードの部分のネタバレが含まれている点にご注意頂けたらと思います。)続きを読む

漫画『鬼滅の刃』の考察コラムを寄稿させて頂きました。

column-kimetsunoyaiba_eyecatch

 相羽です。

 数年前から、ライターとしてちょくちょく執筆させて頂いてる漫画WEBメディア、


マンガフル


 様で、漫画『鬼滅の刃』に関する考察コラムを書かせて頂きました!

 黙々と書いていたものが完成いたしました。1万4000字くらいありますw

 『鬼滅の刃』は炭治郎が故人の想いを大事にしてるところが好きです。

 最終回の意味、煉獄さんの大事さ、無惨が象徴するものなど全部考察。

 SNS等でシェアして頂けたら喜びます。

 後の世に残る僕の仕事としては、これなんじゃないかくらいのいきおいの文章となっております〜。↓


『鬼滅の刃』考察!人間と鬼を分ける「転生」に注目して読解し日々の恐れや不安を滅してみた/マンガフル

鬼滅の刃 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)
吾峠呼世晴
集英社
2016-06-17





漫画『煙と蜜』のクロスレビュー記事に寄稿させて頂きました。

crossreview-kemuritomitu_eyecatch

 相羽です。

 数年前から、ライターとしてちょくちょく執筆させて頂いてる漫画WEBメディア、


マンガフル


 様で、漫画『煙と蜜』についてライター5人がクロスレビュー形式で書かせて頂く……というコンセプトの記事が公開されました。

 僕は、「ストーリー重視ライター」として本作における「煙(大人)」と「蜜(子供)」の対照構造について、大正5年という時代設定において歴史上の事実から予見される今後の物語の見所について……など書かせて頂きました。続きを読む

居場所(さくひん)という座標

 相羽です。

 先日公開された『ちかのこ』第5巻の記事ですが。

 らぐほのえりか先生にも紹介して頂いて、ありがとうございます〜。↓

 居場所。

 争いあっている人たちも、仲がよい人たちも、家族も、人間最後にはみんな死ぬので(え)、一時(いっとき)同じ世界に生まれた証のような作品があったりするとイイですね。続きを読む

エンとゆかりと破滅

 相羽です。

 年始に「角川スニーカー大賞」に応募するつもりですと言っていた新作小説は。

 6千字くらい書いたところで、これ、ヒロイン視点から書いた方が面白くなる!? と思い至り、一から書き直しはじめてまた今千字くらいのところなのでした。

 今年中に書き終わるかな……。

 『ゼロメル』の方、未だにご購入頂いていてありがとうございます。↓



 電子書籍は、買って頂くとたいへん励みになります。

終末の週末
相羽裕司
2013-10-14


妹の紋章
相羽裕司
2014-08-09


 収入的にも、とてもありがたいです〜。

 ◇◇◇

 先日公開された『ちかのこ』第5巻の記事は。

 尊敬するホキさん(現在の雑誌『E☆2』(えつ)の編集長さん)にも紹介して頂いて、ありがとうございます。↓続きを読む

漫画『ちかのこ』第5巻のコラムを寄稿させて頂きました。

column-chikanoko-5_eyecatch2

 相羽です。

 数年前から、ライターとしてちょくちょく執筆させて頂いてる漫画WEBメディア、


マンガフル


 様で、漫画『ちかのこ』第5巻に関するコラムを書かせて頂きました!

 なんだかんだで、完成まで一年くらいかかってしまった記事となります。
(途中、他の文章などを書きながらちょくちょく進めていたというかたちですが。)

 無償の愛を探し続けるノコの居場所と覚悟。

 とても良い文章が書けたのではないかと思うので、このタイミングで読んでやって頂けたら喜びます〜。↓


『ちかのこ』第5巻が照らす足元の宝物〜寒い日も一緒にいる「家族」をもう一度/マンガフル

ちかのこ6 特装版
らぐほのえりか
廣済堂出版
2021-04-30


ちかのこ6
らぐほのえりか
廣済堂出版
2021-04-30

漫画『怪獣8号』のクロスレビュー記事に寄稿させて頂きました。

crossreview-kaiju8gou_eyecatch

 相羽です。

 数年前から、ライターとしてちょくちょく執筆させて頂いてる漫画WEBメディア、


マンガフル


 様で、漫画『怪獣8号』についてライター5人がクロスレビュー形式で書かせて頂く……というコンセプトの記事が公開されました。

 僕は、「ストーリー重視ライター」として主人公の日比野カフカとヒロイン亜白ミナの関係、震災文学的な側面(怪獣=災害)……などについて書かせて頂きました。

 短めの文章ですが、けっこう良い文章が書けたのではないかと思うので読んでやって頂けたら喜びます〜。↓


『怪獣8号』クロスレビュー!5人のライターによる王道ヒーロー怪獣マンガの読み方とは?/マンガフル




漫画『見える子ちゃん』紹介記事で編集・校正を担当させて頂きました

recommend-mierukochan_eyecatch

 相羽です。

 数年前から、ライターとしてちょくちょく執筆させて頂いてる漫画WEBメディア、


マンガフル


 様で、泉朝樹先生(Twitter)の漫画『見える子ちゃん』の紹介記事が本日公開されました。

 こちらの記事で、編集・校正を担当させて頂きました。

 わりと本気出して編集・校正したシロクマ、ここに眠る。

 執筆は新ライターの柚木(ゆぎ)さんです。

 記事の公開がアニメ化の発表と重なったのはまったくの偶然です。

 本日、僕も「エエっ!?」って思いました(笑)

 とても素晴らしい記事になっている&なにより『見える子ちゃん』が本当面白いと思うので、是非ぜひ読んでやって頂けたら喜びます〜。↓


『見える子ちゃん』の魅力を紹介!見える世界が違っても楽しいホラーコメディは可愛いキャラ×深面白い話が脳にくる /マンガフル

見える子ちゃん 1 (MFC)
泉 朝樹
KADOKAWA
2019-04-22

「M-1グランプリ2021」として『ちかのこ(第5巻)』を漫画メディア『マンガフル』様で紹介させて頂きました。

mangafull-m-1-2021

 相羽です。

 数年前から、ライターとしてちょくちょく執筆させて頂いてる漫画WEBメディア、


マンガフル


 様で、ライターの人たちが思い思いに「2020年に読んだ漫画の中でNo.1はコレだった!」という作品を紹介するというコンセプトの記事が公開されました。

 僕は、らぐほのえりか先生の『ちかのこ(の、主に2020年に発売された第5巻)』について書かせて頂いております。

 今回、短めの文章ですが、けっこう良い文章が書けたのではないかと思うので読んでやって頂けたら喜びます〜。↓


M-1グランプリ2021!ライターが選ぶ2020年No.1と思うバラエティに富んだ5作品を熱くご紹介!/マンガフル

ちかのこァ‘蛋版 (E★2コミックス)
らぐほのえりか
廣済堂出版
2020-05-01


ちかのこ (5) (E★2コミックス)
らぐほのえりか
廣済堂出版
2020-05-01

バレンタインの使者を名乗る何者かから『クロスボーン・ガンダム』全巻が贈られてきました

 相羽です。

 「バレンタインの使者」を名乗る何者かから、Amazonの「ほしい物リスト」経由で色々と贈って頂きました。

 ありがとうございます。

 この謎の誰か、僕が「ほしい物リスト」に入れていたものの他にも、プラスしておすすめのものを贈ってくださるのですよね。

 けっこう現れる「バレンタインの使者」。一体何者なのだろう。


2月14日に向けてAmazonのほしい物リストを公開したので、何か下さい!(直球)/やまなしなひび−Diary SIDE−


 さて。

 今回贈られてきたのは。


210210pic1

 マスク。

 僕が「ほしい物リスト」に入れていたのがこれですが。

 ちょうど一箱使い切ったところだったのでありがたい!

 不織布マスクは、スーパーコンピュータ「富岳」のシミュレーションなどでも、けっこう飛沫を防ぐ効果があるとの結果が出ているようです……。

 そして。


210210pic2

 『おとなりに銀河』第1巻。

 なんか漫画とかに詳しい謎の人・ことテリー・ライスさん(Twitter)もブログのこちらの記事↓


参考:コミックスベスト2020/In Jazz -What's Going On-


 で選んでおられた作品です。

 テリー・ライスさんが好きな作品なら、きっと僕も好きであろうの心です。

 週末は、ちょっと銀河行ってきます!続きを読む

「冬に読みたいマンガ」として『今年はじめての雪の日』を漫画メディア『マンガフル』様で紹介させて頂きました。

mangatari-winter-2020_eyecatch

 相羽です。

 数年前から、ライターとしてちょくちょく執筆させて頂いてる漫画WEBメディア、


マンガフル


 様で、ライターの人たちが思い思いに「冬に読みたいマンガ」を紹介するというコンセプトの記事が公開されておりました。

 僕は、榛野なな恵先生の『今年はじめての雪の日』を紹介させて頂いております。

 榛野なな恵先生の短編には、わりと人生レベルで影響を受けております。


参考:榛野なな恵『榛野なな恵作品集 卒業式』/感想/クイーンズコミック


 とかもですね。

 今回、短い紹介の文章ですが、けっこう良い文章が書けたのではないかと思うので読んでやって頂けたら喜びます。↓


マンガフルライターおすすめ「冬に読みたいマンガ」5作品を紹介!/マンガフル




「秋に読みたいマンガ」として『SHIROBAKO 〜上山高校アニメーション同好会〜』を漫画メディア『マンガフル』様で紹介させて頂きました。

ブログネタ
SHIROBAKO に参加中!
mangafull-autumn-2020_eyecatch_720
 相羽です。

 数年前から、ライターとしてちょくちょく執筆させて頂いてる漫画WEBメディア、


マンガフル


 様で、ライターの人たちが思い思いに「秋に読みたいマンガ」を紹介するというコンセプトの記事が本日公開されました。

 僕は、ミズタマ先生(Twitter)の『SHIROBAKO 〜上山高校アニメーション同好会〜』を紹介させて頂いております。

 そこまでねらったわけではないのですが、現在2020年10月から『SHIROBAKO』のアニメがNHKのEテレで再放送されているタイミングとなりましたね。(僕もちょくちょく再放送観ております。)


参考:当ブログの『SHIROBAKO』全話感想


 今回の記事で紹介している漫画『SHIROBAKO 〜上山高校アニメーション同好会〜』はアニメの前日譚的な位置づけのあおい達の高校時代のお話ですが、彼女たちが大人になっても共有している大事なものが何なのか、というかそういったものが構築されていく過程が青春ものテイストで描かれていておすすめです。

 短い紹介の文章ですが、けっこう良い文章が書けたのではないかと思っております〜。↓


マンガフルライターおすすめ「秋に読みたいマンガ」4作品を紹介!/マンガフル




『図書館の大魔術師』紹介記事でちょっとだけ校正のようなことをさせて頂きました

library-recommend_eyecatch

 相羽です。

 数年前から、ライターとしてちょくちょく執筆させて頂いてる漫画WEBメディア、


マンガフル


 様で、


『図書館の大魔術師』の秀麗な世界!本好き必読の精緻に創造されたハイファンタジーの魅力をご紹介


 という記事が昨日公開されました。

 こちらの記事でちょっとだけ校正のようなことをさせて頂きました。

 本文の執筆はエネルギー(ブルーツ波!?)が迸っているライター仲間の神門さん(Twitter)です!

 最近は、ちょっとだけ裏方的なこともやっております。

 僕本体が直接文章を書かなくても、他の方が書いた文章をより良い感じにしていくのをお手伝いする……みたいな仕事も、僕はけっこう向いているのかもなと最近感じたりもしております。

 前々から時々比喩として使わせて頂いておりますが、『FGO』だと(分かる人にしか分からないたとえ!)マーリンさんとか孔明さんみたいな、サポートタイプの能力が僕はわりとある方なんだろうなと、自分の特性を自分で分析していたりもします。

 そんな感じで、マーリンさん・孔明さんか、スカディさんか、はたまたアルトリア・キャスターさんなのか(『FGO』をやってないと分からないたとえ!)のバフが入った新たなる記事、読んで頂けたら喜ぶのでした〜。↓


『図書館の大魔術師』の秀麗な世界!本好き必読の精緻に創造されたハイファンタジーの魅力をご紹介/マンガフル


やはり物理ロボットか

 相羽です。

 最近、ロボットのことを考えて勉強・研究したりしているお話。

 VR/AR(MR)的なものを活かしたものを想定し、そっち方面の勉強とかもちょくちょく始めていたのですが。

 当初、目標としてはデバイスの開発。スマートフォンのようなものにしろ、ウェアラブル的なものにしろ、本体はデバイスにあって、AR(拡張現実)的なキャラクターが出現、言語療法的、リハビリ的なものを行う……というようなイメージを持っていたのですが。

 フと気づいた、僕の本当の気持ち。

 やっぱり物理ボディはほしいな、と。

 ARが出現! もイイけど、ででん! と家に一体物理ボディを持ったロボットがいる。なんだかありがたい、存在感。これも、イイ!

 経験上、こういった心の奥の方からくる気持ちは大事にした方がイイと思っているので、ぼちぼち物理方面のこととか、人体のこととかも改めて考えたり、勉強してみたり始めております。

 介護ロボットについて考えを巡らせていると、一人の人間というのが如何に多機能かに改めて気づかされます。

 トイレ介助もできる! 食事も作れる! 服の着替えも手伝える! 病院への付き添いもできる! etc......!

 2020年7月時点では、これらのどれか一つの機能だけでも、(ロボットで)実用レベルではまだ実現しておりませんからね。

 人間って、すごい。

 そして、それゆえにやはり究極的にはヒューマノイドタイプが、一番実現を求めたいという衝動があるよな、と。

 そんなこんなもあってか、アイデアノートに、文字だけでなく絵を描く割合が増えてきています。続きを読む

「夏に読みたいマンガ」として『Kanon&AIR スカイ』を漫画メディア『マンガフル』様で紹介させて頂きました。

mangafull-summer-2020_eyecatch

 相羽です。

 数年前から、ライターとしてちょくちょく執筆させて頂いてる漫画WEBメディア、


マンガフル


 様で、ライターの人たちが思い思いに「夏に読みたいマンガ」を紹介するというコンセプトの記事が本日公開されました。

 僕は、依澄れい先生(Twitter)の『Kanon&AIR スカイ』を紹介させて頂いております。

 夏だから(主に)『AIR』というのもありますが、麻枝准さんの最新作『神様になった日』の放映開始が2020年10月から予定されている現在というタイミングで、

 改めて『Kanon』や『AIR』などのKEY作品と向き合ってみる時間をとってみたいという個人的な動機もありました。

 短い紹介の文章ですが、けっこう良い文章が書けたのではないかと思っております。

 僕、特に2004年の5月くらいに『CLANNAD』の風子ルートをやっていたというのが、同年9月から母親の介護生活に入るにあたって、けっこう影響していると自分で思っているのですよね。続きを読む

(擬似)家族

 相羽です。

 「マンガフル」さんで書こうかなと準備している『ちかのこ』第5巻の記事は、「家族」を一つの視点に、『ちかのこ』の『ノコちゃんズの​アイラブユーだわね!』までも射程に入れたボリューム感あるものにしようかと画策しております。

 『ちかのこ』第5巻収録のエピソードでおそらく多くの読者さんが度肝を抜かれたのは「寄せ鍋ダークネス」かと思いますが、「ノコちゃんズの​アイラブユーだわね!」は「寄せ鍋ダークネス」と比肩する『ちかのこ』の超絶傑作エピソードの一つです。ファンの間では事実上の最終回のように捉えている人も多いくらいのエピソードです。

200508chikanoko

 同人誌形式で発表された作品で、第5巻にはおそらくあまりに「特別」過ぎるエピソードだからという方向の動機で収録されていないのですが、すごい深度があるエピソードですね。

 「メロンブックス」さん、「とらのあな」さん、「軸中心派」さんの通販だとまだ買えるでしょうかね。↓


ノコちゃんズのアイラブユーだわね! | ragho​


 現在準備中の次の『ちかのこ』記事。

 「小林さんちのメイドラゴン」の感想を書いていた頃の僕の文章を読んでくださっていた方などには興味深く読んで頂けるテキストになるのではないかと思います。

 共同体、ループ、日常、といった話ですね。続きを読む

木田元がハイデガーの『存在と時間』を読んだように『ちかのこ』を読む!?

 相羽です。

 漫画『ちかのこ』の第5巻が5月1日(金)に発売です。

 去年、マンガフル(旧マンガタリ)さんで紹介記事を書くために一ヶ月くらい『ちかのこ』と向き合っていた時から、もう1年くらい経つのですね……。

 その時に書いた記事。↓

 哲学者の木田元氏が、ハイデガーの著作、特に『存在と時間』をものすごく読み込んだ上で執筆している著作群を発表していたりするのですが、一つの書物とじっくり向き合ってみる時間というのも良いものです。

 木田元氏、『ハイデガー『存在と時間』の構築』では未完とされる『存在と時間』の後半部分を自分なりに再構築までしていたりしますからね!続きを読む

2002年スロヴェニア渡航記[2] 教材になりそうな漫画

200214fanbox

 相羽です。

 今回は「2020年前期」のメインコンテンツVol.7のお届けでして、2002年の夏に大学の日本語教育の実習でスロヴェニアという国へ行ってきた時の、旅行記の第2回となります。当時やっていたHTMLのホームページで書いていたものですね。

 僕の昔のホームページは現在非公開になっておりますので、これも蔵出し的な文章ですね!

 今回はスロヴェニアでの授業で漫画とかアニメとか日本のポップカルチャー文化(というかオタク文化?)を紹介しようと考えている頃のテキストです。

 わりと、現在でも僕はこういった文化を媒介にした海外の方との交流に関心を持ち続けているので、僕の原点的な体験の頃とも言えるかもしれないですね。

 そして、『あずまんが大王』が我ながら懐かしいですね(笑)(確か、当時まだ雑誌連載中の頃でした。)

 チラ見せ。↓


---

2002/5/15 (私信) 教材になりそうな漫画


スロヴェニアにて漫画を教材に使おうと本気で思案中。

過去のデータを見ると一人、玖保キリコの「いまどきのこども」という漫画を教材に使った例があるんだが(この漫画知らないんですが、誰か知ってます?)、やはり1コマの授業時間が限られてるので、この人は3ページ位で一つの話が完結するものを選らんで教材にしたようだ。

短めで話が完結するというのなら4コマ漫画なんかもいいのではとふと気づく。

しかし部屋を見回しても4コマ漫画なんて……

ああ、ひとつあるけどね。「あずまんが大王」が。

---


 ではでは、続きは以下pixivFANBOXで!↓


2020年前期Vol.7 2002年スロヴェニア渡航記[2] 教材になりそうな漫画/pixivFANBOX

『不滅のあなたへ』について漫画メディア『マンガフル』様で書かせて頂きました。

mangafull-m-1-2020_eyecatch

 相羽です。

 数年前から、ライターとしてちょくちょく執筆させて頂いてる漫画WEBメディア「マンガタリ」様が、先日、


マンガフル


 様と名称も新しくしてリニューアルいたしまして。

 僕も引き続き漫画に関する文章などを書かせて頂く予定でおります。

 そんな感じで、リニューアル後第一弾。こちらの、


2020年はこの漫画がくる!5人のライターが2020年一押しの作品を熱く紹介!/マンガフル


 ライター5人が2020年注目のマンガを紹介するという企画記事で、『不滅のあなたへ』について書かせて頂きました。

 神話、ブディズム(仏教)の話とか、トーテミズムの話とか、短めながらガチ目な(笑)文章となっているので読んでやって頂けたら喜びます〜。



 大今良時先生の作品に関しては、『聲の形』について書かせて頂いた、  の記事も引き続きよろしくです〜。


漫画の力をフルパワーにする、漫画の力でフルパワーになる的なメディア「マンガフル」が始動

mangafull-about-01

 相羽です。

 ここ数年記事を書かせて頂いていた漫画メディア「マンガタリ」さんが、今年は2020年代に突入という何か区切りも良い感じがある中、今月11日(今年最初の満月の日!)に「マンガフル」と名称を改めて新生再スタートとなりました。

 そして、今日(20日)がリニューアルしましたよ、という告知日です。


 漫画に光を照らし、漫画で世界を照らす。


 新キャッチコピーが、カッコいいです。

 これまでの記事もそのまま全部読めますし、僕も引き続きライターとして色々書いていくので、今後もよろしくしてやって頂けたら幸いです!

 いや〜、へたしたら一年くらい水面下で(リニューアルの)準備をしていたので、告知までたどり着けて良かったですね。

 「マンガフル」では、引き続き、


・自分が好きな漫画は世界の深奥にも接続し得ると1万字を超えるボリュームで考察コラムを展開したり、



・現時点ではめちゃめちゃメガヒットしているとかではないかもしれないけれど、この世界にはこういった「居場所」が必要なんだ! といった漫画を紹介していったり、



・温泉地に取材にでかけては伝統の公衆浴場と最新のキャラクター文化との縫合をささやかに応援したり、




 していきます。

 また、これからは「マンガフル」公式Twitterで僕(相羽)もちょくちょく(主に漫画の話題を)ツイートしたりするようになりますし(公式Twitterはライター陣で共同運営してるみたいな感じです)、


 新しくできた「ゆるコラ(たぶんw「ゆるいコラム」の略)」のコーナーでは、本記事(たいてい1万字とかいってしまう)ほどのフルボリュームではないけれど、気軽にお伝えしたい漫画の話題を、サクっと更新していったりする予定となっております。

(おもむろに『ちかのこ』の感想などを書いていこうかと画策しております!)

 また、以前よりも(よい意味での)「ざっくり感」が増す感じになりそうなので、漫画がきっかけとしてあれば、アニメとかゲームとかイベントとか温泉地(笑)とか、周辺分野に関する文章もどんどん書いていく所存でもあります。

 僕(相羽)がお届けする文章に関しては、小説もイイけど、『機動戦士ガンダムSEED』の頃とか、『コードギアス反逆のルルーシュ(R2)』の頃とか、『けいおん!(!!)』の頃とか、『響け!ユーフォニアム』の頃とか、アニメーション作品の感想・考察文章はもっと好きだ! という読者さんもおられることでしょう(実際、PV数なども現在と比べると爆発的でした)。

 ここしばらくは、いわゆる「まとめサイト」(的なもの)の隆盛などによる悪貨が良貨を駆逐する的な現象もあり、個人のブログは「読まれない」という事象が僕のブログのみならず一種のストリーム的に生じており、そんなにも書いてこなかったのですが(やはり、あんまり読んでもらえないとやる気もそんなにでない)、「マンガフル」さんは様々な人たちと力を合わせていることもあり、「良貨でかつ読まれる」環境が実現可能なメディアになってきていると見込んでおりますので(実は、現在はPV数もめっちゃあるのです)、「読んで頂ける」という部分をクリアできそうになってきた今こそ、良い感じの感想・考察文章も書いていきたいと思っております。

 ではでは、近々、新生スタート第一弾の本記事も更新予定で、僕も寄稿していたりします。


 漫画の力をフルパワーにする、漫画の力でフルパワーになる。


 みたいな感じで!

 新生漫画メディア『マンガフル』、よろしくしてやって頂けたら幸いです。

 ニューデザインがめちゃめちゃイイ感じになっているので、とりあえずチェック! チェック! です〜↓


マンガフル

「ラストが最高な漫画」として『大長編ドラえもん のび太の宇宙開拓史』を漫画メディア『マンガタリ』様で紹介させて頂きました。

last-best-manga-11_eyecatch

 相羽です。

 一昨年くらいから、ライターとしてちょくちょく執筆させて頂いてる「漫画を語る」WEBメディア、


マンガタリ | 想像を超えたマンガの楽しみ方


 様の、


マンガタリライターおすすめの「ラストが最高な漫画」11作を厳選紹介!/マンガタリ


 の記事で、「ラストが最高な漫画」として『大長編ドラえもん のび太の宇宙開拓史』について短い文章を書かせて頂きました。

 あのラストシーン、イイですよね……。

 それと、そう遠くないうちに飯坂温泉さんを取材させて頂いた記事の完結編(?)となる二記事目も公開となる予定です。

 公開日時など決まりましたら、また連絡させて頂きますのでそちらも読んでやって頂けたら喜びます〜。



Advertisements@Google

Special Advertisements

●2021年12月22日、劇場版のBlu-rayが発売


→当ブログの『少女☆歌劇 レヴュースタァライト』の感想

 ◇◇◇


管理人の「ほしい物リスト」

→Amazonさんの「ほしい物リスト」について初めてという方のための、「やまなしなひび」さんのイントロダクション記事〜Amazonの「ほしい物リスト」を公開する際&公開している人に贈る際に気を付けたいこと

 ◇◇◇

 管理人のお仕事記事。↓

column-newgame_eyecatch2

漫画『NEW GAME!』名台詞集!キャラの成長をとらえた5つの瞬間を軸に物語の魅力に迫ります/マンガフル(編集・校正を担当)

araganenoko-meigen4_eyecatch2

『アラガネの子』名言集!4人の漫画ライターが自らに重ねる「優しい」ファンタジーとの共感

column-kimetsunoyaiba_eyecatch2

『鬼滅の刃』考察!人間と鬼を分ける「転生」に注目して読解し日々の恐れや不安を滅してみた/マンガフル

crossreview-kemuritomitu_eyecatch

『煙と蜜』クロスレビュー!5人のライターが【☆評価と詳細レビュー】で年の差ほんわか許嫁の関係や大正時代の浪漫と波乱の予感を解説します/マンガフル

column-chikanoko-5_eyecatch

『ちかのこ』第5巻が照らす足元の宝物〜寒い日も一緒にいる「家族」をもう一度/マンガフル

crossreview-kaiju8gou_eyecatch

『怪獣8号』クロスレビュー!5人のライターによる王道ヒーロー怪獣マンガの読み方とは?/マンガフル

recommend-mierukochan_eyecatch

『見える子ちゃん』の魅力を紹介!見える世界が違っても楽しいホラーコメディは可愛いキャラ×深面白い話が脳にくる/マンガフル(編集・校正を担当)

onsenmusume-iizakaonsen-interview_eyecatch

飯坂温泉の『温泉むすめ』飯坂真尋ちゃんプロジェクト実行委員長さんに弁財天真尋ちゃん誕生秘話から足元に眠っている地域の宝を磨き上げる展望まで聞いてきました!/マンガフル

onsenmusume-iizakaonsen-report_eyecatch

『温泉むすめ』の飯坂真尋ちゃんを尋ねて飯坂温泉を徹底取材!伝統の公衆浴場×最新のキャラクター文化で盛り上がる温泉地の過去、現在、未来

recommend-yuri5-2010nendai_eyecatch

2010年代の百合漫画おすすめ5選!『やがて君になる』もWEB漫画も紡ぐ多メディアで百合が編まれた時代の注目作をご紹介/マンガフル

recommend-yuri5-2000nendai_eyecatch

2000年代の百合漫画おすすめ5選!『マリア様がみてる』で花開く百合隆盛期の注目作をご紹介/マンガフル

recomend-school-resort_eyecatch

『すくりぞ!』の読むとホっとする学校リゾート化コメディの魅力とは?6人の登場キャラと心に余裕ができるゆるやかな話をご紹介/マンガフル

recomend-chikanoko_eyecatch

百合漫画『ちかのこ』の読むと幸せになれる異種族同居コメディの魅力とは?登場キャラと日常と非日常を巡る不思議なお話をご紹介/マンガフル

colum-dragonball-douzoku _eyecatch

ドラゴンボールは「同族殺し」に囚われた者達を悟空が自由にしていく話であると考察してみる/マンガフル

recommend-yuri-jogakuen_eyecatch

百合漫画で女学園ものおすすめ5選!伝統ある学舎で紡がれる特別な関係を描いた作品を紹介/マンガフル

idolcomicseyecatch

アイドル漫画おすすめ5選!読むだけで元気になれる再起の作品を紹介/マンガフル

180405fruittartenty

漫画おちこぼれフルーツタルトを登場アイドルのダメ可愛さと共に紹介/マンガフル

hanayamataeyecatch

漫画ハナヤマタのよさこいに打ち込む女子達が海外から見てもカワイイ理由/マンガフル

dragonballeyecatch-1

親子かめはめ波に感動する理由は?ドラゴンボールの親子の物語を考察/マンガフル

rurounikenshineyecatch2

続編開始!社会で傷ついた人の心に響く『るろうに剣心』の魅力を語る/マンガフル

koenokatachieyecatch2-1

本当の気持ちが伝わらないのに幸せ?漫画「聲の形」の魅力を紹介/マンガフル

ブログメニュー
有料コンテンツメニュー

●コミュニケーションのために知っておきたい「言葉」の基礎知識(リンク切れ中)
→言語学で修士を保持している管理人による本格学習コンテンツです。

月別過去ログ
ランゲージダイアリーへようこそ
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

管理人、相羽へのコンタクト

▼Twitterアドレス(全ブログ/サイト兼用)

 http://twitter.com/
sabishirokuma


 短い文章更新件コミュニケーションツールはTwitterに移動中です。フォロー歓迎です。また、僕のつぶやきだけまとめてあるページはこちらとなります。

▼他、WEB拍手でもご連絡頂けます。
WEB拍手
メールフォーム

▼お仕事の依頼などはGmailへ

 文章を書くのが得意です。小説、WEB記事の依頼などお待ちしております。↓

 aibayuji<アットマーク>gmail.com

新作短編小説

20200409hashihimekagemonogatari

――いつか、この孤独が終わったら。

 これまでで一番くらいよく書けた小説なので、読んでやって頂けたら喜びます。↓


『橋姫影物語』/pixiv

『橋姫影物語』/カクヨム

最近やっていること

c78d9999

 2020年はpixivFANBOXを中心に活動しております。

 最近どういうことをやっているのか、一読しておいて頂けたら喜びます。↓


相羽裕司のFANBOX/pixivFANBOX

管理人によるS市(仙台市)小説シリーズ

 東北はS市(仙台市)を舞台に虚構と現実と神話が行きかう小説を書いております。各作品は基本的に独立しているので、ピンときたものから読んで頂けます。

●2021年の糸の物語『少女輪廻協奏曲 ノギクとヴェドラナの愛』

 証明してみせる。この世界に全員分の居場所があることを。

 歴女のノギクとスロヴェニアの少女ヴェドラナは幼馴染の親友同士。十年ぶりに仙台駅で再会したが、道化師と遭遇して異世界リュヴドレニヤに飛ばされてしまう。戦争中の異世界で、ノギクは少年騎士ミティアと出会い「契約」を交わす。現実世界の大震災の生存者であるノギクは、人々のフツウを守るため、歴史知識と明晰な知力を生かして、異世界の戦争を終わらせようと行動を開始する。

「カクヨム」様で読む

 ◇◇◇

●2016年の居場所の物語『こちら街アカリの復興部!』

townslightshyoushi

 昼は地道に復興活動。夜は荒事ありの助っ人稼業。

 仮設住宅地区でお年寄りの話を聞いたり、お弁当を配達したり、同人誌を作ったり、そして戦ったり!?……東北の地より贈る、青春、復興、恋愛、そしてバトル。

「カクヨム」様版で読む

「エブリスタ」様版で読む

 ◇◇◇

●2013年の勇気の物語『非幸福者同盟』

asumiforkakuyomu1
(イラスト:馬の助さん/ブログTwitterPixiv

 歴史建造物擬人化×能力バトル×幼馴染→本格物語

 宮澤ジョーは、ひょんなことから幼馴染の空瀬アスミと力を合わせて、収奪者「世界勝者連盟」から、生まれ故郷「S(エス)市」の人・街・歴史を守るための戦いを開始することになる。

 特殊能力の源となる次世代エネルギー「オントロジカ」。普通の人々の知らぬところで、世界中で獲得競争が始まっていたのだ。

 ジョーに目覚めた能力は「歴史建造物を擬人化して召喚する能力」。戦艦陸奥が女の子になって舞う。エッフェル塔が蒼剣を降らす。幼馴染は火炎を放つ。

 全十三話。

 2020年12月28日。完結しました。

 絶対に自分にしか書けない物語を書き切ることができました。お読み頂いた皆様、本当にありがとうございました!

「カクヨム」様で読む

「小説家になろう」様で読む。

 累計71000PV達成も感謝です。

 イントロダクション&登場人物紹介はこちらの記事から。

 ◇◇◇

●2012年の正義の物語『妹の紋章』


 震災後の2012年の東北は仙台を舞台に剣術家の兄と木彫りが趣味の妹が織りなす街と心の再生の物語。

 2018年3月8日(木)〜3月13日(火)の期間限定無料キャンペーン中、AmazonさんのKindleストア「売れ筋ランキング」無料Top100で最高33位にランクインありがとうございます。無料の方とはいえKindle本の総合で100位入りは初めてで嬉しい〜。

180310rank4

 「読み物」カテゴリではなんと1位。

180309rank7

・Kindleの電子書籍って、スマートフォンで読めるの?

→読めます。AmazonさんのサイトからKindleのアプリをフリーでダウンロードして頂けたらと。

・Kindleの電子書籍って、PCで読めるの?

→読めます。AmazonさんのサイトからPC用のKindleビューアーをフリーでダウンロードして頂けたらと。

 ◇◇◇

●1999年の愛の物語『夢守教会』

yumemorihyoushi

 1999年。

 心に傷を負った「僕」は新興宗教少女・弓村理子(ゆみむら・りこ)と出会う。


 ミステリであり、幻想小説であり、バトルもの小説でもある『夢守教会』ですが、第一章「少女のケニング」はこの章のみで完結している青春・恋愛小説として読んで頂けます。

「エブリスタ」様で読む

↓昔のWEBサイト版

yumemori_bana2

その他の小説色々

wugishinomaki

 2015年10月25日(日)に、地元仙台は「日立システムズホール仙台・交流ホール」で開かれたWUG!の同人誌即売会イベント『同人誌即売会やらせてください!in仙台』にサークル参加させて頂きました。新刊『ミリオンアート・ウェイクアップ!〜実波と菜々美と未夕が石巻に行く小説本』を頒布。詳しくはこちらの記事より
 イベントのレポはこちら。
 新刊のBOOTH様での通販ページはこちら。

 ◇◇◇

『暗闇の中で灯す物語と文明のアカリ』

 Pixivとの提携サービスBOOTH様にて、コミックマーケット・イベントなどで頒布させて頂いた同人誌既刊の通販窓口を開いております。『魔法使いの夜』『Fate』『ひぐらしのなく頃に』二次創作やオリジナル小説などなど。よろしくお願いいたします。↓

Language×Language同人誌通販/BOOTH

 ◇◇◇

DlXVkKaUYAAB8oO

 2018年9月2日(日)「レインボーフレーバー19」にて頒布されましたTJさん(ブログTwitter)主催の平成ファイナルなコンセプトアンソロ『平成プリキュア対昭和ライダー アンソロジー大戦』に二次創作小説を2P寄稿(僕は『フレッシュプリキュア!』と『仮面ライダーブラックRX』のクロスオーバーを書きました)しております。詳しくはこちらからよろしくです。また、通販ページはこちらから。

 ◇◇◇

dicapreantholo

 2015年10月4日(日)「レインボーフレーバー13」にて頒布されたTJさん(ブログ)主催のプリキュアシリーズ十世代記念アンソロ『PRECURE 10TH ANTHOLOGY ディケイド&オールプリキュア ANTHOLOGY大戦』に小説を2P寄稿(僕は『スマイルの世界』担当!)。特設サイトはこちらをよろしくです。また、通販ページはこちらから。

AmazonさんのKindleストアで販売中の電子書籍第二弾です

●2013年10月19日(土)、Kindleストア「絵本・児童書 > 読み物」カテゴリで7位感謝!


 Kindle実機はもちろん、iPhone、iPad、Androidなどの、各種スマートフォンやタブレット端末のKindleアプリ(無料)で読んで頂けますので、ご購入頂けたら幸いです。

 販売開始時の記事はこちらとなっております。

AmazonさんのKindleストアで販売中の電子書籍第一弾です

 Kindle実機はもちろん、iPhone、iPad、Androidなどの、各種スマートフォンやタブレット端末のKindleアプリ(無料)で読んで頂けますので、タイミングが合った時に購入頂けたら幸いです。


 販売開始時の記事はこちらとなっております。

メルマガを配信しております。

 まぐまぐさんの方で、300部ほどのメールマガジンを数年間発行させて頂いております。フリーで登録できますので、よかったらどうぞです。

 制作した電子書籍の販売など、個人規模での「創作+収入」の活動に興味がある方は是非。↓

創作者のためのマーケティングエッセンス/まぐまぐ

  • ライブドアブログ